やまなし短編映画祭2022

Yamanashi Short Movie Festival 2021

文化のるつぼ へちま x AIRY プレゼンツ

June – December 2021

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

公式ホームページ

予約申し込み

文化のるつぼ へちま|やまなし短編映画祭 (hechima400.com)

【企画・運営】

やまなし短編映画祭実行委員会

ハザマユミエ

坂本 泉|AIRY

山本心平|へちま

米持 壌| 武蔵野美術大学生

【ロゴデザイン】

omiso

【フライヤーデザイン】

山本心平|へちま

///////////////////////////////////////////////////

6月は青柳拓監督の「ひいくんのあるく町」、「井戸ヲ、ホル」と、小野田藍監督の「陶製手榴弾でキャッチボール」をカップリング上映いたします。

両監督からビデオメッセージ+サプライズゲストあり

日時:6月25日(土)❶11:00~ ❷15:00~ 二回上映

申し込み:予約制 各回定員13名

料金:1000円/お一人


🎦「ひいくんのあるく町」(2017 / 47min)
🎦「井戸ヲ、ホル」(2020 / 36min)青柳 拓

大学の卒業制作ながら評判が広がり劇場公開された『ひいくんのあるく町』と、ほとんど上映のない幻の短編『井戸ヲ、ホル』。それぞれの舞台は共に監督の故郷である山梨県市川三郷町。上映機会少ない作品ですのでどうぞお見逃しなく!


🎦「陶製手榴弾でキャッチボール」(2020 / 2min)小野田 藍
知人が持っていた陶製手榴弾の殻を見た時、伝説の投手・沢村栄治が肩の強さを買われて戦地で手榴弾を投げ続け、後に戦死した逸話を思い出しました。その後すぐに陶製手榴弾をネットオークションで入手し、それをボール代わりにして友人とキャッチボールをしてみました。スポーツのうちにある「戦争的なもの」が、スポーツからはみ出てむき出しの「戦争」になることは大いにあり得るし、僕がそのきっかけとなってしまうこともまた大いにあり得ることだと思っています。