Sarah Lebeck-Jobe / USA

Sarah Lebeck-Jobe

USA

http://art.lebeckjobe.com

painting, text, ceramic,  jewelry

residency April 2017

/

サラ・レベック-ジョブ

アメリカ

絵画、テキスト、陶芸、宝石

2017年4月滞在

/

upclose4_med

アメリカで英文学学士と家族療法カウンセリング修士を取得し、心理療法士として7年間働く。その後に世界を旅しながらアート制作をする生活に入った。

作家は世界各地のユニークさと類似点の両方を反映するために、その地域で見つけた素材を使用してサイト固有のインスタレーションを作り上げる。そしてできあがった作品を元に、地域の人々にストーリーつくりの協力を仰ぐ。それらをテキストとして編集して作家のインスタレーションと組み合わせることで最終的な作品が完成する。これまで世界を旅する中で試してきた経験に、山梨の人々とのコミュニケーションをさらに重ねることで新たな作品を作り共有する。

/

SakuraEraser

ーstory telling workshopー

4月12日(水)13:30-15:00@AIRY

作家のドローイングからお話を作る

それを作家が編集してテキストとして仕上げる

インスタレーションと組み合わせて作品を完成させる。

参照:http://art.lebeckjobe.com/experiments/FigureTree1/

ー発表ー

4月15日(土)11:00~11:15@AIRY

「滞在作家x山梨作家シリーズ」④

Sarah Lebeck-Jobe x 金 亮子

「ことばのよこがお」

 Nomado Renga

– the poems that filtered through the visual images –

目が覚めて口が何かいうとしたらそれは誰のコトバだろう

解して散らばったコトバが海に浮いている

記憶のはしっこが海をかき混ぜてコトバが舞い上がる

解体と再構築 壊しては組み立てる

新たな「コトバのよこがお」が生まれる

金 亮子/金 亮子 紹介

千葉県生まれの在日韓国人3世 山梨県峡北地方に住んで12年になる。趣味は落語と着物。仕事で「ことばを使わない人」「ことばを忘れていく人」と接したことで、自分のことば感覚を表現したいと考えるようになった。これまでの手帳にスケッチをする程度の「表出活動」から発展して豊かな「表現活動」への欲求が生まれてきた。

/

IMG_0162

IMG_0164

IMG_0190

 

IMG_0174

 

18034838_1157724547671919_1500112983_n

Marc Hartmann/Switzerland

Marc Hartmann

Switzerland

www.marchartmann.ch

sculpture, installation

residency April – June 2017

/

マーク・ハートマン

スイス

彫刻、インスタレーション

2017年4~6月

/

adapterteam_marc_hartmann - コピー

 

作家は作品の中で、社会的・文化的システムの曖昧さに焦点を当てる。

具体的な手法として、既存のオブジェクトや状況を組み替えて、人々の議論に発展するよう仕掛ける。 作品は、行動・再解釈・発散の社会的パターンに焦点を当てたものが多い。 彼は日々変化していく新しい現実を再構築し、身近な装置を作り上げる。 根底には知覚・信念・状況に関する疑問が動機としてある。

作家はバーゼルの大学で美術を学ぶ前に料理を学び、スイスでシェフとして働いた経験がある。シェフとして食べ物を扱うことに対する関心は、芸術的仕事にも影響する。山梨では、実験的なレストランの展開を計画している。
地元の人々が集まり、美味しい食事を食べ、芸術、文化、人生について話す場所を作りたい。例えば以下のような形でー

第1章_スイスの伝統的な食べ物を紹介する

第2章_山梨のシェフと協力してお互いの文化に基づいて新しい料理をつくる

第3章_異なる文化のシェフが協働した時に起こるプロセスと現象を待つ

また作家は「チーム・アダプター」というクリエーターズチームを、仲間達と組織している。

チームは旧式のオペル・ブリッツ車を改造して、現在はモバイル展示プラットフォームとしてヨーロッパ各地を巡回している。それはアートプロジェクトのためのスペースを拡張して使う実験的な試みである。癒しのプラットフォームは、人々とアートをローカルにもグローバルにも結集することができる。

「チーム・アダプター」 http://www.kunstadapter.ch/en/ueber-uns/team/

/

finished!

Inked!cid_D486B1B5-DFED-4B29-B059-10E37850FE6C_LI

実験的レストラン#1「ファンファン🍸フォンデュ」

創造、共有、対話

Experimental Restaurant #1 [funfun fondue]

日本伝統料理と外来フードの融合と精神が焦点
第一回ワークショップは彼がチーズフォンデュを振る舞います!

4月15日(土)10:30-12:00
予約制 定員10名(定員になり次第締め切り)
airy at air-y.net へ申し込んでくださいat→@
チーズフォンデュ試食 無料
飲み物 300円/1ドリンク
会場 AIRY 甲府市丸の内2-37-2

IMG_0217

IMG_0187

IMG_0186

 

IMG_0188

 

IMG_0189

 

IMG_0224

“Carta Bianca”/Italy

“Carta Bianca”

Angela Melito + Graziano Nunziante

Italy

ceramic, sculpture, painting, drawing, design, media

residency May-June 2017

/

「カルタ・ビアンカ」

アンジェラ・メリト+グラッチアノ・ナンジアンテ

イタリア

陶芸、彫刻、絵画、ドローイング、デザイン、メディア

2017年5-6月滞在

/

!cid_C5F02240-ECFF-44D0-B2CA-A20470C36E6E@lan

/

ユニット名「カルタ・ビアンカ」

アンジェラ(絵画、彫刻担当)+グラッチアノ(デザイン、メディア担当)

作家のアート制作は社会の矛盾に関連しています。

自分の内なる強さや純粋さ、意味付けを見つけるために、人々を自分自身と実際の必要性に再び結びつけたいと考えています。
それゆえ作家は今日の社会、とりわけ人間と自然との関係にフォーカスします。その過程で感じる日々の不満、寂しさ、空虚さを作品に表現しています。

彼らは自分たちの作品で表現されていることが、それを観察する人々の目に優しさを生み出すことを願います。人々を幸せにする人生の小さな触れ合いを考えさせる機会を共有したいと考えます。

使っている素材はリサイクルされた紙です。これらは彼らのアート制作に欠かせない素材であり、芸術的コンセプトの中核を表現しています。
リサイクル紙はシンプルで純粋であり、生まれ育った南イタリアの芸術的伝統に広く使われているので、作家のインスピレーションの大きな源です。表現の目標は、この材料に自然の要素としての新しい光を与えることです。それらには大きな可能性があり、そのシンプルで力強い素晴らしい芸術的素材でもあります。