Andree-Anne Mercier/Canada

Andree-Anne Mercier

Canada

www.andreeannemercier.com

Painting, drawing, sculpture, installation, computer art

Residency October – November 2017

/

アンドレ・アン メルシェ

カナダ

絵画、素描、彫刻、インスタレーション、コンピューターアート

2017年10-11月滞在

/

I’m a multidiciplinary artist; painting, drawing, sculpture, installation and computer art are my skills. I want to include in my work kitsch of different cultures and nation. In order to do so, I must learn and open my universe.
My approach is eclectic : it varies of abstract arts to figurative portraits; installation to collage; illustration to video. What gathers my corpus it’s a certain taste for irony, absurd and everyday life. On the visual plan, the pastel or pop colors, the rounded off and soft forms, miniatures, compose the majority of my work.
My practice explores the universe of popular culture and tends to question various aspect of the society. I offer a mockery of the society through absurd, colored and dreamlike universe. I want to raise the commonness of everyday life and give it an impressive status. My approach tends to accept, to analyze and to use all the elements carried by hand to make it playful and accessible. I work with objects who have served and are now old-fashion, anecdotes which took place and were
transformed and forgotten in time. They are there and waiting to serve.
The use of mass consumption is for me a way to question and criticize the subject. An auto-derisory shutter sector is always present in my work; I’m include in the mass thus, I self-criticize myself. I use kitsch as esthetic template and the ways of marketing popular culture as autopromotion of my work.
I also play with the status and convention of the art world; transform an object from a trash can into an art piece, it’s fascinating. The mediocrity calls out to question me and I position it in an imaginery universe, where the limit between truth and forgery is thin. Playful and easily accessible, my work questions the everyday life of the mass. By using key referents and humour, it can be appreciated
by the common run of people.

 メルシェは広い表現領域を網羅するアーティストです。絵画、素描、彫刻、インスタレーション、コンピュータアートをスキルとして表現します。世界の異なる文化や人々を理解してキッチュに表現するためには、多くを学ぶ必要があります。そのために彼女自身の宇宙を開こうとしています。。
さらに作家のアプローチは折衷的で、抽象的な芸術から比喩的な肖像画まで多様です。コラージュを制作して、イラストレーションでビデオを作ります。彼女が集めるものは、皮肉でばかげたていて、それは日常の中でいい味を出しています。
また色はパステルまたはポップカラーを、素材は丸みを帯びた柔らかいフォームやミニチュア、合成を好みます。制作段階では大衆文化の世界を探り、社会の不条理に対してカラフルで夢のような宇宙作り上げて、社会への嘲笑を提供します。
作家のアプローチは不条理を受け入れて分析し、手作業を使って遊び心を持たせるものなので、アートへのアプローチを容易くしていると言えます。

/

「日々の色」

アンドレ・アン メルシェ

2017年11月18(土)11:00-20:00

                            コラージュワークショップ 15:00-17:00 無料・予約不要

   オープニングパーティー 18:00-20:00

19(日)11:00-18:00

@Picnic  〒400-0032 山梨県甲府市中央4-3-25  柳小路内

I’m a multidisciplinary artist from Montréal, in Canada. I graduated from UQÀM (Université du Québec à Montréal) in 2015. AIRY is my second artist residency in Japan. My artwork include different medium as painting, drawing, computer art, installation and sculpture.

My approach is eclectic : it varies of abstract arts to figurative portraits; installation to collage; illustration to video. What gathers my corpus it’s a certain taste for irony, absurd and everyday life. On the visual plan, the pastel or pop colors, the rounded off and soft forms, miniatures, compose the majority of my work.

My practice explores the universe of popular culture and tends to question various aspect of the society. I want to raise the commonness of everyday life and give it an impressive status. My approach tends to accept, to analyze and to use all the elements carried by hand to make it playful and accessible. I sometimes work with objects who have served and are now old-fashion, anecdotes which took place and were transformed and forgotten in time.

The present project I’m doing in AIRY, is inspired by my last 3 months in Japan. I visited Tokyo and Okinawa before coming to Kofu. I spend these three months studying and creating artworks influenced by what surround me, but especially buildings and environments. I’m curious about the information and the visuals that is around us. I’m using the shapes, forms and colors of the everyday life to create abstracts paintings and sculptures. In a way, art surround us in everyday life, sometimes we just forget about it. I’m trying to pick little details that seems useless to create something new with it. I like to decompose the photography I took, by isolating shape and color.  After I just play with it.

作家は、カナダ・モントリオール在住、2015年にケベック大学モントリオール校を卒業した。様々な角度から多角的なアプローチを施すアーテイストである。ここAIRYでの滞在は、彼女にとって日本における2度目のアーティストレジデンスとなる。彼女の表現方法は、ペインティング・ドローイング・コンピューターアート・インスタレーション・彫刻と多岐にわたる。

彼女のアプローチ法は様々な事象を取捨選択する方法をとる。それらは、抽象的表現から形状の描写、インスタレーションからコラージュ、そしてイラストレーションからビデオ映像までといった具合である。彼女の作品の集大成は、いわば日常に存在する少々の皮肉や、不条理性をも含んでいる。それらを表現する際、パルテル調のポップな色や丸みのある柔らかい形を使い、ミニチュアな表現法などが彼女の芸術の多くを占めている。

その表現方法は、ポップカルチャーの全領域を模索し、そこから社会の様々な事象に対して問いを投げかけている。「日常の生活に存在する共通性を発見し、そこに光を当てたいのです。」と彼女は言う。ゆえに、様々な日常の出来事や事象を受け入れ、分析した後、それらをユーモアをもって面白く受け入れやすく創造していく。その表現の過程において彼女は時折、以前は一世を風靡したがすでに時代遅れになっていたり、一時はもてはやされたものの忘れられていった逸話などについても触れているのである。(彼女の作品の中にどこか懐かしさや古めかしさが垣間見えるのはそのためであろう。)

現在AIRYにて取り組んでいるプロジェクトは、この3か月における日本での滞在の中から影響を受けたものによって生まれた。甲府に滞在する前は、東京と沖縄を訪れた。この3か月間、彼女の身の回りを取り囲むものから影響や刺激を受けたものを探索し、芸術として具象化していくことに専念してきた。特に、日本の建物やその周りの環境について着目した。身の回りに存在する情報や、ビジュアルについて特に興味をそそられたと言う。そしてそこに存在する日常の形、姿、色を使い、抽象的な絵画や造形などの作品を作り上げた。言うなれば、芸術は私たちの日常に存在しているのだが、ただ見過ごしている。そんな一見取るに足らないと思われるものに焦点を当て、新しいものを造り出したいと願っている。例えば、撮った写真に写る要素、エレメントを分解し、そこから形や色だけを取り出すーいろいろと手探りで思いを巡らせながら。(翻訳:岸本華子)