Cheong Hoi I/Macau

CHEONG Hoi I

Macau

www.melcheong.com

Mokuhanga, Painting, Papermaking, Handcrafts

residency March 2018

/

チェオング・ホイ

マカオ

木版画、絵画、紙すき、手工芸

2018年3月滞在

People are special individuals, but capitalism created a nihilistic worldview that only money exists. By participating in this social game, people gradually lose their humane instinct as in pursuing the true happiness in life – making a society that goes in a repeated loop without any breakthrough. Thus, it is important to understand oneself.

One can achieve the results from learning and comparing with each other, with people in the history who laid down ideas and visions through art and culture. Through art revelation – the process of appreciation, expression and dissection, Cheong found her way to understand herself and exchanging her ideas and visions with people who shares the same moment she does.

These ideas set up as a base for us to make a better and sophisticated self. Cheong’s pursuit in questioning the moment allows her to continue in exploring the relationship between herself and her art.

人間とはそれぞれが特別な個人ですが、現代では資本主義により金の存在が大きく左右する虚無的な世界観が形成されました。 このソーシャルゲームに参加することで、人々は人生の真の幸福を追求する人道的な本能を徐々に失ってしまい、有効な突破口を見出すことなく社会生活は繰り返されます。 そこで自分自身を理解することが重要になってきます。

歴史と芸術と文化を通してアイデアやビジョンを掲げた人々と学び、比較して結果を達成することができます。 感謝、表現、解剖のプロセスであるアートの啓示を通して、作家は自分自身を理解し、同じ瞬間を共有している人たちとアイデアやビジョンを交換する方法を見つけました。

これらのアイデアは、私たちがより良く洗練された自己を作るための基盤として設立されました。 彼女の瞬間に疑問を抱く作家の追求は、彼女とその芸術との関係を探求し続けることを可能にします。

Sandra Leandersson/Sweden

Sandra Leandersson

Sweden

sandraleandersson.tumblr.com

Textile, photo, text, video

residency March 2018

/

サンドラ・リーンダーソン

スウェーデン

テキスタイル、著述、写真、ビデオ

2018年3月滞在

/

 

Central for the artistic practice is the existential wonder, sometimes trough
collecting material from nature, photo, collage, text but every so often trough
embroidery with beads and thread. I proceed from a color or a piece of fabric that is appealing at the moment and sketch forms that I want to embroider. Often it is abstract forms that I extract from my fantasy, it can be a feeling that wants to come out and get a place in the world. By using my imagination I feel the freedom to continue to materialize, explore and go beyond what I know. Other times I use forms that are very clear in what they symbolize. Incommon for both approaches is the will to find a language to describe the subtleties, unsteadiness, joys and meanings -impossible to categories – that are the core in our being. Playfulness is an important component and the color scheme has romantic references. The embroidery can be flat but also applied on a 3-dimensional form. In size they varies from 10×10 cm –
1×1 m. To embroider is a structure for me to act within that also have endless
possibilities and in this overwhelming world I’m experiencing that to embroider gives sense to slowness.
During my stay at AIRY I want to sketch on embroideries that are more rich in content, use layers and different textures and use the circle form as a background.

Julia White/Australia

Julia White

Australia

www.juliawhite.org

painting, drawing, sculpture, installation

residency Mrach 2018

/

ジュリア・ホワイト

オーストラリア

絵画、素描、彫刻、インスタレーション

2018年3月滞在

/

I have made four short journeys to Japan in 2007, 2011, 2014 and 2015 and each time I have been exceptionally inspired and made work based on my experience.  I resolved I would try to learn the language and return for a longer period to make work.  I am interested in Chinese and Japanese historical painting and drawing and the presence of qi in ones’ work.  I am interested in the relationship between nature and people, the way we disperse ourselves in space and place, the way place and people inform one another.  I am hopeful I can come to Japan to make work rather than travel as a tourist.

作家は2007年から2015年までの間に4度の短期の旅行で日本を訪れた。その度に非常に刺激を受け、その経験をもとに制作を行ったことから、日本語を学びより長い期間滞在して制作活動を行うことを決心した。作家は中国や日本の歴史画とその中の「気」の存在に関心を抱いている。自然と人との関係、空間や環境の中に自分自身を散り散りに溶け込ませる方法、環境と人々が互いにコンタクトを取り合う方法について知りたい。Translation : Mina Ino

 

2018年度インターン募集について

2018年度インターン募集について

 来年度もAIRYでは下記の通り新年度のインターンを募集します。AIRYは2005年から約13年間に渡り甲府市を拠点に、アーティストに滞在制作の機会を提供するアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を展開しています。年間を通して海外作家が滞在しワークショップや展覧会を開催して、市民との交流をすすめる文化発信拠点です。

 

海外アーティストの生活や制作のサポート

英語のブラッシュアップに役立つ!

アーティストと友達になれる!

アート業務に興味あるあなたの応募をお待ちしています

*待遇:インターンの報酬は無償

 

[主な業務]

・アーティストのリサーチ、制作、展示を補助することでAIRの作家補助業務を学ぶ。

・ワークショップや学校訪問を補助することでAIRの教育普及業務を学ぶ。

・チラシ作りや配布、サイト運営など広報を補助することでAIRの広報活動業務を学ぶ。

[対象者]

・高校生、短大生、大学生または大学院生

・アートやアーティストの活動に興味がありAIRの運営を学びたい方

・アーティストと英語での簡単なやり取りが可能な方

[募集条件]

・募集人員 若干名

・期間 2018年4 月~ 2019年3月

・日時例 毎月最終土日曜日の展覧会補助と会場当番 など

[応募締切]

2018年2月28日(水)までに応募の意思があることをメールでお知らせください。

その上で面接の日時を設定いたします。

見学や相談も可能です、お気軽に連絡をください。

件名「インターン募集について」 airy✩air-y.net  ✩→@

 

 

 

 

Chiang Mai- art study tour

Chiang Mai – art study tour

January 2018

チェンマイ・アート研修の旅

ー世界から注目を集める東南アジアのアートシーンを訪ねてー

ホテルの窓から

 まずチェンマイのロケーションはバンコクから北へ750km、バス便・列車便もあるけど今回は短い日程なので飛行機を選んで1時間ちょっとの移動。こじんまりしたローカル空港から旧市街地へは近い、乗合バスで移動しました。お濠と城壁跡で区切られた2㎞四方のエリアが旧市街で、14~15世紀ころ建てられたの沢山の寺院があります。お寺と現地の人々、観光客とホテル、食堂、屋台などが混然と存在して、その合間を縫うように自転車、バイク、車が飛ばします。この辺りはかなり観光化されて夜も賑わいを見せますが、宿泊したホテルは旧市街地を北へ少し進んだ住宅街にあったので、静かで窓からはビルマ側の山並みも見渡せて快適でした。

/

▽チェンマイ国立博物館▽

市街地の西北にあってソンテウ(乗合タクシー)で10分くらい。タイ北部一帯を治めラーンナー王朝の古都だったチェンマイらしく、文化財や美術品がゆったりと展示されている。

/

▽MAIIAM Contemporary Museum▽

http://www.maiiam.com/

個人コレクターが母体で2016年にオープンした新しい現代美術館、主にアジアの作家の作品を扱っている。タイ作家作品も多数収蔵。

市街地から東へタクシーで30分、旧工場をモダンなモザイクミラーファサードを持つ二階建ての美術館に改装。タイ郊外の風景の中で際立つ外観がひときわ美しい。

現在は特別展「PATANI SEMANA」を開催中

東南アジアをベースにする27名の選出作家は、世界とローカルに関する問題に携わり、各世代がさまざまな視点と方法論で迫っている。第一回特別展はチェンマイを本拠地に活動するアビチャッポン監督だったそう。

現在世界から注目を集める東南アジアのアートシーンは、ミュージアム・ショップとカフェも素晴らしく、ショップの蔵書コーナーが充実していました。

外へ出ると、数名のダンスチームがミラーファサードをバックにエントランスで実験的なパフォーマンスの収録中。まるで一幅の映画を観ているような錯覚を覚えましたね!

/

▽Ne’-Na Contemporary Art Space▽

-the annex site in Mae Rim-

www.nena-artspace.com/

1998年タイとスウェーデンのアーティストグループにより設立された歴史あるレジデンス。設立と運営は今回訪ねたシュキットさん。チェンマイ市街地( Monfai)と市街地から北西へ30分ほど車で走った山裾( the annex site in Mae Rim)二か所にレジデンスを構えて、作家の生活と制作のスタイルにより選べる。両施設ともタイ山岳民族の住居を移築して利用、結婚式や映画の撮影にもよく使われるそうです。お城のような広々した居住空間でタイの伝統料理を食べながら、リラックスした滞在ができそう。展示場所はお蔵を利用したギャラリーもあるし、屋外の至るところに作品設置する十分なスペースがあります。リゾート+アートを求める方には最高、訪問した時にはヨーロッパの作家が、竹を用いた大きな立体作品を制作中でした。

今回 Ne’-Na Contemporary Art Spaceは遊工房主催の「マイクロ・レジデンス・ネットワーク」Micro Residence Networkがご縁で事前に予約して訪問することができました。 http://microresidence.net/about-mrn/

 

/

▽ACS –Asian Culture Station

http://www.cac-art.info/

Asian Culture Stationは、文化芸術を通してタイと日本、そして他のアジア諸国との相互理解を促進する市民交流スペース。2016年8月日本の国際交流基金アジアセンター事業の一環として開設され、現地の協力機関である「チェンマイ・アート・カンバセーションCAC(Chiang Mai Art Conversationと共に、 アーティスト同士のコラボレーションやアジアをテーマとしたアートイベントなどを開催しています。

(JAPAN FOUNDATION ページより)

訪問した土曜日午後はちょうど、国際交流基金スタッフと建築家グループが日本から来ていて、タイのアーティストたちとのミニ・トークの最終部分に間に合いました。AIとアート、機械の仕事と人間技というような内容でしたが、タイの作家リクリット・トラバーニャもトークに参加していて、ああこんな真近で~と驚きました!

http://www.cac-art.info/events/other-activities/activity/155/

photo: ACS –Asian Culture Station

チェンマイではアート中心の短い研修でしたが、建物・食事・民間信仰などすべてが新鮮で興味深い時間でした。予備知識として「バンコクより涼しい」「アピチャッポンの本拠地」「カフェ文化が盛ん」くらいしかなく、ほとんど手現地入りしてから情報を得て動きました。さほど大きくないチェンマイという街にいろいろなアート施設・団体、カフェなどが有機的に活動をしていて、大学や企業も協力的です(この項トップのChiang Mai Art Mapはジム・トンプソン社の協力で作られている)。タイ王朝時代の歴史と若い作家たちのパワーが相まって大きなエネルギーを生み出します。

例えば公共交通機関がないので、移動はもっぱら乗合タクシーをつかまえて行き先と値段を交渉します。街の食堂や市場は賑わいを見せて、おいしい作り立てを安価で食べることができます。現在世界から注目を集めるアートシーンは、活気ある日常生活から生まれていました。どんな社会をつくりたいのかどんな生活をしたいのか、市民が自ら考えて実践しているそんな土壌が豊かな文化活動を支えているのです。

近年でいえばノマドワーカーに大人気、wifiカフェで仕事する人多数

新しいアートスペースが次々と生まれている様子、目が離せません!!!

そして、やっぱりアジアは面白い!!!と感じたチェンマイ・アート研修

現地でマッサージと料理修行中の根岸みおさん、ネナ・コンテンポラリー・アート・スペースのディレクターのシュキットさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました!

Thank you for the guide of guide/advice for Mio Negishi and Shukit Panmongkol.

*その他訪問先

Chiang Mai Art on Paper(版画工房)  http://www.chiangmaiartonpaper.com/

Gallery Seescape (カフェギャラリー)http://www.cac-art.info/spaces/gallery-seescape-1/

Jojo KOBE (ギャラリー)https://www.jojokobe.com/

日本から参加者:小澤優美(左)坂本 泉(中)

現地在住協力者:Shukit Panmongkol, 根岸みお(右)

Danika van Kaathoven/Netherlands

Danika van Kaathoven

Netherlands

www.danikavankaathoven.com

product design, image making

residency February 2018

/

ダニカ・ヴァン・カートヴェン

オランダ

プロダクト・デザイン、イメージ・メイキング

2018年2月滞在

/

I graduated from the Product Design department of ArtEZ University of the Arts in Arnhem, the Netherlands. I have a fascination for storytelling, poetry and the interplay between words and objects. In my work I dive into the world of everyday objects and observe and play with their ‘’rules’’ and interpretations. For me, it is all about exploring the amazing potential of the ordinary objects we surround ourselves by and finding new shapes and silhouettes that are hidden in our daily lives.

In June 2017, I graduated with THE WALLS WERE COVERED WITH CUT-OUTS, a project where I studied the idea of positive and negative space through the paper cut-out. Cutting paper with a pair of scissors became my starting point to experiment with shape in a direct and intuitive way. I explored the intentionally cut form and the residual form (‘’rest form’’) that simultaneously appeared. Rest form does not mean waste. I consider both parts of the cut-out, its positive and negative shape – the form and the rest form – as equally valuable. There is an interaction between the two where they influence each other. I was fascinated by the poetic simplicity of the cut-out and the amazing beauty and potential I saw in the forms that appeared while cutting in old newspapers, magazines and advertisements. The cut-out became my platform to play with the perception of the ordinary.
With the poetic simplicity of the cut-out and this idea of form and rest form in mind, I started my dynamic design process: by combining the cutting technique with other simple methods, such as folding and pasting, I constantly transformed the shapes, creating an evolutionary chain of new forms while keeping an eye on both form and rest form. It resulted in a broad collection consisting of scarves, chair covers and paper collages, which show my love for playing with shapes and silhouettes.

During this Artist in Residence, I will continue to develop my graduation project and work on a new series of form and rest form. I want to dive into the Japanese daily life and zoom in on the objects that play a part in it. I plan on analyzing these everyday objects and their silhouettes using the idea of form and rest form. Through its objects, I want to learn more about Japanese culture and explore the shapes and silhouettes that are hidden in Japan’s daily life.

作家はオランダのアーネムにあるArtEZ芸術大学プロダクトデザイン学科を卒業し、物語を話すことや詩、言葉と物体の間の相互作用について強い興味を持っている。日常的にある物体の世界へ飛び込み、観察して彼らの「ルール」や解釈に従って戯れる。作家にとってそれは私たちが自らを囲っているありふれた物体の素晴らしい可能性を探り、日常に隠されている新しい形や輪郭を探すことためである。

大学卒業時の紙の切り抜きによるポジティブ・ネガティブスペースのアイディアを研究した「THE WALLS WERE COVERED WITH CUT-OUTS ー 切り抜きで覆われた壁」というプロジェクトは直接的で直観的な方法という形を試みる原点となった。意図的に切り抜かれた形と同時に現れるそれ以外に残った紙の形を探求した。その切り残しは単なるゴミというわけではなく、そのポジティブかつネガティブな形ー意図的に切り抜かれた形と切り残しの形ーの両方が同じように価値のあるものだと考えている。互いに影響を及ぼしあうその2つの間にはある相互作用がある。古い新聞紙や雑誌、広告を切り抜いていた時に現れた様々な形の中にみたその詩的な単純さと素晴らしい美しさと可能性に魅了され、作家にとって切り抜きは日常の知覚と戯れる土台となった。

切り抜きの詩的な単純さと切り抜かれた形と切り残しについてのアイディアからダイナミックな設計プロセスが始まった。紙を切るという技術を折る、貼るなどといったシンプルな方法と組み合わせ、意図的に切り抜いている形と切り残しになる形の両方に着目しながら徐々に現れる新しい形の連鎖を作り出して常に形状を変化させた。スカーフや椅子のカバー、紙のコラージュからなる彼女の作品は形やシルエットと戯れることへの彼女の愛を示している。

AIRYに滞在する間、このプロジェクトを続け、切り抜きと切り残しの新しいシリーズに取り組む。作家は日本の日常生活に飛び込み、そこに溶け込んでいる物をクローズアップしてその形やシルエットを分析して、新しいシリーズに反映させる。それらを通して日本文化を知り、日常生活に隠された形やシルエットを探求したい。Translation: Ino Mina

/

(re)semblance

A playful analysis of daily life in Kofu, Japan

/

タイトル:(re)semblance/ありふれた甲府でのひらめき

会期:2018年2月24(土)25(日)11:00-18:00

*オープニング24(土)16:00-18:00

アーティスト・トーク(通訳:岸本華子)

ライブ演奏(投げ銭)予約不要

ジャンベ(天風)口笛(cosmo)ギター(サブロク)

会場:AIRY  400-0031 山梨県甲府市丸の内2-37-2  2F

opening 24th 16:00-18:00,

artist talk

live music: Djembe+whistle+guitar

 

(re)semblance is a series of photographs and collages, inspired by and taken from daily life in Kofu, Japan. It is a playful analysis of everyday settings that are very real and familiar, yet always combined with a slight twist of reality.

I treasure the poetic side of daily scenes and always look for different ways to interpret the things people see on a regular basis and the steps people might have taken a thousand times before, but perhaps not thinking more of it than being mere trivial encounters.

Throughout the simple method of collage-making, I give shape to my impressions of life in Kofu city and show the original silhouettes that are hidden in these Japanese daily scenes.

 

(re)semblanceは、作家が甲府での日常生活からインスピレーションを受けて撮影された一連の写真とコラージュのシリーズです。とてもリアルで親しみやすい日常のようすが遊び心で分析されていますが、現実のわずかな歪みと常に組み合わせられています。彼女は日々の生活で詩的なシーンを慈しみ、いつも人々が日常的に見ていることや以前に何千回も経験したことを解釈するためのさまざまな方法を探求します。シンプルなコラージュ作りを通して、作家の甲府での人生観を形作り、日本の日常シーンに隠れているオリジナルのシルエットを浮かび上がらせていると言えます。

 

Ritali Chione /Hong Kong

Ritali Chione

Hong Kong

lives and works in Barcelona

https://www.facebook.com/ritalichione/

Paintings, illustrations, multimedia

residency February-March 2018

/

リタリー・チオーネ

香港

絵画、イラスト、マルチメディア

2018年2-3月滞在

/

As a realistic portrait painter my primary concern would be the aesthetic of my artwork. Besides the aesthetic, I always contemplate what should be the relationship between artist, object (the sitter in case of portraits painter) and the art viewers.  Art should be an interaction, a dialogue, an exchange of ideas. Traditionally portraits were often commissioned by the rich and powerful while the painter would need to please their clients. Or the painters would pay the sitter to pose for them and serve as a silence object. I would like my sitters to tell their stories and the resulted artwork would be a collaboration.

My proposed project for the residency would be “Everybody has a story”

We are like stories. We are constantly telling and hearing stories. My artwork would be a series of portraits of local residents or illustrations inspired by the residents’ stories. The participants should be non professionals (not writers, filmmakers nor bloggers).  The aim is to give people who would not normally involve in creative process a chance to tell their stories to the world. The stories can be personal histories or entirely fictional. The artist will act as the editor and the producer. At the exhibition an except of the story will be presented alongside each painting. The full audio stories will be available online.

作家にとってリアルな肖像画家としての主な関心は作品の美学にある。それ以外では、常に自分と対象物(肖像画家の場合はモデル)とアートを観る人との間の関係はどうあるべきかについて深く考えている。作家にとって芸術は相互に働く対話やアイディアの交換である。

伝統的にポートレイトはしばし裕福であったり権力を持つ人々に依頼されて描かれていた。画家は顧客たちを喜ばせる必要があった。さもなければ画家は椅子にかけたモデルがポーズをするのにお金を払い、彼らは静物を務めていたものだ。

作家はモデルになる人たちの彼らの物語を聞いて作品とコラボレーションする。人は絶えず何かしらの物語を話したり聞いたりしているし、私たち自身も物語のようなものなのだ。作家はこのレジデンシープログラムにおいて”誰もにでも物語がある” というプロジェクトを提案している。地域の人々のポートレイトや彼らの物語からインスピレーションを受けたイラストのシリーズを制作する。対象はライターや映像作家、ブロガーのような専門的な人ではない方がいい。普段の生活で創作活動とは無関係であろう人々に彼らの持つ物語を世界中に伝える機会を与えることがねらいだ。その人の歴史でも完璧な作り話でもよい。作家は編集者やプロデューサーのような役割をし、物語の一部を抜粋してそれぞれの絵と合わせて展示をする。また話してもらった物語の音声記録の全てをオンライン上で視聴可能にするつもりだ。

Translation: Ino Mina

 

COLOR / VIBU

COLOR

VIBU/The University of Yamanashi

~山梨大学美術部の個性豊かな5名による~

Otsuka Sakata Herly Nicolas

鈴木夏美/ Natsumi Suzuki

戸塚 敬/Kei Totsuka

服部稜史/Ryoji Hattori

樋口真冬/Mafuyu Higuchi

(50音順)

/

2018. Jan 20(sat) 11:00-18:00

21(sun) 11:00-17:00

/

<meet the artist>

滞在作家と大学生の出会い

Residency artist Kei Ota x VIBU  workshop 13:00-15:00

「地上絵で塗りつぶせ」

(以下に詳細あり)

/

WS『地上絵で塗りつぶせ』講師紹介と内容

Kei Ota / 太田恵以 residency artist Sep-Oct 2107

2013年大学卒業以来アーティスト活動を続けながら、ニューヨークシティーにあるクイーンズミュージアムや数々の小学校・中学校でアート・エジュケーターとして働いていました。そして美術館へ来る家族連れや一般のお客さんが誰でも参加できるアートのワークショップを考え続けてきました。ニューヨークでの経験を元に日本でも生活の中でアートとの触れ合いの機会を作っていきたいと思っています。

Since graduating with my BFA in 2013, I have pursued working in NYC as an art educator in Queens Museum and various public schools while maintaining my studio practice. My experience in art museums have pushed me to think of different ways of engagement for families and visitors with no background in art. Utilizing my work history, I would like to create more spaces and situations in which people in Japan can experience and interact with art every day.

毛糸など身近な素材と想像力を使って空間をちょっと変えてみませんか?

私は2015年と16年にニューヨークシティーのクイーンズミュージアムとモマ(Museum of Modern Art/ミュージアム・オヴ・モダン・アート)でこのワークショップを指導しました。今回の展示会『COLOR』というテーマを考えながら、AIRYとVIBUは街の人々とコラボとします。絵の経験や自信がない人でも参加できるアートの「楽しみ」を一緒に体験しましょう。約2時間の内容です。

Using an everyday material such as yarn and participants’ imagination to transform a space, this yarn activity has been facilitated at Queens Museum and MoMA in New York City. While focusing on the theme of “COLOR” in this exhibition, AIRY and VIBU invite the community of Kofu to participate as no prior art experience is needed for this activity.

毛糸など身近な素材と想像力を使って空間をちょっと変えてみませんか?

私は2015年と16年にニューヨークシティーのクイーンズミュージアムとモマ(Museum of Modern Art/ミュージアム・オヴ・モダン・アート)でこのワークショップを指導しました。

今回の展示会『COLOR』というテーマを考えながら、AIRYとVIBUは街の人々とコラボとします。絵の経験や自信がない人でも参加できるアートの「楽しみ」を一緒に体験しましょう。約2時間の内容です。

Using an everyday material such as yarn and participants’ imagination to transform a space, this yarn activity has been facilitated at Queens Museum and MoMA in New York City. While focusing on the theme of “COLOR” in this exhibition, AIRY and VIBU invite the community of Kofu to participate as no prior art experience is needed for this activity.

*参考映像

/

/

/

 作家&作品名

OTSUKA SAKATA HERLY NICOLAS

工学部土木環境工学科3年

趣味:絵画、読書

常にマイペースで真面目に学生生活を送ってる外国人

「寂寥夜」OTSUKA SAKATA HERLY NICOLAS;水彩ロウ画用紙

「黄昏」OTSUKA SAKATA HERLY NICOLAS;水彩画用紙

 

鈴木夏美

工学部機械工学科3年

趣味:お絵描き、旅行、アニメ、漫画、天文学、軽いアウトドアなど

戦闘機と恐竜をこよなく愛す。多趣味すぎて忙しいのが悩み

「翡翠竜」ケント紙製図用インク(PILOT)ホワイト(Dr. Ph. Martin’s)水彩絵の具アイシャドウラメアラビックヤマト

 

戸塚 敬

医工農学総合教育部コンピュータ理工学専攻修士1年

デッサン好きのハッピーボーイ

「幸せ⇔誘導起電力」鉛筆、画用紙

START」鉛筆、画用紙

 「大人」鉛筆、ケント紙

 

服部稜史

工学部土木環境工学科3年

趣味お酒お酒ゲーム遊ぶの大好き、美術部副部長

「せい」アクリル画用紙カラーダンボール

 

樋口真冬

教育人間科学部学校教育課程障害児教育コース3年

自ら社畜になったり貯蓄するのが大好きなごくごく普通の女子大生!

博物館めぐり(特に美術館、科学館)が趣味、美術部部長

「憂鬱」マスキングテープ、色鉛筆、サインペン、年賀状

「ツイッギー」マスキングテープ、サインペン、マジックペン、段ボール

「親友」マスキングテープ、色鉛筆、サインペン、シール

NEWS 2018-

2018. March 1st-31st  CHEONG Hoi I/Macau

Mel Cheong/Macau

2018. March 1st-31st  Sandra Leandersson/Sweden

Sandra Leandersson/Sweden

2018. March 1st-31st   Julia White/Australia

Julia White/Australia

2018 February /Open Call for Intern Students

2018年度インターン募集について

 

2018. January_Chiang Mai Art Study Tour/チェンマイの旅

Chiang Mai- art study tour

2018. February 1st- March 31st  Ritali Chione / HongKong

Ritali Chione /Hong Kong

2018. February 1st-28th   Danika van Kaathoven /Netherlands

Danika van Kaathoven/Netherlands

[COLOR] Yamanashi University Art Club “BIVU” group show

COLOR / VIBU

[ADDICTION] Mina Ino solo show

ADDICTION /Mina Ino 井野美奈

 

 

 

ADDICTION /Mina Ino 井野美奈

『ADDICTION』

Mina Ino /井野美奈

-English is below-

▼タイトル:『ADDICTION』

▼日時:2018. 1. 13. sat – 16.tue 12:00-18:00  ※13.satのみ 18:00-20:00

▼会場:Gallery AIRY

▼オープニング・パーティー : 13. sat 18:00-20:00 (500円)

ジェレミー(NYのイタリア系アメリカ人シェフ)ポップアップフード予定

(詳細決まり次第アナウウンス予定)

▼作家:井野美奈 / Mina Ino 写真・映像・インスタレーション

2017年度AIRYインターン

2017 年夏スイス・バーゼルで行われた 現代美術の祭典「CAMP BASEL Revisited」にて初めて展示参加。 主に「旅」が制作のアイディアや糧になっている。AIRYでアーティストを 「受け入れる側」としての活動と彼らとの交流からも多くのインスピレーションを得ている。

旅に出たいという強い衝動に駆られる時、頭の中はいつも見知らぬ土地で感じる街や 人々の中に溶けていく言いようもない強い快感と高揚感の記憶で満たされています。 旅を終えて日常に戻ると、しばらくの間その余韻に浸りますが、変わらない日常に新しい発見が あり、以前に比べて日に日に輝きを増していくように見えます。しかし、ある時突然にあの言いようもない快感と高揚感が戻ってきて、安定と調和の日常に不協和音のように黒い影を落とし始めるのです。目の前が色褪せてゆくのがわかります。 何度も頭の中で記憶の中にトリップするうちに、その快感と高揚感だけを残して他の記憶は断片的なものになっていきます。あの旅は果たして現実だったのか、それともひどく現実に似た夢であったのか。混沌の中に立っているような気分に包まれますが、そこではよりはっきりとあの不協和音が聞こえるのです。 それはどうしても無視することのできない、どうしても行かなくてはならないという合図なのです。その音に従い、私は何度か旅に出ました。 私の作品の中には、あの快感と高揚感への渇望のように極度の幸福感と不快感を与え得るようなものへのや新しいものや奇妙なものに出会った時の興奮や歓喜が存在しています。それから、常に孤独、焦燥、戸惑い、虚無感、退屈、時に怒りや絶望、もしくは死の匂いも同時にそこにあります。 写真を撮る行為と旅は、シンプルに自分の内面やそのような多くの感情に対して偽ることなく対峙できるという点で非常に似ていて、とても内向的で引っ込み思案な私によく合っています。

▼主催:Artist In Residency Yamanashi[AIRY]

▼協力:愛ラボ写真工房、アート談話室

 

Mina Ino: Photography, film, installation

I’m joining to internship program at AIRY since last April and participated in group exhibition CAMPBASEL that was held in Basel, Switzerland last summer. It was my first step as an artist. Mostly my source of ideas and concepts for creating is journey, It also bring me much inspirations that my experiences as one of hosts and a lot of activities with artists who came around the world. When I feel a powerful urge to go traveling somewhere, my head is full with the memories of ineffable ecstasy and elation that I’ve felt like I was blending into a strange land during my journey.  After going back to my usual lifestyle, I bask in the afterglow of my journey for a while. And I can find something new or interesting my daily life that is unchanged before. It seems to have been getting brighter than before day by day. However suddenly the ineffable ecstasy and elation come back to my mind, and start to encroach on the stable and harmonious days with black shadows as if it hits a sour note. The colors of life fade gradually. As I tripped on the memories of the ecstasy and elation many time, other parts of memories of my journey become in fragments and foggy. Was my journey reality or a dream that is similar to reality? I feel like I’m standing in a chaotic condition but I can feel that discord clearer somehow. It’s the signal to go traveling. I definitely cannot ignore. And then I started on a journey many times. I think there are things that can makes me both extremely happy or uncomfortable, like my desire to the addictive ecstasy and elation on a journey, and joys and excitements I feel when I find something new or wired in my work. Then there are always loneliness, impatience, empty feeling, confusion and boredom, sometimes anger, disappear or premonitions of death as well. Especially in photography, I strongly sympathize with objects. Actually traveling and photography are very similar in that I can simply face myself and also such much emotions without pretensions. I’m very introverted and a little shy, so I think they are both perfectly suitable for me.

/

井野美奈/Ino Mina  写真、旅

1994  群馬県生まれ

2017- AIRY学生インターンとしてアーティストの滞在や制作のサポート、撮影などを行う

2017.o6  CAMPBASEL@Basel Switzerlandに参加、これが初めての展示となった

2017.08  「アート談話室」@寺崎コーヒー甲府にてスピーカーをつとめる。同時に写真展示を行う

2017.10  「flowing out」@竹の湯甲府にて記録写真担当

2018.01  「ADDICTION」@AIRY 初個展

*世界への旅多数

Mina Ino was born in Gunma Prefecture in 1994. Currently acquiring teacher license at communication college. From this fiscal year as an AIRY intern, she supports artists’ stay, creation support, photography etc. She also joined CAMPBASEL as an artist. This was the first creation and exhibition.

/

https://www.facebook.com/bbb.inomina

https://www.instagram.com/inominanodaibouken/?hl=ja

https://inomina.tumblr.com/post/166950550039

/

▼オープニング・パーティー : 13. sat 18:00-20:00 (500円)

ジェレミー(NYのイタリア系アメリカ人シェフ)ポップアップフード

ニューヨークからやってきたジェレミーは去年の11月に、作家は2年前に東南アジアを1ヶ月旅したという似た経験を持っています。今回は、オープニンングパーティーとして二人の間にあるその共通の経験をベースにジェレミーがフードを担当します。


ジェレミー・ヴェラルリー(1986年生まれ)

イタリア料理やスペイン料理の経験を持つニューヨーク出身のシェフ。去年から日本の文化と調理を学ぶためにニューヨークを離れて来日している。彼の初の割烹料理の研修が今月始まる。

Jeremy Velardi (b. 1986) is a native New Yorker with a background in Italian and Spanish cuisine. Recently he left the NYC restaurant scene to gain inspiration and fully immerse himself in Japanese cuisine and culture. Beginning this month he will begin his first culinary apprenticeship in Osaka.

/

/

感想コメント:

堀切春水(キュレーター、アート談話室)

「時系列も地域もとっぱらって無造作に並べられた旅の写真たち。人間の記憶って、意外と突拍子もないところに飛んでいったり繋がったり、これこそが彼女の頭や目や身体が覚えてる本当の記憶なのかもしれない。好奇心がシャッターを押してる、彼女がいつものあの笑顔でカメラを向けたであろう対象たちが愛おしく感じる。
シェフ ジェレミーによるセビーチェは一口食べるとごとに味が変わる。
たくさんのこどもたちもいて、ロジ寺崎さんの差し入れのレモンビスケットや、アーティスト夫婦の差し入れのドーナツに群がっていたり、展示の一部として置いてあり、来場者が好きに撮影してよい写ルンですを一生懸命にいじったり。
ミナちゃんの周りに集まる人の豊かさを感じた豊かな夜でした。」

 

石垣純子(mountain bookcase)

「他者の目を通して記録された旅の写真を見るのが好きです。その人がみた世界。出会った人。お互いがその瞬間だけすれ違って、交差した時間が写真を通してとどまっている。
それはなんだかとてもドラマチックだなぁと思うのです。

これは友人の記念すべき最初の写真展です。1/16(火)まで、本人が毎日在廊しているので、写真をみながら旅の話をしてみたら、自分もどこかへ行った気持ちになったり、旅に出たくなるかもしれません。」

 

中楯 純(LFB)

「混在のアジア、旅、中毒。ジェレミーの料理もこれまた混在の味。美味かったなあ!

どこの国か境目なく移り変わる写真と映像は新鮮な感覚だったので見入りました。国境とはなんぞや、と考えさせてもくれたり。まだ自分の中でまとまってなく、まとめなくてもいいいような、、刺激的な展示でした!またゆっくりとね。祝大盛況」