Stephen Hennessy/UK

Stephen Hennessy

UK

www.stephen-hennessy.com

Drawing, Painting, Printmaking

residency November 2017

/

スティブン・ヘネシー

イギリス

素描、絵画、版画

2017年11月滞在

/

 The principal aim of my forthcoming residency is to explore the relationship between Japan and the UK with particular emphasis on fast food, gentrification and the role of social media in popular culture. Food trends fed to us via social media are interesting in that we appear to care deeply about where and what we are eating, via selfies, tags etc to demonstrate this. This mirrors how we interact with art, going to art galleries and telling everybody about it via Facebook. We want to be seen to be ‘cultured’ people, appreciative of the finer things in life and intellectually active. The role of gentrification in all of this being twofold – it pushing the poorer people further to the outskirts where smashed avocado on gluten free bread is not readily available, Chicken Cottage though is. Secondly, the penthouses of said gentrified area will mean an array of cafe’s and restaurants serving food you’re more than happy to seen in and photographed with.

When you think of Facebook posts saying ‘5 years ago today’, you’ve been friends with this person or had this experience it’s similar to older generations  talking of yesteryear. Things like old dance halls, famous pubs and fish and chip shops. The fate of fish and chip shops is interesting, especially in London, once a staple on every street corner and a weekly treat for the working classes they’ve now all but disappeared. They’ve been replaced by Chicken Shops(like Chicken Cottage) serving deep fried chicken, fries and a drink for £2.29 while ‘Traditional Fish and Chips’  is marketed and sold to tourists in pubs and restaurants for £12 a go. This disparity in wealth all over London is no better summed up by the recent tragic fire at Grenfell Tower where many poorer people lost their lives on account of cheaper more flammable materials being used in the refurbishment by Kensington and Chelsea Council(in control of one of the wealthiest boroughs in London).

My primary goal with this residency is to become involved with the local community, learning of their customs and their relationship with food, how it compares to the UK. Drawing parallels between the food consumed by poorer people, it’s popularity and how it’s seen at home and abroad. It would be exciting to create some fusion between the two cuisines, in the same way that it’s popular for some restaurants here in London to do the same – Sushi/Samba being an example that fuses sushi with the Brazilian grill.

My research – including any drawings, paintings and performance/interactive pieces will be displayed in a final exhibition in Kofu, Japan and in London.

/

 作家は現代の暮らし方について関心を持っている。それは、我々が物理的および事実上占有している社会的スペースを通して過去と繋がっており、特に食や身につける衣服による関わり方に興味をもつ。最近の作品も、常に理解や優先順位づけなどの処理を求められ、絶えることなく流れてくる情報や日常生活で感じていることを衣食という視点から切り取っている。

彼にとって滞在の第一の目的は日本とイギリスとの間の関係性、特にファストフードの高級化や大衆文化におけるソーシャルメディアの役割について探求することである。私たちは「ソーシャルメディアを経てフードトレンドが供給されている」ということを「セルフィーやタグ付けなどによって自分たちがどこで、何を食べているかに深く気を取られるようになること」で自ら証明している。これは美術館へ行き、それについてFacebookにアップロードし、皆に見てもらうという我々のアートとの関わり方を写している。私たちには周りからは知的に活発でより素晴らしいものを識別できる「教養のある人」として見られたいという願望がある。このようなあらゆる高級化には社会に対して二重に働いている。まず、より貧しい人々をChicken Cottageはあってもつぶしたアボガドを乗せたグルテンフリーのパンなど容易に手に入らないような郊外へ追いやっている。次に、高級化されたと言われているペントハウスは、その場にいるあるいは一緒に写真に写るだけで大いに満足感を与えてくれる料理を提供するカフェやレストランがずらりと並ぶのと同じことである。

Facebookが「5年前の今日」、「この人と友達になりました」あるいは「こんな経験をしました」と自分の過去のアクティビティを知らせてくるのは、年をとった人々が去年のことについて話すのと似ている。古いダンスホール、パブやフィッシュ&チップスの有名店のようなことだ。フィッシュ&チップス店の運命は興味深い。特にロンドンではかつてすべての通りの角にあった大定番であり、庶民にとっては毎週の楽しみであったが、今やそのほとんどが姿を消した。観光客へ「伝統的なフィッシュ&チップス」がパブやレストランで12ユーロで売られている間に、庶民が通った通りの角の店はChicken Cottageのようなフライドチキン・フライドポテト・ドリンクを2.29ユーロで提供するチキン屋に取って代わられたのだった。ロンドン中に広がるこの富の不均衡は、最近のグレンフェルタワーでの悲惨な火災に要約されているも同然である。ロンドンで最も裕福な行政区の一つ、ケンジントン・チェルーシー区の管理下にある評議会による建物の改修でより安くより燃えやすい素材を使用されたために多くのより貧しい人々が命を落としたのである。

滞在中に作家はローカルコミュニティーと関わり合い、人々の慣習や食との関係を学び、イギリスと比較する。より貧しい人々に消費された食の間に平行線を引き、流行や人気は母国と日本ではどう見えるのか。またロンドンのいくつかのレストランでは一般的な2カ国の料理を融合させることにも関心がある。イベントやワークショップの開催のほか、学校訪問、町の行事への参加などを希望しており、より具体的なアイディアや情報も求めている。

作家のリサーチ-ドローイング、ペインティング、パフォーマンス、インタラクティブな断面-は甲府とロンドンでの展示で発表する。(translated by Mina Ino)

/

2017年11月19日

[Local Design] @studio pellet Kofu

talk & live painting

/

成果発表展 「EXHIBITION」