Cheong Hoi I/Macau



Mokuhanga, Painting, Papermaking, Handcrafts

residency March 2018






People are special individuals, but capitalism created a nihilistic worldview that only money exists. By participating in this social game, people gradually lose their humane instinct as in pursuing the true happiness in life – making a society that goes in a repeated loop without any breakthrough. Thus, it is important to understand oneself.

One can achieve the results from learning and comparing with each other, with people in the history who laid down ideas and visions through art and culture. Through art revelation – the process of appreciation, expression and dissection, Cheong found her way to understand herself and exchanging her ideas and visions with people who shares the same moment she does.

These ideas set up as a base for us to make a better and sophisticated self. Cheong’s pursuit in questioning the moment allows her to continue in exploring the relationship between herself and her art.

人間とはそれぞれが特別な個人ですが、現代では資本主義により金の存在が大きく左右する虚無的な世界観が形成されました。 このソーシャルゲームに参加することで、人々は人生の真の幸福を追求する人道的な本能を徐々に失ってしまい、有効な突破口を見出すことなく社会生活は繰り返されます。 そこで自分自身を理解することが重要になってきます。

歴史と芸術と文化を通してアイデアやビジョンを掲げた人々と学び、比較して結果を達成することができます。 感謝、表現、解剖のプロセスであるアートの啓示を通して、作家は自分自身を理解し、同じ瞬間を共有している人たちとアイデアやビジョンを交換する方法を見つけました。

これらのアイデアは、私たちがより良く洗練された自己を作るための基盤として構築されました。 このように疑問を抱く作家の追求は、作家と芸術との関係を探求し続けることを可能にします。


「春の風/Scenes on Earth」

March 24,25th  11:00-18:00 @AIRY

March 23,24,27,28,29th  11:30-18:00 @Naomi Camp

Naomi Camp:



I still remember the days when I look at Mt. Fuji in the morning, I can feel the soft breeze in the air, I look upon the field in front of me, the sky is as clear as a crystal. There was also a day when I was very excited waiting for the sunset together, the late Keiko Kadota, Director of Mi-LAB told me that the lights from the climbers will form a necklace on Mt. Fuji. All these details, all these feelings, combine and become a late summer story of Mt. Fuji.

Then, this time, another story is waiting for me. This March, I encounter Mt Fuji in a white dress. A stage of white, I am waiting to open a new page of story, a story about mokuhanga, about the nature, about the people there and about me.

明け方、柔らかい空気に包まれ、目の前の草原や宝石のように透きとおった空を見上げながら富士山を見ていた日々を、今でもはっきり覚えています。夕日が沈むのをずっと待っていた日もありました、Mi-LABのディレクターKeiko Kadotaさんが、富士山登山者の光が集まると、富士山にネックレスがかかると教えてくれたからです。このように様々な記憶や感情が、夏の終わりに作り上げた富士山のストーリへと繋がっていきました。

そして今回は、また違うストーリーが私を待っていてくれました。3月、白いドレスをまとった富士山を見ることができたのです。富士山が白いこの季節、新しい物語の1ページを開こうと待っていました。木版画、自然、そこに生きる人々、そして私自身についての物語です。Translation: Nagisa MItsumori