Thomas Lord

Thomas Lord / NZ

Residency Artist July 2024

New Zealand

Painting, Photography, Sound Art

www.thomaslord.nz

Thomas Lord

Thomas Lord is an artist and educator from New Zealand who works as a lecturer in photography at the Dunedin School of Art. Between 2012-2014 he lived in Yamanashi as an ALT at Masuho and Kyonan Senior High Schools where he formed a love for this area of ​​Japan.

His practice is primarily in photography, but he also has exhibitions in painting where nostalgia, ecology and different modes of time form a common thread between the two media. He utilizes very slow methods of photography to explore the interconnectedness between living things and make representations that ask questions regarding our place in the cosmos. During his time at AIRY he has made photographs and daily drawings of details and often overlooked moments which form a kind of visual poetry of nature, memory and the overlapping experiences of time spent here.

トーマス・ロードはニュージーランド在住のアーティスト/教育者で、ダニーデン美術大学で写真の講師を務めています。2012年から2014年にかけて山梨の増穂商業高校と峡南高校でALTとして過ごし、この山梨への愛を育みました。

彼の活動分野は主に写真ですが、絵画の展覧会も行っており、<懐かしさ><生態学><さまざまな時間様式>がその2つのメディアの共通点を形成しています。彼は非常にゆっくりとした写真撮影技法(サイアノタイプ写真)を用いて、生き物の相互関係を探り、宇宙における私たちの位置について疑問を投げかけるような表現をします。エアリー滞在中は写真撮影や日々のスケッチで、細部や見過ごされがちな瞬間について描き、自然や記憶、山梨で過ごした時間の重なり合う経験を視覚的で繊細な叙事詩として発表します。

ーマス・ロード最終発表

Thomas Lord Exhibition “Caught A Glimpse / 垣間見る”

photos, drawings, paintings   

date:July 27th sat, 28th sun 11:00-18:00

*cyanotype photo demonstration & workshop  27th 14:00-16:00

作家によるデモンストレーション&ワークショップ ご参加ください。
*ワークショップ参加者は要実費

venue: AIRY 2F gallery

admission free

/

*cyanotype photo (サイアノタイプ写真)とは

青写真(あおじゃしん cyanotype、サイアノタイプ、シアノタイプ)は、青色の発色を特徴とする19世紀に発明された写真方式。日光(太陽光)で印画することができるため日光写真ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%86%99%E7%9C%9F

/