Heewoo Jeong /South Korea

Heewoo Jeong

South Korea

www.jeongheewoo.com

Visual Art, rubbing, painting, installation

residency February 2019

/

ヒーウィー・ジェオング

韓国

ビジュアル・アート、擦り出し、絵画、インスタレーション

2019年2月滞在

/

I document cities. 

I am living in Seoul, rapidly changing city. Seoul was severely destroyed through the Korean War in 1950s. Ever since then, a lot of construction has happened in Seoul. In early times, they built buildings to live in. Nowadays they deconstruct those buildings and construct the larger buildings. For the result, I lose my historical places. I lost the house I lived in when I was 9. On that site, there is 5-story building. Seoul is always renewed like this. 

I document places to remember. 

Using rubbing technique, I make documentations with the name, <Peeling the City>. I made documentations from signs on the ground, on the street, and the walls from apartment. Relentless construction and deconstruction in Seoul take these away before long. 

I document cities with touch.

I don’t photograph to record. I rub to record. I like this way because I touch the object I record. You can record things from distance if you use camera. But if you use rubbing technique, you will make contact with the object. I feel I am taking care of the object when I make rubbing out of it. It is important for me to touch things that will disappear soon.

都市を記録します。

私は急速に変化する街ソウルに住んでいます。ソウルは1950年代の朝鮮戦争で激しく破壊されました。それ以来ここではたくさんの工事が行われてきました。初期の頃には住む建物を建てました。今日では、それらの建物を解体してより大きな建物を建てます。その結果、私たちは歴史的な場所を失います。私は9歳の時に住んでいた家を失いました。今その敷地内には5階建ての建物があります。ソウルはいつもこのように記録が更新されていきます。

覚えておくべき場所を記録します。

擦り出し技術を駆使してその名の元に記録します。私は地面、路上、そしてアパートの壁の看板から記録を作りました。ソウルでは執拗な建設と解体が、やがてこれらを取り除きます。

私は触れることで都市を記録します。

記録するために写真は用いません。記録するため擦り出しをします。私は記録する対象物に触れることができるこの方法が好きです。カメラを使えば遠くからでも撮影できます。しかしあなたが擦り出しの技術を使うならば、あなたは対象物と接触するでしょう。私はそれを擦り出す時に、対象物の世話をしていると感じます。近いうちに消えてしまうものに触れることが重要なのです。