Soul stands at start line

Soul Tashiro the former intern AIRY stands at the start line for next stage after graduation of high school. 
Good luck for the future and come back to Kofu someday! Congratulations 🎈🎈

田代蒼流 Soul Tashiro
2018年インターンを務めたソウル
三月高校卒業後の新たなスタートラインに着きました。都内シェアハウスに住み社会教育系NPOに勤務します。進学、留学といろいろ悩んだ末に自分で決めた進路だから価値がある。応援しています。㊗︎

Noriko Nakamura/Australia

Noriko Nakamura

Born in Japan based in Australia

http://noriko-nakamura.com

Installation, Sculpture

Studio Artist May 10th-23rd 2019

/

ナカムラ ノリコ

日本/山梨生まれオーストラリア在住

インスタレーション・彫刻

スタジオアーティスト 2019年5月10-23日

Animism is the belief that the boundary between the physical and spiritual is not absolute, but can be transgressed. According to this idea a spiritual force resides in all things; animals, objects, even landscapes. My work uses stone carving and organic elements to make installations drawing on ideas of animism and ritualistic practices.

In my recent exhibition “Erosion” , large limestone boulders were placed in their natural state, forming an anchor in the centre of the exhibition space, creating a path between the video projections which documented the environment and literal, physical form in Mount Gambier. My previous work had consisted of smaller scale hand carved limestone sculptures with designs informed by mythology and folk-tales. I was originally going to carve limestone for this exhibition, however after visiting the quarry in Mount Gambier and deep consideration, I decided to leave the boulders in the forms in which they were excavated. I realised that excavation is a large form of carving from the earth by mechanical forces. I seek to show how materials change in an effort to temporarily transgress boundaries that are set up by systems of categorisation.

アニミズムの考え方によると生物、無機物、さらには大地と、あらゆるものに魂は宿るとされています。アニミズムでは肉体的なものと精神的なもの(の間の)境界線は絶対的ではなく、あいまいです。私は石や自然の材質を使いアニミズムの考え方や日本の儀式的な習慣に影響を受けたインスタレーションを制作しています。

私の最近の展示「Erosion」では、ガンビア山の風景や採石場を撮影したビデオ・プロジェクションの間に大きな石灰岩の岩石が掘り出されたままの形でギャラリーの中心に置かれています。以前の作品は、神話や民話に影響を受けたデザインを用いた手彫りの石灰岩彫刻で構成されていました。もともとはこの展示のために石灰岩を彫るつもりでしたが、ガンビア山の採石場を訪問し、発掘された形で岩を残すことにしました。掘削は機械的な力によって地球から彫る大きな彫刻であることに気づいたからです。私はカテゴリーのシステムによって設定された概念を一時的に逸脱するために、素材がどのように変化するかを探ります。

/

AIRY’s current studio artist Noriko Nakamura (Melbourne) is joining Open Airy program. We have organised a casual cross talk event for this Saturday. Baby Rina is joining too. Please come along, kids are all welcomed.

Title: Kofu→London→Melbourne Dates: Saturday 18th May 1:00pm-1:20pm Artist talk 1:30pm-2:30pm Cross talk

Talk topics: Why did I leave Japan? My story of how I moved to Australia after dropping out of high school in Kofu. Thinking about Kofu from an overseas perspective. Motherhood etc.

This is an English and Japanese bilingual event. No booking needed. Free entry.

Noriko Nakamura She was born in Kofu in 1986. She currently lives and works in Melbourne. Noriko moved to Australia after dropping out of high school in Kofu. She graduated from high school in a small town called Geelong. After this she moved to England to study fine art at Central Saint Martins college for a year. Following this Noriko studied fine art for four years at Victorian College of the Arts in Melbourne. She maintains her art practice while teaching at Melbourne Uni. Noriko has an 11 month old baby and is a current Airy studio artist until the 23rd of May.

5月のスタジオアーティスト ノリコ ナカムラ(メルボルン)がオープンエアリーに登場します。気軽なクロストークの会を計画しました。
理那ちゃん(11ヶ月)も参加予定、子連れ参加OK!

タイトル:Kofu→London→Melbourne
日時:5月18日土曜日
1:00pm-1:20pm 作品紹介
1:30pm-2:30pm Cross talk

会場:甲府市丸の内2-37-2  AIRY 二階スタジオ

作家:ノリコ ナカムラ
トークテーマ:
なぜ私は日本を出たか?甲府に生まれ高校中退してオーストラリアに行くまで。海外に行ってから見えた甲府。マザーフッド(母であること、母性)がアートに与える影響など。

*英語&日本語のバイリンガルトークで行います。
*予約不要、無料

ノリコ ナカムラ
1986年甲府生まれ。メルボルン在住。高校一年生の時に中退しオーストラリアへ渡る。ジーロングという町の高校を卒業後、イギリスへ渡りロンドンのセントラル・セントマーチンズ大学で1年間アートを学ぶ。その後メルボルンの大学で4年間アートを学ぶ。大学卒業後は大学講師などをしながらメルボルンで制作活動を続ける。現在11ヶ月の娘がいる。5月23日までエアリーで制作をしています。
Web: www.noriko-nakamura.com
Instagram: @norikonakamuracat

/

projector showing of these 10 years art works

cross talk with the participants
Yamanashi Jpmon Dogu inspire on Animizm or Motherhood
The first Happy Birthday to Rina next week

日本の神道アニミズムに大きな影響を受けて制作

それを西欧文化の枠組みの中でいかに伝えるか

すべてのものに命が宿る

日本の家屋特に襖に惹かれる

ドアであり壁であり空間を変化させる仕組み

彫刻作品は主に石灰岩を用いている

海底で海水によって育まれた石にも命が宿っているはず

メルボルンで5年間アーティストランスペース運営にかかわる

出産を経て自分がどう変わるか

子供・子育てからもらうよろこびを作品に生かしたい

女性は肉体的・精神的に変化できる

子供がいるから制作しにくいとは思わない

これからの研究と制作に母性という概念が加わる

Created with great influence on Japanese Shinto Animism

How to convey it within the framework of western culture

Life lives on everything

I am attracted to Japanese houses especially ‘Fusuma’

It is a door, a wall, and a mechanism that changes the space

The sculpture works mainly use limestone

A life should be dwelling on a stone raised by seawater at the bottom of the sea

Involved in Artist Run space for 5 years in Melbourne

How do I change after having a baby?

Want to make use of the joy I get from childbirth and child care

Women can change physically and mentally

I do not think that it is difficult to produce because there are children


The concept of motherhood will be added to future research and creattion

LIVE at AIRY

Live concert for two Clarinets and Piano

2019年5月20日(月)18:30会場 19:00開演

2500円 (1ドリンク付き)

LE KOPPI コーヒー出店

*要予約 

海外作家が制作中のアートスタジオで、カジュアルな音楽会はいかがでしょうか?合間にはドリンク片手にアーティストとおしゃべりしましょう♬
予約制ですので事前にお申し込みをお願いします。
090-2527-3908 (橋本)
clanbey@yahoo.co.jp (鈴木)

橋本 雪子  クラリネット

鈴木 孝紀 クラリネット

立川 あかね ピアノ

*予約・お問合せ先

090-2527-3908 (橋本)

clanbey@yahoo.co.jp (鈴木)

/

鈴木孝紀 (clarinet)

大阪音楽大学卒業後、クラシック奏者として歩むが、家族の影響を受けてJazzに傾倒。2015年に結成した自身のTRIOではこれまでに2作のアルバムをリリース。収録曲がラジオCMのイメージソングに起用され2019年現在全国で放送されている。2008年から自身のライフワークとして続けてきたクラリネットソロプロジェクトは10年目を迎える。大阪音楽大学で教鞭をとっており学外での公開講座も複数行なっている。

橋本雪子(Clarinet)

山梨県出身。武蔵野音楽大学卒業。 県内高校在学中、山梨県管・打楽器ソロコンテスト第1位ならびに特別賞受賞。 長野アスペン・ミュージックフェスティバルに参加。大学在学中も同音楽祭のフェスティバルオーケストラのメンバーとして選出され、研鑚を積む。クラリネットを山本正治、堀川豊彦、ヨアキン・ヴァルデベニアスの諸氏に師事、室内楽を中川良平氏に師事。 現在、山梨県内を中心に演奏活動、後進の指導にあたる。2006年に「Trio Trenteans」を結成し、2007年山梨芸術祭にて優秀賞受賞。

立川あかね(Piano)

甲府市出身。フェリス女学院大学器楽学科卒業。2001年度ロータリー国際親善奨学生として渡英。2002年度カンタベリークライストチャーチ大学大学院卒業、同大学にてピアノ科講師を務める。帰国後から現在は山梨県内で後進の指導に力を注ぎ、また、サポートが必要な子供達への音楽療育分野の研鑽に励んでいる。全日本ピアノ指導者協会指導者会員、日本音楽療法学会会員。ピアノ演奏を、篠原ますみ、(故)田村宏、吉武雅子、宗施月子、リーボフ・チモフェーワ、音楽理論、和声学を松本日之春各氏に師事。

メッセージを入力…

Sofia Eliason/Norway

Sofia Eliason

Norway

sculpture, installation, painting

www.sofiaeliasson.com

Residency May 2019

/

ソフィア・エリアソン

ノルウェイ

彫刻・インスタレーション・絵画

2019年5月1~9日滞在

Eliassons practice is based on physical and historical imprints of cultural events in the form of objects, images and figures.

By placing together previously separated events and ideas, Eliasson seeks to create new narratives in her sculptural installations.

作家は、オブジェ・映像・人物像など文化行事の身体的かつ歴史的足跡に基づいて制作する。

元々は別な出来事や発想を並列させることで、作家は彫刻的インスタレーションにおいて新しい物語を紡いでいる。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

タイトル: HAKONIWA workshop

日時: 2019年5月8日(水)13:30-15:00

会場: エアリー二階スタジオ

講師: ソフィア・エリアソン(スウェーデン出身ノルウェイ在住)5月滞滞在作家www.sofiaeliasson.com

持ち物: 花、葉、木の小枝、石、キャンディーや紙のような小さな都会のゴミ

定員: 約8名 無料

申し込み: FB,Instagramのダイレクトメールでお申し込みください

このワークショップでは、日本のストリートを模したミニアチュア・ガーデンを作家と参加者がいっしょに作ります。

スウェーデン人作家エリアソンが感じる日本のHAKONIWAとはどんなものでしょうか?

参加者が持ち寄った小さなパーツを、トレースや版画技法を用いて複製します。

それらを合わせて配置することで最終的に90x60㎝のHAKONIWAを完成させます。

花、葉、木の小枝、石、キャンディーや紙のような小さな都会のゴミをこのワークショップに持ってきてください。

Time: 2019.5.8 Wed 13:30-15:00

Venue: AIRY studio

Instructor: Sofia Eliasson/ born Sweden, lives & works Norway

Belongings: Small urban trash like flowers, leaves, tree twigs, stones, candies and paper

Limit: around 8 people

Application: DM via FB & Instagram

Welcome to join HAKONIWA workshop with Swedish artist Sofia Eliasson

currently artist in residency at AIRY, Kofu. 

Eliasson´s work partly evolves around imprint and trace and for this workshop we will together create a miniature garden that imitate our surrounding streets. Please bring for this workshop, something you can bring from the street, may it be flowers, leafs, a small wooden twig, stones or small urban trash like candy wrapping or paper.

Daniel Taylor/Canada

Daniel Taylor

Canada

sculpture, drawing, textile, mixed media

Residency May 2019

/

ダニエル・テイラー

カナダ

彫刻・ドローイング・テキスタイル・ミクストメディア

2019年5月滞在

/

Growing up on a small island on the east coast of Canada (Prince Edward Island), I was very isolated from the world. With no museums or ancient civilization of our own, the history of our island became a blank canvas to imagine a world (pre-aboriginal and pre-settler) that for thousands of years was completely un-documented. Through television, and stories about ancient Greece and other mystical phenomenon, I developed an interest in creating my own imagined narratives of where I came from, which carries on into the work that I make today. Working mostly from observation, I use those same themes (ancient history, mysticism, etc.) to provide a setting or evidence for the viewer to create their own story. I studied Sculpture and inter-media arts in college, but over the past few years have been teaching myself to draw and create my own visual lexicon of characters and symbols. I use bright colors and distorted shapes to establish that these images/objects are not real, and come from the imagination. My hope is that this lets the viewer know that this is a safe space to dream, and to provide them an escape ~to their own small island.

カナダの東海岸プリンスエドワード島で育った私は、世界から孤立していた。

独自の博物館や古代文明がなくて、先住民族以前と開拓移民以前の世界は、数千年の記憶はその島は真っ白なキャンバスに想像力を働かせるしかない。

テレビや古代ギリシャの神話やほかの神秘的な現象を通して、私は自分がどこから来たのかという物語を作ることに興味を発展させ、また現在の作品に反映させている。

ほぼ観察により、古代文明や神秘主義など同じテーマを用いて、鑑賞者が独自の物語を作れるような背景や形跡を提供する。

私は大学で彫刻やインターメディア・アートを学んだが、この数年間は独学でドローイングと文字や象徴のなど独自の視覚的辞典を創作している。明るい色と歪んだ形を用いて、それらのイメージや対象は本物ではなく想像上のものであることを強調している。私の希望は、鑑賞者に自由に想像できる安全な場所を知らせて、自分たちの小さな島への逃避を提供することだ。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

Title: Silk Hat Man

Date: 19:00-late night Sat 25th May 2019

Venue: Jewels & Things

Artist: Daniel Taylor (Canada) May residency Artist

Works: drawing on paper

/

タイトル:「シルクハット マン」

日時:2019年5月25日(土)19:00-late night

会場:Jewels & Things 甲府市丸の内1-14-14 オリオン共同ビル109

アーティスト:ダニエル・テーラー(カナダ)5月滞在作家

カナダ東部に位置する「赤毛のアン」で有名なプリンス・エドワード島出身

大学で彫刻やインターメディア・アートを学んだが、この数年間は独学でドローイングと文字や象徴のなど独自の視覚的辞典を創作している。明るい色と歪んだ形を用いて、それらのイメージや対象は本物ではなく想像上のものであることを強調している。私の希望は、鑑賞者に自由に想像できる安全な場所を知らせて、自分たちの小さな島への逃避を提供することだ。

作品:ドローイング作品約10点 

Takenouchi Fumi / Japan

Takenouchi Fumi

Japan

-Studio Artist on April-

https://fumi-takenouchi.themedia.jp/

Architect, Dance, Visual Art

/

竹之内芙美

日本

建築・ダンス・ヴィジュアルアート

Based on architectural thinking, Fumi Takenouchi’s work draws lines of force within the space lurking in everyday situations. Her media include architecture, dance, video,
sound, material art and drawing, and her work has been performed and presented in Japan, the USA, France and Germany. She received her Master’s degree from the Graduate School of Architecture of Tokyo University of the Arts.
As main works, “Sendai Design League 2011, Graduation Architecture design Competition” ( Selected to 10 winners, 2011), ” 85th, So-en Award ” ( Selected to the last show, 2011), “FENDI – FUR TABLET DESIGN CONTEST” ( Excellence prize winning, 2013 ), ” F=ma / Analysis of Architecture “( USA, 2016 ), ” SELFHOOD / Michael Maurissens ” ( Kyoto Art Center, 2017), “NEXT INTERSECTION” (Kyoto, 2018), ” OTHER SIDES ” ( Kyoto, 2019 )

/

幼少より器械体操、母の洋裁を感じる環境に育ち、建築を学ぶ。 それらの経験から身体を取り巻く空間の関係性を読み解き、建築的思考を軸に作品を制作する。メディアは建築、ダンス、映像、音、物質、ドローイングに及ぶ。「建築」においては、衣服、布、ダンスの思考からエスキースを行い、日常の場に潜む空間の力線を書きおこす。「ダンス」においては、場のコンテクストを読みとり、時間と空間を再配置することで作品を体現する。 これは身体による私的な建築設計手法でもある。ある特定の手法にとらわれず、ジャンルを横断した思考や作品を探求している。これまでに日本、アメリカ、フランス、ドイツにて制作。東京藝術大学大学院建築専攻修了。

主な作品発表の場に『次の交差点 NEXT INTERSECTION』(京都, 2018)、『SELFHOOD / Michael Maurissens』(京都芸術センター, 2017)、『F=ma 建築解析』(USA, 2016)。主な受賞歴に『トウキョウ建築コレクション2015』(代官山ヒルサイドテラス, 2015)、『第85 回装苑賞』(文化学園, 東京, 2011)、『せんだいデザインリーグ2011 卒業設計日本一決定戦』(仙台, 2011)など。

Sung EunJi / Korea

Sung EunJi

Korea

https://www.sungeunji.com/

Choreograph, Visual art, Film make

Residency April 2019

/

サング・ウンジュ 

韓国

振付、視覚芸術、映像

2019年4月滞在


The work takes place across and beyond the stage, screen, canvas, and studio with various mediums; and makes use of entanglement of personal, professional and performance identity. Working as a choreographer and a member of visual art team OKI, EunJi employs her dance background and her perspective towards visual art and film is confronting the very notion of media art, dancing and performance. Curious about visible/invisible space and movements of a medium on it, the artistic direction of her projects goes beyond limitations of space and the definition and effects of movements.

One of her visual art/dance exhibition Lost you for a sec addresses the implicit politics that underlies their friendship: the border restrictions that prohibit them from living together, and the technological means through which they can continue to engage and support one another. Since the end of 2017, this practice has been grounded in fortnightly skype sessions in which the three meet: a sprawling, playful period of empty time – of stupid jokes, collective moaning, and technological stutters – through which they experiment with the performance and materiality of digital communications.

作家の作品は様々な媒体を用いて、舞台・映像・キャンバス・スタジオを交錯し飛び越える。個人としての存在、プロとしての自分、パフォーマーとしての自分の存在のもつれをヒントに制作する。振付師として、視覚芸術的チーム「OKI」のメンバーとして、自分のダンスの背景を使い視覚芸術と映画への見方はそのアート・ダンス・パフォーマンスに対峙する。見える見えない空間とその空間の中でも動く媒体に好奇心を持ち、作品の方向性は空間の持つ限界と動きの定義と効果を超える。

彼女が作った「 君を一瞬失った/一瞬消えた」というダンス・ビジュアルアート/視覚芸術コンセプト。暗黙の了解の上に成り立っている友情を取り上げ、渡航制限で一緒に住むことも出来ないためにテクノロジーにより互いに関わり合い、支え続けていることに向き合っている。2017年末以来、隔週で3人で気軽に話したり、戯言や文句を言ったり、科学技術を失敗したりする、半分遊んでいる無秩序なビデオ会議を行うことにした。それを通してデジタルコミュニケーションに演技的可能性などがあるか実験している。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

Presentatiom @Open AIRY
13:30-15:00 wed 3rd April


Sung is focusing ‘Natto 納豆 and physical expression’ in this edition AIRY
any information of Natto in Kofu is welcome.

/

Interactive Exhibition @Takasagoyu

Do yo like ‘natto’?

I’d like to share the mid-orocess of the work I started with an interest in natto. From an idea of おたく(otaku). I related myself as otaku to art works.

For the exhibition, I interviewed people in Yamanashi about their Natto recipe and memories on it and I will share some of natto dishes I learned from them during the exhibition.

’納豆’は好きですか?

納豆に関する興味から始めたこの進行中の作品を、皆さんと共有したいです。私は自分自身をアート作品の中でオタク(otaku) と位置づけます。

山梨の人々にインタビューした納豆レシピとその思い出を展示します。その中のいくつかの納豆料理を再現して試食を楽しんでもらいます。

Marit Shirin Carolasdotter/Sweden

Marit Shirin Carolasdotter

Sweden

www.dotraproductions.com

Performance, Dance, Video, Installation

Residency April 2019

/

マリット・シリン・カロラスドッター

スウェーデン

パフォーマンス、ダンス、ビデオ、インスタレーション

2019年4月滞在

Wandering on and on in a great forest without thought of return

As children we saw mysterious paths, did you wonder where they led to?

Nature designed as a readout to beyond and beyond through Japanese gardens and temples.

Yūgen幽玄

It remains there as a potentiality.

A nomad wander in coexistence with nature – meets another person from another world, yet realise that they have a lot in common. My project is a traveling, collaborative project where I merge Dance, Music and Visual art together into a unique eco-system of its own. Everywhere I travel I meet people who are moving or who wants to move, and the purpose of this art is not to ask why, but how?

By studying the soil where we are born out of, we can reconnect with our tactile senses. This powerful tool we have called body, has receptors that is rarely in contact with plants and earth. I believe we forget what it feels like to use our hands to trace nature.

I work with ‘Humans & Soil’ to create a community worldwide and I want to remind people about what we can learn from native cultures and their care-taking of land.

/

帰ることを考えずに広大な森をさまよい歩く

子供のころ神秘的な小道をみて、それがどこへ続くか考えた事がありますか

日本の庭や寺を通して限りなく読み取ることができる自然という概念

幽玄、可能性はそこには残されている

自然とともに存在する放浪者は他の世界からの人々に会う

しかし共通点が多い事に気づく

わたしのプロジェクトは旅しながらダンス・音楽・視覚芸術を合わせてユニークな生態系を協働で作ることです。どこに行ってもわたしは身体を動かしまたは動かしたい人達に会う。目標はなぜ動きたいかではなく、どうのように動かすか?私たちが生まれて来た土を観察することで、触覚を再確認することができる。この力強い身体という道具が、あまり植物と土に触れ合うことがない感覚器官になってきている。手を使って自然をなぞるようなことを忘れていると思う。わたしは世界的な共同体を作るために「人間と土」を扱い、先住民と彼らの人自然観を現代人に思い出させたいと考えます。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

Presentation @OpenAIRY
13:30-15:00 wed 3rd April


Presentation today of my project “Humans & Soil” – a dance and music collaborative project between indigenous peoples. In this edition about Sámi and Ainu land rights.

/

‘Human & Soil’

4/26 fri: Workshop @AIRY

with live music Mitsuru Tatsuno 龍野 充

4/27 sat: Performance @AIRY

This is an ongoing work-in-progress that explores humans’ relationship to earth from the perspective native cultures such as; the Sami of the north, the Ainu of Japn and Maori of New Zealand.

How does cultural background affect how the body is seen? How is identity connected with self expressin and performativity? How do I put myself, the body, in between representation? How is preservation of culture and repatriation important to indigenous bodies?

人類のつながりを探索する「人間と土」は現在進行中の作品です。サーミ(北欧)、アイヌ(日本)、マオリ(ニュージーランド)などの物語文化の視点から地球と人類の関係を探る壮大なものです。

文化的背景は身体の見え方に影響する? アイデンティティーは自己表現やパフォーマンスとどのように関連する? どうやって自分自身の身体を表現する? 文化の保存と先住民たちへの再半分はどうか? 

workshop with with live guitar Mitsuru Tatsuno
workshop participants

ResArtis Kyoto Meeting 2019

「レザルティスミーティング2019京都」に参加して

レザルティスミーティング2019京都とは http://www.kac.or.jp/events/24316/

全大会

2月のある深夜に甲府駅を出発したバスは翌朝に京都駅に到着した。

少し雨が降った後らしく、しっとりした早朝の空気に迎えられて京都滞在がスタートした。前回の日本開催ミーティング(2012東京)は一参加者として気軽に、今回はマイクロレジデンス部会で短いプレゼンテーションが予定されているのでより主体的参加といえる。会場の京都芸術センターは元明倫小学校を改装して2000年に生まれた施設、二度目の訪問

マイクロレジデンス・ワークショップ 2/7

マイクロレジデンスとは


Waria Artbreak AIR 

5ヶ国/地域から9施設が発表

世界各地でユニークな活動を繰り広げるエアーの存在が興味深い。例えばフィンランド北部でラップランドの入口に位置するWaria Artbreak AIR 

太平洋ポリネシアのクック諸島からTe Arerenga

あえて辺境の地にスペースを構えて活動することでユニークで唯一無二な環境を滞在作家に提供している。人や資本が集まりやすい都会から目を移すことで、マイクロレジデンスの魅力が高まる。そう考えると山梨でも自然や農業を中心に据えたエアーがあったら良い。空き家はたくさんあるので、エアーをマネージメントできる人材が欲しい。

おも茶会  2/7

おも茶会待合

お茶席

歓迎の意味合いを持つ「おも茶会」

圧巻の文化力を感じさせる時間と空間

まず待ち合い(講堂)で目と耳、皮膚で現代アートを浴び

そのあと茶室(和室)に誘われてお茶をいただくという流れ

予備知識なく巻き込まれたので新鮮な驚きとともに時間と空間を楽しんだ。芸術センターの皆さんと多ジャンルのアーティスト、茶席ボランティアによる生き生きとした歓迎が嬉しい。彼ら自身も楽しんでおられたのがいい。

マイクロレジデンス・ミーティング 2/9 興聖寺

プレゼンテーション開始
まずは地理情報から

約10分でAIRYのプレゼンテーション

2回目なので少し慣れて来た。参加者は若い年代が多く、話していて手応えがあった。続く「滞在したい!運営したい!相談会」に多く訪ねてくれた。両者の割合はほぼ半々、両者ともAIRへの関心の高さがわかる。

NPO ANEWAL Gallery

西陣興聖寺の会場

二日間のセッションを現地主催した在京都NPO

といってもいわゆるギャラリー業務に止まらず

京町家の保存と改修、社会とアート・デザインの関わり方を探って実践

すでに何ヶ所かの物件を有機的に稼働させている。寺や区役所との協働もあり

多業種メンバーで構成されるこの組織から目が離せない。

宿泊「青春画廊」

青春画廊正面
ホステル内寝室

パラレールの作家が京町家を自ら改装して運営する宿

選ばれた作家の個展を開催中のギャラリーに泊まれるアートホステルとは

「作品展示してあるギャラリーに泊まる?」または「ホステル内がギャラリーになっている?」作品を見たい一般のお客さんはいつ来るのだろう・・? 実際泊まってわかったのは後者色が強いこと

作品展示は宿泊者のためにあり販売もされる。一般のお客さんはオープニングか予約で中に入れるシステムだと思う。運営者に会って詳細を聞きたかったが三泊するうちでは会えず残念。宿泊は快適で豊かな時間を過ごせた。すべて同じ作家の作品だったので統一感あり、心身を休めることができた。

最後に

山梨に住んでアートやエアーの場や人に触れることが少ない。

今回は優れた作品に引き込まれて感銘を受けた。

また各地で活動する人に会えたことがよかった。

地元で特徴あるマイクロレジデンスやアートスペースが生まれて、互いに協力しながらネットワークを築ければ面白い。

旅先でマイクロレジデンスを訪ねるのが楽しい。タイと国内で訪問した。

/

Participating in “ResArtis Meeting 2019 Kyoto”

The bus which left Kofu station late at night in February arrived at Kyoto station the next morning. It seems to have been raining a little. We were greeted with moist early morning air and stayed in Kyoto. At the previous Japan Meeting (2012 Tokyo) I attended as a participant. This time I was scheduled to do a short presentation at the Microresidence section. The Kyoto Art Center at the venue is a facility that was created in 2000 after renovating the former Merin Elementary School.  It was my second visit.

Microresidence Workshop 2/7

9 facilities participated from 5 countries / regions

AIR uniquely engages in activities around the world. For example, Waria Artbreak AIR located at the entrance of Lapland in northern Finland and Te Arerenga from the Cook Islands in Pacific Polynesia are daring to set up artist spaces in remote, natural locations. We can offer a unique environment for the artists. By inviting artists from urban areas to more rural, natural areas we can help broaden the perspectives of both invited artists and locals.  For this reason we would like to create more Microresidences in rural areas. Yamanashi prefecture would be an ideal place for a Microresidence because it is an agricultural region and is surrounded by wild natural landscapes. We have many vacant houses throughout the region which, with the help of art managers, could be transformed into artist residences.

“Tea ceremony Omocha” 2/7

“Tea ceremony Omocha” with a meaning of welcome

It was time to feel the rich power of Kyoto culture. As it was my first time attending this kind of tea ceremony, I was in for a pleasant surprise. First of all, I was exposed to contemporary art with all my senses in the waiting room (auditorium). After that, we were invited into the tea room (Japanese style room) to have tea. We were delighted with the enthusiastic welcome of the artists/staff of the art center,  multi-genre artists, and tea ceremony volunteers. They seemed to enjoyed themselves too.

Microresidence Meeting 2/9 Koseiji Temple

I did a 10 minute presentation about AIRY. It was my second time presenting so I was quite used to speaking about the topic. Participants were mostly young and I had a good response from them. Afterwards, during the consultation meeting, participants said: “I want to stay! We want to operate!”  There was a  feeling of excitement at the consultation. About half the participants were artists and the other half were art managers, both groups have a high interest in AIR.

NPO ANEWAL Gallery

This Kyoto nonprofit organization hosted a two-day session locally

Their work does not stop with traditional gallery duties. The gallery is also working on the preservation and refurbishment of the Kyomachiya, and operate initiatives that engage art with contemporary social issues in Kyoto. They manage several spaces related to these initiatives and to their gallery work. NPO ANEWAL gallery also collaborates with local temples, the ward office, and so on. Keep our eyes on this organization, which consists of multiple industry members.

Accommodation “Youth gallery”

Hayashi, an artist from Pararail group, restructured Kyomachiya himself and runs it as the Youth Gallery. Youth Gallery is a hostel which is also a gallery.  Hayashi invites artists to create work for a solo multi-month show in the hostel. “We stay in a gallery where works are exhibited?” or “We stay in hostel with a display?” The exhibition is exclusively for the guests of the hostel. I think that the general public can view the works at opening receptions for the shows or by appointment. I wanted to meet the owner and listen to details but unfortunately he wasn’t available while I was there. Accommodation was comfortable and I had a pleasant time. The works on display during my visit were all by one artist, so there was sense of unity throughout the hostel. I was able to rest both mind and body.

Finally

I live in Yamanashi and I don’t see very much art or many artists around town. I was impressed by the excellent art performances in Kyoto and it was also nice to have connected with  people working in their local art community. A Microresidence program in Yamanashi would help develop our local art community by creating more art spaces and creating a stronger arts network in the region. Visiting Microresidence throughout the world is fun.  I did several of them in Thailand and domestic Japan recently and they were very enriching experiences.

Translation: Sage Szkabarnicki-Stuart

/

京都芸術センター http://www.kac.or.jp/eng/mission/

京都芸術センターは、京都市、芸術家その他芸術に関する活動を行う者が連携し、京都市における芸術の総合的な振興を目指して2000年4月に開設されました。多様な芸術に関する活動を支援し、芸術に関する情報を広く発信するとともに、芸術を通じた市民と芸術家等の交流を図ることを目的としています。

京都芸術センターの特徴として以下の3つがあげられます。

   •                 ジャンルを問わない若い世代の芸術家の制作活動の支援

   •                 さまざまなメディアを用いた、芸術文化に関する情報の収集と発信

   •                 芸術家と市民あるいは芸術家相互の交流の促進

具体的な事業として、展覧会や茶会、伝統芸能、音楽、演劇、ダンスなどの舞台公演やさまざまなワークショップ、芸術家・芸術関係者の発掘、育成や伝統芸能の継承、創造を目指す先駆的な事業のほか、制作や練習の場である「制作室」の提供、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムでの国内外の芸術家の支援などを実施しています。このような活動をとおして、京都芸術センターは、新しい世紀の都市文化の創造拠点となることをめざしています。

Kyoto Art Center was established in April 2000 in a hope to promote arts in Kyoto in a comprehensive way by collaboration between the city of Kyoto, artists and other people related to art.
The center aims at supporting various artistic activities, providing information about arts, and promoting communication between the citizens and artists through arts.

Kyoto Art Center focuses on the following three points.

  •             To support young artists in their activities regardless of genre.

  •             To collect and disseminate information on arts and culture using various media.

  •             To promote communication between artists and citizens; and among artists.

Our activities include exhibitions, tea ceremonies, traditional stage performances, concerts, dance performances, and various kinds of workshops for training artists and other people related to art, hosting innovative projects for the conservation of traditional arts and creating new ones. We also provide artists from home and abroad studio spaces and “artist in residence program”. Through such services and activities, the center is hoping to become the focal point of the city culture in the new era.