EunJi Sung / Korea

EunJi Sung

Korea

Choreograph, Visual art, Film make

Residency April 2019

/

ウンジュ・サング 

韓国

振付、視覚芸術、映像

2019年4月滞在


The work takes place across and beyond the stage, screen, canvas, and studio with various mediums; and makes use of entanglement of personal, professional and performance identity. Working as a choreographer and a member of visual art team OKI, EunJi employs her dance background and her perspective towards visual art and film is confronting the very notion of media art, dancing and performance. Curious about visible/invisible space and movements of a medium on it, the artistic direction of her projects goes beyond limitations of space and the definition and effects of movements.

One of her visual art/dance exhibition Lost you for a sec addresses the implicit politics that underlies their friendship: the border restrictions that prohibit them from living together, and the technological means through which they can continue to engage and support one another. Since the end of 2017, this practice has been grounded in fortnightly skype sessions in which the three meet: a sprawling, playful period of empty time – of stupid jokes, collective moaning, and technological stutters – through which they experiment with the performance and materiality of digital communications.

作家の作品は様々な媒体を用いて、舞台・映像・キャンバス・スタジオを交錯し飛び越える。個人としての存在、プロとしての自分、パフォーマーとしての自分の存在のもつれをヒントに制作する。振付師として、視覚芸術的チーム「OKI」のメンバーとして、自分のダンスの背景を使い視覚芸術と映画への見方はそのアート・ダンス・パフォーマンスに対峙する。見える見えない空間とその空間の中でも動く媒体に好奇心を持ち、作品の方向性は空間の持つ限界と動きの定義と効果を超える。

彼女が作った「 君を一瞬失った/一瞬消えた」というダンス・ビジュアルアート/視覚芸術コンセプト。暗黙の了解の上に成り立っている友情を取り上げ、渡航制限で一緒に住むことも出来ないためにテクノロジーにより互いに関わり合い、支え続けていることに向き合っている。2017年末以来、隔週で3人で気軽に話したり、戯言や文句を言ったり、科学技術を失敗したりする、半分遊んでいる無秩序なビデオ会議を行うことにした。それを通してデジタルコミュニケーションに演技的可能性などがあるか実験している。

Translation: Olly Thwaite

Marit Shirin Carolasdotter/Sweden

Marit Shirin Carolasdotter

Sweden

www.dotraproductions.com

Performance, Dance, Video, Installation

Residency April 2019

/

マリット・シリン・カロラスドッター

スウェーデン

パフォーマンス、ダンス、ビデオ、インスタレーション

2019年4月滞在

Wandering on and on in a great forest without thought of return

As children we saw mysterious paths, did you wonder where they led to?

Nature designed as a readout to beyond and beyond through Japanese gardens and temples.

Yūgen幽玄

It remains there as a potentiality.

A nomad wander in coexistence with nature – meets another person from another world, yet realise that they have a lot in common. My project is a traveling, collaborative project where I merge Dance, Music and Visual art together into a unique eco-system of its own. Everywhere I travel I meet people who are moving or who wants to move, and the purpose of this art is not to ask why, but how?

By studying the soil where we are born out of, we can reconnect with our tactile senses. This powerful tool we have called body, has receptors that is rarely in contact with plants and earth. I believe we forget what it feels like to use our hands to trace nature.

I work with ‘Humans & Soil’ to create a community worldwide and I want to remind people about what we can learn from native cultures and their care-taking of land.

/

帰ることを考えずに広大な森をさまよい歩く

子供のころ神秘的な小道をみて、それがどこへ続くか考えた事がありますか

日本の庭や寺を通して限りなく読み取ることができる自然という概念

幽玄、可能性はそこには残されている

自然とともに存在する放浪者は他の世界からの人々に会う

しかし共通点が多い事に気づく

わたしのプロジェクトは旅しながらダンス・音楽・視覚芸術を合わせてユニークな生態系を協働で作ることです。どこに行ってもわたしは身体を動かしまたは動かしたい人達に会う。目標はなぜ動きたいかではなく、どうのように動かすか?私たちが生まれて来た土を観察することで、触覚を再確認することができる。この力強い身体という道具が、あまり植物と土に触れ合うことがない感覚器官になってきている。手を使って自然をなぞるようなことを忘れていると思う。わたしは世界的な共同体を作るために「人間と土」を扱い、先住民と彼らの人自然観を現代人に思い出させたいと考えます。

Translation: Olly Thwaite

ResArtis Kyoto Meeting 2019

「レザルティスミーティング2019京都」に参加して

レザルティスミーティング2019京都とは http://www.kac.or.jp/events/24316/

全大会

2月のある深夜に甲府駅を出発したバスは翌朝に京都駅に到着した。

少し雨が降った後らしく、しっとりした早朝の空気に迎えられて京都滞在がスタートした。前回の日本開催ミーティング(2012東京)は一参加者として気軽に、今回はマイクロレジデンス部会で短いプレゼンテーションが予定されているのでより主体的参加といえる。会場の京都芸術センターは元明倫小学校を改装して2000年に生まれた施設、二度目の訪問

マイクロレジデンス・ワークショップ 2/7

マイクロレジデンスとは


Waria Artbreak AIR 

5ヶ国/地域から9施設が発表

世界各地でユニークな活動を繰り広げるエアーの存在が興味深い。例えばフィンランド北部でラップランドの入口に位置するWaria Artbreak AIR 

太平洋ポリネシアのクック諸島からTe Arerenga

あえて辺境の地にスペースを構えて活動することでユニークで唯一無二な環境を滞在作家に提供している。人や資本が集まりやすい都会から目を移すことで、マイクロレジデンスの魅力が高まる。そう考えると山梨でも自然や農業を中心に据えたエアーがあったら良い。空き家はたくさんあるので、エアーをマネージメントできる人材が欲しい。

おも茶会  2/7

おも茶会待合

お茶席

歓迎の意味合いを持つ「おも茶会」

圧巻の文化力を感じさせる時間と空間

まず待ち合い(講堂)で目と耳、皮膚で現代アートを浴び

そのあと茶室(和室)に誘われてお茶をいただくという流れ

予備知識なく巻き込まれたので新鮮な驚きとともに時間と空間を楽しんだ。芸術センターの皆さんと多ジャンルのアーティスト、茶席ボランティアによる生き生きとした歓迎が嬉しい。彼ら自身も楽しんでおられたのがいい。

マイクロレジデンス・ミーティング 2/9 興聖寺

プレゼンテーション開始
まずは地理情報から

約10分でAIRYのプレゼンテーション

2回目なので少し慣れて来た。参加者は若い年代が多く、話していて手応えがあった。続く「滞在したい!運営したい!相談会」に多く訪ねてくれた。両者の割合はほぼ半々、両者ともAIRへの関心の高さがわかる。

NPO ANEWAL Gallery

西陣興聖寺の会場

二日間のセッションを現地主催した在京都NPO

といってもいわゆるギャラリー業務に止まらず

京町家の保存と改修、社会とアート・デザインの関わり方を探って実践

すでに何ヶ所かの物件を有機的に稼働させている。寺や区役所との協働もあり

多業種メンバーで構成されるこの組織から目が離せない。

宿泊「青春画廊」

青春画廊正面
ホステル内寝室

パラレールの作家が京町家を自ら改装して運営する宿

選ばれた作家の個展を開催中のギャラリーに泊まれるアートホステルとは

「作品展示してあるギャラリーに泊まる?」または「ホステル内がギャラリーになっている?」作品を見たい一般のお客さんはいつ来るのだろう・・? 実際泊まってわかったのは後者色が強いこと

作品展示は宿泊者のためにあり販売もされる。一般のお客さんはオープニングか予約で中に入れるシステムだと思う。運営者に会って詳細を聞きたかったが三泊するうちでは会えず残念。宿泊は快適で豊かな時間を過ごせた。すべて同じ作家の作品だったので統一感あり、心身を休めることができた。

最後に

山梨に住んでアートやエアーの場や人に触れることが少ない。

今回は優れた作品に引き込まれて感銘を受けた。

また各地で活動する人に会えたことがよかった。

地元で特徴あるマイクロレジデンスやアートスペースが生まれて、互いに協力しながらネットワークを築ければ面白い。

旅先でマイクロレジデンスを訪ねるのが楽しい。タイと国内で訪問した。

/

Participating in “ResArtis Meeting 2019 Kyoto”

The bus which left Kofu station late at night in February arrived at Kyoto station the next morning. It seems to have been raining a little. We were greeted with moist early morning air and stayed in Kyoto. At the previous Japan Meeting (2012 Tokyo) I attended as a participant. This time I was scheduled to do a short presentation at the Microresidence section. The Kyoto Art Center at the venue is a facility that was created in 2000 after renovating the former Merin Elementary School.  It was my second visit.

Microresidence Workshop 2/7

9 facilities participated from 5 countries / regions

AIR uniquely engages in activities around the world. For example, Waria Artbreak AIR located at the entrance of Lapland in northern Finland and Te Arerenga from the Cook Islands in Pacific Polynesia are daring to set up artist spaces in remote, natural locations. We can offer a unique environment for the artists. By inviting artists from urban areas to more rural, natural areas we can help broaden the perspectives of both invited artists and locals.  For this reason we would like to create more Microresidences in rural areas. Yamanashi prefecture would be an ideal place for a Microresidence because it is an agricultural region and is surrounded by wild natural landscapes. We have many vacant houses throughout the region which, with the help of art managers, could be transformed into artist residences.

“Tea ceremony Omocha” 2/7

“Tea ceremony Omocha” with a meaning of welcome

It was time to feel the rich power of Kyoto culture. As it was my first time attending this kind of tea ceremony, I was in for a pleasant surprise. First of all, I was exposed to contemporary art with all my senses in the waiting room (auditorium). After that, we were invited into the tea room (Japanese style room) to have tea. We were delighted with the enthusiastic welcome of the artists/staff of the art center,  multi-genre artists, and tea ceremony volunteers. They seemed to enjoyed themselves too.

Microresidence Meeting 2/9 Koseiji Temple

I did a 10 minute presentation about AIRY. It was my second time presenting so I was quite used to speaking about the topic. Participants were mostly young and I had a good response from them. Afterwards, during the consultation meeting, participants said: “I want to stay! We want to operate!”  There was a  feeling of excitement at the consultation. About half the participants were artists and the other half were art managers, both groups have a high interest in AIR.

NPO ANEWAL Gallery

This Kyoto nonprofit organization hosted a two-day session locally

Their work does not stop with traditional gallery duties. The gallery is also working on the preservation and refurbishment of the Kyomachiya, and operate initiatives that engage art with contemporary social issues in Kyoto. They manage several spaces related to these initiatives and to their gallery work. NPO ANEWAL gallery also collaborates with local temples, the ward office, and so on. Keep our eyes on this organization, which consists of multiple industry members.

Accommodation “Youth gallery”

Hayashi, an artist from Pararail group, restructured Kyomachiya himself and runs it as the Youth Gallery. Youth Gallery is a hostel which is also a gallery.  Hayashi invites artists to create work for a solo multi-month show in the hostel. “We stay in a gallery where works are exhibited?” or “We stay in hostel with a display?” The exhibition is exclusively for the guests of the hostel. I think that the general public can view the works at opening receptions for the shows or by appointment. I wanted to meet the owner and listen to details but unfortunately he wasn’t available while I was there. Accommodation was comfortable and I had a pleasant time. The works on display during my visit were all by one artist, so there was sense of unity throughout the hostel. I was able to rest both mind and body.

Finally

I live in Yamanashi and I don’t see very much art or many artists around town. I was impressed by the excellent art performances in Kyoto and it was also nice to have connected with  people working in their local art community. A Microresidence program in Yamanashi would help develop our local art community by creating more art spaces and creating a stronger arts network in the region. Visiting Microresidence throughout the world is fun.  I did several of them in Thailand and domestic Japan recently and they were very enriching experiences.

Translation: Sage Szkabarnicki-Stuart

/

京都芸術センター http://www.kac.or.jp/eng/mission/

京都芸術センターは、京都市、芸術家その他芸術に関する活動を行う者が連携し、京都市における芸術の総合的な振興を目指して2000年4月に開設されました。多様な芸術に関する活動を支援し、芸術に関する情報を広く発信するとともに、芸術を通じた市民と芸術家等の交流を図ることを目的としています。

京都芸術センターの特徴として以下の3つがあげられます。

   •                 ジャンルを問わない若い世代の芸術家の制作活動の支援

   •                 さまざまなメディアを用いた、芸術文化に関する情報の収集と発信

   •                 芸術家と市民あるいは芸術家相互の交流の促進

具体的な事業として、展覧会や茶会、伝統芸能、音楽、演劇、ダンスなどの舞台公演やさまざまなワークショップ、芸術家・芸術関係者の発掘、育成や伝統芸能の継承、創造を目指す先駆的な事業のほか、制作や練習の場である「制作室」の提供、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムでの国内外の芸術家の支援などを実施しています。このような活動をとおして、京都芸術センターは、新しい世紀の都市文化の創造拠点となることをめざしています。

Kyoto Art Center was established in April 2000 in a hope to promote arts in Kyoto in a comprehensive way by collaboration between the city of Kyoto, artists and other people related to art.
The center aims at supporting various artistic activities, providing information about arts, and promoting communication between the citizens and artists through arts.

Kyoto Art Center focuses on the following three points.

  •             To support young artists in their activities regardless of genre.

  •             To collect and disseminate information on arts and culture using various media.

  •             To promote communication between artists and citizens; and among artists.

Our activities include exhibitions, tea ceremonies, traditional stage performances, concerts, dance performances, and various kinds of workshops for training artists and other people related to art, hosting innovative projects for the conservation of traditional arts and creating new ones. We also provide artists from home and abroad studio spaces and “artist in residence program”. Through such services and activities, the center is hoping to become the focal point of the city culture in the new era.

Sage Szkabarnicki-Stuart/Canada

Sage Szkabarnicki-Stuart

Canada

https://sage.myportfolio.com/

photography, sculpture

Residency March, April,May 2019

/

セイジ シュカバニキ-スチュアート

カナダ

写真、彫刻

2019年3,4,5月滞在

Sage Szkabarnicki-Stuart’s photographs pull from familiar subject matter related to domestic spaces and subconscious memories. The photo series “I Think You Dropped Something” centrally questions what defines a place as ‘home.’

Artist’s photos are highly constructed, incorporating self-portraiture, performance and personal narrative to create images which communicate layers of meaning related to the artist’s past, familiar iconography, and surreal elements.

She is an award winning artist and has shown her work in numerous exhibitions including at the Toronto Outdoor Art Fair, at Art Toronto, and at the Propeller Gallery in Toronto.

She currently lives in Toronto, and became a Resident Artist at the Living Arts Centre in 2018 under the LAC’s Fellowship Program for recent graduates. Sage graduated from Concordia University’s Animation program, and is a self- taught photographer.

セイジ シュカバニキ・スチュアート の写真は、身近な空間や潜在意識の記憶に関連する馴染みの主題から引用しています。 写真シリーズ「私はあなたが何かを落としたと思います」は、場所を「家」と定義するものを中心に質問を投げかけます。

作品は自画像、パフォーマンス、そして個人的な物語を取り入れて構成されており、アーティストの過去、身近なイメージ、シュールな要素に関連する意味の重なりを伝えるものです。

また、彼女は受賞歴のあるアーティストです。トロント屋外アートフェア、アートトロント、トロントのプロペラギャラリーなど、数多くの展覧会で作品を発表しています。

現在はトロントに住み、最近の卒業生のためのLACのフェローシッププログラムで2018年にリビングアーツセンターのレジデントアーティストになりました。作家はコンコルディア大学のアニメーションプログラムを卒業し、写真は独学です。

/

“NariKiri Dream” Workshop

workshop:「ナリキリ・ドリーム写真を撮ろう」 NariKiri Dream
target:山梨県立あけぼの支援学校中等部生徒2名

Aklebono Shien Junior High School 2 students
workshop leader:セイジ シュカバニキ-スチュアート/カナダ

Sage Szkabarnicki-Stuart /Canada

date & time:2019年3月12日(火)10:00~12:00
venue:甲府市西公民館実習室NariKiri

Contents:
①なりたい自分をイメージする Imagine myself who I want to be
「ディズニーのディジーダックが好き。 Daisy Duck, Disney 私の好きな色(ピンクと紫)と同じ色だから。  I love pink and purple」
「歴史上の人物 坂本龍馬が好き。 Ryoma Sakamoto 歴史が好きだから。I love history」
②ヘッドドレスの素材を集める Gather the material of headdress
③工夫して楽しくつくる Enjoy creation
④試着する Try on
⑤撮影場所とポーズを考える Think about shooting location and pose
⑥撮影ー現像ー額装ープレゼント shooting-developing-framed -gift present
*英語の会話を楽しむ Enjoy English conversation


Daisy Duck, Disney, I love pink and purple


I love history, Ryoma Sakamoto


Think about pose


Think about shooting location

the photo with frame finished

Supported by Masumi Yanagisawa, the art teacher of school

わたしたちのかたち展/Our Shapes

山梨大学女子大生4人による、ゆるくてのんびりな展覧会

4 Yamanashi University girls Exhibition

CAFE & MINI SHOP

/
2019年2月10日(日) 11:00-18:00
2月11日(月・祝) 11:00-17:00

check out the latest information here

twitter https://twitter.com/our_katachi


◆カマタリオナ/Riona Kamata

山梨大学教育人間科学部生涯学習課程芸術運営コース4年

山梨大学在学中。芸術運営コースにてアートマネジメントを学ぶ。

ある一瞬を切り取ることをテーマに立体作品を制作。雑貨や捨てられるはずだったものを素材に選び、そのものがもつ魅力を探っている。

カマタリオナ

◆樋口真冬/Mafuyu Higuchi

山梨大学教育人間科学部学校教育課程障害児教育コース4年

この展示の企画者(昨年AIRYでCOLOR展企画)三度の家賃滞納よりミュージアム巡り。グラフィティと猫と旅が好き。

マスキングテープ、水彩、ペンとか。

樋口真冬

◆松田真菜/Mana Matsuda

山梨大学教育人間科学部学校教育課程障害児教育コース4年

かわいい女の子を見るのも描くのも好き。

舞台、展覧会巡り、漫画、映画などインドアな遊びが趣味

Illustrator、Photoshop、鉛筆

松田真菜

◆渡邊美優/Miyu Watanabe

山梨大学教育学部学校教育課程芸術身体教育コース美術教育系2年

思考する生物としていきていく上で自身が感じる様々な葛藤や理想と現実の間に生まれるギャップをテーマにしながらアクリル絵の具で絵を描いています。ヒトの内側のような生ぬるいような温度を感じていただきたいです。  

渡邊美優

/

Member of ‘Our Shapes’

/

Kamata Riona

Matsuda Mana


Higuchi Mafuyu

Watanabe Miyu

Jeong Heewoo /South Korea

Jeong Heewoo

South Korea

www.jeongheewoo.com

Visual Art, rubbing, painting, installation

Residency February 2019

/

チョン ヒーウ

韓国

ビジュアル・アート、拓本、絵画、インスタレーション

2019年2月滞在

/

I document cities. 

I am living in Seoul, rapidly changing city. Seoul was severely destroyed through the Korean War in 1950s. Ever since then, a lot of construction has happened in Seoul. In early times, they built buildings to live in. Nowadays they deconstruct those buildings and construct the larger buildings. For the result, I lose my historical places. I lost the house I lived in when I was 9. On that site, there is 5-story building. Seoul is always renewed like this. 

I document places to remember. 

Using rubbing technique, I make documentations with the name, <Peeling the City>. I made documentations from signs on the ground, on the street, and the walls from apartment. Relentless construction and deconstruction in Seoul take these away before long. 

I document cities with touch.

I don’t photograph to record. I rub to record. I like this way because I touch the object I record. You can record things from distance if you use camera. But if you use rubbing technique, you will make contact with the object. I feel I am taking care of the object when I make rubbing out of it. It is important for me to touch things that will disappear soon.

都市を記録します。

私は急速に変化する街ソウルに住んでいます。ソウルは1950年代の朝鮮戦争で激しく破壊されました。それ以来ここではたくさんの工事が行われてきました。初期の頃には住む建物を建てました。今日では、それらの建物を解体してより大きな建物を建てます。その結果、私たちは歴史的な場所を失います。私は9歳の時に住んでいた家を失いました。今その敷地内には5階建ての建物があります。ソウルはいつもこのように記録が更新されていきます。

覚えておくべき場所を記録します。

擦り出し技術を駆使してその名の元に記録します。私は地面、路上、そしてアパートの壁の看板から記録を作りました。ソウルでは執拗な建設と解体が、やがてこれらを取り除きます。

私は触れることで都市を記録します。

記録するために写真は用いません。拓本として記録するため擦り出しをします。私は記録する対象物に触れることができるこの方法が好きです。カメラを使えば遠くからでも撮影できます。しかしあなたが擦り出しの技術を使うならば、あなたは対象物と接触するでしょう。私はそれを擦り出す時に、対象物の世話をしていると感じます。近いうちに消えてしまうものに触れることが重要なのです。

/



tittle: FaceBook /페이스북
date: 2019.2/23(sat) -24(sun) 11:00-18:00

24(sun)12:00-14:00 Artist Talk with LeKoppi Coffee/1 drink order
venue: Artist In Residence Yamanashi [AIRY]
2-37-2 Marunouchi, Kofu, Yamanashi 400-0031
artist: Heewoo Jeong /South Korea (February artist)
artist page: www.jeongheewoo.comhttps://

www.facebook.com/heewoo.jeong.7?epa=SEARCH_BOX


https://www.instagram.com/oow99h/?hl=ja
AIRY page: http://air-y.net/archives/category/blog/archives/10534

私のドローイングは2019年2月に甲府で会った人々のドキュメンテーションです。
ドローイングブックに甲府での滞在中に出会った人の顔を描きました。私はギャラリーの壁に山梨の簡単な地図を作ります。 そして地図上の出会った場所にその顔を置きます。 人に出会うことは旅の重要な部分です。 私が出会った人の顔を描くことで、この出会いはよりわかりやすくなり深くなります。 顔を描くことで、私の旅はもっと楽しく思い出深いものになるのです。
元々Facebook はネット上のつながりですが、わたしのFaceBookはもっと直接的な方法のつながりと言えます。

My drawing book becomes the documentation of people in February 2019 in Kofu.
I drew faces I met in travel to Kofu on my drawing book. I will make a brief map of Yamanashi on the gallery wall. And I will put the faces on the points where I met the people. Meeting people is important part of travel. Drawing person’s face I meet makes this meeting easier and deeper. Drawing faces make my travel more enjoyable and memorable.
As Facebook on internet is for networking, my FaceBook is for networking in Kofu in much more direct way.

2019年、最初の Open AIRY がフルウント 甲府にて行われました。 美味しいランチと一緒に、素敵な時間を過ごしました。 2月AIRY滞在、韓国よりのアーティスト Heewooさんによるワークショップ ”Draw Me Draw You” 同時開催。Heewooさん曰く、「知っていることを描くのではなく、見たものをそのまま描く。」ことがアートの楽しさである、と強くも穏やかなまなざしで語っていたのが印象的でした。 美味しいお食事だけでなく、いつも素敵な空間をご提供くださいます、慎吾さん、ゆうさんご夫婦に感謝です。リニューアルした店内、とても暖かく素敵でした✨ I had a great time at the first open AIRY meeting this year @ Cafe Fluunt Kofu. Heewoo, the new artist from Korea made a quick workshop of experiencing drawing each other instantly. I was, actually we, all the participants agreed at her idea saying that “Don’t draw what you know, draw what you see.” was very convincing. As one participant reminded her of the famous Bruce Lee’s line “Don’t think, just feel!” Heewoo says that one aspect of art is to entertain people and also a means of communication to interact with each other, which I could experience from my heart today.

*Text by Hanako Kishimoto 岸本華子

Reallife FaceBook

ABOUT AIRY

cropped-logo.gif

IMG_5300

IMG_4770

IMG_4737 (2)

IMG_3890

IMG_3853

IMG_2116

talk

kofusion06

 

『Brief description of residency program』

Artist in Residence Yamanashi [AIRY] is a program that invites artists from Japan and abroad to live in the beautiful mountainou area of Yamanashi, making new work and new connections. AIRY is artist run that focused on networking and community involvement rather than business, and aims to cultivate an environment for sharing ideas and different cultures.

Whilst at AIRY, artists are provided with accommodation, a space within the main gallery for use as a studio, and an exhibition at the final stage of their visit.

We are also given support to run a workshop and network within the local community.

As well as running the residency program, AIRY is involved with other projects locally, nationally, and abroad, such as connections with local schools, cafes, shopping district, farms, former bath house.

The curatorial team of the gallery welcomes an interesting array of exhibitions from both local and International artists and offers artist talks and workshops.

Since it has been installed on 2005 in Kofu city Yamanashi, we hosted 140 artists from more than 36 countries until 2018. 

アーティスト・イン・レジデンス山梨 [AIRY]は美しい山々に囲まれた山梨県甲府市にて活動しています。国内外から受け入れるアーティストが新しい環境でインスピレーションを受けて作品を作ったり、新しいネットワークを作るためのプログラムです。ビジネスよりはネットワーキングとコミュニティの関与に焦点を当てたアーティストランで、アイデアや異なる文化を共有するための環境を築くことを目的としています。

わたしたちはアーティストに宿泊施設、スタジオ、ギャラリーおよび最終段階での展覧会を提供します。地域でのワークショップやネットワーキングのための支援します。また、レジデンスプログラムを運営するだけでなく、地元の学校、カフェ、商店街、農場、元銭湯などとつながり、地域、国内、海外での他のプロジェクトにも関わっています。

わたしたちは、地元のアーティストや国際的なアーティストの興味深い展覧会を歓迎し、アーティストの講演やワークショップを開催しています。

甲府市で2005年に活動開始以来、36カ国以上から140名のアーティストを迎えました。( 2018)

                                                            /

『building front view』

AIRY前景

『studio/gallery on second floor』

010

『private accommodation with kitchen, bath, toilet on third floor』

011013

012

『floor map』

AIRY2-3F

『address』

Artist In Residence Yamanashi [AIRY]

2-37-2 Marunouchi, Kofu city, Yamanashi  400-0031 JAPAN

400-0031 山梨県甲府市丸の内2-37-2

access

https://www.yamanashi-kankou.jp/foreign/english/special/access_kofu.html

Kofu station is located approx. 1 h 30 min from Shinjuku by Limited express train, JR Chuo Main Line

Also  2 hours by Yamanashi Kotsu, Fujikyuko Bus, Keio Bus from Shinjuku to Kofu satation

Approx. 3 h 50 min by bus from Narita Airport. Approx, 3 h 10 min by bus from Haneda Airport.

新宿駅からJR中央線にて甲府駅へ特急約1時間30 分

新宿駅から高速バスにて甲府駅へ約2時間

成田空港から直行バス(約3時間50分)、羽田空港から(約3時間10分)

 

地図_大

10 minutes walk from south gate Kofu station

1509_AIRY_MAP_OL_新

『contact』

airy ✩ air-y.net

https://www.facebook.com/AIRyamanashi/?pnref=lhc

これらのアートスペース詳細について問い合わせをお待ちしております。AIRYではあなたの制作活動、アーティストトーク、ワークショップ、発表まで責任を持ってサポートいたします。

When you wish to apply to be an Artist in Resident, or have any questions, please contact us. AIRY is responsible to support your stay, art working and artist networking in Kofu, Yamanashi.

/

『A Map For You』https://sites.google.com/view/amapforyou/news

Customized maps are made available for

用途に合わせてカスタマイズされた地図を掲載しています。

  • Foreign Artists 海外アーティスト向け
  • Vegetarians, vegans, and Muslims ベジタリアン・ヴィーガン・ハラルフード対応の、レストラン

    Those who would like information on halal certified food, vegetarian food, ingredients and art supplies in Kofu City.

    We hope it helps you in your daily life. AIRY-Artist In Residence Yamanashi-(エアリー)では、毎月、世界各国から作家、画家、写真家、を迎え、彼らの制作、展示、生活に寄り添ってきました。彼らの生活をサポートする中で、ベジタリアン、ハラルフード(イスラム教徒が食べられる物)、アート用品、画材などの情報が載る地図の必要性を感じ、このプロジェクトを始めました。