Clara Campos/Brazil

Clara Campos

Brazil

Performance, Video, Voice Actor, Collage, Installation

Residency Febryary-March 2020

/

クララ・カンポス

ブラジル

パフォーマンス・ビデオ・声優・コラージュ・インスタレーション

2020年2~3月滞在

My whole life I thought that the lack capacity of making decisions I bare was a weak point, but recently I found out this out to be my strength; from this point on I decided to go deep into my multi focused personality and mix different things that share my interest into one.

I am a product of the globalized western society, an adult with no real goal in a universe full of options and a woman in a men’s world. Some of those themes are always running through my work, be it is as an actress/interpreter or as anything.

Recently I have been studying Jungian archetypes and creating a parallel line between the Witch and the Japanese genre Mahō shōjo.

Every work from this series (be it a video, a collage, a performance etc) stars a Mahō shōjo immersed in everyday actions putting in check the pre-given notions of femininity exploring its pluralities in search of every woman’s individual essence.

これまで私は自分の意思決定能力が不足していることが弱点だと思っていましたが、最近になりこれが私の強みであることがわかりました。 この時点から私は、多焦点の人格に深く入り込み、自分の興味を共有するさまざまなものをミックスして一つにすることに決めました。

私はグローバル化した西洋社会の産物であり、選択肢に満ちた宇宙では本当の目標を持たない大人であり、男性から見れば女性です。 これらのテーマのいくつかは、女優/通訳としてであれ何であれ、常に私の作品を駆け抜けています。

最近私はユングの原型を研究し、魔女と日本のジャンル「魔法少女」の間に平行線を作成しています。

このシリーズのすべての作品(ビデオ、コラージュ、パフォーマンスなど)には、日常の行動に没頭する魔法少女が出現します。そしてあらゆる女性の個々の本質を求めて、女性らしさの予め与えられた概念について探求しています。