Frankie Chow/Australia

Frankie Chow

Australia

www.frankiecwchow.com

video, performance, installation

residency November-December 2019

/

フランキー・チョウ

オーストラリア

ビデオ、パフォーマンス、インスタレーション

2019年11月~12月滞在


Time, the everyday, and the relationship between fantasy and reality are recurring themes in my practice. I often experiment with different creative processes through site-specific works, where I intend to explore aspects of time based on the areas of Yamanashi. This residency project would look at concepts of transition, limbo, liminal space, and memory while presenting my experience of the local culture and surroundings.

Held annually in November, the Kofu Ebisu-Ko Festival will be the primary focus of my residency project as a study of the local tradition in relation to concepts of liminal space and the sublime. Through video works and drawings, an additional component to my project includes my first impressions of Kofu that documents and transforms both natural and urban areas into psychological landscapes.

時間、日常、そして空想と現実の関係は、私の作品の中で繰り返される主題です。 山梨というエリアに基づき、時間の側面を探求するサイトスペシフィックな作品を通して、私は様々な創造的な過程を試します。 このレジデンスプロジェクトでは、地元の文化や周辺環境に関する私の経験を提示しながら、変遷、中間の場所、境界、記憶の概念を考察します。

毎年11月に開催される「甲府えびす講祭り」は、場所の限定と崇高さの概念に関連する地元の伝統の研究として、私のレジデンシープロジェクトの主な焦点となります。 ビデオ作品とドローイングを通して、私のプロジェクトの構成内容には、自然と都市の両方を心理的な風景に記録し変換する甲府の私の第一印象が含まれます。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

 

Carla Cañellas/Spain

Carla Cañellas

Spain

www.carlacanyellas.com

drawing, painting, installation, video

Residency October-December 2019

/

カルラ・カニェラス

スペイン

ドローイング、絵画、インスタレーション、ビデオ

2019年10~12月滞在

I work with the construction of identity in different social contexts. My artistic practice questions society through the tools of criticism, education and transformation. I’m interested in creating identity portraits through dialogues with the viewer in order to trace the construction of personal narratives.

I develop my work through the disciplines of drawing, painting and video. Also I develop my work through collective collaboration and educational workshops. Since 2006 I’m a member of Fotoeduterapia: Photography as an educational tool in this sense, generates content, strategies and ways of examining contemporary practices to be applied within art therapy, psychotherapy as well as social intervention. Last year I published my first book: ‘Arrested’, a project about the influence of the economic crisis and unemployment in Spanish society. I have shown my work in selected individual and collective exhibitions within Europe and Japan. I’m represented by Silvana Retamal, the director of “A ciegas Gallery”  in Spain, http://www.galeriadearteaciegas.com/

私はさまざまな社会的文脈でアイデンティティの構築に取り組んでいます。その芸術的実践は、批判、教育、変革のツールを通して社会に疑問を投げかけています。個人的な物語の構成をたどるために、視聴者との対話を通じてアイデンティティに満ちた肖像画を作成することに興味があります。

私はドローイング、ペインティング、ビデオの分野で作品制作しています。また、私は他の作家たちとの協同、教育的ワークショップを通じて作品制作しています。

ワークショップ: 2006年以来、私はFotoeduterapia(フォト のメンバーです。この意味での教育ツールとしての写真は、芸術療法、心理療法、および社会活動に適用される現代の習慣を問い掛ける内容、戦略、方法を生み出します。

昨年、私は最初の本「逮捕」を出版しました。これは、スペイン社会における経済危機と失業の影響に関するプロジェクトです。それはヨーロッパおよび日本内の厳選された個展およびグループ展で展示されました。

スペインの「A ciegas Gallery」(ディレクターSilvana Retamal代表)http://www.galeriadearteaciegas.com/

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda



オープニング・パーティー(有料)内容
カルラによるスペイン料理の提供と交流「 Café Carla」
パエリア、タパスなど準備予定です。どなたでもご参加できます。
1000円/大人お1人 予約不要
Carla Cañellas カルラ・カニェラス/スペイン (10~12月滞在)
www.carlacanyellas.com
/

Residency artist Carla Cañellas_Spain in October-December 2019

Interview and edit by Olly Thwaite

Natalie Andrewson/USA

Natalie Andrewson

USA

www.natalie-andrewson.com

comic, printmaking, illustration

Residency October 2019

/

ナタリー・アンドリューソン

アメリカ合衆国

コミック、版画、イラスト

2019年10月滞在

I am interested in exploring themes of fantasy and imagination for young women, pulling inspiration from intense nostalgia and personal narrative as well as current challenges and local environment. Constructing dark, yet whimsical stories of powerful women on adventures gives me an outlet for the everyday obstacles I face as a woman in a patriarchal world. I hope my work wakes the imagination in the viewer and they linger in magic for a moment.

I use Risograph as tool to make these narratives, which are often dismissed as unimportant and naive, and the Riso makes them feel grand and timeless. The numerous layers of ink creates a luscious texture that looks similar to old advertisements, comics and woodblock prints. The Risograph inspires both nostalgia and innovation, which I think is the perfect medium to express the work I care deeply for.

During the residency I intend to focus on developing a foundation for a longer narrative form, be it comic or picture book, with a series of sketches, paintings, comics and Risograph work. The collection would center around fantastical themes with one common narrative, which would be inspired by my time in Yamanashi.

若い女性のファンタジーと想像力のテーマを探求に興味があります。それは郷愁や個人的な物語、そして現在の課題や地域の環境からインスピレーションを引き出します。冒険的で力強い女性の暗闇が、気まぐれな物語を構築することは、家父長的世界の女性として私が直面する日常的な障害を解消させてくれます。私の作品が視聴者の想像力を呼び覚まし、彼らが一瞬魔法にかかることを願っています。

リソグラフで作ることを通して、あまり重要ではなく単純すぎるとして却下される物語を、壮大で時代を超越したものに感じさせます。インクの多数の層は、古い広告、コミック、木版画に似た魅力的なテクスチャを作成します。リソグラフは、懐かしさと革新の両方を刺激します。これは、私が大好きな仕事を表現するのに最適な媒体だと思います。

レジデンス期間中に、一連のスケッチ、絵画、コミック、リソグラフ作品を含む、漫画や絵本など、より長い物語形式の基礎の開発に集中するつもりです。このコレクションは、山梨で過ごす時間からインスピレーションを得て、ひとつのテーマを元に幻想的な物語をたくさんつくりたいと思います。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

Fantasy Flower Workshop;

タイトル:Fantasy Flowers
-想像力をたくましくするドローイングの練習-
講師:Natalie Andrewson ナタリー・アンドリューソン/USA
www.natalie-andrewson.com
日時:2019年10月19日(土)10:30−12:00
会場:Kofu Scramble Park (屋外公園)
対象:8名(組)くらい
どなたでも参加できます
お子さまは大人と一緒にご参加ください。
費用:1000円 *DM又はメールで事前申し込み制
お名前、電話連絡先を添えてお願いします。
紙、カラーペンなどはこちらではご用意いたします。
雨天時はCafe Moalaにて開催です。

Choose flowrers
3 steps of drawing Fantasy Flower Drawing
1. Draw fowers as you look
2. Draw without looking at flowers
3. Draw an imaginary world of flowers
using color pencils
using color pens

/

Last Stage Show;

/
  • Natalie Andrewson ナタリー・アンドリューソン/USA(10月滞在)

www.natalie-andrewson.com

コミック、絵画、イラストスケッチ 

リソグラフ・ジン販売

“During the residence, artist focused on developing longer narrative forms such as comics and picture books, including a series of sketches, paintings, comics and lithographic works. This collection is a fantastic story based on one theme, inspired by the time spent in Yamanashi. “

「レジデンス期間中に一連のスケッチ、絵画、コミック、リソグラフ作品を含む、漫画や絵本など、より長い物語形式の開発に集中しました。このコレクションは、山梨で過ごす時間からインスピレーションを得て、ひとつのテーマを元にした幻想的な物語です。」

/

展覧会来場者のコメント(菊地原 梓)

AIRYの展示会に行ってきました。とても素敵な絵ばかりでドキドキしました。
表情がコロコロ変わって本当に可愛い女の子!相棒の黒猫ちゃんも好きになっちゃった!お持ち帰りはこちらの戦う女性とビーストです。ギリシャ神話みたいです。大事なことを忘れていた!明日も!18時まで!やってます!
やはり写真より生で見たほうがうっとりします!

comment ( Kikuchibara Azusa)

I went to the AIRY exhibition, then I was thrilled with all the wonderful pictures. A really cute girls with a different expression !! I also like the partner of the girls Black Cat🐈I bought a piece of ‘ fighting woman and beast’ it’s kind of Greek mythology I think.I forgot the important thing! Tomorrow! Until 18:00 open. After all it is more enchanting to see real pieces more than photos.

photo by Azusa

/

Paint on Glass @Terasaki roji cafe;



photo by Yucco
/
iCLA Lecture
/

Residency artist Natalie Andrewson_USA in October 2019
Interview and edit by Olly Thwaite

Judy Pilarczyk/Poland

Judy Pilarczyk

Poland

www.judypilarczyk.com

Painting, Drawing

Residency October 2019

/

ジュディ・ピラークチク

ポーランド

絵画、ドローイング

2019年10月滞在

My practice is focused on figurative painting and drawing where the human being is the main subject. I have always been interested in painting people as it’s the most complex and absorbing theme; I am fascinated by our mental and emotional state, philosophy, thinking, love etc

My current paintings question intimacy as a form of self-love:

How intimate do we get with ourselves, how affectionate do we become? How much do we understand ourselves, our needs and dreams?How remote do we become when we feel lonely?    How much do we love who we are when we go through difficult times? Do we realise that no one can make us happy if we are not happy with ourselves? I am not interested in myself as a subject for painting but I am someone who I’ve gotten to know better than anyone else therefore my paintings are very often self-portraits. Choosing monochrome adds more harmony and intimate feelings to my artworks.

At AIRY I want to continue doing intimate paintings and make a series of small artworks. I hope to make a 20-page artist’s book in collaboration with poets living in Kofu city. My objective is to explore poetic response that my work might evoke amongst artists from a different field; each poem will respond to each painting that I will make.

私の実践は人間を主な題材として、比喩的な絵画とドローイングに焦点を当てています。それは最も複雑で魅力的なテーマであるため、私は常に人々を描くことに興味があります。私は精神的、感情的な状態、哲学、思考、愛などに魅了されています。

 私の現在の絵画は、自己愛の形としての親密さを問います。

私たちは自分自身とどのくらい親しくなり、愛情深くなりますか?自分自身、欲求、夢をどれだけ理解していますか?孤独を感じたとき、私たちはどのくらい寂しく感じますか?困難な時期を経験するとき、私たちは自分自身をどれほど愛していますか?自分自身に満足していなければ、誰も自分を幸せにすることはできないことを気づいていますか?自分自身をよく知っているので、私はよく自画像を描きます。モノクロームを選択することで、作品に階調と親密感が増します。

AIRYでは、親密さについての絵画を続け、小さな作品のシリーズを作りたいと思っています。甲府市に住む詩人と、20ページのアーティスト・ブックを共作したいと思っています。私の目的は、作品が異なる分野のアーティストの間で喚起するかもしれない詩的な反応を探ることです。私が描くそれぞれの絵に詩人の作品が対応します。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

タイトル : Realistic Drawing
-リアルに描くドローイングの目と手の練習-
講師 : Judy Pilarczyk ジュデイ・ピラークチク/ポーランド
www.judypilarczyk.com
日時:2019年10月19日(土)13:30−15:00
会場 : AIRY 2Fスタジオ
対象 : 中学生以上8名くらい
費用 : 1000円 *DMまたはメールにて事前予約制
お名前、電話連絡作を添えてお申し込みください。

/

iCLA Lecture:

/

Last Stage Show:

  • Judy Pilarczyk ジュディ・ピラークチク/ポーランド出身ロンドン在住(10月滞在)

www.judypilarczyk.com 

肖像画(油彩画2点、木炭鉛筆画5点)

Portrait x Tanka 短歌

短歌グループ(黒沢忍主催、黒沢組)とのコラボレーションを開催

黒沢忍、浅川洋、榎並宏子、平賀理恵子の短歌を同時展示します。

作家が描いた肖像画からイマジネーションを得て短歌を詠む試み

イギリス帰国後に編集して肖像画と詩の協働アートブックを制作します。

Collaboration with Tanka group (organized by Shinobu Kurosawa, Kurosawa group)
Tanka by Shinobu Kurosawa, Hiroshi Asakawa, Hiroko Enami, and Rieko Hiraga will be exhibited simultaneously.
An attempt to sing an imaginary Tanka from portraits drawn by the artist,
edited after returning to England to publish collaborative art book of portraits and poetry.

/

Tanka Workshop:

「その先に 何が見えるの 少しだけ 光はあるの たずねたくなる」宏子

「ワイエスが ふとよぎるよな そのタッチ 心模様は 画面の奥に」理恵子

「黒シャツに 沈めた悲しみ まとう人 淡い光を 受けて立ってる」洋

「乳首の 向きの違いは どこまでも 交わらずして はなればなれに」黒沢



/


Residency artist Judy Pilarczyk_Poland in October 2019
Interview and edit by Olly Thwaite
h


Thomas LO Si In/Macau

Thomas LO Si In

Macau

www.mczthomas.com

Graffiti, Installation, Painting, Short Movies

Residency September 2019

/

ロー・シー・イン (トーマス)

マカオ

グラフィティ、インスタレーション、絵画、短編映画

2019年9月滞在



Born in Macau, living at the edge of the small hill for 30 years. When I was small, I used to bring a small chair to the terrace to see the greenery scenic of the hill, the hill changes everyday, the songs of birds and the dancing of the squirrels are so attractive, I just sit down there day-dreaming all the time. I love to listen to the nature, I like to understand what I am dreaming. So as now I love to use the local resources for inspirations and form the linkage of me and the city. I try to use visual images to express my inner feelings, thoughts and my status, and share them with the others.

 私はマカオで生まれ、30年間小さな丘の端に住んでいます。 小さい頃、私はその緑の景色を眺めるために小さな椅子をテラスに持って行きました。丘の風景は毎日変わり、鳥の歌とリスの踊りはとても魅力的。ずっと夢を見ているようです。 私は自然に耳を傾けることを好み、夢見ていることを理解したいと思います。 現在は地元の資源をインスピレーションの源として、自分と街を連動させることを考えます。 私は自分の内なる感情、考え、そして自分の状態を表現し、他の人たちと視覚的なイメージを共有することを試みます。

/

タイトル:トーマスとグラフィティ
日時:9月7(土)14(土)10:00-12:00
場所:エアリー一階入口
講師:トーマス・ロー/ マカオ
申し込み不要、無料、マスクと軍手持参
内容:エアリー一階入口のボードをトーマスといっしょに描き替えよう!筆塗りとスプレーの作業があります。汚れてもよい服装でおいでください。

LO Si In (Thomas) /Macau
www.mczthomas.com
lives and works in Macau
Graffiti painting&spray, Installation, Short Movies

作家はマカオで生まれ育ち、台北の美術大学を卒業しました。その後はグラフィティ、インスタレーション、絵画、短編ビデオの分野で中国・ニューヨークなど世界で活動。来日は10回に及びますが、日本での制作は今回が初となります。トーマスは山梨の資源をインスピレーションの源として、グラフィティが人々と街を有機的に連動させます。

9月前半はエアリー入口のグラフィティをワークショップ形式で手掛け、後半は「CANVAS」(甲府市相生一丁目で山梨の学生が運営するキッチン&バー)東壁面14mに及ぶ大作を制作予定です。秋の甲府の其処かしこでペイントする作家を見かけたら声をかけてください。

グラフィティに興味のある方のお手伝い募集中!!

/

① AIRY会場EXHIBITION 会場:山梨県甲府市丸の内2-37-2

date:2019.9.20(fri)18:30-20:00 opening

MMM Café/ Macau Cuisine & Drink

9.21(sat)22(sun)11:00-18:00 Exhibition

artist:Stefan Guggisberg/ Switzerland  mixed media www.stefanguggisberg.com

Thomas LO/ Macau  Graffiti, Installation www.mczthomas.com     

Masako Danno 団野雅子/ Yamanashi Japan Japanese Painting www1.linkclub.or.jp/~danno/

②CANVAS会場_GRAFFITI

山梨県甲府市相生1-3-16  2F outside wall 14 meter wide

2019.9.15(sun)16(mon)9.21(sat)22(sun)23(mon) 8:30-17:00

Thomas LO Live Gaffiti by Spray

Live Graffiti by Thomas LO (MCZ)/Macau [Happy Zai]
2019 September 1min version
Edit by Thomas Lo

/

Interview to Thomas LO (MCZ) /Macau
5min version
Interview and Edit by Olly Thwait

Stefan Guggisberg/Switzerland

Stefan Guggisberg

Born in Swiss lives/works German

www.stefanguggisberg.com

drawing, painting

Residency September 2019

/

ステファン・グギスバーグ

スイス

ドローイング、絵画

2019年9月滞在



Since the advent of quantum theory we can assume that the universe does not reduce to elementary particles. If the universe is not made up of particles, it cannot be partitioned. This also means that we humans are not parts of reality but rather participants; we enter into the universe at the same time as it enters into us. I am a participant in a process of continual genesis. The universe is continually forming itself anew from out of a living web of interrelations at the micro level. It is from this structure that everything comes into being. As one of its participants I have direct knowledge of its nature, I have direct knowledge of the interrelations between spirit and matter, of the nature of the living.

In my work I am attempting to let this knowledge guide the process. The main constituents of this process are the application, distribution and removal of paint on paper. The aim is to develop a chaotic chromatic structure, which I intuitively attempt to steer into an ordered pictorial structure. This structure is the result and manifestation both of inner movements and the external visible world. I see the intersection of the two as a kind of cosmology.

 量子論の出現以来、宇宙は素粒子に還元されていないと考えられています。素粒子で構成されていない場合、宇宙は分割できません。これはまた、私たち人間は現実の一部ではなく、むしろ参加者であることを意味します。私たちと宇宙とは相互に行き来しているのです。私は継続的な起源の過程に参加しています。宇宙はミクロレベルでの相互関係のある網のような繋がりから新たに生まれ変わり続けています。この構造からすべてが成り立っています。その参加者の一人として私は、精神と物質との間の相互関係、生物の本質についての直接的な知識を持っています。

 私の制作では、この知識がプロセスを導くようにしています。このプロセスの主な構成要素は、紙の上の塗料の塗布、広げたり除去することです。その目的はカオスで彩度の高い構造に発展させることであり、それを直感的に秩序ある絵の構成に導くことです。この構成は、内部の動きと外部の見える世界の両方の結果と現れです。両者の交点は一種の宇宙論だと思います。

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/


① AIRY会場⛰EXHIBITION 会場:山梨県甲府市丸の内2-37-2

date:2019.9.20(fri)18:30-20:00 opening

MMM Café/ Macau Cuisine & Drink

9.21(sat)22(sun)11:00-18:00 Exhibition

artist:Stefan Guggisberg/ Switzerland  mixed media www.stefanguggisberg.com

/

photos by Aki Yamamoto

MONTHLY AIRY 2018

vol.1-9 新滞在作家紹介を目的に、市内カフェなどに毎月テキスト執筆、編集と配達設置してくれた美奈がエアリーのインターンを卒業して、新しいステップに踏み出します。3年間の好奇心と行動力に感謝、どこで暮らしても健康第一です。時々は海外エアー情報を送ってください。行ってらっしゃい!

TEXT, WDIT, DELIVER : Mina Ino 井野美奈 – Internship student 2016-18

Mina Ino drawing by Matthew Forsythe/ Canada 2018
Special Thanks to your curiosity & efforts
there was no AIRY without your support.

PORTRAIT DRAWING:

Andree-Anne Mercier /Canada www.andreeannemercier.com

-residency artist 2017

Kei Ota 太田恵以/ USA, Japan  www.keiota.com

-residency artist 2017

Heikki Rönkkö/ Finland http://www.heikkironkko.com/

-residency artist 2018

Emmanuel Montiel/ Spain  www.emmanuelmontiel.com

-residency artist 2013-

COOPERATION: Terasaki Coffee https://terasakicoffee.com/

/
/
/

/
/
/
/
/

Oliver Thwaite/UK, Japan

Guidance – Revelations

Oliver Thwaite

born in UK, lives/works in Yamanashi Japan

https://www.instagram.com/othwaite/?hl=ja

painting, drawing, sculpture

/

導き・閃き
オリバー・スウェイト

イギリス生まれ 山梨県在住

絵画、ドローイング、彫刻

ⓒHeewoo

/

Artistic styles of the ancient worlds 古代世界の美

The ancestors of Art Civilization and Human Experience アート、文明、人類の歩みと祖先たち

Their lives Our life 彼らの人生、私たちの命

Their memories Our memory 彼らの記憶  私たちの記憶

Do you remember? 忘れてない? I ask you – look! 頼むよー見て!  

From a young age, the artist has had a deep fascination with ancient cultures and their artworks. This exhibition was created from a personal desire to reconnect with these long-gone civilizations, and study their various expressive styles in order to deepen his own range of artistic expression. On a broader level, he hopes to showcase their richness and rekindle some interest in them. The main cultures and  civilizations that formed the inspiration for this exhibition include: 

Egyptian, Mayan, Aztec, Olmec, Mixtec, Mesopotamian, Middle Eastern, Indus Valley, Easter Island, Indonesia, Chinese, Britannic, Slavic, Celtic, Germanic, and Australian Aboriginal. 

作家は幼少期からは古代の文化と彼らの芸術作品に深く魅了されていました。 この展覧会のコンセプトはこれらの古代文明と自らを再接続し、 彼自身の芸術的表現の範囲を深めるために様々な表現スタイルを研究したいという個人的な欲求から生まれました。 広義では、彼は古代文明の豊かさを披露し、人々にそれらへの関心を寄せて欲しいと考えています。 今回は約10点のアクリル絵画を中心に展示します。

*この展覧会のためのインスピレーションを形成した主な文明は以下 エジプト、マヤ、アステカ、オルメック、ミシュテック、メソポタミア、中東、インダスバレー、イースター島、インドネシア、中国、イギリス、スラブ、ケルト、ゲルマン、オーストラリア先住民

/

Exhibition [Guidance Revelations] Oliver Thwaite /UK & Japan
August 2019

伽藍-がらん 本杉郁雲

伽藍-がらん 

本杉郁雲 MOTOSUGI Ikumo /Japan

Photos

2019. 08. 16(fri) – 20 (tue) 11:00-18:00

https://ikumomotosugi.weebly.com/

https://www.instagram.com/ikumo_motosugi/?hl=ja

ⓒHeewoo

/

1987 東京世田谷生まれ 山梨県北杜市在住

24才で前会社退職後、10代から撮り続けていた写真で本格的に作品制作をはじめる。

日常のなかの非日常的な風景 瞬間を被写体を選ばず写す。

音楽フェスやアートフェスなどを活写する臨場感に満ちたライブ撮影など多数に及ぶ。

一方で寂寥感に満ちた心象風景を主なテーマに撮られた写真群「伽藍 -がらん-」を制作。

モノクローム写真の強コントラストの画面はまず初めは寂しさや孤独感を醸し、 やがてそれは人恋しさや暖かさといったヒューマンな感覚を呼び覚ます。

DM作品タイトル「からんどう」からはユーモアと空っぽな音を想像させる。

今回はこのシリーズ(全て ゼラチンシルバープリント) から9点を展示する。

/

1987 born in Setagaya Tokyo

Lives/works in Hokuto City in Yamanashi

He started taking photos in his teens; however, it became his main focus after retiring from a company at the age of 24.

He is able to capture unusual scenery or moments found in daily life.

He also captures lifelike images of music festivals and art festivals from all over.

But on the other hand, he expresses the loneliness or sadness, and this is seen in his album “Galan”. You can enjoy these 9 pieces from the series in the exhibition at this time. –all are gelatin silver print.

translation: Nagisa Mitumori

Opening Party
Sunday 18th August 16:00-18:00 @AIRY studio
bring your own bottle [byob]

/

伽藍 - がらん –  

伽藍堂(がらんどう)ときけば馴染みがある かもしれない。[中に何もはいっていない、また だれも居ないさま。がらんとして広いこと]を指す。 語源には,[寺院の中で伽藍神を祀っている堂を 「伽藍堂」といい、その堂の中は何もなく広々 としていることから]とする説がある。また木の洞(うろ) を指すこともある。 環境的な空虚感を表現する場合、若しくは寂寥に満ちた 心象風景を指す場合に使用する事もある。 この何もない空間 には本当に何もないのか。 何もない を認識し、自分の意識がそこに置かれた時 にみえるものがある。それは日本人的な感覚なのかもしれないし、私だけのものかもしれない。 そのぽっかりと空いた空間に美や畏れ、自分たちがまだ 認識できない 何か をおもう行為がある。それを認識する事が、この作品群”からんどう”を制作する目的と意味とする。               2019年8月 本杉 郁雲

アート談話室

 

Danwashitsu#5

OMOTE x   歩帆舎

映像スクール「KOFU RECORDS」

https://www.nhk.or.jp/kofu/kofurecords/

 

 

 

Danwashitsu#4

Art Lounge [ ART & Society ] with Yuyen Lin-Woywod

Move arts Japanの招聘で来日し、Artist in Residence Yamanashiにてレジデンスゲストとして甲府に滞在したユウイェン・リンウォイウッドをゲストに「アートが社会に提示しうること」を考えます。

世界最大規模の国際芸術祭 documentaでArt Educatorとして勤務経験のある彼女に、アートが社会になにを提示していたか実例とともに話していただきます。

/

/

映像と共にトークするユウイェン、左となり堀切春水(アート談話室)

カッセルという街での開催に意味がある

旧東西ドイツ国境で開催することで将来の統合後のドイツの地理的/文化的にも中心地となることを目指した

第二次世界大戦での大被害地、武器の製造地、ワーキングクラスが住む街

「ドクメンタ」はカッセルで5年に一度開催される現代美術展覧会

終戦後の1955年に設立された

ナチズムの暗闇を追放して抑圧からの解放をスピードアップさせるため

最初のドクメンタは近代美術(ピカソやカンディンスキーなど)に大きな影響を与えた

最近の「ドクメンタ」にはすべての大陸のアートが見られる

しかもそのほとんどはサイトスペシフィック(土地固有)なものである

「ドクメンタ14」2017年、13名のキュレーターによる

カッセル会場:6月10日~9月17日

ギリシャアテネ会場:4月8日~7月16日

「大アートイベントがどのように人々に近寄るか?」

ほとんどの作家が両会場で展示を行った

教育調査:何が変わり、何が漂い、何を残すか?

教育プログラム・学習機関・アーティストランスペースを調査

100日間に100のワークショップを実施

カラオケナイトで唄い!料理ワークショップで喰べる!

アーティストと一般人の出会いは出発地点、私たちは今ここにいる

たとえば「コーラスとウォーク」では物語を共有する

「Narrow Cast」と称されるローカル放送局が半径2kmにラジオ放送

を提供 グローバリゼーションへのアンチテーゼとして

人生で各年齢に所属する組織(インスティテューション)からの解放

ー産院で生まれ、進学して、仕事に就き、施設で死ぬ

アートと図書館がそれを助ける

People of Color(POC), Gender Policy, Gender Equality, Refugee

など大切なトピックをアジアでももっと取り上げるべき

教育やアートは成果が見えにくい そのために時間が必要

秋田のゼロダテから東京へ戻ったばかりのユウイェン

今回のトークのために再び甲府へ戻り、数時間の滞在でまた東京へと

忙しい日程の中をありがとうございました。

「ドクメンタ14」での貴重な体験を共有できたことに感謝いたします。

成果発表展 「Move Arts Japan 展 /アーティストの旅の記録」に登場します

https://www.3331.jp/schedule/004569.html

 

==================================

「アートセンターについて考える」awai x Harumi

Danwashitsu#3

“Discuss about the Art Center”

コーヒー片手にアートにまつわるあれこれを緩やかに話す談話室。

今回は、「アートセンターについて考える」

/

長野県松本市で2016年より awai art center を主宰する茂原奈保子さんをゲストに、地方でアートセンターをすることについて、実例や運営方法、地方ならではの醍醐味や難しさについて伺います。

それを踏まえて、甲府でアートセンターをするならどうする?をテーマに、みんなでコーヒー片手にオープンミーティングしたいと思います。

今年の活動の総まとめ、そして新年に向けて新たな一歩を踏み出すためのコーヒーミーティング!

日時:2017年12月21(木)18:30-
会場:寺崎COFFEE(山梨県甲府市丸の内1-20-22)
参加費:1,000円(ドリンク代含む。通常と料金設定が異なります!)
定員:25名程度
主催:Artist in Residence Yamanashi
協力:寺崎COFFEE

予約:artdanwashitsu@gmail.com(氏名、参加人数、電話番号を明記の上、お申し込みください)

※会場の都合上、予約はメールのみの受付となっています。大変お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。ご質問などある方はお気軽にお問い合わせください。
|

awai=awai art center 主宰 茂原奈保子(しげはらなおこ)

1987年長野県生まれ、2011年信州大学人文学部卒業。大学卒業後民間企業に勤務した後、東京都内の美術館やギャラリーでの業務に従事しながら複数のアートプロジェクトの事務局を務める。2015年に松本に戻りawaiとしての活動を開始し、翌年4月にawai art centerをオープンした。
|

HARUMI=堀切春水(ほりきりはるみ)


早稲田大学大学院美術史学専攻修了。美術館やギャラリー勤務の後、あいちトリエンナーレ2013実行委員会事務局勤務。アシスタント・ディレクターとして編集およびアーカイブ業務担当。その後はNAKAZAKI Tohru HOMEROOMプロジェクトマネージャー(2014年中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス)、ミハイル・カリキス来日公演企画運営(2014年)、宮島達男Relight Project、松井紫朗「手に取る宇宙」など、アートプロジェクトを中心に活動。2014年より甲府市に移住。「アート談話室」主宰(2017年〜)、展覧会「Flowing out」企画運営(2017年〜)。

寺崎COFFEE  http://terasakicoffee.com/

Artist in Residence Yamanashi  http://air-y.net/

===============================

写真で辿る欧州アート・イベントMina × Harumi

Danwashitsu #2
European art and events 2017 following with photos

コーヒー片手にアートにまつわるあれこれを緩やかに話す談話室。

今回は、写真で辿る欧州アート・イベント

世界各地から総勢約50名のアーティストが集い、制作、展示、パフォーマンス、ディスカッションを行うアート・イベントCAMPBASELにアーティストとして参加したAIRYスタッフによるレポート。そのほか、世界最大級の現代アートフェアArt Basel、世界で最も歴史のある芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレ、ヨーロッパ滞在で目にしたAIRやアートスペースについて写真で振り返りながらお話します。

About 50 artists from all over the world gathered, created, exhibited, performed and discussed. A report by AIRY staff who participated as an artist at CAMPBASEL.

In addition we will look back in the photos about Art Basel that is world’s largest contemporary art fair, Venice Biennale that is the world’s most historical art festival,  AIR and more art spaces during staying in Europe.

– –

日時:2017年8月8(火)18:30-
会場:寺崎COFFEE(山梨県甲府市丸の内1-20-22)
参加費:500円(ドリンク代含む)
定員:25名程度
主催:Artist in Residence Yamanashi
協力:寺崎COFFEE

予約:artdanwashitsu@gmail.com(氏名、参加人数、電話番号を明記の上お申し込みください)

※会場の都合上、予約はメールのみの受付となっています。大変お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。ご質問などある方はお気軽にお問い合わせください。

/

mina=井野美奈(いのみな)
1994年群馬県生まれ。現在通信制大学にて教員免許取得中。今年度よりAIRYインターンとしてアーティストの滞在や制作のサポート、撮影などを行う。また、アーティストとしてCAMPBASELに参加。これが初めての制作と展示となった。

Mina was Born in Gunma Prefecture in 1994. Currently acquiring teacher license at communication college. From this fiscal year as an AIRY intern, she supports artists’ stay, creation support, photography etc. She also joined CAMPBASEL as an artist. This was the first creation and exhibition.

/

harumi=堀切春水(ほりきりはるみ)

早稲田大学大学院美術史学専攻修了。美術館やギャラリー勤務の後、あいちトリエンナーレ2013実行委員会事務局勤務。アシスタント・ディレクターとして編集およびアーカイブ業務担当。その後はNAKAZAKI Tohru HOMEROOMプロジェクトマネージャー(2014年中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス)、ミハイル・カリキス来日公演企画運営(2014年)、宮島達男Relight Project、松井紫朗「手に取る宇宙」など、アートプロジェクトを中心に活動。

Harumi Completed her MA in Art History at Waseda University. After working at art museums or gallery, she worked at the Aichi Triennale 2013, which is held in Aichi Prefecture every three years (since 2010) and is one of the largest international art festivals in Japan. As an assistant director, she was in charge of editing and archiving work. After that, acting mainly on art projects; Project manager of NAKAZAKI Tohru HOMEROOM (Ichihara Art × Mix, 2014), Planning and Management of Mikhail Karikis’s Screening and Performance(2014), Tatsuo Miyajima’s Relight Project, Shiro Matsui’s “Message in a bottle” etc.

CAMPBASEL http://www.campbasel.com/

寺崎COFFEE  http://terasakicoffee.com/

Artist in Residence Yamanashi  http://air-y.net/

================================

TOSSO x HARUMI x MIYAKENの談話室

Danwashitsu#1

「芸術祭とアーティスト・イン・レジデンスについて」

About “Art Festival” and “Artist-in-Residence”

/

コーヒー片手にアートにまつわるあれこれを緩やかに話す談話室。
今回は、知っているようで知らない芸術祭とアーティスト・イン・レジデンスについて、現場で働いたふたりの体験をもとにお話します。
This is a cozy room where we can speak slowly about matters related to art with a cup of coffee.
About the “art festival” and “artist in residence” we will talk about two experiences who worked on both sites. Please send an application by e-mail.

日時:2017年5月24(水)18:30-
会場:寺崎COFFEE(山梨県甲府市丸の内1-20-22)
参加費:500円(ドリンク代含む)
定員:20名程度
主催:Artist in Residence Yamanashi
協力:寺崎COFFEE

予約:artdanwashitsu@gmail.com(氏名、参加人数、電話番号を明記の上、お申し込みください)
※会場の都合上、予約はメールのみの受付となっています。大変お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。ご質問などある方はお気軽にお問い合わせください。

/

tosso=航舳峻一(WATANABE Toshihito)


これまでにAIRY(個人運営/山梨県甲府市)と秋吉台国際芸術村(財団による運営/山口県美祢市)でスタッフとしてAIR(アーティスト・イン・レジデンス)業務に携わる。自身もアーティストとしてスウェーデン・Tomma Rum(参加アーティストたちによる自主運営)、ハンガリー・Partizan art studios(企業による運営)でAIRを経験。2017年はリトアニア、スイス、エストニアのAIRに参加予定。

Tosso has been involved in AIR (artist in residence) work as a staff at AIRY (individual administration / Kofu city, Yamanashi prefecture) and Akiyoshidai international art village (management by Foundation / Mine City Yamaguchi prefecture). He also experienced AIR as an artist with Sweden · Tomma Rum (independently operated by participating artists), Hungary · Partizan art studios (company operated). He plans to participate in AIR of Lithuania, Switzerland, Estonia in 2017.

/

harumi=堀切春水(HORIKIRI Harumi)


早稲田大学大学院美術史学専攻修了。美術館やギャラリー勤務の後、あいちトリエンナーレ2013実行委員会事務局勤務。アシスタント・ディレクターとして編集およびアーカイブ業務担当。その後はNAKAZAKI Tohru HOMEROOMプロジェクトマネージャー(2014年中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス)、ミハイル・カリキス来日公演企画運営(2014年)、宮島達男Relight Project、松井紫朗「手に取る宇宙」など、アートプロジェクトを中心に活動。

Harumi Completed her MA in Art History at Waseda University. After working at art museums or gallery, she worked at the Aichi Triennale 2013, which is held in Aichi Prefecture every three years (since 2010) and is one of the largest international art festivals in Japan. As an assistant director, she was in charge of editing and archiving work. After that, acting mainly on art projects; Project manager of NAKAZAKI Tohru HOMEROOM (Ichihara Art × Mix, 2014), Planning and Management of Mikhail Karikis’s Screening and Performance(2014), Tatsuo Miyajima’s Relight Project, Shiro Matsui’s “Message in a bottle” etc.

/

miyaken=宮本賢一朗(MIYAMOTO Kenichiro)元 寺崎COFFEEスタッフ
協力:寺崎COFFEE http://terasakicoffee.com/
主催:Artist in Residence Yamanashi[AIRY] http://air-y.net/

/

スピーカーのHarumi(中央左)芸術祭について

Tosso(中央右)AIRについて

もう一人のスピーカーMiyaken(右)

AIRの役割

AIRの課題も

約30名の参加者による緩やかな談話室でした。