Daniel Persson/Sweden

Daniel Persson

Sweden

http://dpersson.com

drawing and graphic design

residency 2018. July

/

ダニエル・パーション

スウェーデン

ドローイング、グラフィックデザイン

2018年7月滞在

/

/

Tension, breaking point moments, transformation and beings on their way to something else. These are reoccurring themes in my drawings. I like to think of my images as crime scenes with clues for the observer to figure out what happened, and what’s about to happen next. I would like to work more with these themes and create suggestive narratives within and between a series of drawings.
I work full-time at a design agency and draw in my spare time. Your residency would allow me dive into drawing in a, for me, unusual and inspiring environment. I think that would be very enriching and developing for my artistry and imagery.

My experience covers several years of art and design studies and professional practice within advertisement and design. I worked in projects with clients including universities, art institutes, Swedish Red Cross, Spotify and Google.

 

緊張、一瞬、変身、そして何か他のものへの途中の存在。 これらのテーマは私の描写の中で再現されています。 私は自分のイメージを犯罪シーンと考えています。観察者が何が起こったのか、次に何が起きるのかを把握する手掛かりがあります。 私はこれらのテーマで制作を続けて、一連の作品の中と間に示唆的な物語を作りたいと思います。現在はデザインエージェンシーでフルタイムで仕事をしています。 山梨でレジデンス中は、新しい環境の中でアイデアや制作の動機を得ることができると考えます。 そして、それが私の芸術性とイメージを非常に豊かに発展させていくと思います。

私はこれまで、広告とデザインの分野で、数年間のアート&デザイン研究とプロフェシヨナルな仕事をしてきました。 大学、美術館、スウェーデン赤十字、Spotify、Googleなどのクライアントとのプロジェクトに関った実績があります。