Emma Anna/Australia

Emma Anna

Australia, Colombia

public art / http://ana-gram.wixsite.com/insitu
studio practice / http://ana-gram.wixsite.com/emmaanna

writer, art producer

residency 2018 June

/

エマ・アナ

オーストラリア出身 コロンビア在住

ライター、アートプロデューサー

2018年6月滞在

 

My diverse professional and personal background has previously engaged me as a practitioner in communications/journalism, graphic design and architecture. For the past decade I have worked as an independent artist specialising in creating works for the public realm. I am a graduate of RMIT University’s Masters’ of Art (Art in Public Space) program and an ongoing contributor to the development of its academic program. My public artwork has been exhibited internationally, and won multiple awards in my native Australia. Most recently, I was the announced the winner of the 2017 Melbourne Prize for Urban Sculpture Public Art Design Concept Award.
I am currently living and working between Australia and Colombia, where I am
exploring research related to fractures / modulation and wounds. I have long held a fascination for Japanese aesthetics and political history. I am curious to explore the themes and forms recurrent in my current public practice in Japan via a series of ephemeral interventions, documentation and process work in June 2017.

作家は食べ物や岩などの自然物を用いた一時的なパブリックインスタレーションや自然物と人工物を対比させた作品の制作を行う。今回の滞在の一環として、シリーズ「Kerbside Kintsugi」と「The Language of Fracture」を進展させたいと考えている。作家は以前コミュニケーション/ジャーナリズム、グラフィックデザイン、建築を実践し、魅了されていた。過去10年の間、公共空間のために作品を作成することを専門とする独立したアーティストとして活動。RMIT大学にてパブリックスペースにおけるアートのプログラムなどを研究して卒業。彼女のパブリックアートは国際的に展示されて、オーストラリアで受賞もしている。

現在オーストラリアとコロンビアの2拠点で生活/活動し、破壊/調節/傷に関係するリサーチを行なっている彼女は、長い間日本の美的感覚や政治的歴史にも興味を惹きつけられてきた。2017年6月に制作したシリーズ作品を介してそのテーマや形式を繰り返し日本での活動の中で探求していくだろう。

パブリックアーティストとして、ローカルの人々を引き込むことはアートの実践において重要であるため、オープンスタジオなどの場でローカルコミュニティーに対して自らの作品や研究について話したいと思っている。Translation: Mina Ino

/

/

Emma Anna@Colombia