Amber Ablett/Norway

Amber Ablett

Norway

 www.amberablett.com

Performance, text, conversation, research, sound, video

residency May 2018

/

アンバー・アブレット

ノルウェイ

パフォーマンス、テキスト、会話、リサーチ、音、ビデオ

2018年5月滞在

/

Amber Ablett works with conversation, research, performance and text, with a step away from the spectacle, rather concentrating on the long term ponderings that art can introduce. From her position as a female, British, Irish, Trinidadian artist at home in Norway, Ablett seeks to engage with wider contemporary social questions of place, nationality, identity and language. Her work investigates whether, if our identity and language are both constructed and controlled by the society around us, can speaking be a route to revealing and understanding who we are?

Ablett’s work takes the form of long term investigations into the way we communicate and relate to language, shared with audiences through sounds and video installations and performance events. There is a strong emphasis on the discussions that art works can provoke outside of the gallery space.

In Bergen, I run a small café within an art center, with an aim to continue the dialogue around the exhibitions shown in the main gallery space. Rather than in a lecture or in a seminar, we see the best place to talk about art to be with friends over food or drinks, and we bring this ideology to the way that we run the café.

I would like to hold a similar one-off event at AIRY, where we can use the dinner table and food as an informal and horizontal environment to talk. Basing an artist presentation over a meal rather than as a formal presentation, I would hope to leave room for talking and discussion so that I am also learning from those around me.

/

 作家は見ている光景とは少し距離をとりながら、対話やリサーチ、パフォーンス、テキストを用いて制作を行う。そして人々とアートを引き合わせるような長期的なアイディアにかなり集中している。女性として、またはイギリス、アイルランド、トリニダード系のアーティストとしてのノルウェーでの彼女の立場から、場所、国籍、アイデンティティ、言語という現代の社会問題と関わり合うことに努めている。彼女の作品の中で私たちのアイデンティティや言語が社会によって構成され、コントロールされているかどうか、話すことが私たちが一体何者であるのかを明らかにし理解する方法になりうるのかどうかということを研究している。

アブレットの作品はコミュニケーション方法や言語に関係する長期間の調査という形をとり、音や映像、インスタレーション、パフォーマンスなどを介して人々と共有する。そこにはアートワークがギャラリースペースの外へも影響を及ぼしうるような議論をもたらす非常に力強いものがある。

作家はノルウェーのベルゲンでアートセンター内にある小さなカフェを運営している。目的はギャラリースペースの展示についての会話をそこで続けてもらうことにある。教えたり、セミナーを開いたりすることというよりいう信念がある。甲府の滞在においても、食べ物を囲んで日常的で形式ばらない、だれもが横並びで平等に話せるような会を開きたいと思っている。一方的なフォーマルなプレゼンテーションではなく、議論や会話が生まれ、その中から学びを得られるようなものにしたい。

translation:Ino Mina