COLOR / VIBU

COLOR

VIBU/The University of Yamanashi

~山梨大学美術部の個性豊かな5名による~

Otsuka Sakata Herly Nicolas

鈴木夏美/ Natsumi Suzuki

戸塚 敬/Kei Totsuka

服部稜史/Ryoji Hattori

樋口真冬/Mafuyu Higuchi

(50音順)

/

2018. Jan 20(sat) 11:00-18:00

21(sun) 11:00-17:00

/

<meet the artist>

滞在作家と大学生の出会い

Residency artist Kei Ota x VIBU  workshop 13:00-15:00

「地上絵で塗りつぶせ」

(以下に詳細あり)

/

WS『地上絵で塗りつぶせ』講師紹介と内容

Kei Ota / 太田恵以 residency artist Sep-Oct 2107

2013年大学卒業以来アーティスト活動を続けながら、ニューヨークシティーにあるクイーンズミュージアムや数々の小学校・中学校でアート・エジュケーターとして働いていました。そして美術館へ来る家族連れや一般のお客さんが誰でも参加できるアートのワークショップを考え続けてきました。ニューヨークでの経験を元に日本でも生活の中でアートとの触れ合いの機会を作っていきたいと思っています。

Since graduating with my BFA in 2013, I have pursued working in NYC as an art educator in Queens Museum and various public schools while maintaining my studio practice. My experience in art museums have pushed me to think of different ways of engagement for families and visitors with no background in art. Utilizing my work history, I would like to create more spaces and situations in which people in Japan can experience and interact with art every day.

毛糸など身近な素材と想像力を使って空間をちょっと変えてみませんか?

私は2015年と16年にニューヨークシティーのクイーンズミュージアムとモマ(Museum of Modern Art/ミュージアム・オヴ・モダン・アート)でこのワークショップを指導しました。今回の展示会『COLOR』というテーマを考えながら、AIRYとVIBUは街の人々とコラボとします。絵の経験や自信がない人でも参加できるアートの「楽しみ」を一緒に体験しましょう。約2時間の内容です。

Using an everyday material such as yarn and participants’ imagination to transform a space, this yarn activity has been facilitated at Queens Museum and MoMA in New York City. While focusing on the theme of “COLOR” in this exhibition, AIRY and VIBU invite the community of Kofu to participate as no prior art experience is needed for this activity.

 

 

毛糸など身近な素材と想像力を使って空間をちょっと変えてみませんか?

私は2015年と16年にニューヨークシティーのクイーンズミュージアムとモマ(Museum of Modern Art/ミュージアム・オヴ・モダン・アート)でこのワークショップを指導しました。

今回の展示会『COLOR』というテーマを考えながら、AIRYとVIBUは街の人々とコラボとします。絵の経験や自信がない人でも参加できるアートの「楽しみ」を一緒に体験しましょう。約2時間の内容です。

Using an everyday material such as yarn and participants’ imagination to transform a space, this yarn activity has been facilitated at Queens Museum and MoMA in New York City. While focusing on the theme of “COLOR” in this exhibition, AIRY and VIBU invite the community of Kofu to participate as no prior art experience is needed for this activity.

*参考映像

ADDICTION /Mina Ino 井野美奈

『ADDICTION』

Mina Ino /井野美奈

-English is below-

▼タイトル:『ADDICTION』

▼日時:2018. 1. 13. sat – 16.tue 12:00-18:00  ※13.satのみ 18:00-20:00

▼会場:Gallery AIRY

▼オープニング・パーティー : 13. sat 18:00-20:00 (500円)

ジェレミー(NYのイタリア系アメリカ人シェフ)ポップアップフード予定

(詳細決まり次第アナウウンス予定)

▼作家:井野美奈 / Mina Ino 写真・映像・インスタレーション

2017年度AIRYインターン

2017 年夏スイス・バーゼルで行われた 現代美術の祭典「CAMP BASEL Revisited」にて初めて展示参加。 主に「旅」が制作のアイディアや糧になっている。AIRYでアーティストを 「受け入れる側」としての活動と彼らとの交流からも多くのインスピレーションを得ている。

旅に出たいという強い衝動に駆られる時、頭の中はいつも見知らぬ土地で感じる街や 人々の中に溶けていく言いようもない強い快感と高揚感の記憶で満たされています。 旅を終えて日常に戻ると、しばらくの間その余韻に浸りますが、変わらない日常に新しい発見が あり、以前に比べて日に日に輝きを増していくように見えます。しかし、ある時突然にあの言いようもない快感と高揚感が戻ってきて、安定と調和の日常に不協和音のように黒い影を落とし始めるのです。目の前が色褪せてゆくのがわかります。 何度も頭の中で記憶の中にトリップするうちに、その快感と高揚感だけを残して他の記憶は断片的なものになっていきます。あの旅は果たして現実だったのか、それともひどく現実に似た夢であったのか。混沌の中に立っているような気分に包まれますが、そこではよりはっきりとあの不協和音が聞こえるのです。 それはどうしても無視することのできない、どうしても行かなくてはならないという合図なのです。その音に従い、私は何度か旅に出ました。 私の作品の中には、あの快感と高揚感への渇望のように極度の幸福感と不快感を与え得るようなものへのや新しいものや奇妙なものに出会った時の興奮や歓喜が存在しています。それから、常に孤独、焦燥、戸惑い、虚無感、退屈、時に怒りや絶望、もしくは死の匂いも同時にそこにあります。 写真を撮る行為と旅は、シンプルに自分の内面やそのような多くの感情に対して偽ることなく対峙できるという点で非常に似ていて、とても内向的で引っ込み思案な私によく合っています。

▼主催:Artist In Residency Yamanashi[AIRY]

▼協力:愛ラボ写真工房、アート談話室

 

Mina Ino: Photography, film, installation

I’m joining to internship program at AIRY since last April and participated in group exhibition CAMPBASEL that was held in Basel, Switzerland last summer. It was my first step as an artist. Mostly my source of ideas and concepts for creating is journey, It also bring me much inspirations that my experiences as one of hosts and a lot of activities with artists who came around the world. When I feel a powerful urge to go traveling somewhere, my head is full with the memories of ineffable ecstasy and elation that I’ve felt like I was blending into a strange land during my journey.  After going back to my usual lifestyle, I bask in the afterglow of my journey for a while. And I can find something new or interesting my daily life that is unchanged before. It seems to have been getting brighter than before day by day. However suddenly the ineffable ecstasy and elation come back to my mind, and start to encroach on the stable and harmonious days with black shadows as if it hits a sour note. The colors of life fade gradually. As I tripped on the memories of the ecstasy and elation many time, other parts of memories of my journey become in fragments and foggy. Was my journey reality or a dream that is similar to reality? I feel like I’m standing in a chaotic condition but I can feel that discord clearer somehow. It’s the signal to go traveling. I definitely cannot ignore. And then I started on a journey many times. I think there are things that can makes me both extremely happy or uncomfortable, like my desire to the addictive ecstasy and elation on a journey, and joys and excitements I feel when I find something new or wired in my work. Then there are always loneliness, impatience, empty feeling, confusion and boredom, sometimes anger, disappear or premonitions of death as well. Especially in photography, I strongly sympathize with objects. Actually traveling and photography are very similar in that I can simply face myself and also such much emotions without pretensions. I’m very introverted and a little shy, so I think they are both perfectly suitable for me.

/

井野美奈/Ino Mina  写真、旅

1994  群馬県生まれ

2017- AIRY学生インターンとしてアーティストの滞在や制作のサポート、撮影などを行う

2017.o6  CAMPBASEL@Basel Switzerlandに参加、これが初めての展示となった

2017.08  「アート談話室」@寺崎コーヒー甲府にてスピーカーをつとめる。同時に写真展示を行う

2017.10  「flowing out」@竹の湯甲府にて記録写真担当

2018.01  「ADDICTION」@AIRY 初個展

*世界への旅多数

Mina Ino was born in Gunma Prefecture in 1994. Currently acquiring teacher license at communication college. From this fiscal year as an AIRY intern, she supports artists’ stay, creation support, photography etc. She also joined CAMPBASEL as an artist. This was the first creation and exhibition.

/

https://www.facebook.com/bbb.inomina

https://www.instagram.com/inominanodaibouken/?hl=ja

https://inomina.tumblr.com/post/166950550039

/

▼オープニング・パーティー : 13. sat 18:00-20:00 (500円)

ジェレミー(NYのイタリア系アメリカ人シェフ)ポップアップフード

ニューヨークからやってきたジェレミーは去年の11月に、作家は2年前に東南アジアを1ヶ月旅したという似た経験を持っています。今回は、オープニンングパーティーとして二人の間にあるその共通の経験をベースにジェレミーがフードを担当します。


ジェレミー・ヴェラルリー(1986年生まれ)

イタリア料理やスペイン料理の経験を持つニューヨーク出身のシェフ。去年から日本の文化と調理を学ぶためにニューヨークを離れて来日している。彼の初の割烹料理の研修が今月始まる。

Jeremy Velardi (b. 1986) is a native New Yorker with a background in Italian and Spanish cuisine. Recently he left the NYC restaurant scene to gain inspiration and fully immerse himself in Japanese cuisine and culture. Beginning this month he will begin his first culinary apprenticeship in Osaka.

 

 

もののあはれ/monono aware

もののあはれ/monono aware

date:2017年9月15日(金)open 18:3o    start 19:00

venue:400-0031甲府市丸の内2-37-2

Artist In Residence Yamanashi [AIRY]gallery

admission:¥1500 (当日会場にて)

/

生から死へと向かう一連の営みに伴う無常観
しみじみとした日々の哀愁を日本の秋景に合わせ
実験的即興的にて奏で踊り描く一夜の試み
スウェーデンとアメリカからの滞在作家を迎えて開催する
一夜限りの即興ナイトをお楽しみください。
Experimental Improvised Night

-artists-

Katt Hermandez/Violin バイオリン(Sweden)

土橋加実 Masumi Dobashi/Thereminテルミン

望月正人 Masato Mochizuki/Didgeridooディジュリドウ

玉井康成 Yasunari Tamai/Dancerダンサー

武内靖彦 Yasuhiko Takeuchi/Danceダンサー

Daniel Miller/Live paintingライブペイント (USA)

/

Katt Hernandez

即興ヴァイオリニスト、プロデューサー、作曲家。2010年にストックホルムに移り多くのプロジェクトで多数のアーティストと共に活動している。 2015年からスウェーデンルンド大学で音楽の博士号を取得中。スウェーデン王立音楽アカデミーの研究員として勤務し、修士号を取得。 彼女の作曲と即興演奏は定期的かつ国際的に行われ、 米国を離れる前は東海岸の実験的な音楽シーンのベテラン。ミュージシャン、ダンサー、人形劇、映画製作者、その他のアーティストと協働した経験がある。

Maverick violinist, improvisor and composer Katt Hernandez moved to Stockholm in 2010, and works with a host of artists in many projects. She began a PhD in Music at Lund university in 2015. She is also employed as a researcher at the Royal Music Academy of Sweden, where she earned her Masters degree in composition. Both her compositions and improvisational work has been featured regularly and internationally. Before leaving the U.S., Katt was a veteran of experimental music scenes on the east coast, where she worked with a vast array of musicians, dancers, puppeteers, film-makers and other artists.

/

土橋加実/Masumi Dobashi

山梨県甲斐市出身在住。国立音楽院音楽療法学科卒業。 在学中より、テルミン・マトリョミンの演奏活動を始める。 リトミック講師、テルミン奏者、ブライダルオルガン奏者。

/

望月正人/Masato Mochizuki

 1972年 山梨生まれ。オーストラリアの先住民アボリジニの楽器ディジュリドゥの演奏者。2003年、ディジュリドゥの演奏を始める。 2009年、improvisationバンドをスタート。田中泯/坂田明と共演。2010年、「アカシア」結成。 2012年、玉井康成氏(ダンサー)と6時間半の即興DUOライブ。新潟県「水と土の芸術祭」に出演。

/

玉井康成/Yasunari Tamai

1962年東京生まれ。87年より北杜市白州町に移住、舞踊活動と農業に従事する日々を送る。 国内外での公演多数。白州では養鶏、稲作、畑作に取り組む。 1996年、2005年ソロリサイタル「山上のドン・キホーテ」(草月ホール)、2006年、2007年、チェコの名優ヴラジミール・ヤヴォルスキーと「ドン・キホーテ」を再演(プラハ アルカシアター)。2012年「水と土の芸術祭」新潟。2013年ソロ公演+WS(パリ)、2014年「NOT AWAY」(ロスアンゼルス エレクトリックロッジ)他。

/

武内靖彦/Yasuhiko Takeuchi

1968 年/土方巽「肉体の叛乱」を観る。1971 年/単独処女舞踏會 。1973 年/大野一雄氏に師事 。1992 年/第23 回舞踊批評家協会賞 受賞 。 2011 年/踏業40周年記念独舞リサイタル「舞踏よりの召喚」20 世紀、牡丹。2017年 /パンドラの柳行李 ー仕舞ー

一貫して自主独舞公演を軸として展開して今日に至る。

/

Daniel Miller

作品はさまざまな形を取るが、まずは描く行為に向かっている。傷つきやすい真理と矛盾を一筆書きの歴史に参照して、摩擦や意思から影響を受けながら何とかリラックスして反応しようとする。混乱、不安、孤独そして突然のエラーの感情は大きな動機となる。表現主義、墨絵と浮世絵などに強い情熱を抱き、これらの様式の矛盾は自分にとって重要ととらえている。そしてドローイング、インスタレーション、パフォーマンス、彫刻、写真、アニメーションを併用して技術を駆使することで芸術表現の語彙を豊かにする。

My art has taken many forms, first, always, and most importantly, I gravitate toward the act of drawing. Taking tool to substrate, against friction and with intention, while balancing the lie of a grand drawn illusion against the vulnerable truth and history of a single stroke somehow allows me to relax and react to my influences freely, like nowhere else. Feelings of confusion, insecurity, isolation and error suddenly flip and become reasons to speak. I juggle a strong passion for both ligne claire and expressionism, observation-based art and the abstract, sumi-e and ukiyo-e, and these sort of stylistic contradictions are important to me. I need and use clarity to access the chaotic, and vice versa, both in style and substance. And this approach, this practice of fostering and accepting both hard edge and dense fog has tended to give me a capability to improvise and collaborate when I have expanded my technique into sculpture, photography, animation, painting, performance and installation.

/

The performance ended  successfully

We appreciate to six performers and

all the people who shared such an experience together!!!

もののあはれ|mononoaware 」

Artist In Residence Yamanashi [AIRY] gallery

15th September 2017, Kofu, Yamanashi, Japan

生から死へと向かう一連の営みに伴う無常観 しみじみとした日々の哀愁を日本の秋景に合わせ 実験的即興的にて奏で踊り描く一夜の試み

Experimental Improvised Night

/

First section:

望月正人 Masato Mochizuki/Didgeridoo ディジュリドウ

武内靖彦 Yasuhiko Takeuchi/Dance ダンサー

Daniel Miller/Live painting ライブペイント (USA)

Second section:

Katt Hermandez/Violin バイオリン (Sweden)

土橋加実 Masumi Dobashi/Theremin テルミン

玉井康成 Yasunari Tamai/Dancer ダンサー

/

First section 1/3 https://youtu.be/0Zh7OZ5f64c

First section 2/3 https://youtu.be/avvw31NfuFA

First section 3/3 https://youtu.be/2Y-396R4sKQ

Second section 1/2 https://youtu.be/9s0I-ZOLDoU

Second section 2/2 https://youtu.be/rwkD55yc5ns

(video by Toshihito Watanabe)

Soren Kjargaard+Simon Steen-Andersen+Koichi Makigami trio

Soren Kjargaard+Simon Steen-Andersen+Koichi Makigami/巻上公一 trio

「デンマークのデュオ&トリオ」
Soren Kjargaard
Simon Steen-Andersen
Koichi Makigami trio

5月13日(土)
開場 19:00
開演 19:30
前売 4,000

当日 4,500円

会場:AIRY
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-37-2

090-6155-9628 桜座

http://www.sakuraza.jp/
メ-ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

/

巻上公一 公式サイトhttp://www.makigami.com/

「痛みのフラクタル」

和子xバーバラ_DM

「痛みのフラクタル」

Fractal of Pain

神宮司和子(甲府在住作家)xバーバラ・イシクラ(USA,3月滞在作家)

Kazuko Jinguji (Kofu) x Barbara Ishikura (USA, March residency artist)

3月26日(土)27(日)11:00-18:00

❀❀❀26(土)一日限定!お花見カフェテラスあります❀❀❀

八ヶ岳南麓をベースに活動するネルドリップのこだわりカフェAZUREさんが初登場

同日4時から詩人 沙羅樹の朗読もあり

「短歌や詩を織り交ぜて様々な痛みのかたちを三篇の詩で」
川津 望「出現」
宮尾節子「妖精戦争」
沙羅樹「痛みのフラクタル ー薔薇の記憶ー」

・何度でもうまれかわれるとつぶやいて目覚めればまた薔薇につながれ

・百年の眠りののちに赦しあう刺と刺とを絡みあはせて

・繰り返す痛みはあまく咲き乱れ刺挿したまま薔薇の埋葬

/

ペインティングのプロセスでは手触り、色、線の配置が明らかになり形が次第に現れる

今回取り上げる二人の作家の中にある無意識
若い時代に統合失調症発症(神宮司)
個人的で感情的な子供時代の物語(イシクラ)
これらの経験はドローイングやペインティングにどんな示唆を与えるか

共通するのは作家が探求する「痛み」の感
負のスペースを正面から捉える
それが見知らぬ未来を理解することにつながる。

【作家紹介】
◯神宮司和子 / Kazuko Jinguji
山梨県甲府市生まれ在住
県立女子短期大学中退
都内デザイン専門学校で学ぶ
二十代で統合失調症を発症して山梨へ戻る
短歌を同人誌に発表する
2012年ころから絵を描き始める
「人ねっこアート」「小さな声でわたしを伝える」

◯Barbara Ishikura/ バーバラ・イシクラ USA
2016年3月滞在作家
www.barbaraishikura.com
マサチューセッツ州生まれ在住
イタリア、フランスのアートスクールで学ぶ
メリーランド芸術大学彫刻科卒業
ハーバード大学言語学修士
主にアメリカ国内で個展グループ展多数
子供時代の体験や日本との関係などが制作の動機になっている

 

IMG_3379 - コピー

Kazuko Jinguji

IMG_3254

Kazuko Jinguji

/

IMG_4221

Barbara Ishikura

IMG_4082

Barbara Ishikura

/

IMG_3831 - コピー

Barbara & Kazuko

Legend of Urbanism/高橋辰雄

高橋辰雄 個展

Legend of Urbanism~物語としての都市~

ロンドン・モスクワ・北京・東京・パリ・ローマ・ニューヨーク

高橋辰雄/Tatsuo Takahashi

2016年1月31日(土)~2月5日(金)

11:00~17:00

コラージュ、ドローイング

*17:00まで。通常より1時間早いクローズとなります。

160130B

160130A

【物語としての都市】

そんなテーマに気付かせてくれたのは、2年ほど前にロンドンから甲府にやって来た若いアーティストだという。

「ロンドンのイメージを外からの視線で作品にして欲しい」

その彼からの思わぬ誘いがきっかけとなり、作家はまずロンドン作品をつくった。続いて次々と若き日に旅した都市や、書物で愛読した都市のイメージが湧いてきて、世界の8大都市をモデルに連作を試みることになった。ヒロシマや上海にも想いは馳せるー作家の創作意欲は止まらない。

作家の物語と観る人の物語が交わる時、新しいレジェンドが生まれるだろう。

/

最終日近く、トルコからの若い旅人がふらっとやってきました。ウーフで働きながら日本を旅している女性、その日は仕事が休みらしく市内の面白そうなところを回っているようでした。聞けば国でイラストを学んだこともあるとか。

ひとしきり観たあとで、感想を言うからこっちへ来てーというようなポーズ。急にかしこまって何だろうと思いつつ聞くとーーー

作家がいない時間だったので紙にメッセージを書いてもらいました。意外と上手にひらがなで

「ありがとうございました。日本にはじめて”ルル”じゃなくてきもちがあるびじゅつをみました。”Free mind” とおもいました。

ルルじゃなくて(意訳:ルールに縛られていない)

きもちがあるびじゅつ(気持ちがこもっている)

トルコで日本の美術作品を観たことがあり

「日本の絵はすごくルールがきびしい、完璧に仕上げることが大切」

(どんな作品をトルコで観ていたかは不明、多分近代以前のものか)

と感じていたらしく、高橋作品には少々の驚きと新たな発見があったようなんです。素直な気持ちで作品と向き合って「自由な心がある」と感想を言ってくれたこの訪問者のメッセージは、大変嬉しいとともにトルコでの日本のアートはどのように紹介されているんだろうかと。彼女は旅をしたから、自分の目で現在の日本のアートについて感じることができた。やっぱり自ら動くことは必要ですね。

IMG_2974

IMG_2971

IMG_2975

IMG_2984

IMG_2990

IMG_2988

IMG_2985IMG_2981

IMG_2987

「シャツ受注会」陽々 yoyo

Shirts Order Meeting by Yuko Yokota

12435696_927330250678553_1372131611_n

 

「シャツ受注会」とは…
陽々のシャツサンプルを3点を用意いたします。
その中から着たいと思うものを選んでいただき、 肩幅、裄丈、等を採寸して しっくりくる ”自分のシャツ” を注文して頂けます。 陽々 を始めるにあたり、ご挨拶を含め 自分のシャツを着る事から ”暮らす” を楽しむ1つの方法を ご提案をさせていただきます。
—–
2016年1月23日(土)11:00-18:00
ラストオーダー17:00 まで
お茶とおやつ 有
—–
サンプルシャツ 3点(内1点men’s) より一点を選んでいただき
肩幅、裄丈等採寸して仕立てます。
1着お見立て 12,000円 ~
2016年3月頃のお受け渡しを予定しております。
—-
横田裕子 紹介

陽々 yoyo 陽々 -yo yo- | fabric clothes
https://yoyofabrics.wordpress.com/
横田裕子 による布と衣服の制作

沖縄県立芸術大学大学院修了
関東周辺いろいろな田舎を経て 現在山梨県北杜市在住。
「沖縄伝統工芸としての織物の技法と意匠、沖縄の歴史と文化を学ぶ。その6年間の沖縄での生活、出逢った人々からモノの捉え方や価値観の多様性を実感し、喜びと発見に心躍る日々を過ごす。暮らし方、衣食住、居心地について考える日々の現在、手仕事、用の美、を軸に作る者、使う者、お互いの気持ちが丁度良い塩梅になるところを見つけていきたい。」

※オーダーメイドではないので サンプルがイメージに合わない場合は ご了承ください。

 

 

img_0464-1初めまして「陽々yoyo」です

 

12548954_939132609496692_6907952521962102613_n

メンズ、レディーズのサンプルはすべて無漂白布を使用

自信を持ってお勧めできる商品です。

富士吉田市 前田源商店から

トップページ

 

IMG_2858あ

サンプル試着→布を選ぶ(4種類から)→採寸

 

IMG_2861

作家と相談しながら作業は進みます

 

IMG_2885あ

お渡しは3月を予定しております

 

IMG_2844あ

丁寧な採寸でお客様の体にぴったりのシャツを作ります

 

IMG_2883

直接作家に会ってオーダーできるので、好みを伝えて相談できます。遠方からも来てくださいました

 

IMG_2873

試着だけでもOKです、またいつか欲しくなったらぜひ!

 

IMG_2851あ

お客様とのティータイムも大切に

12516392_935166106560009_285663755_n - コピー

陽々yoyo  横田裕子

/

 私たちは日々溢れるモノに囲まれて生活していますが、そのひとつ一つがどこからどうやって自分の手元に来たのかよく知りません。多くの人の手を経てここへ届いたことはわかるのですが、どこかの誰かが作ったモノをそれぞれの水準によって付けられた値段を払って手に入れるのです。原料も労働力も、世界のどこかの何かまたは誰か止まり。でも毎日使うモノがよくわかった素材で誰か顔の見える人が作ったとなると物語が生まれますね。どこかで大量に作られたものより、顔の見える人が作ったたった一つのものを大切にしたいという気持ち。こうやって手に入れたモノは大切に使われますし、もし破損したら直してもらえるんです。気に入ったモノを一生かけて使い倒すくらいの意気込みですよ。

 その意味で今回の注文会に来てくれた若者たちが、使い捨てのファッションより物語のある一生モノを選ぶ気概を持つことを知り、少しの明るさをこれからの社会に見出しました。

 引き続き作家本人がご注文を受け付けますので、直接ご連絡いただければ幸いです。寒い中を会場にお運びいただきありがとうございました。

陽々yoyo ウェブサイト

https://yoyofabrics.wordpress.com/

Open Studio/ひらけスタジオ!

「こうふのまちの芸術祭2015」連動企画
11:00-18:00
10月1日(木)2日(金)休み
無料

今年のエアリーは日常のようすを見てもらうオープンスタジオ
その名も「ひらけスタジオ!」を開催します。
年間通していつも誰かが制作や発表をしている
スタジオをそのまま開放しますー気軽に訪れてみてください。

会期中はワークショップ、イベント、カフェを開催
4カ国からの5名の作家が日程をすこしづつずらせながら滞在制作中、生きたアートとアーティストと気軽にふれあってください。
作家と接することで「ああこの作品、そうだったのか!」とか「この作家はこう思って制作しているんだ!」とか「ああ、こんなこと考えてる人なんだ!」とかアートのこともアートじゃないこともわかるはずです。
現代アートの愉しみをあじわってみましょう!!!

*ワークショップ「シェレインさんのkirigamiワークショップ」
https://www.facebook.com/events/742382162556400/

*イベント:街が立つvol.2「マヌルネコがやってきた@AIRY]
https://www.facebook.com/events/1695735660646420/

/

/

街が立つvol.2 マヌルネコがやってきた@AIRY

/

/

シェレインさんのkirigamiワークショップ

/

切って、貼って、重ねてーステージ装飾をみんなでつくります

/

ひろし熱唱

/

マヌルネコ+α 登場

/

まぬるねこ_なお、くずめ、よしの、もっちょ

/

ひらけスタジオ前半展示作家_シェレイン、坂尻

/

プレーヤーズ&アーティスツ

Tosso Solo Exhibition/トッソ個展

ワタナベトシヒト
Tosso ( Toshihito Watanabe a man called Tosso )
www.aect.weebly.com
1986 born Yamanashi
2011-2012 residency AIRY

paintings/ペインティング作品約20展を展示
drawings/ドローイング作品も少し

2/28 sat オープニング
19:00-20:00 Live Performance_free charge

3/1 sun, 3/7 sat, 3/8 sunオープン

3/9 mon 39 ART DAY「サンキューアートの日」参加企画
http://www.39art.com/
この日のみ21:00までオープン
さらに!受付で「サンキュー」と言ってくれたかたにプレゼントを用意しております。

weekdays open on appointment/平日のオープンについて
平日は予約にて開場しますので作家に直接お問い合わせください。
080-3019-4051(トッソ)

FaceBookイベントページも合わせてご覧下さい。

https://www.facebook.com/events/678928232216735/

/

/

/

/

/

/

/

/

/