Latisha Horstink/Netherlands

Latisha Horstink

Netherlands

 latishahorst.ink

installation, visual art

residency April-June 2018

/

ラティシャ・ホルスティンク

オランダ

インスタレーション・ビジュアルアート

2018年4-6月滞在

/

Born in Riyadh, part Dutch, part Indonesian, the rest unknown, is a multidisciplinary artist based in The Hague, Netherlands. Studying Interactive Media Design, her work is continuous exploration of self and her surroundings.

She often uses her multi-cultural influences in her work. Considering herself to be a juxtaposition nonconforming conservative, she muses over Queer Theory, identity, heritage and religion.

In recent works, she’s been playing around with notions of perspective, challenging norms with the goal to see without stigma, and help to broaden viewers frame of reference.

Exhibitions & Open Studio

I would like to organize a duration of the making process for the public to see how ideas are made and to talk with me as I create. I believe that the creating process is just as important as the final outcome, and it’s interesting for others to see how I made decisions and compare the outcome to sketches.

/

 サウジアラビア・リヤド生まれ、オランダ系、インドネシア系、残りは未知でありオランダのハーグに生活拠点を置くマルチメディア(多分野)のアーティストである。インタラクティブ・メディアデザインを学ぶ作家の作品は、自分と周囲の探求がテーマである。

彼女はしばしばその仕事に多文化の影響を与える。自分自身は保守主義には不適合であると考えて、彼女はクイア理論、アイデンティティー、遺産、宗教などに目を向ける。

最近の作品では、彼女は自由な視点から概念を集めて、嫌悪を感じさせないように規範に挑戦し、鑑賞者が判断基準を広げるのを助けている。

〇展示会とオープンスタジオ

人々が私のアイデアの出し方を知り、私と話をするための制作プロセスの期間を公開したい。私は、作成プロセスが最終結果と同じくらい重要であると信じる。参加者は、私がどのように決定するのか見て、スケッチと比較するのは興味深いだろう。