Sarah Lebeck-Jobe / USA

Sarah Lebeck-Jobe

USA

http://art.lebeckjobe.com

painting, text, ceramic,  jewelry

residency April 2017

/

サラ・レベック-ジョブ

アメリカ

絵画、テキスト、陶芸、宝石

2017年4月滞在

/

upclose4_med

アメリカで英文学学士と家族療法カウンセリング修士を取得し、心理療法士として7年間働く。その後に世界を旅しながらアート制作をする生活に入った。

作家は世界各地のユニークさと類似点の両方を反映するために、その地域で見つけた素材を使用してサイト固有のインスタレーションを作り上げる。そしてできあがった作品を元に、地域の人々にストーリーつくりの協力を仰ぐ。それらをテキストとして編集して作家のインスタレーションと組み合わせることで最終的な作品が完成する。これまで世界を旅する中で試してきた経験に、山梨の人々とのコミュニケーションをさらに重ねることで新たな作品を作り共有する。

/

SakuraEraser

ーstory telling workshopー

4月12日(水)13:30-15:00@AIRY

作家のドローイングからお話を作る

それを作家が編集してテキストとして仕上げる

インスタレーションと組み合わせて作品を完成させる。

参照:http://art.lebeckjobe.com/experiments/FigureTree1/

ー発表ー

4月15日(土)11:00~11:15@AIRY

「滞在作家x山梨作家シリーズ」④

Sarah Lebeck-Jobe x 金 亮子

「ことばのよこがお」

 Nomado Renga

– the poems that filtered through the visual images –

目が覚めて口が何かいうとしたらそれは誰のコトバだろう

解して散らばったコトバが海に浮いている

記憶のはしっこが海をかき混ぜてコトバが舞い上がる

解体と再構築 壊しては組み立てる

新たな「コトバのよこがお」が生まれる

金 亮子/金 亮子 紹介

千葉県生まれの在日韓国人3世 山梨県峡北地方に住んで12年になる。趣味は落語と着物。仕事で「ことばを使わない人」「ことばを忘れていく人」と接したことで、自分のことば感覚を表現したいと考えるようになった。これまでの手帳にスケッチをする程度の「表出活動」から発展して豊かな「表現活動」への欲求が生まれてきた。

/

IMG_0162

IMG_0164

IMG_0190

 

IMG_0174

 

18034838_1157724547671919_1500112983_n