EunJi Sung / Korea

EunJi Sung

Korea

Choreograph, Visual art, Film make

Residency April 2019

/

ウンジュ・サング 

韓国

振付、視覚芸術、映像

2019年4月滞在


The work takes place across and beyond the stage, screen, canvas, and studio with various mediums; and makes use of entanglement of personal, professional and performance identity. Working as a choreographer and a member of visual art team OKI, EunJi employs her dance background and her perspective towards visual art and film is confronting the very notion of media art, dancing and performance. Curious about visible/invisible space and movements of a medium on it, the artistic direction of her projects goes beyond limitations of space and the definition and effects of movements.

One of her visual art/dance exhibition Lost you for a sec addresses the implicit politics that underlies their friendship: the border restrictions that prohibit them from living together, and the technological means through which they can continue to engage and support one another. Since the end of 2017, this practice has been grounded in fortnightly skype sessions in which the three meet: a sprawling, playful period of empty time – of stupid jokes, collective moaning, and technological stutters – through which they experiment with the performance and materiality of digital communications.

作家の作品は様々な媒体を用いて、舞台・映像・キャンバス・スタジオを交錯し飛び越える。個人としての存在、プロとしての自分、パフォーマーとしての自分の存在のもつれをヒントに制作する。振付師として、視覚芸術的チーム「OKI」のメンバーとして、自分のダンスの背景を使い視覚芸術と映画への見方はそのアート・ダンス・パフォーマンスに対峙する。見える見えない空間とその空間の中でも動く媒体に好奇心を持ち、作品の方向性は空間の持つ限界と動きの定義と効果を超える。

彼女が作った「 君を一瞬失った/一瞬消えた」というダンス・ビジュアルアート/視覚芸術コンセプト。暗黙の了解の上に成り立っている友情を取り上げ、渡航制限で一緒に住むことも出来ないためにテクノロジーにより互いに関わり合い、支え続けていることに向き合っている。2017年末以来、隔週で3人で気軽に話したり、戯言や文句を言ったり、科学技術を失敗したりする、半分遊んでいる無秩序なビデオ会議を行うことにした。それを通してデジタルコミュニケーションに演技的可能性などがあるか実験している。

Translation: Olly Thwaite