「やまなしイマジン」UTY-TV

やまなしイマジンUTY-TVで紹介されました。2月22日

「アートで世界を結ぶ」

アーティスト・インレジデンス山梨代表 坂本 泉

国内外からアーティストを招聘して、1〜3ヶ月ほど滞在し、創作活動を行う
世界的な「滞在型創作活動プログラム」を地元山梨で積極的に支援している。
滞在することの意義やアートに対する想いなどを聞く。

http://www.uty.co.jp/imajin/?no=1666

 

<メイキング:AIRYの3分間紹介ビデオができるまで>

20170222_02

撮影日は2月7日、寒いけど青空が広がる典型的な甲府盆地の冬

 

IMG_9494

まず滞在作家アストンの制作風景を撮影

 

IMG_9493

インタビュアーはUTY企画の鎌田さん。何回かカンで撮り直しも><

 

IMG_9503

これまでの活動の様子を記録していきます

 

20170222_03

事務仕事中!実際に作家が来日するまでのやり取りや準備が大切です

 

IMG_9509

インターンの宮田成留実、井野美奈さんが応援に来てくれました

 

20170222_06

実際に街へ出て寺崎コーヒー訪問、作家たちの作品が迎えてくれます

置き土産だっり帰国してからのサンキューカードだったり。

わずか3分間の番組を作るのに、県庁広報課の取材→番組ディレクター打ち合わせ→取材本番という手順で、実際の取材日はほぼ半日かかりました。その間にはメールで打ち合わせや、古い写真を探して選んで。さすがに内容をぎゅっと詰め込んだ分かりやすい編集になっていますね。こんなステキな紹介ビデオを作って下さってありがとうございます!山梨の魅力やAIRの息吹が広く皆様に届くことを願っています。

広報課の皆さま、UTYの皆さま

その他取材にご協力いただいた皆さまに感謝を申しあげます。

ようこそ秋吉台国際芸術村から

2016年末と2017年始にかけて

山口県秋吉台国際芸術村から二人の訪問客あり

ようこそ甲府へ!!!

同じ作家さんが秋吉台へ行ったりエアリーに来たりで共通の話題が多く

AIRのやりがいや苦労話で盛り上がります。

 秋吉台国際芸術村→ttp://aiav.jp/

/

IMG_9266

2016年12月 初甲府の森下千恵@エアリーエントランス

IMG_9273

「巨峰ぶどう」が有名な山梨市牧丘にて、「津野田ファーム」を訪問

持ち寄りランチで一息、後ろにはエアリー滞在作家さんたちの作品が飾られて

/

IMG_9315

2017年1月 塩田のぞみ@武田信玄像 彼女は甲府は〇回目のリピーター

IMG_9323

山口県といえば「ふぐの郷」いただきました

甲府で美術にふれる~Touching art in Kofu

エアリー入口

https://www.nashidai-bikyo.net/%E6%A2%A8%E5%A4%A7%E7%BE%8E%E6%95%99%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89/%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E6%83%85%E5%A0%B1/

梨大美教に入ったら/おすすめ情報/

山梨大学、略して梨大

「梨大美術教育に入ったら~おすすめ情報」ページで紹介していただきました。

平野千枝子先生による

山梨の隠れアートスペースが紹介されていておススメです。

 

 

Liisa Kruusmagi / Estonia Calendar 2017

リーザの2017年カレンダーが入荷しました✩✩✩国内初です

送料込み2200円でお譲りしますのでお早めにどうぞ

実費で国内郵送いたしますのでお問い合わせくださいませ。

作家ウェブサイト:http://liisakruusmagi.tumblr.com/

 

il_570xn-1125249281_msb3

ヨナとローラが帰ってきたー!!!

Johna Hansen & Laura Pold  came back to Maebashi Japan and held performative installation.

“Serving makes Place” @Maebashi Works

12/3 sat – 12/25 sun

 

EPSON MFP image

 

Johna and Laura performative installation is Great
アーツ前橋からMaebashi Worksへ移動して、ヨナとローラに再会(^O^)/

2015年AIRY 10th作家の二人とは一年半ぶり

二人の作品空間でのお茶席は、より精度を高めて神聖な雰囲気を醸しておりました。

路面スタジオを近所の人が覗いたり、街とアートの程よい関係がいい感じです。

15241820_943421942458514_7506899519255870295_n

15284985_943421949125180_2384760547822899361_n

15317882_943421989125176_6638608967267503718_n

15317995_943422015791840_4305648737154737359_n

山梨英和大学でのプレゼンテーション

img_8830

The presentation to the students with Chihiro went very well.
紅葉がきれいな山梨英和大学の人間文化系授業で、外部講師としてプレゼンテーションをしました。

テーマ「山梨/甲府における芸術活動拠点づくりとその運営」

 

img_8827

内容は10月の活動にフォーカス。シルビアさん/イタリアのワークショップと参加者(矢合ちひろさん)トークをメインに据えて。21名の参加者の中からお願いしました。

シルビアのプロジェクト以下参照

http://air-y.net/archives/category/blog/residence_home

 

EPSON MFP image

silvia_20161117_0001

14695504_896607403806566_1963754641751999518_n

 

彼女が初めて作家に会った日の印象、WSへの参加経緯、やり取り、作品の感想、自分の人生これからなど。アート/アーティストを自分自身に引き付けての語りに学生さんは表情が変わりましたね、すごく説得力がある。こんな風にWS参加者を引っ張り出したのは初めてですが手応えありー伝わったと思う。
・若き日のイタリア留学の現実と挫折
・シルビアとの出会いワークショップ[Memory Cubes]参加
・思い出を作家に語ることで得た癒しと見えてきた自分の変化
・もう一度イタリア語やってみようと思うまで

全体の流れ
〇AIRプログラムについて
〇AIRYの成り立ちと経過
〇[Local to the World]イベントについて
〇シルビアさんのワークショップ[Memory Cubes]
〇大学生の地域アートイベント参加について

 

河内成幸スタジオ訪問

We visited KAWACHI Seikou wood cut print studio.

アーティストのリクエストから河内成幸スタジオ訪問が実現しました。
風が渡る多摩丘陵にある自宅スタジオで、奥様の美栄子さんと共に暖かく迎えてくださいました。
40年近く前に知り合いがすごく大きな木版画を買い、当時アートコレクションすること自体がまだ実感の湧かない私は、にわとりが数羽勢いよく飛び立つ瞬間の図柄と作家名を知ることに、、なつかしい思い出です。
河内成幸ウェブサイト:http://kawachiseikoblog.sakura.ne.jp/wp/

IMG_7036

ご自分の版木を見せながら、作品制作について丁寧に教えてくださいます。

 

IMG_7039

これらの図柄は一目見て河内先生のものとわかります。

 

IMG_7042

シャープで暖かい眼差しは時が過ぎても変わりません。

 

IMG_7044

清水和加子さんは30年近くイタリア在住でしたので、イタリア語で通訳してくださいます!

 

IMG_7050

快くスタジオ訪問を受け入れてくださってありがとうございました!夏のいい思い出ができました。

 

Darren Rigoと清里フォトアートミュージアムへ

ダレン・リーゴ(カナダ)

「ヤング・ポートフォリオ2015 」コレクション作家

YP2015展の会期中には間に合いませんでしたが

昨日作家を清里フォトアートミュージアムへ案内することができました。

さっそく小川事務長から「KMoPA永久保存証書」が手渡されてちょっとしたセレモニーでした。

おめでとうございます!

2012年YPコレクション作家のFillipe Casacaに続いて二人目のYP作家をホストできたことをとても光栄に思います。

ダレン・リーゴ http://www.darrenrigo.com/

清里フォトアートミュージアム http://www.kmopa.com/

ヤング・ポートフォリオとは?

第3の基本理念である「ヤング・ポートフォリオ」は、写真表現に情熱を燃やす青年たちの創造性に富んだユニークな作品を後世に残すために、当館が募集するものです。この募集はコンテストではなく、当館の収蔵作品として優秀な作品を収集する活動の一環です。

毎年35歳以下の若い作家の作品を公募し、選考の後、当館のパーマネント・コレクションとして購入し展示しています。未だ評価の定まらない、完成への途上で闘っている青年たちの作品にこそ、時代を切り拓く力が秘められていると私たちは考えています。完成度は高くないが、独創的で表現意欲の高い作品を美術館が購入することによって、若い作家に勇気を与えたい。今後も写真をめぐるさまざまな変化に柔軟に対応し、作品の収集、展覧会、出版活動などを通して若い作品と作家をバックアップし、広く社会に紹介したいと考えます。

 

IMG_6963

 

IMG_6974

(左)山地学芸員

(右)小川事務長