Heikki Rönkkö/Finland

Heikki Rönkkö

Finland

http://www.heikkironkko.com/

comics, visual arts

residency April-May 2018

/

ヘイッケ・ロンッコ

フィンランド

コミック、視覚芸術

2018年4-5月滞在

/

 

I am a comic book artist rooted in the Finnish contemporary comics scene, which is characterized by artist-led creative freedom, DIY mentality and aversion to easy categorization.
My works are narratively and structurally experimental silent explorations of the human condition. They deal with wide societal and philosophical themes through apparently stereotypical and simplified characters and exaggerated conflict-based dramaturgy, somewhere between silliness and profundity.

This “existential slapstick” utilizes as well as questions various orthodox forms and conventions of the (western) comics art form, all the while aiming for visual language and narrative content unbound by tradition or prejudice.

私はフィンランドの現代漫画シーンに根ざした漫画家です。そのアートシーンはアーティスト自身が主導する創造的な自由があり、人任せにせず自身でやるという考え方を持ち、安易な分類への嫌悪感を帯びることが特徴です。。

私の作品は、人間の状態を探検するごとく、物語のようで構造的・実験的静けさを持っています。それらは、明らかにステレオタイプで単純化されたキャラクターと、紛争に基づく劇的な作風を通して社会的で哲学的テーマを扱います。そこには愚かさと奥深さの間にあります。

この「実在のスラップスティック」も同様に、さまざまな(西洋の)正統的な形や漫画芸術の形態をとり、すべての視覚言語と物語を目指して伝統や偏見によって縛られない内容を目標としています。