EunJi Sung / Korea

EunJi Sung

Korea

Choreograph, Visual art, Film make

Residency April 2019

/

ウンジュ・サング 

韓国

振付、視覚芸術、映像

2019年4月滞在


The work takes place across and beyond the stage, screen, canvas, and studio with various mediums; and makes use of entanglement of personal, professional and performance identity. Working as a choreographer and a member of visual art team OKI, EunJi employs her dance background and her perspective towards visual art and film is confronting the very notion of media art, dancing and performance. Curious about visible/invisible space and movements of a medium on it, the artistic direction of her projects goes beyond limitations of space and the definition and effects of movements.

One of her visual art/dance exhibition Lost you for a sec addresses the implicit politics that underlies their friendship: the border restrictions that prohibit them from living together, and the technological means through which they can continue to engage and support one another. Since the end of 2017, this practice has been grounded in fortnightly skype sessions in which the three meet: a sprawling, playful period of empty time – of stupid jokes, collective moaning, and technological stutters – through which they experiment with the performance and materiality of digital communications.

作家の作品は様々な媒体を用いて、舞台・映像・キャンバス・スタジオを交錯し飛び越える。個人としての存在、プロとしての自分、パフォーマーとしての自分の存在のもつれをヒントに制作する。振付師として、視覚芸術的チーム「OKI」のメンバーとして、自分のダンスの背景を使い視覚芸術と映画への見方はそのアート・ダンス・パフォーマンスに対峙する。見える見えない空間とその空間の中でも動く媒体に好奇心を持ち、作品の方向性は空間の持つ限界と動きの定義と効果を超える。

彼女が作った「 君を一瞬失った/一瞬消えた」というダンス・ビジュアルアート/視覚芸術コンセプト。暗黙の了解の上に成り立っている友情を取り上げ、渡航制限で一緒に住むことも出来ないためにテクノロジーにより互いに関わり合い、支え続けていることに向き合っている。2017年末以来、隔週で3人で気軽に話したり、戯言や文句を言ったり、科学技術を失敗したりする、半分遊んでいる無秩序なビデオ会議を行うことにした。それを通してデジタルコミュニケーションに演技的可能性などがあるか実験している。

Translation: Olly Thwaite

Marit Shirin Carolasdotter/Sweden

Marit Shirin Carolasdotter

Sweden

www.dotraproductions.com

Performance, Dance, Video, Installation

Residency April 2019

/

マリット・シリン・カロラスドッター

スウェーデン

パフォーマンス、ダンス、ビデオ、インスタレーション

2019年4月滞在

Wandering on and on in a great forest without thought of return

As children we saw mysterious paths, did you wonder where they led to?

Nature designed as a readout to beyond and beyond through Japanese gardens and temples.

Yūgen幽玄

It remains there as a potentiality.

A nomad wander in coexistence with nature – meets another person from another world, yet realise that they have a lot in common. My project is a traveling, collaborative project where I merge Dance, Music and Visual art together into a unique eco-system of its own. Everywhere I travel I meet people who are moving or who wants to move, and the purpose of this art is not to ask why, but how?

By studying the soil where we are born out of, we can reconnect with our tactile senses. This powerful tool we have called body, has receptors that is rarely in contact with plants and earth. I believe we forget what it feels like to use our hands to trace nature.

I work with ‘Humans & Soil’ to create a community worldwide and I want to remind people about what we can learn from native cultures and their care-taking of land.

/

帰ることを考えずに広大な森をさまよい歩く

子供のころ神秘的な小道をみて、それがどこへ続くか考えた事がありますか

日本の庭や寺を通して限りなく読み取ることができる自然という概念

幽玄、可能性はそこには残されている

自然とともに存在する放浪者は他の世界からの人々に会う

しかし共通点が多い事に気づく

わたしのプロジェクトは旅しながらダンス・音楽・視覚芸術を合わせてユニークな生態系を協働で作ることです。どこに行ってもわたしは身体を動かしまたは動かしたい人達に会う。目標はなぜ動きたいかではなく、どうのように動かすか?私たちが生まれて来た土を観察することで、触覚を再確認することができる。この力強い身体という道具が、あまり植物と土に触れ合うことがない感覚器官になってきている。手を使って自然をなぞるようなことを忘れていると思う。わたしは世界的な共同体を作るために「人間と土」を扱い、先住民と彼らの人自然観を現代人に思い出させたいと考えます。

Translation: Olly Thwaite

Sage Szkabarnicki-Stuart/Canada

Sage Szkabarnicki-Stuart

Canada

https://sage.myportfolio.com/

photography, sculpture

Residency March, April,May 2019

/

セイジ シュカバニキ-スチュアート

カナダ

写真、彫刻

2019年3,4,5月滞在

Sage Szkabarnicki-Stuart’s photographs pull from familiar subject matter related to domestic spaces and subconscious memories. The photo series “I Think You Dropped Something” centrally questions what defines a place as ‘home.’

Artist’s photos are highly constructed, incorporating self-portraiture, performance and personal narrative to create images which communicate layers of meaning related to the artist’s past, familiar iconography, and surreal elements.

She is an award winning artist and has shown her work in numerous exhibitions including at the Toronto Outdoor Art Fair, at Art Toronto, and at the Propeller Gallery in Toronto.

She currently lives in Toronto, and became a Resident Artist at the Living Arts Centre in 2018 under the LAC’s Fellowship Program for recent graduates. Sage graduated from Concordia University’s Animation program, and is a self- taught photographer.

セイジ シュカバニキ・スチュアート の写真は、身近な空間や潜在意識の記憶に関連する馴染みの主題から引用しています。 写真シリーズ「私はあなたが何かを落としたと思います」は、場所を「家」と定義するものを中心に質問を投げかけます。

作品は自画像、パフォーマンス、そして個人的な物語を取り入れて構成されており、アーティストの過去、身近なイメージ、シュールな要素に関連する意味の重なりを伝えるものです。

また、彼女は受賞歴のあるアーティストです。トロント屋外アートフェア、アートトロント、トロントのプロペラギャラリーなど、数多くの展覧会で作品を発表しています。

現在はトロントに住み、最近の卒業生のためのLACのフェローシッププログラムで2018年にリビングアーツセンターのレジデントアーティストになりました。作家はコンコルディア大学のアニメーションプログラムを卒業し、写真は独学です。

/

“NariKiri Dream” Workshop

workshop:「ナリキリ・ドリーム写真を撮ろう」 NariKiri Dream
target:山梨県立あけぼの支援学校中等部生徒2名

Aklebono Shien Junior High School 2 students
workshop leader:セイジ シュカバニキ-スチュアート/カナダ

Sage Szkabarnicki-Stuart /Canada

date & time:2019年3月12日(火)10:00~12:00
venue:甲府市西公民館実習室NariKiri

Contents:
①なりたい自分をイメージする Imagine myself who I want to be
「ディズニーのディジーダックが好き。 Daisy Duck, Disney 私の好きな色(ピンクと紫)と同じ色だから。  I love pink and purple」
「歴史上の人物 坂本龍馬が好き。 Ryoma Sakamoto 歴史が好きだから。I love history」
②ヘッドドレスの素材を集める Gather the material of headdress
③工夫して楽しくつくる Enjoy creation
④試着する Try on
⑤撮影場所とポーズを考える Think about shooting location and pose
⑥撮影ー現像ー額装ープレゼント shooting-developing-framed -gift present
*英語の会話を楽しむ Enjoy English conversation


Daisy Duck, Disney, I love pink and purple


I love history, Ryoma Sakamoto


Think about pose


Think about shooting location

the photo with frame finished

Supported by Masumi Yanagisawa, the art teacher of school

Jeong Heewoo /South Korea

Jeong Heewoo

South Korea

www.jeongheewoo.com

Visual Art, rubbing, painting, installation

Residency February 2019

/

チョン ヒーウ

韓国

ビジュアル・アート、拓本、絵画、インスタレーション

2019年2月滞在

/

I document cities. 

I am living in Seoul, rapidly changing city. Seoul was severely destroyed through the Korean War in 1950s. Ever since then, a lot of construction has happened in Seoul. In early times, they built buildings to live in. Nowadays they deconstruct those buildings and construct the larger buildings. For the result, I lose my historical places. I lost the house I lived in when I was 9. On that site, there is 5-story building. Seoul is always renewed like this. 

I document places to remember. 

Using rubbing technique, I make documentations with the name, <Peeling the City>. I made documentations from signs on the ground, on the street, and the walls from apartment. Relentless construction and deconstruction in Seoul take these away before long. 

I document cities with touch.

I don’t photograph to record. I rub to record. I like this way because I touch the object I record. You can record things from distance if you use camera. But if you use rubbing technique, you will make contact with the object. I feel I am taking care of the object when I make rubbing out of it. It is important for me to touch things that will disappear soon.

都市を記録します。

私は急速に変化する街ソウルに住んでいます。ソウルは1950年代の朝鮮戦争で激しく破壊されました。それ以来ここではたくさんの工事が行われてきました。初期の頃には住む建物を建てました。今日では、それらの建物を解体してより大きな建物を建てます。その結果、私たちは歴史的な場所を失います。私は9歳の時に住んでいた家を失いました。今その敷地内には5階建ての建物があります。ソウルはいつもこのように記録が更新されていきます。

覚えておくべき場所を記録します。

擦り出し技術を駆使してその名の元に記録します。私は地面、路上、そしてアパートの壁の看板から記録を作りました。ソウルでは執拗な建設と解体が、やがてこれらを取り除きます。

私は触れることで都市を記録します。

記録するために写真は用いません。拓本として記録するため擦り出しをします。私は記録する対象物に触れることができるこの方法が好きです。カメラを使えば遠くからでも撮影できます。しかしあなたが擦り出しの技術を使うならば、あなたは対象物と接触するでしょう。私はそれを擦り出す時に、対象物の世話をしていると感じます。近いうちに消えてしまうものに触れることが重要なのです。

/



tittle: FaceBook /페이스북
date: 2019.2/23(sat) -24(sun) 11:00-18:00

24(sun)12:00-14:00 Artist Talk with LeKoppi Coffee/1 drink order
venue: Artist In Residence Yamanashi [AIRY]
2-37-2 Marunouchi, Kofu, Yamanashi 400-0031
artist: Heewoo Jeong /South Korea (February artist)
artist page: www.jeongheewoo.comhttps://

www.facebook.com/heewoo.jeong.7?epa=SEARCH_BOX


https://www.instagram.com/oow99h/?hl=ja
AIRY page: http://air-y.net/archives/category/blog/archives/10534

私のドローイングは2019年2月に甲府で会った人々のドキュメンテーションです。
ドローイングブックに甲府での滞在中に出会った人の顔を描きました。私はギャラリーの壁に山梨の簡単な地図を作ります。 そして地図上の出会った場所にその顔を置きます。 人に出会うことは旅の重要な部分です。 私が出会った人の顔を描くことで、この出会いはよりわかりやすくなり深くなります。 顔を描くことで、私の旅はもっと楽しく思い出深いものになるのです。
元々Facebook はネット上のつながりですが、わたしのFaceBookはもっと直接的な方法のつながりと言えます。

My drawing book becomes the documentation of people in February 2019 in Kofu.
I drew faces I met in travel to Kofu on my drawing book. I will make a brief map of Yamanashi on the gallery wall. And I will put the faces on the points where I met the people. Meeting people is important part of travel. Drawing person’s face I meet makes this meeting easier and deeper. Drawing faces make my travel more enjoyable and memorable.
As Facebook on internet is for networking, my FaceBook is for networking in Kofu in much more direct way.

2019年、最初の Open AIRY がフルウント 甲府にて行われました。 美味しいランチと一緒に、素敵な時間を過ごしました。 2月AIRY滞在、韓国よりのアーティスト Heewooさんによるワークショップ ”Draw Me Draw You” 同時開催。Heewooさん曰く、「知っていることを描くのではなく、見たものをそのまま描く。」ことがアートの楽しさである、と強くも穏やかなまなざしで語っていたのが印象的でした。 美味しいお食事だけでなく、いつも素敵な空間をご提供くださいます、慎吾さん、ゆうさんご夫婦に感謝です。リニューアルした店内、とても暖かく素敵でした✨ I had a great time at the first open AIRY meeting this year @ Cafe Fluunt Kofu. Heewoo, the new artist from Korea made a quick workshop of experiencing drawing each other instantly. I was, actually we, all the participants agreed at her idea saying that “Don’t draw what you know, draw what you see.” was very convincing. As one participant reminded her of the famous Bruce Lee’s line “Don’t think, just feel!” Heewoo says that one aspect of art is to entertain people and also a means of communication to interact with each other, which I could experience from my heart today.

*Text by Hanako Kishimoto 岸本華子

Reallife FaceBook

William Matheson/USA

William Matheson

USA

www.williammatheson.com

painting, drawing, video

residency December 2018

/

ウィリアム・マテソン

アメリカ合衆国

絵画、ドローイング、ビデオ

2018年12月滞在

My current paintings explore conflicted relationships based on touch, interaction and control, manifesting themselves as awkward yet sensual moments between physical bodies. A foot on top of a face, a foot on a shoulder, and even a disembodied leg searching for connection all reveal a thread of uneasiness and the absurd. How we communicate, and all so often miscommunicate is at the core of my current work.

My process begins with locating and re-working found sources- appropriated images become reconsidered, portraying something that shifts between precarious and playful. The figures I create often contain a sense of ineffectuality, like performers ill equipped for their roles.

At AIRY I want to continue with utilizing figurative work to explore the absurd, while also incorporating elements from recent readings of poetry and literature. I’ve been engaging with the work of Kitasono Katue and Sagawa Chika, and I’m very excited by the both poet’s usage of dark mercurial imagery in conjunction with abstraction. I would hope to make a group of small paintings at AIRY that incorporates these inspirations, culminating in a series that continues my exploration of communication and interaction in a more abstract, dark, slippery fashion.

私の現在の作品は、タッチ・相互作用・およびコントロールに基づく矛盾した関係を探求します。それは物理的な身体の間に、厄介で感情的な瞬間として現れます。足の上の足、肩の上の足、そして接続を探している身体のない脚さえも、すべて不安と不条理の糸を明らかにします。私たちがコミュニケーションをとる方法が頻繁に間違っていることが私の現在の仕事の中心にあります。

制作のプロセスは、発見された情報源を見つけ出して再加工することから始まります。適切なイメージが再考され、不安定で遊び心のあるものに移行して描かれます。私が描く人体には、役者としての役割を果たすかのような、効果のない感覚が含まれていることがよくあります。

エアリーでは、最近読んでいる詩や文学の要素を取り入れながら、不条理を探求するために比喩的な仕事を続けたいと考えています。私は北園克衛と左川ちかの詩に魅了されてきました。彼らが暗黒の水銀のイメージを抽象と組み合わせて使用​​していることにとても興奮を覚えます。これらのインスピレーションを取り入れた小さな絵画作品をエアリーで作って、より抽象的で暗く滑らかな方法でコミュニケーションとインタラクションの探求を続けるシリーズを完成させたいと思います。

/

Title: A Cage Within A Bone

Artist: William Matheson/usa

2014-2016 MFA, Virginia Commonwealth University, Richmond VA

2009-2013 BFA, Pacific Northwest College of Art, Portland OR

Date: 2018.12/23sun- 24mon 11:00-18:00

Venue: Artist In Residence Yamanshi [AIRY] 2F Gallery

Opening Reading Party: 23sun 16:00-18:00

Poetry Reading with English & Japanese

Poets: Kitasono Katue, Chika Sagawa+Christmas Drink


Closed 24mon 13:30-15:30 clsed sorry

William brought 2 Japanese poet books from Portland. These are written by modern poets lived and worked in early 20 c. who are reevaluated recently by young new generation. He has been inspiring from these poems and made these drawings in first week in AIRY. It was a quick drawing using calligraphy black ink which is his first challenging use in Japan. Then he started oil paintings on wood panels or canvas.

Shredding the Tapestry of Meaning / Katue Kitasono 1902-1978

THE COLLECTED POEMS OF CHIKA SAGAWA / Chika Sagawa 1911-1936

Also he was inspired of picking up Japanese traditional tool for display, which is Emonkake/ 衣紋かけ.

We’ve got a good opportunity to review Japanese culture and tradition from a young American artist coincidentally.

タイトル:「A Cage Within A Bone」*北園克衛の詩から引用

作家:ウィリアム・マテソン/アメリカ

期間:12月23日(日)24(月)11:00-18:00

会場:AIRY二階ギャラリー 予約不要・無料

オープニング・パーティー 23日(日)16:00-18:00

ポエトリー・リーディング:北園克衛、左川ちかの詩を朗読する

作家(英)と参加者(日)の朗読で一つの詩を読み合い完成させる。

+クリスマスドリンク付き

*申し訳ありませんが、以下の二時間をクローズさせていただきます。

24日(月)13:30-15:30

                                                                /

What The Water Tells/はしご湯

What The Water Tells / はしご湯

<元銭湯と現銭湯をアートではしごする二日間>

2 days to ladle the Former public bath and the Current public bath by ART

/

/

/

エアリーでは、2005年以来甲府市を中心に、海外作家と地元作家の協働展やワークショッフを開催してきました。現在は、元銭湯「高砂湯」を舞台に今年4回目の展覧会を計画中です。アートを通じて多様な価値観を容認し、より豊かな社会をつくるための取り組みとして、さまざまな表現と鑑賞者が出会う場の創出を目指します。今回は二つの老舗銭湯(高砂湯と喜久乃湯温泉)を舞台とします。共に90年以上の歴史を(有した)有し、地域に愛された癒しの場所での展覧会とオープニングです。それは、長きに渡り人々に憩いの場を守ってきた*銭湯運営者たちと海外作家たちとのコラボレーションとも言えます。個人店が花水木に沿って軒を連ねるラブリーな朝日商店街を散歩し、そして二つの会場をはしご湯。「What The Water Tells」 水が私たちに語りかけるものをテーマにした新作をお楽しみください。

/

Exhibition @Takasagoyu  展示は「高砂湯」会場のみ

日時:2018.11.23 Fri. 11.24 Sat. 10:00-17:00

Performance & Talk: 両日15:00-17:00

エッセイ「Daily Miracle」朗読(英・日)アナ・スターン/デンマーク

「詩と写真と音楽による参加型パフォーマンス」

会場:甲府市朝日2-16-10 高砂湯

入場料:大人400円(小学生以下無料)

作家:11月滞在作家4名

Julie-Ann Simpson ジュリー・アン シンプソン(スコットランド)ドローイング、絵画

Anna Stahn アナ・スターン(デンマーク) ドローイング、文筆、パフォーマンス

Anna Muchin aka Scarlett O’Hanna アナ・ミューチンakaスカーレット・オハナ(ベルギー) 音楽、パフォーマンス

Yuyen Lin-Woywod ユウイェン・リンウォイウッド(台湾、ベルリン) ビデオ

Opening Party@Kikunoyu Onsen オープニングは「喜久乃湯温泉」にて

日時:11:23 fri. 17:00-21:00

会場:甲府市朝日2-16-10 喜久乃湯温泉 二階大広間

入場料:お得な「はしご湯Ticket」アーティストたちのオリジナル作品によるチケット

大人1500円、小学生以下600円 *展示会場(高砂湯)入場料込み

内容:入浴+こたつできりたんぽ鍋(飲み物はご持参ください)

For more information:新情報日々更新中

HP: http://air-y.net

FB: http://www.facebook.com/AIRyamanashi

Instagram: https://www.instagram.com/airyamanashi

高砂湯 Takasagoyu 1924(大正13)-2017(平成29)年

甲府駅から北へ徒歩10分の住宅街で93年続いた元銭湯。

地域で愛されたが来客数の減少や燃料費の高騰により昨年秋に惜しまれつつ閉店した。

甲府市朝日2-16-10 / 2-16-10

*専用駐車場はありません。山梨病院のコインパーキングをご利用ください。

喜久乃湯温泉 Kikunoyu Onsen 1926(昭和元)年創業

高砂湯から北へ徒歩5分、作家太宰治が通ったことで知られる。

一階は昭和の香り漂うレトロな脱衣場と湯舟、二階には大広間を備える現銭湯。

甲府市朝日5-14-6 / 5-14-6

*駐車場スペースありますが、できるだけ乗り合わせておいでください。

主催 / Organizer : Artist In Residence Yamanashi [AIRY]

協力 / Cooperate : 高砂湯 Takasagoyu(福岡二三子、由紀子Fumiko & Yukiko Fukuoka)

喜久乃湯温泉 Kikunoyu Onsen(平賀忠臣 Tadaomi Hiraga、松村理恵 Rie Matsumura)

表紙イラスト / Front Illustration : アナ・スターン Anna Stahn

裏紙イラスト / Back Illustration :エマニュエル・モンティエル Emmanuel Montiel

デザイン / Design : 筒井一葉 Kazuha Tsutsui

/

高砂湯Takasagoyu 2016(平成28)「高砂無尽」から

福岡ゆりか、二三子、由紀子(左から)

喜久乃湯温泉Kikunoyu Onsen

平賀忠臣、松村理恵

/

!!!参加型パフォーマンス&トーク情報!!!

(参加費は入場料400円に含まれます)

11/23(金)24(土)15:00-16:30@高砂湯

①15:00-15:30

アナ・スターン/デンマークによる新作エッセイ短編集「デイリー・ミラクル」から「バスハウス」朗読

アナ・スターン(英語)厚地由佳子(日本語)

*日本語朗読者募集中24(土)

②15:30-16:00

アナ・ムーチン/ベルギーによる参加型パフォーマンス「ここではないどこかへ」

定員約10名

詩人で音楽家の作家が水をテーマにしたオリジナルサウンドトラックを用いて、参加者のみなさまをゆったりとした瞑想の世界へ誘います。(約20分)そのあとで感想を話し合います。

*参加者はアイマスクまたはスカーフなど目を覆うものをご持参ください。

/

山梨日日新聞 11/22 付け文化欄

/

 高砂湯会場/Venue of Takasagoyu 11/23,24

.

Julie-Ann Simpson/painting,drawing

Julie-Ann Simpson /Scotland

.

Anna Stahn/drawing, printing, text, bookbinding

Anna Stahn/Denmark

.

Anna Muchin/music, photo, poem

Anna Muchin/Belgium

.

Yuyen Lin-Woywod/video

Yuyen Lin-Woywod/Taiwan, Germany

.

参加型パフォーマンス/Participatory performance ①

[Daily Miracle] Bathhouse

Anna Stahn (English) + Yukako Atsuchi 厚地由佳子(Japanese)

11/23 version

[Daily Miracle] Gardener

Anna Stahn + Michika Araya 新谷みち香

11/24 version

.

参加型パフォーマンス/Participatory performance ②

meditation with original soundtrack

Anna Muchin

11/23,24

 

喜久乃湯温泉会場/Venue of Kikuniyu Onsen 11/23

Opening Party with きりたんぽ鍋

 

UTY テレビ「ニュースの星」で紹介されました。

photos : Emmanuel Montiel

 

 

 

 

 

 

 

Anna Muchin/Belgium

Anna Muchin

Belgium

https://scarlettohanna.com/ www.annamuchin.com

Music, Visual Arts, Performance

residency November-December 2018

/

アナ・ミューチン

ベルギー

音楽、ビジュアルアーツ、パフォーマンス

2018年11月滞在

*作家の都合により滞在は11月のみになりましたことをご了承ください。

I see art making as a way to mirror and question how we move ourselves through existence, as an attempt to crush preconceived answers on how to live and how to love, and hopefully, make people wander-wonder through poetic journeys.

Half-French and half-Greek multi artist Anna Muchin lives in Brussels and performs mostly as SCARLETT O’HANNA. She has released records ‘Cheap Bling Bling’ (2011), ‘Impostor’ (2012) and ‘Romance Floats’ (2016) under this name in Europe and Japan,  New ‘Gone for Pearls’ (2017).

芸術は生き方と愛する方法に関する先験的な答えを打ち砕くための試みとして、そして願わくは詩的な旅を通して人々がさまようようにするために、私たちの存在を通してどのように動くかを鏡に映し出し、質問する方法として見る。

フランスとギリシャの血をひくマルチアーティスト、アナ・ミューチンは、ブリュッセル在住。主に「スカーレット・オハナ」の名で活動している。スカーレット・オハナとして、2011年にアルバム「Cheap Bling Bling(安っぽいアクセサリー)」、2012年「Impostor(ニセ者)」、2016年「Romance Floats(ただよう恋)」をヨーロッパと日本で、2017年「New ‘Gone for Pearls」をリリースしている。

New ‘Gone for Pearls :

/

/

 

Performance Descriptions:exhibition + collective sound meditation

Water is a theme around which I’ve often reflected and worked. I came up with the title What The Water Tells having in mind the idea of flows, movement, time, and our own personal stories. To me it’s also a place, somewhere I often return to and take heart from. Through photography I’d like to share different textures and moves of the sea that inspired me, as well as make room for the present moment through sound with ‘Somewhere to Go’: a n invitation to collective meditation.

What tells the water is Now.

Engage people in a collective sound meditation. With eye masks on and original soundtrack.

「水」は私が頻繁に反応して用いるテーマです。 流れ、動き、時間、私たち自身の個人的な話を念頭に置いて「What The Water Tells」というタイトルを思いつきました。 そこは私を心から受け止めてくれる場所です。 写真を通して、自分が刺激を受けたさまざまな素材や海の動きを分かち合い、今現在この時のために「ここではないどこか」を表現する音で会場を満たしたいと思います。

「水は今何を伝えているのですか?それは今です。」

パフォーマンスではアイマスクとオリジナルサウンドトラックで人々を瞑想に誘います。

Participatory performance 11/23,24

 

 

Anna Stahn/Denmark

Anna Stahn

Denmark

http://annastahn.dk/

Text, Sculpture, film

residency 2018 November

/

アナ・スターン

デンマーク

文筆、彫刻、映像

2018年11月滞在

I live and work in Copenhagen. I am a visual artist, writer and filmmaker, often combining all three medias in film, drawing or installation projects.
Aesthetically and content-wise, I am interested in sociality and finding ways of working in social plat-forms, but keeping a strong sense of own-style and handwriting. Beside my own praxis I participate in a lot of collaborations and run a weekly writing group at the art academy in Copenhagen. Here, we develop student-based teaching, respond to each other’s work and create new work collectively. I also run a small publishing house Longetti with a Danisg writer Julia Bertelsen, we publish short stories, essays and non-fiction.
Another continuous element in my works ate the use of garnish, hobby materials, make costumes, wearable sculptures, social performance experiments,
and write poetry in a consumerist pop language to investigate the feminine, the comic and the cute.
I feel related to artist as Isa Genzken, Meret Oppenheim and writer Hiromi Ito and young poets writing in the genre ‘Gurlesque’ (girly and grotesque) in this interest.
My work have been published in several magazines in Denmark and in one New York based magazine, I have published two small books.
In the past years I have been making a collaborative film project with colleagues
in Tokyo, the collaboration gained both aesthetic experience, language
experience and helped me find new potential for works, expanded my skills and
thoughts and I wish to return and learn more, collaborate with more Japanese
artist who work differently from me but whom I share visions and interest with.

私はコペンハーゲンを拠点に活動するビジュアルアーティスト、映像作家、文筆家です。それらの活動を組み合わせて映像や描画、インスタレーション作品を制作します。
社会性に関心があり、SNSなどソーシャルプラットホームの中で働く方法を探しています。しかし、自分のスタイルの強い感覚や手書きを継続してもいます。さらに、多くのコラボレーションに参加したり、コペンハーゲンにて毎週のライティンググループを運営したりしています。このグループでは互いの作品について意見しあったり、共同で制作を行うと言った生徒が中心となる学び方を開発しています。また、小さな出版社『 Longetti / ロンゲッティ』も他のライターと共同運営し、短編集やノンフィクションのエッセイなどを出版しています。私の作品の中の要素は他に、装飾や好きな素材を使うこと、衣装や着用可能な彫刻の制作、社会的性能の実験、詩を通して女性らしさを理解すること、漫画、可愛いものなどがあります。
日本の詩人伊藤比呂美などに共感を得ることがあるが、若い世代のグロテスクと可愛さが混ざっているジャンルにも興味があります。
数年の間、東京で合作映画制作に携わりました。それは仕事につながる出会いや技術や視野を広げる美しい経験でした。自分とは全く異なる日本人のアーティストと共同制作を行ったり、意見や関心について話してみたいです。Translation:Mina Ino
/
/

Anna Stahn, the writer of ‘Daily Miracle’ and Yukako Atsuchi, the Japanese translator will read the text ’Bathhouses’ together out loud at the exhibition in the closed Takasagoyu Kikunoyu Onsen bathhouse in Kofu as a performance for the opening in English and Japanese.

‘Daily Miracle’ is a small book containing four short stories and various illustrations of painted prints and will be published in Japan this autumn Friday afternoon. Its about sorority, fallen-fruits, jealousy and companionship and translated by gifted translator and reader Yukako Atsuchi into Japanese.

「デイリーミラクル」著者のアナ・スターンと翻訳者の厚地由佳子は、高砂湯で開催される展覧会において、「バスハウス」を英語/日本語の二か国語で読み上げるパフォーマンスを行います。

これは4つの短編小説とさまざまな挿絵入りの小冊子です。甲府での展覧会のパフォーマンスのための新作です。それは、女子高生、堕落したフルーツ、嫉妬と仲間のことを表しています。英語と日本語二か国語で朗読されます。翻訳家で読者でもある厚地由佳子が日本語に翻訳しました。

 

[Daily Miracle] It consists of four short stories by bilingual
Anna Stahn
Translated to Japanese by Yukako Atsuchi
Participatory reading performance English & Japanese /参加型朗読パフォーマンス日英
.
Day 1 : [Bathhouse] with Yukako Atsuchi  厚地由佳子
.
Day 2 [Gardener] with Araya Michika 新谷みち香

Yuyen Lin-Woywod/Taiwan, Germany

林于嫣

Yuyen Lin-Woywod

born in Taiwan, works in Germany

http://cargocollective.com/yuyenlin

video, installation

AIRY residency November 3-15th 2018

Move Arts Japan [MAJ] artist

/

ユウイェン・リンウォイウッド

台湾生まれ、ドイツ在住

ビデオ、インスタレーション

2018年11月3-15日 エアリー滞在

Move Arts Japan [MAJ] 招へい作家

/

Residence plan
I grew up in Taiwan and later moved to Germany. When I go to a new place, I always search for cultural similarities and differences between Taiwan. I am currently researching language. My grandmother spoke Japanese and Taiwanese, but I only speak Mandarin, English, and German. I want to create a story and a tutorial for which body language can be used in the places I stay. Every region has a special body language. I want to find out which kind of body language is unanimous for everyone.

レジデンス プラン
私は台湾で育ち、その後ドイツに移住しました。私は、新しい場所に行った際に常に(その場所と)台湾の文化的な類似点と相違点を探します。現在私は、言語を中心に研究を行っています。私の祖母は日本語と台湾語を話しましたが、私はマンダリン(中国の標準語)、英語、ドイツ語しか話せません。私は滞在する各場所でボディー・ランゲージを使用できるストーリーと説明書を作成したいと考えています。各地域には特別なボディー・ランゲージがあります。私はどのような種類のボディー・ランゲージが誰にとっても有効であるのかということを知りたいと考えています。

Artist profile
1) “We can’t come from nothing.” Taiwan & Europe Exchange Exhibition, HaoHaus, Taipei, Taiwan, 2018
2) “Membrane” Project by documenta 14, Athens & Cassel, 2017
3) “”MASS” solo exhibition, Kulturbahnhof Stellwerk, Cassel, Germany, 2017

Base of activity: Berlin, Germany; Taipei, Taiwan
Media Used: Moving image, installation

My videos are using experimental mix digital pictures with a mixture of found footage, as well as performance, in order to rethink the relationship between Internet media and social communities. My work focuses on transforming daily life activities into theatrical staging. In my practice, I use unofficial memories to facilitate the re-enchantment of national and family history, while recreating the realities that surpass reality at the same time.

アーティスト プロフィール
1)2018年、台湾、台北、ハオハウス、台湾・欧州交流展:『We can’t come from nothing.(私たちは無から何も生まない)』
2)2017年、アテネ&カッセル、ドクメンタ14:「Membrane(膜)」プロジェクト
3)2017年、ドイツ、カッセル、Kulturbahnhof Stellwerk:個展 “MASS(質量)”
主な活動地域:ドイツ、ベルリン/台湾、台北
使用メディウム:動画、インスタレーション
私の動画作品は、実験的に(様々な画像を)ミックスしたデジタル写真を使用しています。また、私はインターネットメディアと社会的コミュニティの関係を再考してきました。作品では、日常生活の様子を演劇的な演出に変えることに焦点を当てています。私の芸術的実践では、国家と家族の歴史の再発見を促すために個人的な記憶を使用し、現実を超えるリアリティを再現したいと考えます。

/

プログラムタイトル:Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム

助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
主催:(社)コマンドN
協力:アーツ千代田 3331、AIR 3331、ゼロダテアートプロジェクト、Artist in Residence Yamanashi[AIRY]、Art Space 寄す処、AYUMI GALLERY/CAVE AIR、Asialink Arts (University of Melbourne)、BigCi、 PAIR (Artist in Residence Pier-2)
プロジェクト名:Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム2018
ウェブサイトリンク:https://movearts.jp/

/

【AIR 3331が連携するMove Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2018とは?】
ポータルサイトの運営を軸に「移動型 AIR プログラム」を提案するMove Arts Japan:以下MAJは、初の試みである海外との交換プログラムを実施。MAJがこれまでに培ってきたネットワークを活かし、国内6団体、海外3団体と連携してプログラムを運営します。アーティスト主導型の旅で、能動的に見つけた視点をリサーチ結果として、アーツ千代田 3331にてアーティストトークと成果物の展示を行います。

/

Lost in translation- Workshop for gesture

 失われた翻訳 – ジェスチャーのためのワークショップ

日時:11月14日(水)13:30-14:30

会場:AIRY二階スタジオ

無料、予約不要、通訳あり

「ジェスチャーとは何か?ジェスチャーは、アイデアを表現したり意味を伝えたりするための、身体の一部、特には手や頭の動きを意味する。ラテン語では、動詞のジェスチャー(L.gerere)とは、身体の管理や、自分自身と身体を運ぶ方法を指す。現代イタリア語では、『管理する』という意味を表す。
普遍的なもののように見えるかもしれないが、ジェスチャーには特定の社会的、制度的、および一時的歴史の中に常に埋め込まれている、単純で意図しないものから複雑化された模倣的なものまで、さまざまにコード化された行動やコミュニケーションが含まれる。」

本日の私たちのワークショップでは、さまざまな文化や状況におけるミメーシス(模倣)や、コントロール(行動)について話します。

ワークショップ概要(所要時間:45分)
– ジェスチャーと身振りを明確化する(約10分)
– ジェスチャーの例を挙げ、参加者はジェスチャーの文化について考察を行う
– 諸外国、または日本の異なる地方の文化・ジェスチャーを比較
自分だけのオリジナルのジェスチャーを作成(約20分)
– 成果として短いビデオクリップと写真を撮影

/

“What is a gesture? By definition, a gesture is a movement of a part of the body, in particular the hand or head, which is intended to express an idea or convey meaning. In Latin the verb gestuare refers to the management of the body or how to carry oneself and the body. In modern Italian gestire means “to manage.”

Gestures include a wide spectrum of codified behaviors and communication—from the simple and unintentional to the complex and mimetic—which might seem universal but are always embedded within specific social, institutional, and temporal histories.”

For today our workshop we will talk about Mimesis, Control (behavior) in different Culture and situations.

Rundown for the Workshop (duration 45min)

-How we definite the gesture and the sign language.(around 10 min)

-The gesture example and to invite the participator to think about the gesture in their culture.

– to compare the gesture in different culture and province in Japan or other countries.

Make an own gesture.(around 20 min)

-Take short video clip and picture as result.

/

/

[Fat Girl]2016  video  1min.17sec.

The girl was crying in sadness as she kept squeezing out her body fat in the scene. Everyone is worried about the body shape these years, especially females. At first people tried to avoid obesity because it causes illness and could be fatal. From 1960s the concept of thinness disseminated from media, and the idea of beauty of thinness is deeply ingrained in the society, and it is like a collective ideology so widespread to the extent of compulsiveness because no one wants to be different from the others. Thinness becomes a fashion that represents the anxiety and nervousness.

彼女はバスルームで体脂肪を絞り、悲しみで泣いていました。 今日では誰もが体型を心配する風潮があり、特に女性はその傾向があります。 まず人々は肥満が病気を引き起こし、致命的になる可能性があるためそれを避けようとしました。 1960年代からメディアから発信された痩身信仰、痩せていることが美しいという考えは、今でも社会に深く根ざしています。そして人々は他者とは異なることを望んではいないので、痩身信仰は強制力を持って社会に広がり、集団的イデオロギーとなったのです。 痩身は不安と緊張を表すファッションです。

Tsai Kuen-lin/Taiwan

Tsai Kuen-lin

Taiwan

tsaikuenlin.com

Painting, Mixed Media, Sound sculpture, Printmaking, Photography, Video, Public art

residency October 2018

/

ツァイ クエン・リン

台湾

絵画、ミクストメディア、サウンドスカルプチュア、版画、写真、ビデオ、パブリックアート

2018年10月滞在

 

Born in Tainan in 1979, Tsai Kuen-Lin graduated from the MFA Program in New Media Art at the Department of New Media Art of the Taipei National University of the Arts, BFA Program at the Department of Fine Arts of the National Taiwan University of the Arts, and Fu-Hsin Trade and Arts School respectively.

Currently, the artist works in Taipei. In recent years, he has been using sound and plastic pipes as the basic elements for his creative expression. He aims to use hearing in order to affect the inertial thoughts people usually have towards space and place. By means of dislocation the audience is allowed to rediscover the space.  The material itself is the artist’s communication tool, he collects sounds, images and stories to transform them into art forms, try to present for people—in digital age, we always ask everything to be quick and easy but eventually only consumption left, because human nature is greedy. Therefore he believes it is important to use the senses to experience the real things, even sometimes it is very slowly; and he think the arts is a good medium of experience, through participation in art, people can get new experiences, and try to change their life with the new experience.

Solo exhibitions include: “The Invisible Sound” at Liang Gallery in Taipei in 2016, “Treesure House” at Waterloo Arts in Cleveland in 2015, “As We Hear/Say” organized by the Taishin Bank Foundation for Arts and Culture in 2015, “Transformation of Experience” at 789 Chicken Farm in Taoyuan in 2013, and “Sound Home” at Kuandu Museum of Fine Arts in 2011.

1979年台湾生まれのツァイ・クエン−リンは、復興商工職業学校、国立台湾美術大学 のファインアーツ学部でそれぞれ美術を学んだのち、修士課程ではニューメディアアーツを 専攻し卒業。

現在作家は台北を拠点に活動し、この数年はサウンドとプラスチックパイプを用いて制作、表現をしてきました。彼は、場所や空間に対して人々が持っている慣性的な思考に影響を与えるために聴力を使うことを目指しています。混乱によって聴衆は空間を再発見することができるのです。

材料そのものが作家のコミュニケーションツールである。彼はサウンド、イメージや物語を集め、アートへと形を変え、提示を試みます。このデジタル時代、常に私たちは スピードや容易であることをすべてに求めますが、結局消費することだけが残ります。なぜならば欲深さが人間の本質であるからです。それゆえに、彼はたとえそれが時間を要することがあっても、実際に物事を体験するという感覚を使うことが大切だと信じています。またアートは体験をするいい媒体だとも考えています。アートへ参加することを通して、新しい体験を得られますし、それが生活や人生を変えることもあるのです。Translation: Mina Ino

/

「台湾屋台飯」アートと胃袋

日時:10月17日(水)12:00-13:30

会場:甲府市丸の内2-37-2 AIRY2階スタジオ

講師:ツァイ クエンリンTsai Kuen-Lin /台湾

参加費:800円(当日受付で支払い)

要予約:定員10名 16(火)までにDMまたはメールで申し込む(お名前と連絡先)

食材用意の都合上、必ず予約の上でご参加ください。

通訳:三森なぎさ

概要:作家は以前台湾で料理人の経験があり、甲府での滞在中に地域の人々に台湾料理をふるまい、いっしょに食事する会を開きたいと考えています。あたたかい食事をとりながら、彼の作品に登場するパイプや音について話したり、参加者からは体験談や地域の話を伺いたいです。そこで作家のことを知ってもらい、制作のヒントを得たいです。また、地域のイベントに参加して日常生活を体験することができれば、面白い物語を得ることができるでしょう。食を通してアートと私たちのことを考えることに興味がある方におススメします!

We can cook with local people, and get a warm lunch, discourse about the sounds, hearing experience, and the local stories, they can know me by this lunch, I also can get some material maybe.

Also, I like to join the public events, if I can go to the local people life, I think I can get more different and interesting stories.