Carla Cañellas/Spain

Carla Cañellas

Spain

www.carlacanyellas.com

drawing, painting, installation, video

Residency October-December 2019

/

カルラ・カニェラス

スペイン

ドローイング、絵画、インスタレーション、ビデオ

2019年10~12月滞在

I work with the construction of identity in different social contexts. My artistic practice questions society through the tools of criticism, education and transformation. I’m interested in creating identity portraits through dialogues with the viewer in order to trace the construction of personal narratives.

I develop my work through the disciplines of drawing, painting and video. Also I develop my work through collective collaboration and educational workshops. Since 2006 I’m a member of Fotoeduterapia: Photography as an educational tool in this sense, generates content, strategies and ways of examining contemporary practices to be applied within art therapy, psychotherapy as well as social intervention. Last year I published my first book: ‘Arrested’, a project about the influence of the economic crisis and unemployment in Spanish society. I have shown my work in selected individual and collective exhibitions within Europe and Japan. I’m represented by Silvana Retamal, the director of “A ciegas Gallery”  in Spain, http://www.galeriadearteaciegas.com/

私はさまざまな社会的文脈でアイデンティティの構築に取り組んでいます。その芸術的実践は、批判、教育、変革のツールを通して社会に疑問を投げかけています。個人的な物語の構成をたどるために、視聴者との対話を通じてアイデンティティに満ちた肖像画を作成することに興味があります。

私はドローイング、ペインティング、ビデオの分野で作品制作しています。また、私は他の作家たちとの協同、教育的ワークショップを通じて作品制作しています。

ワークショップ: 2006年以来、私はFotoeduterapia(フォト のメンバーです。この意味での教育ツールとしての写真は、芸術療法、心理療法、および社会活動に適用される現代の習慣を問い掛ける内容、戦略、方法を生み出します。

昨年、私は最初の本「逮捕」を出版しました。これは、スペイン社会における経済危機と失業の影響に関するプロジェクトです。それはヨーロッパおよび日本内の厳選された個展およびグループ展で展示されました。

スペインの「A ciegas Gallery」(ディレクターSilvana Retamal代表)http://www.galeriadearteaciegas.com/

Translation: Olly Thwaite, Yuko Kanda

/

Residency artist Carla Cañellas_Spain in October-December 2019

Interview and edit by Olly Thwaite

/

Workshop 「Super Hero」

11月16日(火)14:00-

放課後こども教室(4~6年生対象)@甲運小学校

講師:カーラ・カニェラス/スペイン

企画:井上拓己 通訳:三森なぎさ

①あなたのスーパーヒーローは?

②どんなヒーロー?箇条書きにしてみよう !目を閉じて想像してみる

③ヒーローの姿を模してインスタントカメラで写してみる

④厚紙にフェイスマスクを描いて彩色

⑤切り抜いて紐をつけて被る

/

講師の体調のために中止させていただきます。申し訳ありません。

It will cancel because of the physical condition of instructor. We are sorry.

英語でワークショップ

workshop 「味覚絵画」お知らせ

共感覚というものを知っていますか?共感覚は一つの感覚からほかの感覚も共に引き出されること。例えば音を聞いて色が見えたりすることです。何かを食べたとき私たちはいろんなことを感じます、においや触感、もちろん味覚も。それらの感覚を色や形などの視覚情報にすると今までとは違ったものの感じ方ができます。今回のワークショップでは味わったものを絵で表現します!講師はスペインからの滞在アーティスト カルラさんです。スペイン料理と新しいアートを楽しみましょう!

The new workshop from AIRY! This workshop explore the connection between taste and visual images! Carla Canellas, the artist from Spain will teach how you can develop your art work from tasting food. Let’s enjoy Spanish food and painting!!
This workshop requires booking.

date:2019年12月14日(土)11:30-14:00

venue:AIRY studio

instructor : Carla Canellas /Spain
planner:大方岳 Gaku Okata

cost:¥2000
limit:15people

同伴の未就学児・小学生は無料

Free for preschoolers and elementary school students
reservation:12th deadline

お名前(同伴の未就学・小学生お名前も)電話番号を添えて12(木)締め切り

/

[FOLLOWERS]

Exhibition :December 21 (sat), 22(sun) 11:00-18:00

Opening : 21(sat) 15:00-17:00

@AIRY

The final exhibition of 2019 at AIRY ‘FOLLOWERS’ presents two solo projects by international resident artists, Carla Cañellas (Spain) and Frankie Chow (Australia).

AIRY 2019年の最後の展覧会「フォロワーズ」では、滞在作家であるCarla Cañellas(スペイン)とFrankie Chow(オーストラリア)による2つのソロプロジェクトを紹介します。

Carla Cañellas:

These three months I have been researching on sacred mirrors. One of them, Yata no Kagami, is considered one of the three imperial treasures and the legend says it is in the sanctuary of Ise. Following this trail through readings and trips around the country I have started a work in which I try to join these ancestral pieces with the “current mirrors”, the “Black mirror”, that is to say the smartphones.

In the exhibition I show part of my research process, together with an installation piece that I have called “Paper House”, a room completely covered by ink-drawn papers that are a kind of living diary of my experience in Japan.

CarlaCañellas:

この3か月間、私は神聖な鏡について研究してきました。 そのうちの1つである八咫鏡は皇室の三つの宝物(三種の神器)の一つと考えられており、伝説によると伊勢の聖域にあると言われています。 書物研究や伊勢への旅を経て、この先祖代々の作品を「現在の鏡」と「ブラックミラー」、つまり現代のスマートフォンと結び付けようとする研究を始めました。

展覧会では、研究プロセスの一部と、「紙の家」と呼ばれるインスタレーション作品を展示します。これは、日本での経験を表す生きた日記であり、墨で描かれた紙で完全に覆われた部屋が出現します。