PRINT is DEAD

活版印刷・木版印刷 オリジナル作品の展示と販売

活字を用いた印刷ワークショップ

▼日時

2022年9月17日(土)〜25日(日)休みなし 11:00ー18:00

▼会場

甲府市丸の内2-37-2 ギャラリーエアリー二階スタジオ

▼内容

オリジナル活版印刷・木版印刷作品の展示(常時) 観覧無料

作品販売と活字を用いた印刷体験(9/17,18,19,23,24,25) 材料費有料

▼メンバー

宮田龍二 大宣堂印刷 http://www.daisendo-press.com/

小澤洋子 大宣堂印刷

網野俊輔 MAGIC PRINT LETTERPRESS

     https://www.magicprint-letterpress.com/

大方 岳 画家

坂本 泉 AIRY

▼概要

90年代にIT革命が起こり、ほとんどの産業が唐突にも斜陽期を迎えることとなり、何百年もの長きにわたって情報伝達の真ん中を走ってきた本などは特に右肩下がり。ずーっとこの界隈で生きてきた人たちですら印刷という文化へのリスペクトやプライドを捨てて、あのころの威勢はどこ吹く風、印刷はもう干し葡萄の枝や幹の部分のように、乾いてもろくて大切に扱わなければ粉々になってしまうほど繊細な状態になっています。

印刷物を通して仏教を世界に広める。仏教の前向きな考え方や生き方を元に、みんなで楽しく過ごしやすい世の中を作る。を唱える甲府市大宣堂に集う活字好きたちが夜な夜な刷り上げたオリジナルな作品たち。

これまでとにかく紙が好きな人、じゃばらや豆本などの特殊な製本にはまる人、パッと心に残る目を引くコピーを探し回る人、ローテクな印刷物のかすれやズレ、凹みを愛する人たちに出会ってきました。そして印刷ってこんなものもあるんだとか、印刷により集客や売れ行きが変わるんだなどを多くの人に伝えたいと思うようになりました。

木片を彫刻刀で削り版木を作り擦り上げるオリジナル商品販売(ポスター、Tシャツ、トートバッグなど)は常時、印刷体験は日を限定をして開催。また、印刷にまつわるアート作品など皆様に楽しんでいただけるコーナーを揃えてお越しをお待ちしております。

印刷体験コーナーでは実際に木活字を組んで印刷が可能です。

(フリーペーパー「木活字草子」vol.2 最新号から一部抜粋)

/

活版ゾンビワールドへようこそ!
オープン準備はほぼ完了!
ローテク印刷の書物も会場へ運び込んで
印刷を多角的に検証します!
テキンは活版印刷の機械
こちらはヨーロッパから入手した約500年前の木版活字
オリジナルの木版印刷商品もたくさん
参加型木版印刷体験が大人気でした!
美しい~組版
会場に商品が満ちてきました
コチラはリトグラフ版画作品
印刷物からインスパイヤされた絵画たちも
古い英字新聞に本展ポスターがよく合う
スタッフの親切な木版活字印刷ワークショップ
天然石アクセサリート花のコラボ
エッジの効いたオリジナル木版が印刷された商品
アフロマンも大人気
制作後の乾燥タイムも絵になります
紙への試し刷りも、紙物好きにはたまらない魅力です♥
楽しいわーくしょっぷ!!体験者が多すぎて全部は載せられません、、汗
地元紙での広報もありがとうございます
「ご協力いただいたみなさま
ご参加いただいたみなさまに感謝を申し上げます!
また会いましょうーー」
しばらく眠りにつくゾンビーズ一同より

Akiya de Art/空き家でアート

Produced by R/SHOEI 「結」

協賛:能成寺、来迎寺、誓願寺

共催:寺子屋プロジェクト

金手園で滞在制作して /

『ぶどうと乳房 』 坂本 泉

空き家プロジェクトの構想を聞いたのが今年の初め

金手園売店を4月に内見して7月に大掃除

私にとってはどこに焦点を置くのか悩ましい数ヶ月だった

というのも甲府育ちの私にとってに愛宕山周辺は子供の頃から近しい場所

沢山の思い出がありすぎてあれこれ欲が出る

おまけに空き家好きの自分がいる

元〇〇という物件に弱い、惹かれる

かつてどんな人々が何をしていたのか一気に妄想が始まる

金手園で二週間の滞在期間を与えられて

制作の場所と時間が約束される

滞在前の考えは

金手園と自分の90年代の記憶を重ねる『OLDAYS/記憶と収穫』

ぶどう園の繁盛時期が自分の人生賑わいのそれと被る

30年前の作品を並べてみる試み。

滞在後のひらめきは

金手園に残るものや歴史を見て来たものを

一つずつ取り上げて会話を交わすようにドローイングする

坂の多い斜面は雰囲気ある風景画になるだろう

宝物を発見して向き合う至福のひととき

あたりの緑がぐんぐん成長して生物の営みが眩しい

同じ老木から発芽して実を結ぶ房と枯れてしまう房

同じ幹に生と死がある

青く硬かった実は二週間で大いに成長して色ついた

大地の養分から果実を産みジュースやワインを絞るぶどう

母体からミルクを絞る乳房

その時ぶどうの房と女性の乳房が重なった

私たちは大自然と身体の循環の中で生かされている。

photos @Aki Yamamoto

afternoon ghosts

-ゆるやかな時間と音-

2022.06.11 sat

13:00-16:30くらい

演者:中楯 純/ベース、ギター、朗読

大塚 直/ピアノ、ウクレレ、効果音

アートワーク:Musaev Nurdin

コーヒー:Tobe Kofffee

予約不要、投げ銭

2018 高砂湯

/

Jun Nakadate
Nao Otsuka
Musaev Nurdin
Tobe Koffee

h

やまなし短編映画祭2022

Yamanashi Short Movie Festival 2021

文化のるつぼ へちま x AIRY プレゼンツ

June – December 2022

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

公式ホームページ

予約申し込み

文化のるつぼ へちま|やまなし短編映画祭 (hechima400.com)

【企画・運営】

やまなし短編映画祭実行委員会

ハザマユミエ

坂本 泉|AIRY

山本心平|へちま

米持 壌| 武蔵野美術大学映像学科

【ロゴデザイン】

omiso

【フライヤーデザイン】

山本心平|へちま

/

令和4年 山梨メセナ協会助成事業

10月/October

マリット・シリン・カロラスドッターの『IN BETWEEN』、『A memory, a feeling by Marit Shirin』と

富田克也 監督の『RAP IN TONDOの長い予告編』をカップリング上映します。

/

マリット・シリン・カロラスドッター

①『IN BETWEEN』2018/6min

②『A memory, a feeling by Marit Shirin』2021/5min

①Humanity-ish というスウェーデンのパフォーマンス会社と共同で作成されたもの。ダンスを題材に、女性の「自分の体に対する権利について」をテーマとしている。
②サーミ人ダンス映画祭Lavdaのために作成された短いダンス映画。
サーミ人とクルド人の血を引く自分自身のダンサーとしての遺産と、2つの文化的アイデンティティの分裂をテーマとしている。

マリット・シリン・カルロスドッター@AIRY 2018

『RAP IN TONDOの長い予告編』2011 / 60min

フィリピンのトンド地区に招かれた、HIPHOPグループstillichimiyaのトラックメイカーおみゆきチャンネルこと、Big BenとYoung-G。
ギャング社会と密接に結びついたフィリピンのHIPHOPシーン、低所得者層の住む地域で治安の悪さの中ラップやダンスを学ぶ少年少女たち。
音楽を通じた文化交流の単なる記録ではなく、この映画の存在こそが国境を越えた人間関係をつくり出していく軌跡となる。

『RAP IN TONDOの長い予告編』

///////////////////////////////////////////////////

9月/ September

丹澤由棋 監督の 「映像と詩の関係性を探る短編映像集」 と

手塚 悟 監督の「サクラいつ咲く・・・」をカップリング上映します。



「映像と詩の関係性を探る短編映像集」
UNTITTLED はる -朗読- のべのかぜ(2022 / 20min)

丹澤 由棋
詩人ウチダゴウさんの詩を題材にした3種類の作品を一本にまとめました。それぞれ違った役割で詩が扱われ、詩と映像の関係性を実験的に模索する作品集です。

今回二年目のエントリーの丹澤監督

実際に観るまでは、誌と映像の関係性って何だろうとはてなでした。共通するのはウチダ氏の詩がベースにあること。それぞれ三篇は表現方法は全く異なりますが、詩人のつぶやく人間と生活、そして監督のイメージする信州の大自然が底辺にあるので統一感があり、最終的に心地よく詩人の世界に誘われます。そして今回の三作品オムニバス形式として上映は、本映画祭のための特別編集とのこと。実験的な編集バージョンでの新作上映はまさに一期一会でした!

幻想的な一本目「UNTITTLED」でパンチの効いた導入、早春の安曇野でウチダ氏がとうとうと朗読する二本目「はる-朗読」、現地松本の空気感と地元シンガーの声に惹かれる「のべのかぜ」

それぞれ三つの違う手法で詩を浮き上がらせることにより、詩人と映像作家の世界観が交錯して互いを際立たせていると感じました。

UNTITTLED

はる -朗読-

のべのかぜ

名インタビュアー山本と丹澤監督
この日は八ヶ岳ハイライフ(小淵沢)フェス会場撮影から駆けつけて
有名企業のイメージ映像から
野外音楽フェスや国際芸術祭まで手掛ける丹澤監督
映像作品を使ったインスタレーション、インターラクティブ表現にも興味大です

/

「サクラいつ咲く…」(2000 / 31min)

手塚 悟
2000年、手塚監督が山梨を出る前の18歳の時に製作した作品。
本作はHi-8といういわゆる8ミリビデオというフォーマットで撮影、当時ではまだ珍しかったパソコンでの編集。
基本的にフィクションではあるが、図らずも当時の監督自身をかなり投影した原点の作品であり、後に続く手塚作品「Every Day」につながるもの。
今回、へちまでははじめての上映 です。

手塚監督も今年二年目のエントリー

今年の本映画祭フライヤーでは

’9月 手塚悟 監督 上映作品未定’ とあり

気をもんだ皆さまもいらっしゃるのでは・・という危惧をよそに9月も早々に上映作品 「サクラいつ咲く…」(2000 )上映を表明してくれました。安心するとともに高校時代最後の作品を今観ることの意味についても聞いてみたいと思いました。

将来、映画に携わる仕事をしたいと強く思い描く地方の高校生が悩みながら短編作品を撮ります。出演してくれた俳優に渡そうとしますが彼女の行く末は・・観る者には手塚監督自身の高校時代を彷彿とさせますがそこはフィクションだそう。

撮影当時2000年(平成12年)前後の生活スタイルやインターネット事情が思い起こされて、この20年の生活変化と環境発展に驚きます。

小学生時代にジャッキー・チェンに憧れて自分でも 同年代の友達 と撮影を始め、その後大人の参加者も募って本格的に撮りだしたという監督。この作品を仕上げて大学のAO入試に期限までに提出するーというミッションもあり完成をみたとか。その経緯を聞いて瑞々しい高校生の熱意とエネルギーを感じました。結局、本作品が認められて大学合格があり、本格的に映像手法を学ぶスタートラインに立つことになったという記念碑的作品です。

20年過ぎた今また本作品を観なおすことで当時のビギナーズの意欲を再確認、これからの映画制作を改めて考えるー監督にはそんな意図があったんです。がむしゃらな気持ちや制作への衝動はどんな分野でもものつくりする人には不可欠、どうやってそれを一生持ち続けるか?クリエーターの一生の課題でしょう。自分の思い入れの多い本作で今年の映画祭にエントリーしてくれた監督のお気持を知り、アクティブかつストイックに制作を続ける監督の一面を見た気がしました。

監督本人と父上光男氏がアフタートークに登壇
光男氏は監督の父でプロデューサーで一番の理解者
ファミコンとジャッキー・チェンに夢中な小学校時代
小学校担任に刺激を受けて自らも撮影を始める話など
一番近くで見ていた人のことばは
愛と説得力があります。
お揃いでご登壇ありがとうございました!
光男氏 近影 
代表作「EveryDay」で渋いバイプレイヤーとして登場も忘れられない一コマです

///////////////////////////////////////////////////

7月/ July

夏休み特別版 
映像作家/モーションデザイナーとして活躍する 
窪田慎さんを招き、WSとトークショウ 
二部構成の1日です。

ものを作るのが好き!というお子さまから映像の世界に興味がある!という学生も大人も楽しめる内容です。
ぜひご参加ください。
(※午前WS、午後、トークショウで内容が異なりますのでご注意ください。)

===============
7月30日(土)
△第一部・10:00-11:30 
WS 動くキャラクターを作ろう
Makoto Kubota

自分で並べて作ったキャラクターが画面の中で動き出す
オリジナルの動画を作るWSです。

持ち物/のり、はさみ(子ども用など使いやすいはさみが必要な方のみ) 
※はさみはこちらで用意しておりますが、子ども用はございませんため、必要な方はお持ち下さい。
◯3歳以上~(未就学児は保護者同伴)
〇小学生以上は子どものみの参加OK
〇参加人数が複数の場合は備考欄へ詳細をご記入ください。
(例 親1名、子2名(10歳、4歳)。※子どもの年齢もご記入ください)

△第二部・ 13:30 -15:00
Makoto Kubota の仕事のはなし
関ジャニ∞、CIRRRCLE、神山羊のMVだったり、シナぷしゅやEテレ、YBSやUTYまで数多くの映像を手掛ける窪田慎の実際の作品を上映しながら、その仕事裏のお話をきく時間です。

私たちの生活に身近な映像の世界
しかし、そもそも映像作家って?
モーションデザイナーってなに??どんなふうに映像ができているんだろう?
素朴な疑問から楽しく映像にまつわるお話を聞きたいと思います。

ナビゲーター 歩帆舎 五味文子

今回の企画・運営・インタビューを取り仕切る五味文子(歩帆舎)with a baby
まずは本日の講師 窪田 慎氏の紹介から
タイトルは「動くキャラクターを作ろう!」

予め切り抜かれたカラーパーツを
キャラクターを想像しながら黒い紙上でアレンジする子どもたち
このあと各自で糊付けへ
そのあと子どもたちのキャラクターを一つずつ丁寧に入力する窪田
デスクトップを会場へ持ち込んでの大仕事
ここはプロの技術~まるでマジック!!

先生の作業を間近で見つめる子どもたち
憧れの先輩を見つめる眼差し~
講師本人が映画祭に来てくれることで生まれた
貴重な時間でした。
これはすばらしい夏休みの思い出になったね!

間もなく子どもたち全員の動くキャラクターが勢ぞろいした瞬間
わ~い壮観ですね!!!
元絵のキャラクターを持って先生と記念撮影の一枚
先生も子供たちもうれしそう

続いて午後からはトーク「窪田 慎の仕事の話」主に大人向け を開催

小・中・高の甲府時代と浪人を経てムサビ時代の話

在学中から心がけた興味あることへの学びと実践

社会人になってからの仕事への集中は時に夜を徹して朝までも

様々な企業からの仕事依頼にひとつづつ丁寧に応じる窪田の姿

それも自分と周囲が楽しみながらの対応をする姿

まさに自分の特技を生かしてさらに楽しみながらの仕事スタイル

だから周りをハッピーにできるんですね!と納得いたしました。

(左から)窪田の甲府同世代/美術系受験メンバー 会場に駆けつけて
五味文子、窪田 慎

惜しみなくプロの技を公開してくれた窪田氏ありがとうございました!!

コロナと猛暑で開催が危ぶまれる中、監督との連絡調整、参加者募集、キャラクターパーツの準備などに奔走してくれたナビゲータ五味文子・映画祭実行委ハザマユミエ・ヘチマ管理人山本心平に心より感謝を申し上げます。

当映画祭は8月は夏休みをいただき、次回は9月10日(土)手塚 悟監督・丹澤由棋監督両氏の作品を上映いたします。こちらもまたよろしくお願いいたします。

///////////////////////////////////////////////////

6月/ June

青柳拓監督の「ひいくんのあるく町」、「井戸ヲ、ホル」と、小野田藍監督の「陶製手榴弾でキャッチボール」をカップリング上映いたします。

両監督からビデオメッセージ+サプライズゲストあり

日時:6月25日(土)❶11:00~ ❷15:00~ 二回上映

申し込み:予約制 各回定員13名

料金:1000円/お一人


🎦「陶製手榴弾でキャッチボール」(2020 / 2min)小野田 藍
知人が持っていた陶製手榴弾の殻を見た時、伝説の投手・沢村栄治が肩の強さを買われて戦地で手榴弾を投げ続け、後に戦死した逸話を思い出しました。その後すぐに陶製手榴弾をネットオークションで入手し、それをボール代わりにして友人とキャッチボールをしてみました。スポーツのうちにある「戦争的なもの」が、スポーツからはみ出てむき出しの「戦争」になることは大いにあり得るし、僕がそのきっかけとなってしまうこともまた大いにあり得ることだと思っています。


「陶製手榴弾でキャッチボール」

入甲ままならずビデオレターを寄せてくれた小野田監督
本編 「陶製手榴弾でキャッチボール」より長い 4分24秒
お楽しみください!

 壊れやすい陶製の手榴弾って?惹かれるタイトルの短編でした。なぜ陶製なのかからそれを投げ合うのはなぜかという疑問。幅広い分野で活動する現代美術作家小野田ならではの、鋭い視線とユーモアがそこにはありました。考えさせられる映像作品と言えます。濃い緑を背景にキャッチボールする二人の姿が脳裏に残ります。

/

🎦「ひいくんのあるく町」(2017 / 47min)
🎦「井戸ヲ、ホル」(2020 / 36min)青柳 拓

大学の卒業制作ながら評判が広がり劇場公開された『ひいくんのあるく町』と、ほとんど上映のない幻の短編『井戸ヲ、ホル』。それぞれの舞台は共に監督の故郷である山梨県市川三郷町。上映機会少ない作品ですのでどうぞお見逃しなく!


「ひいくんのあるく町」

「井戸ヲ、ホル」

 次期新作撮影のため青柳監督のアフタートーク登場がキャンセルになりましたが、ピンチヒッターとして「井戸ヲ、ホル」にも登場しているサイトウ氏がギター片手に駆けつけてくれました。

 急遽新作撮影に突入したために監督不在のアフタートーク。監督直筆のメッセージが鑑賞者全員に配られました。残念でしたがサイトウ氏はそれを補って余りある内容のトークとミニライブを披露してくださいました。ありがとうございました!青柳監督の次期新作にも期待大です。

上映会場へちま受付
会場ではパンフレット販売も好評でした!
先日亡くなった*佐藤忠男氏に
「世界に”日本というのはこういうところだよ”と紹介するときに見せたい映画」
と言わしめた作品。
*青柳監督が在学した当時の日本映画大学学長

「東京自転車節」も近いうちに上映したい
右上は青柳直筆メッセージ
サイトウ氏(右)とへちま管理人山本(左)とのアフタートークでは以前のエピソードも披露されて
数年前のへちまでの富田克也監督上映会に参加した
(左から)青柳、ひいくん、高野、富田
この後のサイトウ氏によるミニライブ曲が「Stand by Me」
毎回鑑賞者に書いてもらうアンケート
ひいくんの笑顔は人の心をつかむ

大方岳 個展「Cathedral/聖堂」

大方岳 個展

Cathedoral/聖堂

2022年5月28日(土)~6月5日(日)

5月30日(月)休み
午前11時~午後6時
ギャラリーAIRY 甲府市丸の内2-37-2

/

2022 May 28th(Sat) – June 5th(Sun)

closed 30th (Mon)

Opening hour 11am-6pm

Gallery AIRY 2-37-2 Marunouchi Kofu Yamanashi 

コンセプト English below

 祈りについて語るとき、それは常に宗教的なものとして語られます。しかし、祈りという行為は宗教でなくてもすべての人間にとって普遍的な営みであるように思います。祈りの定義は人によりそれぞれですが、思いを不確かなものに託すことをそう呼ぶのであればそれはほとんどの人が経験するはずです。どうしようもないような状況や自分の支配の及ばないこと、そういう困難に人生は満ちています。そういうときに、人は賭けなければなりません、無数に分岐する未来がひとつの最善と呼べる道に収束することを。この可能性、確率への賭けを祈りと呼ぶこともできます。また、混乱や不安が渦巻く心の中で少しでも安息を得られる拠り所を探すこと、それも祈りではないでしょうか。

 聖堂とは祈る場所、そして世間から切り離された避難場所です。私はパニックなどの経験から常にそのような場所を、瞬間を求めてきました。それはときに内側に、ときに外側に、またあるときは味覚や音の中にありました。そんなわけで、今回の展示は宗教とは関係のない私の個人的な聖堂の拡張であるといえます。

When we talk about praying. It is always associated with religion. However, I don’t think only religious people prays. The definition of the term “praying” depends on individuals but if it is about hoping something that we cannot control and betting on the possibility that best consequence will come in the future, we do it almost every day. In that sense, god is possibility itself. The possibility that enable to change the future, overcome the pain, or whatever people want.

Since I got diagnosed as panic disorder, I have been feeling so powerless, and isolated. I cannot control when panic happens or how my thought will jump to some crazy place.  I tried taking note, breathing method, taking pill. Just to bet on the probability that it will end the nausea, palpitation, pain, and chaos in my head. By doing those things, I was looking for a place or moment I can rest, relax or have peace of mind. For me, cathedral is haven that people can come and put down everything they have from chaotic world and pray. It can be inside, outside, in taste, smell, sound, or even in concept.

So this exhibition is about my personal record of praying and search for cathedral through my life.


大方 岳/ Okata Gaku  画家

https://gakuokata.wixsite.com/gakuokata

instagram: Gaku Okata(@gakuokata)


1997年大阪生まれ 北杜市育ち甲府在住 2018年から一年間西豪州で美術を学ぶ
2020年2月 第一回個展「EXHALE」
      同年 山梨学院大学国際リベラルアーツ学部(iCLA) 卒業
2021年 5月  第二回個展「LONELy-LOVELy」

2022年   第三回個展 「聖堂/Cathedoral」
作品のテーマは自認されない感情、性、孤独、不安、パニック障害

ToBe Koffee set on [Cathedoral]
「似顔絵と言うにはあまりにも絵画的な肖像画描きます」
ご参加下さった皆様ありがとうございました!!



 

いきものだものinスタジオ


いきものだもの

https://ikimonodamono.tumblr.com/

山梨県甲府市在住 スタジオアーティスト
2022年3月28,29日

やさしい・ゆるい・わかりやすいをモットーに
生き物を描くイラストレーター

↓ユニークなイラストを元にしたグッズ多数展開中↓

http://twitter@com/ikimonopd

【リアルサイズのどうぶつ画シリーズ】

いよいよ全貌を現したアニマルは?

いきものだもの さんとエアリーは昨年からのご縁、
風にたなびく巨大ヒグマをご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

今年は4/15(金)UTY 「スゴろく」生出演と作品紹介を控えての制作

いきもの全般を愛する甲府と静岡をベースに活動中の人気アーティス

お茶目なアーティストネームにも注目
いきもの『だもの』が伝えようとしていることは何かな〜と考えます。たかが語尾、されど語尾です。

今年のリアルサイズアニマルはヘラジカ🦌(ムース)
北米、アラスカ、北欧などで見られて背丈が2m以上にもなるそうです。

***いきものだもの TV出演情報***

4月15日(金)UTY夕方情報番組「スゴろく」

本作品紹介&ライブドローイングを披露

渋川アートリラ2022 in 伊香保

https://www.shibukawa-artrela.com/2022

開催期間:2022年 1月

会場:群馬県渋川市伊香保

参加作家:大方 岳、坂本 泉

4月3日 報告会@AIRY

         *予約制:メールまたはSNSダイレクトメールにて受け付け
            定員に達し次第締め切りとさせていただきます。


アートリラ2022 に参加して

これまでアーティストを受け入れてきた私たちが

逆の立場になってアーティストとして受け入れられる経験をしてきました

山梨から群馬へ 山から山へ

温泉の神さま伊香保でエアー

武田勝頼が傷ついた兵士を癒すために拓いた温泉という伝説

国内各地から7名の滞在アーティストたち

それをを支える渋川の若者たち

アートと地元の熱き人々との出会いのお話し会です。

会場:AIRY二階スタジオ
日程:4月3日(日)13:00開場  司会 金井優子   

13:30ー14:00 第一部 アーテイスト トーク 坂本泉、大方岳   

14:00ー14:30 休憩 〈Tobe Koffee〉from 伊香保           

14:30ー15:00 第二部 ゲスト トーク    

森下千恵(中之条ビエンナーレ事務局|地域おこし協力隊)   

長沼みき(渋川市観光振興|地域おこし協力隊)都留市出身           

佐藤万妃花(アートリラ事務局)オンライン参加予定


事前予約制:参加費:Tobe Koffee 1ドリンクオーダー
駐車場:近隣の駐車場をご使用ください


当日は受付での感染防止対策に、ご協力のほどお願い申し上げます。


渋川アートリラ参加のきっかけになった
2021年末「結フェス」甲府市愛宕町 結 主催による
寺子屋プロジェクト
<プラコレ@農道ランウェイ>坂本 泉 & 結スーパーモデルズ



7名のアーティストが国内から招聘され
一旅館に一人が滞在して公開制作と展示を行うシステムでした
こちらは伊香保秀水園「ラウンジ浮雲」
まさに空中に浮かぶ絶景スタジオギャラリー
https://www.syusuien.com/

山梨から参加の大方岳と坂本泉


榛名富士と榛名湖 インスピレーションを刺激する神々しい自然

夜明けの伊香保温泉街から望む谷川岳方面


伊香保大階段から望む小野子山方面


地元の方にインタビューした「あなたの押し群馬風景を教えて」


「光の射す方へ」
谷川岳 妙義山 小野子山 榛名富士 (4点シリーズ 左から)
素材:紙、毛糸

 伊香保を囲む山々の雄大な冬景色、温泉から噴き出る蒸気。そこを行き交う人々の生活を思う。山からの冷たい風を感じ、雪を被る山並みの絶景に心が満たされる冬の喜び。そして先祖から代々語り継がれる自然に対する畏敬の念。古来、自然は芸術や文化の一部分であり、人間は自然の中で生かされてきた。この地で人と自然はどのように呼応し合ってきたのかを伊香保で過ごす間に観察したい。

 坂本の作品は、日々の生活者としての存在がいかに神秘的であるか見せてくれる。そこから得た気付きをスケッチ、オブジェ、インスタレーション、パフォーマンスなどで表現する。普段のごく当たり前の生活やそれを取り巻く出来事の本質、素晴らしさ、そして幸福感を凝縮して視覚化してきた。今回は<紙と糸と針>を用いて、伊香保での生活から感じ取る<人と自然の呼応>に光をあてる。それは今年こそ長いトンネルを抜けて、光の射す方へ歩みを進めたいという新しい年の希望である。

プラコレ@いかほ石段街 photo: 丹澤由棋

圧倒的存在感を誇る温泉街旅館群を背景に明け方の月と共に


クロージングイベント
プラコレ@いかほ温泉街ランウェイ
渋川ミュージカルメンバー3名のいかほスーパーモデルズと共に


訪問した榛名湖のイメージをさっそく表現する大方
@ホテル松本楼 会議室

大方岳 「Scenes」@ホテル松本楼
伊香保の人々の歴史と人々をテーマにした壁画を制作した
左手前の布や絵の具を使い来場者も参加できるかたち


大方岳によるプレゼン最後は「アートの価値」(引用:南條史生)について

今回の伊香保滞在や中之条ビエンナーレ、シロオニスタジオ訪問での学びを披露


ゲストスピーカー:長沼みき( 観光発信 渋川市地域おこし協力隊)
森下千恵(中之条ビエンナーレ事務局 中之条市同協力隊)
コーヒー:Tobe Koffee (伊香保温泉 秀水園)
司会:金井優子

Inside-Out Needles

Izumi Sakamoto solo show @八ガ岳イグレク

2021.08.07-23 sat,sun,mon オープン

ギャラリーイグレク正面
木陰のサインボード
春(ミレー)
糸杉 (ゴッホ)
アルプス雪解け
ブルー八ヶ岳
シルエット(モノクローム)
馬鈴薯を食べる人々(ゴッホ) 黄色い椅子(ゴッホ) 編み物をする娘(セガンティーニ) 

DECONSTRUCTION 壊す∞創る

Nagasawa Tetsuo x Takahashi Tatsuo

長沢哲夫 ✕ 髙橋辰雄 てっちゃんxたっちゃん二人展

DECONSTRUCTION 壊す∞創る

●2021年9月4日(土)~11日(土)11:30-17:00

休みなし

●Artist In Residence Yamanashi [AIRY] 2F Gallery

〒400-0031 山梨県甲府市丸の内 2-37-2

●問い合わせ 080-3252-4620(長沢)090-3142-0565 (髙橋)

作家紹介:

髙橋辰雄 Takahashi Tatsuo

1952年 甲府市生まれ 甲府一高時代は大学紛争さなかの混乱の渦中だった。山梨大学工学部でコンピューター科学と数学を学び卒業後、Bゼミschoolや新日本文学会に学んだ。美術のプラクシス展を主宰、美術家/文筆家として活躍している。今回は既存のポスターなどを別物にリメイクした作品を展示する。

TAKAHASHI Tatsuo

長沢哲夫 Nagasawa Tetsuo

1980年 南アルプス市生まれ 峡南高校時代にDJ、 アーティスト活動を始める。やがて即興的なグラフィティで多くの作品を制作、破壊と再生を繰り返すユニークな作品を残している。今回は木製パネルにペン描きしたものを細かくカット、さらに塗り重ねて無限に繰り返す作品を展示する。

NAGASAWA Tetsuo

*ご来場の際は二人の作家電話連絡先どちらか(上記)へご来場の日時と人数をお申し込みください。ご入場の際は感染症予防のためマスク着用と手指の消毒をお願いいたします

山梨日日新聞で紹介されました