William Matheson/USA

William Matheson

USA

www.williammatheson.com

painting, drawing, video

residency December 2018

/

ウィリアム・マテソン

アメリカ合衆国

絵画、ドローイング、ビデオ

2018年12月滞在

 

My current paintings explore conflicted relationships based on touch, interaction and control, manifesting themselves as awkward yet sensual moments between physical bodies. A foot on top of a face, a foot on a shoulder, and even a disembodied leg searching for connection all reveal a thread of uneasiness and the absurd. How we communicate, and all so often miscommunicate is at the core of my current work.

My process begins with locating and re-working found sources- appropriated images become reconsidered, portraying something that shifts between precarious and playful. The figures I create often contain a sense of ineffectuality, like performers ill equipped for their roles.

At AIRY I want to continue with utilizing figurative work to explore the absurd, while also incorporating elements from recent readings of poetry and literature. I’ve been engaging with the work of Kitasono Katue and Sagawa Chika, and I’m very excited by the both poet’s usage of dark mercurial imagery in conjunction with abstraction. I would hope to make a group of small paintings at AIRY that incorporates these inspirations, culminating in a series that continues my exploration of communication and interaction in a more abstract, dark, slippery fashion.

 

私の現在の作品は、タッチ・相互作用・およびコントロールに基づく矛盾した関係を探求します。それは物理的な身体の間に、厄介で感情的な瞬間として現れます。足の上の足、肩の上の足、そして接続を探している身体のない脚さえも、すべて不安と不条理の糸を明らかにします。私たちがコミュニケーションをとる方法が頻繁に間違っていることが私の現在の仕事の中心にあります。

制作のプロセスは、発見された情報源を見つけ出して再加工することから始まります。適切なイメージが再考され、不安定で遊び心のあるものに移行して描かれます。私が描く人体には、役者としての役割を果たすかのような、効果のない感覚が含まれていることがよくあります。

エアリーでは、最近読んでいる詩や文学の要素を取り入れながら、不条理を探求するために比喩的な仕事を続けたいと考えています。私は北園克衛と左川ちかの詩に魅了されてきました。彼らが暗黒の水銀のイメージを抽象と組み合わせて使用​​していることにとても興奮を覚えます。これらのインスピレーションを取り入れた小さな絵画のグループをエアリーで作って、より抽象的で暗く滑らかな方法でコミュニケーションとインタラクションの探求を続けるシリーズを完成させたいと思います。