Latisha Horstink/Netherlands

Latisha Horstink

Netherlands

 latishahorst.ink

installation, visual art

residency April-June 2018

/

ラティシャ・ホルスティンク

オランダ

インスタレーション・ビジュアルアート

2018年4-6月滞在

/

Born and raised in Riyadh, Saudi Arabia, my dad is Dutch, my mother Indonesian. Currently studying Interactive Media Design at the Royal Academy of Arts in The Hague, Netherlands. I’m in Japan, as an artist and intern to explore self and surroundings.

I often use my multi-cultural influences in my work. Considering myself to be a juxtaposition of nonconforming conservative, I muse over identity, heritage and religion. In recent works, I play with notions of perspective, challenging norms with the goal to see without stigma, and help to broaden viewers frame of reference.

サウジアラビア、リアドに生まれ育つ。父はオランダ人、母はインドネシア人。

現在は、オランダ・ハーグにある国立美術学校(Royal Academy of Arts)にて、双方向メディアデザインを学ぶ。作家は、アーティストそしてインターンとして、自分自身と取り巻く周りの環境を探求するために日本に滞在している。

作家の作品の中には、自身の多文化なバックグラウンドの影響が垣間見える。自分自身を比較的流動的な保守主義と位置づけ、そのどちらともつかないマルチな並列性を自認している。アイデンティティー・文化的価値・宗教の狭間で溶け込み、揺れ動いている。最近の作品には、様々な概念に関する見解に言及し、偏見なしにそれらの概念また社会規範に挑むことを目指している。その結果として、彼女の作品に触れる人々の視点・視野を広げることを願っている。

/

 

A Reminder of My Innocence

My first hours alone in Japan I chose to distract myself by looking for a book to read, to dive into a story that wasn’t my own. After a pace up and down the aisles I realize there are no English books. Of course, what did I expect? I’m in Japan. I leave the shop feeling even more alienated. But that’s my privilege, I expect there to be something for me to understand, which isn’t always given. Which is how I feel in love with Japan. It reminded me of my Innocence.

Reminded me that not I don’t understand everything, that sometimes things are out of my control, that things don’t always conform to my comfort.

So, I tribute my painting to those who have taught me, given me experiences and changed my point of view during my stay in Japan.

 

イノセンスへの気づき~無垢な自分~

日本に到着し、一人で過ごした最初の時間。自分自身を外から見るべく、何か読む本、自分自身でないストーリーの中に身を投じようと試みました。本屋の中をあちらこちら探してみたものの、結局英語で書かれた本がないことに気が付きました。それはそうでした。日本にいるのだから。私は何を期待していたのでしょうか。余計に疎外感を感じてお店を後にしました。ですが、これが私の特権、そこには私がこれから理解しうるもの、いつも与えられるわけではない何かがあると期待しました。日本に恋をしたような、そんな気持ち。私は、自分自身のイノセンスに気が付いたのでした。

その感覚は、私自身が物事をすべて理解しているわけではなく、時には自分の力の及ばないところに物事があること、自分の落ち着く空間にすべての物事は存在しているわけではない、という気づきでした。

この作品は私が日本にいる間そのことを教え、経験を与え、そして自分の価値観を変えるきっかけとなった皆様にささげたいと思います。translation: Hanako Kishimoto

/

A Reminder of My Innocence /イノセンス

Stories  Memories  Experiences, Don’t come from answers

Seek..Forget what you knew