Daniel Persson/Sweden

Daniel Persson

Sweden

http://dpersson.com

drawing and graphic design

residency 2018. July

/

ダニエル・パーション

スウェーデン

ドローイング、グラフィックデザイン

2018年7月滞在

/

/

Tension, breaking point moments, transformation and beings on their way to something else. These are reoccurring themes in my drawings. I like to think of my images as crime scenes with clues for the observer to figure out what happened, and what’s about to happen next. I would like to work more with these themes and create suggestive narratives within and between a series of drawings.
I work full-time at a design agency and draw in my spare time. Your residency would allow me dive into drawing in a, for me, unusual and inspiring environment. I think that would be very enriching and developing for my artistry and imagery.

My experience covers several years of art and design studies and professional practice within advertisement and design. I worked in projects with clients including universities, art institutes, Swedish Red Cross, Spotify and Google.

 

緊張、一瞬、変身、そして何か他のものへの途中の存在。 これらのテーマは私の描写の中で再現されています。 私は自分のイメージを犯罪シーンと考えています。観察者が何が起こったのか、次に何が起きるのかを把握する手掛かりがあります。 私はこれらのテーマで制作を続けて、一連の作品の中と間に示唆的な物語を作りたいと思います。現在はデザインエージェンシーでフルタイムで仕事をしています。 山梨でレジデンス中は、新しい環境の中でアイデアや制作の動機を得ることができると考えます。 そして、それが私の芸術性とイメージを非常に豊かに発展させていくと思います。

私はこれまで、広告とデザインの分野で、数年間のアート&デザイン研究とプロフェシヨナルな仕事をしてきました。 大学、美術館、スウェーデン赤十字、Spotify、Googleなどのクライアントとのプロジェクトに関った実績があります。

/

Rustle in the rushes

A dark cave and a rustle in the rushes. Someone flees the scene of a crime, or they just went out to get an ice cream in another dimension.

I like to think of my drawings as crime scenes with clues for the observer to figure out what happened, and what’s about to happen next. Only there might not be a perpetrator, and no single way to solve the puzzle.

暗い洞窟、そして喧騒の音。人は犯罪の場面から逃げようとしているのか、それとも、ただ、次元の違う世界へ、アイスクリームでも買いに出たのか。

見ている人が自分のドローウィングから、次に何が起きるのか、その次には何が起こるのか想像してしまうような、犯罪の場面と重ねることが好きだ。加害者だけが知っているわけでもなく、その謎を解ける方法も一つではないように。Translation: Nagisa Mitsumori

 

Ulrika Netzler/Sweden

Ulrika Netzler

Sweden

ulrikanetzler.se

sculpture, comics, bookbinding, graphic design

residency 2018 July

/

ウルリカ・ネツラー

スウェーデン

彫刻、コミック、製本、グラフィックデザイン

2018年7月滞在

/

 I wish to lay the foundations for a sculptural and illustrational practice dealing with issues of the self meeting and making reality. To construct objects and spaces as doorways to contemplation where we are allowed to feel lost, lossy and longing.

During a residency I aim to explore the potential in joining my practices of sculpture and bookbinding into a coherent whole by letting three dimensional objects become two dimensional through photography and three dimensional again in the shape of handbound books. My hope is that this could bring my sculptural practice closer to a form of narration.

 

私は、自尊心とその現実化をテーマに彫刻とイラストレーションの練習の基礎を築きたいと思っています。 喪失感が許されて熟考できる場所、その出入口としてのオブジェクトとスペースを構築します。

レジデンス期間中、私は彫刻と製本を中心に制作します。三次元の物体を写真を通して2次元にして、手製本の本の形で再び3次元にすることにより、全体に潜在する可能性を模索することを目指します。 これにより私の彫刻の実践をナレーションの形に近づけることを希望しています。

/

Title: Book📚Binding Workshop
Date: 2018.7.11 Wednesday 13:30-15:00
Venue: Artist In Residence Yamanashi [AIRY]
Instructor: Ulrika Netzler /Sweden www.ulrikanetzler.se
Fee: ¥1400 /with 1 drink
📚
タイトル:製本ワークショップ
一人一冊お持ち帰りいただきます。
日時:7月11日(水)13:30-15:00
会場:AIRY
講師:ウルリカ・ネツラー/スウェーデン 7月滞在作家
http://air-y.net/archives/category/blog/archives/9758
材料費:1400円 ルコピ1ドリンク付き
持ち物:ナイフ、30cm定規
定員:8名(子ども連れ可能)
要予約:コンタクトからお申し込みください
📚
コーヒー出店 LE KOPPI

 

 

/

The intense emotional lives of blooming flowers

“Death is the mother of beauty. Only the perishable can be beautiful, which is why we are unmoved by artificial flowers.” – Wallace Stevens

Upon seeing an orchid fanned out like a tiny piece of firework or a bluebell so fragile and sorrowful in its´ stance, I can´t help but consider them deeply sentient beings.How perfectly they mirror the emotional passages of human life. Some with graceful humility, others with vibrant charm or crass sexuality.But then as soon as I stop to appreciate this, the next realization dawns upon me. Their time of bloom will soon be over.

These works are a celebration of the flora that is now in full bloom in Kofu.

生を謳歌する花々へ〜限られた満開の期間〜

「死は美の母である。消えゆくものだけが美しい。だから我々は人工的な造花に感動しない」―ワレス スティーブンズ

まるで小さな花火が消えてしまうように、ユリやブルーベル(青い花)が脆く、哀しげに散ってゆくのを見た時に、花々は、感覚を持つ生き物なのではないかと思わずにはいられなかった。完璧なまでに、花々は、人間の気持ちや言葉を写す鏡であると思う。あるものは優美な人間性を兼ね備え、またあるものはゾクゾクするほどの可愛いらしさや、セクシーな魅力を持つ。しかし、いったん愛でる気持ちを無くしてしまうと、次なる発見はない。花々が開花している時間は一瞬で終わってしまうから。今回の作品は、今、この時期に甲府で咲き乱れる花たちへの祝いの作品である。Translation: Nagisa Mitsumori

Emma Anna/Australia, Colombia

Emma Anna

Australia, Colombia

public art / http://ana-gram.wixsite.com/insitu
studio practice / http://ana-gram.wixsite.com/emmaanna

writer, art producer

residency 2018 June

/

エマ・アナ

オーストラリア出身 コロンビア在住

ライター、アートプロデューサー

2018年6月滞在

 

My diverse professional and personal background has previously engaged me as a practitioner in communications/journalism, graphic design and architecture. For the past decade I have worked as an independent artist specialising in creating works for the public realm. I am a graduate of RMIT University’s Masters’ of Art (Art in Public Space) program and an ongoing contributor to the development of its academic program. My public artwork has been exhibited internationally, and won multiple awards in my native Australia. Most recently, I was the announced the winner of the 2017 Melbourne Prize for Urban Sculpture Public Art Design Concept Award.
I am currently living and working between Australia and Colombia, where I am
exploring research related to fractures / modulation and wounds. I have long held a fascination for Japanese aesthetics and political history. I am curious to explore the themes and forms recurrent in my current public practice in Japan via a series of ephemeral interventions, documentation and process work in June 2017.

As a public artist it is an important aspect of my practice to engage with local communities. I would therefore wish to present my research and work to the community via an informal artist presentation and an open studio event.

作家は食べ物や岩などの自然物を用いた一時的な公共インスタレーションや自然物と人工物を対比させた作品の制作を行う。今回の滞在の一環として、シリーズ「ストリート金継ぎ」「ことばの破壊」を進展させたいと考えている。作家は以前コミュニケーション/ジャーナリズム、グラフィックデザイン、建築を実践し、魅了されていた。この10年間、公共空間のために作品を作成することを専門とする独立したアーティストとして活動。RMIT大学にてパブリックスペースにおけるアートのプログラムなどを研究して卒業した。彼女のパブリックアートは国際的に展示されて、オーストラリアで受賞もしている。

現在オーストラリアとコロンビアの2拠点で生活/活動し、破壊/傷に関係するリサーチを行なっている彼女は、長い間日本の美的感覚や政治的歴史にも興味を惹きつけられてきた。2017年6月に制作したシリーズ作品を介してそのテーマや形式を繰り返し日本での活動の中で探求していくだろう。

パブリックアーティストとして、ローカルの人々を引き込むことはアートの実践において重要であるため、オープンスタジオなどの場でローカルコミュニティーに対して自らの作品や研究について話したいと思っている。Translation: Mina Ino

/

街角の道路の裂け目や、路上の雑草は誰も気にしない謙虚なもの。

作家たちはこれらのいつも見慣れているものに新たな目で問いかけます。

マンホールのカバーや空っぽの掲示板に一時停止したり不思議に思うことがありますか?

路上をテーマに甲府で出会った二人のアーティストたちが二人展を開催します。

/

 

street 金継ぎ@colombia

[On The Corner]

On the corner of the street where I’ve been staying in Kofu, there’s this fantastically textured noticeboard. Nothing’s been posted on it while I’ve been here.

Community noticeboards can be wonderful insights into people and place. Being here for a month, with just my two words of Japanese, it’s going to be hard to get too deep into what makes my temporary neighbours tick. I figured I might try and use this board to communicate with them in images and snippets, to see what happens, and if anyone responds. Let’s see if what I’ll add there over the next few weeks survives, or is added to by others.

私が甲府に滞在した通りの角には、この幻想的な模様のコミュニティ掲示板がありますが、何も投稿されていません。

コミュニティ掲示板は、人々と場所に関するすばらしい洞察になります。 1ヶ月間甲府に住んで、日本語の2つの言葉だけで、一時的な隣人たちに深く入り込むことは難しいでしょう。私は、この掲示板を使って画像や小片でコミュニケーションを取ったり、何が起こっているかを見たり、誰かが応答したりするのを試みたいと思います。私が次の数週間にわたってそこに追加するものが、何週間も生き残るのか、他の人が何か加えているのか注目しましょう。

 

 

punk 活け花

5 Plastic Gyres

street 金継ぎ

coffee drawing

Future Regacy

Community Boad

Fiona K. Lau/USA

Fiona K. Lau

USA

www.fionakylau.com

Drawing, Painting, Animation

residency 2018 June

/

フィオナ・ケイ・ラウ

アメリカ合衆国

ドローイング、ペインティング、アニメーション

2018年6月滞在

 

My paintings explore memory and disorientation.  Drawing from personal experience, my work explores the tension created by disrupting imagery, questioning non-objectivity and recognition.  In my paintings and drawings, I use photographs as a jumping-off point to construct an imaginary space through form, colour, and texture.  I use an exploratory approach, layering materials and images, allowing the process to guide itself.  This journey evolves over time and I am always surprised by where it takes me.

作家の絵は記憶と混乱を探る。個人的な体験をもとにして描くことにより、彼女の作品はイメージの撹乱、探究的な非客観性、認識から創られた緊張を探っている。絵画や描画において、構造や色、質感を通して架空の空間を構成していくための出発点として写真を用いる。素材やイメージを重ね、その過程が自信を導いていくことを可能にしながら、探求のアプローチを進める。この旅はひとりでに進化してゆき、作家は常にその行き先に驚かされている。

Translation: Mina Ino

/

街角の道路の裂け目や、路上の雑草は誰も気にしない謙虚なもの。

作家たちはこれらのいつも見慣れているものに新たな目で問いかけます。

マンホールのカバーや空っぽの掲示板に一時停止したり不思議に思うことがありますか?

路上をテーマに甲府で出会った二人のアーティストたちが二人展を開催します。

Print the City – 甲府市

Being in Kofu made me want to know, in a physical way, what it is like to live here. I wanted to explore the textures of the city – something that can be felt directly. After a long walk one morning, I decided to make charcoal rubbings of different surfaces. Like woodblock printing, these would be prints of stone and metal from the city. Back in the studio, I turned these prints into drawings, emphasizing gesture and movement by removing certain marks, and adding others with drawing materials. A sense of history and the “artist’s hand” is very important to me. As I worked, the dark charcoal dots left by raised surfaces became pixels that coalesced together and formed patterns and shapes, which reminded me of how digital images are formed.

甲府にいる間、私はここに住んでいることの実感を身体的に知りたいと思っていました。私は直接感じることのできる街の感触を探求したかったのです。そしてある朝長い散歩の後で、街のさまざまなものの表面を木炭で擦りだすことにしました。 木版印刷のように、これらは街なかの石と金属の版画と言えます。スタジオに戻って、私はこれらの版画をドローイングに変え、特定のマークを取り除いてジェスチャーと動きを強調したり、他のものには描画を追加しました。 歴史的な感覚と「芸術家の手」は私にとってとても重要です。 これらの作業を通して、隆起した表面によって残された暗い炭の点は、合体してパターンを形成するピクセルになり、デジタル画像がどのように形成されるかを思い起こさせました。

Similarly, I took an interest in the weeds found on street corners and in crevices – humble plants that nobody pays any mind to. We don’t notice the things around us once we get used to them. Our daily life passes by without much attention paid to many mundane artifacts. Do manhole covers or dandelions deserve pause and wonder? In this digital age of constant information bombardment, it is our attention that the social media industry harvests. In 2017, people in Japan spent over four hours per day on the internet. These attention merchants want us to dedicate more and more time online. Where we put our attention shapes how we act – which directly impacts our world. It is an important choice that we make every day.

同様に、私は街角や道路の裂け目に見られる雑草に興味を持ちました。誰も気にしない謙虚な植物です。一度見慣れると、私たちは周りのものに気付きません。私たちの日々の生活は、多くの世俗的な人工物にあまり注意を払わずに通り過ぎます。マンホールのカバーやタンポポに一時停止したり、不思議に思うことがありますか?デジタル時代の現代、ソーシャルメディア業界が注目を集めています。 2017年に日本人はインターネットで1日4時間以上を過ごしたそうです。インターネット商法は、私たちがオンラインでより多くの時間を浪費することをねらっています。どこに注意を払うかで私たちがどのように行動するかが決まり、これは私たちが行う重要な選択です。

 

A Map For You [AMFY]

A Map For You [AMFY]

2018年6月17日

リリースいたしました。以下サイトからご利用ください。

https://sites.google.com/view/amapforyou/home

A vegitarian, Muslim and Artist friendly map which broadens the world for all people.

こんな地図が欲しかった

多様な価値観があれば

多様なニーズが生まれる

用途に合わせてカスタマイズされた地図を掲載しています

・ベジタリアン・ヴィーガン・ハラルフード対応の、レストランや店

・海外アーティスト向け

[AMFY] team

・井上拓己  Takumi Inoue | 山梨県立科学館プラネタリアン
(地図のテクニカルサポート全般)
・三森なぎさ Nagisa Mitsumori|山梨県地域限定通訳案内士、AIRY通訳
・岸本華子 Hanako KIshimoto|山梨県地域限定通訳案内士、調理製菓、AIRY通訳

/

/

 

 

/

Title: A Reminder of My Innocence | イノセンス

Artist: Latisha Horstink  | Netherlands | April-June 2018

+

Project:  [AMFY] A Map For You |ベジタリアン、ムスリム、アーティストのための地図

Date: 2018. 6.16 sat-17 sun 11:00-17:00

17 sun 14:00-16:00  Artist Talk,  [AMFY] introduction, Live

1drink order

Venue: Café Fluunt フルウント甲府 | 甲府市中央1-1-7

Project Leader: Nagisa Mitsumori, Hanako Kishimoto 三森なぎさ、岸本華子

Detail:

これまで、世界の様々な国からたくさんのアーティストを迎えてきたAIRYでは、彼らの作品制作、展示、そして生活に寄り添ってきました。

外国人アーティストの生活をサポートする中で、ベジタリアン、ハラルフード(イスラム教徒が食べられる物)、アート用品、画材などの情報が載る地図が必要だと感じ、このプロジェクトを始めました。

AIRY has hosted artists from all over the world and supported them on their works, exhibitions and everyday needs. AIRY staff noticed the importance of a map that shows places to get vegetarian or halal food and art supplies in Kofu city. This project “A Map for You” was started for this reason.

今、このプロジェクトに賛同してくださるお店を探しています。お店の情報は、私達の作成するGoogleマイマップ、“A Map for You”に掲載します。さらに地図(URL)は将来的に甲府駅周辺、各大学、飲食店、スーパーなどに置かせていただきます。

amapforyou✩gmail.com までお問い合わせください。こちらから折り返し詳細を返信いたします。

We have been researching shops, cafes and restaurants for the map. Their information will be on Google My Map “A Map for You”. You can find the URL of the map around Kofu Station, universities, cafes, restaurants and supermarkets.

地図は6/16(土)、17日(日)ラティシャ・ホースティンク作品展の日に発表

アーティストトーク、地図紹介、ライブは17(日)14:00-16:00

ベジタリアン、ムスリム、交換留学生、先生方、旅行者、アーティスト、飲食店経営者などに開かれた地図です

みなさまのご来場をお待ちしております。

“A Map for You” URL will be ready on June 16th (Sat) / 17th (Sun)  11:00am-5:00pm

Artist talk, Map project staff’s talk and Music 2:00pm-4:00pm on the 17th(Sun)

Place:  Cafe Fluunt

Iida building 1F 1-1-7 Chuo Kofu, 400-0032

Muslim, Vegetarian, Exchange students, teachers, tourists, artists, cafe owners, restaurant owners, etc.

「Tip-Tip,Plop-Plop 湯気が天井から」@高砂湯

「Tip-Tip,Plop-Plop 湯気が天井から」

高砂湯

山梨県甲府市朝日2-16-10

2018年5月26日(土)27(日)

11:00-18:00

/

 国内外のアーティストが甲府・高砂湯を舞台に〈水〉と〈コミュニケーション〉をテーマに銭湯という空間を多角的に再考する2日間。
This exhibition explores the theme: Water and Communication, with the artwork in various mediums at the former bathhouse Takasagoyu.
/
この展覧会は、海外のアーティストと、県内を拠点に活動するアーティストとが、銭湯の二大要素である〈水〉と〈コミュニケーション〉を切り口に、絵画/音楽/ダンス/文字などのメディアを用いて、多角的に銭湯という空間を再考するコラボレーションである。また舞台となる「高砂湯」の歴史を紹介し、地域との文化交流を図る。

名称:Tip-Tip, Plop-Plop 湯気が天井から

 開催日時:2018年5月26日(土)、27日(土)11:00 – 18:00

主催:アーティスト・イン・レジデンス山梨[AIRY]

協力:高砂湯、 クラフト・タオ、 小澤優美、 BEEK

コーディネーター:神田裕子 渡辺俊仁

会場:高砂湯 山梨県甲府市朝日2-16-10

料金:大人(12歳以上)400円 中人(6歳以上12歳未満)170円 小人(6歳未満)70円

アーティスト:マリ・マキオ/アンバー・アルベット/ヘイッキ・ロンッコ/チョン・ホイ・イ/航舳峻一/中楯純 / 片瀬あや / 坂本泉

イベント:5月26日(土)15:00- 投げ銭制

中楯純《yukue》音楽

片瀬あや & Water Dropsによる即興パフォーマンス

5月27日(日)13:00- 無料

アーティストトーク マリ・マキオ、アンバー・アブレット*通訳あり

 /

TitleTip-Tip, Plop-Plop

 DateSaturday, May 26, 2018 – Sunday, May 27, 2018  11:00am – 6:00pm

OrganizerArtist In Residence Yamanashi [AIRY]

CooperationTAKASAGOYU, Craft TAO, Yumi Ozawa, BEEK

CoordinatorYuko Kanda, Toshihito Watanabe

VenueTAKASAGOYU 2-16-10 Asahi, Kofu

AdmissionAges 12 and over  400yen Ages 6 and over to under 12  170yen  Under 6  70yen

ArtistsMari Mäkiö / Amber Ablett / Heikki Rönkkö / Mel Cheong / Toshihito Watanabe / Izumi Sakamoto

EventsSaturday, May 26  15:00-  Improvisation performance “yukue” by Jun Nakadate

and with the group “Water Drops” (donation)

Sunday, May 27  13:00- Artist Talk  Speakers/ Mari Mäkiö , Amber Ablett

/

参加アーティスト紹介①

Heikki Rönkkö |へイッキ・ロンッコ

Finland

comic

展覧会フライヤーのメインビジュアルを手がけたへイッキ・ロンッコは、フィンランド在住のアーティスト。主に国内で現代漫画を制作し、漫画雑誌のデザイン/編集も行っています。

ロンッコの作品はステレオタイプで単純化されたキャラクターが劇的な作風で描かれ、社会風刺や哲学をテーマにしています。その世界観は、安易な分類への抵抗や、伝統や偏見によって縛られない自由を目指すものです。

へイッキ・ロンッコ|《Bathing Time》
この作品は、高砂湯が開業していた何十年もの間、そこに頻繁に通っていた人々についての、相互的な視覚の物語を重複的に織り交ぜたものです。作品はパブリックな交流と私的なリラクゼーションの空間という温泉の機能について思索します。

Heikki Rönkkö|《Bathing Time》

Bathers is a weave of overlapping and interconnecting visual narratives about people frequenting the Takasago-yu during the decades it was open to public. The work meditates on the function of the onsen as both a space for public interaction and for private relaxation.

/

参加アーティスト紹介②

マリ・マキオ|Mari Mäkiö

Finland

sound installation

 

マリ・マキオ|Mari Mäkiö

《ウォーター・トークス》

この作品は水の音を模したフィンランドの擬音語の音を使用するインタラクティブなオーディオ作品/楽器です。来場者が楽器を弾いたり、自分の水の流れを作ったり、廃業した高砂湯の水の音を再現することを促します。この作品はフィンランド語と日本語のオノマトペの性質と差異、音とイメージの間のつながりと翻訳についての継続中の研究です。

Water Talks is an interactive audio work / instrument that uses Finnish onomatopoeic* phones imitating the sounds of water. It is an invitation to the exhibition visitors to play the tunes, to compose their own flow of water and to bring back the water sounds to Takasago-yu, where these sounds are no longer heard as it is closed from the public. The work is ongoing artistic research of the artist, studying the onomatopoeic qualities and differences in Finnish and Japanese language and the connections and translations between sound and image.

/

参加アーティスト紹介③

チョン・ホイ・イ|Cheong Hoi I

Macau

mokuhanga

《Ms.Fuji in TAKASAGOYU》

I like meditation in bath, relaxing and focus only on the mind.

But being in a sento is totally a different experience, people gather together after work, friends come together after school, grandmom brings their daughters, etc. You will hear people laughing, kids playing, elderly teaching, talking and sharing. Suddenly, bathing is not a private activity, it is more like engaging with our daily life and our community. I want to portrait the same idea for this sento to keep on going.

I love meditation in bath, surrounded by people that you love.

*Hoi I is a former residency artist March 2018 who lives/works in Macau

《高砂湯の富士さん》

私はお風呂で瞑想したり、リラックスしたり、集中するのが好きです。

しかし銭湯で入浴することはまったく違う体験です。人々が仕事帰りに集ったり、放課後に友達が集合したり、お祖母さんが娘たちと連れ立ってきたり…。ここでは人々の笑い声や、遊んでいる子供たちや、年配者たちの教えや話し、共有を聞くことができるでしょう。

とすると入浴は私的な活動ではなく、むしろ私たちの日常とコミュニティの結びつきのようなものです。私はこのアイデアを描写したいと思いました。

私は好きな人々に囲まれながら、お風呂で瞑想するのが好きです。

*ホイ・イはマカオ在住、2018年3月エアリーに滞在した作家です。

/

参加アーティスト紹介④

Amber Ablett|アンバー・アブレット

Norway

installation, conversation

 

《Task》Ablett presents an audio work for two listeners in front of mirrors of bathhouse in languages of Japanese.

“When I go to the Sento, I wrap my hair”

「私は銭湯に行くときスカーフで髪を巻く」

アブレットは、浴室の鏡の前に二人の聴者のためのオーディオ装置を作ります。それは日本語で語られて誰でもこの会話型作品に参加することができます。

/

参加アーティスト紹介⑤

中楯純|Jun Nakadate

sound performance《yukue》

参考作品:《黒の装置》

創業93年の銭湯(!) この特殊な音響環境で音はどのように流れどこに流れ着くのか、その過程をみなさんと共有したい。

Established 93 years ago! I want to share with you how sounds flowing at this particular​ sound environment. ​

/

参加アーティスト紹介⑥

片瀬あや|Aya Katase

improvisation performance with the group ‘Water Drops’

今年に入ってから高砂湯で即興のワークショップを始めました。廃業したそこに湯は張られておらず、からっとした空間。でも確かに目の前には銭湯の空間が広がっている。蛇口、タイル、ケロちゃん、天井のシミや鏡、そうした一つ一つの物事を捉えて踊ってきました。 今回の展覧会では、アーティストによりこれまでにない銭湯空間が広がります。そこで生まれてくる「湯気」や「音」に身体がどう反応していくのか、高砂湯に集まった人たちとそれをいかに共有できるのか、その瞬間の出会いを楽しみにしています。

I have been having an improvisation workshop in former Takasagoyu since March. There is no more hot water in the bath tub. Though it is a very dry space, we danced in reaction to the details of the old bathhouse like faucets, tiles, spots on the ceiling, mirrors, so on. In this exhibition, we will see the reborn Takasagoyu that is filled with “steam” and “sound” created by various artists. I am excited to see how our dancing body meets those elements and how we can share our body and sensation with people who gather in Takasagoyu. It will be a thrilling encounter.

/

参加アーティスト紹介⑦

航舳峻一 | Toshihito Watanabe

http://tosso.jp/

Sweden/Japan

video work

 

《水を手向ける》| 《Offer the water to the altar》

2017年、AIRYチームとして参加した”CAMPBASEL Revisited”(スイス・バーゼル)で撮影した映像作品。神道の装飾を模した祭壇へライン川の水を運び捧げる。川を行く人、湯に浸かる人、閉じてなお人の集う銭湯…場所は違えど、水を通して過ぎゆく日々への手向けとして。編集後はじめての展示です。

A video work shot in “CAMPBASEL Revisited”, Basel, 2017. The recorded performance is ritualistic and dedicated to everyday life related to site-specific water (In the video, a performer scoops water from Rhine river and offers the water to an installation modeled after Shinto decoration). It’s being shown for the first time in public.

/

参加アーティスト紹介⑧

坂本 泉|Izumi Sakamoto

http://izumimuzi.exblog.jp

《オアシスを探して》| 《Searching for Oasis》

紙、写真|paper, photography

水辺を求めて移動を重ねるプロジェクト:

旅先で水辺を探して、持参した紙を水に浸しては乾燥させるをくり返す。何も描かれないし何も作られない。ただ、オアシスを求めて移動するという行為が記録されていく。アートへの問いかけとしての行為であり、それ自体が「作品」となる。一カ所に留まらずに常にかたちを変えて流動的に生きる水に対しての憧れがある。

This project is searching for waterfronts and transferring. Looking for waterfronts during traveling and repeating to soak papers into the water and dry. No drawing, No creating anything. This is simply records of traveling to seeking Oasis. It is an act as calling to art, and it is also an artwork itself. I long for water because it constantly changes shape and being fluidly without staying in one place.

/

 

【高砂湯クロニクル】

コーディネーター神田裕子によるインタビューを元に「高砂湯クロニクル」を展示します。
The meaning of Takasagoyu Chronicle, The owner Fukuoka Family a long term history.
高砂湯の90年に渡る長い歴史を辿るとき、現オーナー福岡二三子さん(現在96歳)が前職である増冨・天使園で戦争孤児たちの養護に当たった時代は外せません。
父池田九郎氏が戦後設立した「瑞牆山少年の町天使園」を献身的に運営して「ふみこ先生」と慕われました。
その後しばらくして縁あり甲府の高砂湯へ入った二三子さん、多くの人に安らぎを与えた銭湯は昨年閉業しましたが、今でも天使園時代の教え子さんたちが甲府を訪ねてくることを楽しみにしています。
参考:山梨日日新聞1992年(平成4年)記事

/

 ①へイッキ・ロンッコ|《バスタイム》

Heikki Rönkkö (Finland)|Bathtime
この作品は水と熱の視覚的な物語です。
Bathtime is a visual narrative of water and heat.

/

②マリ・マキオ|《ウォーター・トークス》

Mari Mäkiö (Finland)|Water Talks

この作品は水の音を模したフィンランドの擬音語の音を使用するインタラクティブなオーディオ作品/楽器です。来場者が楽器を弾いたり、自分の水の流れを作ったり、廃業した高砂湯の水の音を再現することを促します。この作品はフィンランド語と日本語のオノマトペの性質と差異、音とイメージの間のつながりと翻訳についての継続中の研究です。

Water Talks is an interactive audio work / instrument that uses Finnish onomatopoeic* phones imitating the sounds of water. It is an invitation to the exhibition visitors to play the tunes, to compose their own flow of water and to bring back the water sounds to Takasagoyu, where these sounds are no longer heard as it is closed from the public. The work is ongoing artistic research of the artist, studying the onomatopoeic qualities and differences in Finnish and Japanese language and the connections and translations between sound and image.

/

③チョン・ホイ・イ|《高砂湯の富士さん》

Cheong Hoi I (Macau)|Ms.Fuji in Takasagoyu

お風呂で瞑想したり、リラックスしたり、集中するのが好きです。しかし銭湯で入浴することはまったく違う体験です。人々が仕事帰りに集ったり、放課後に友達が集合したり、お祖母さんが娘たちと連れ立ってきたり…。ここでは人々の笑い声や、遊んでいる子供たちや、年配者たちの教えや話し、共有を聞くことができるでしょう。とすれば入浴は私的な活動ではなく、むしろ私たちの日常とコミュニティの結びつきのようなものです。私はこのアイデアを描写したいと思いました。私はあなたの好きな人々に囲まれながら、お風呂で瞑想するのが好きです。

I like meditation in bath, relaxing and focus only on the mind. But being in a sento is totally a different experience, people gather together after work, friends come together after school, grandmom brings their daughters, etc. You will hear people laughing, kids playing, elderly teaching, talking and sharing. Suddenly, bathing is not a private activity, it is more like engaging with our daily life and our community. I want to portrait the same idea for this sento to keep on going. I love meditation in bath, surrounding by people that you love.

/

④アンバー・アブレット|《銭湯に行くとき、私は髪をスカーフで巻く》

翻訳:三森なぎさ  朗読:井野美奈

Amber Ablett (Norway) |When I go to the sento, I wrap my hair in a scarf

Translation by: Nagisa Mitsumori

Read by: Mina Ino

これは鑑賞者を銭湯の鏡の前に座らせて、自分自身を見ている間にテキストを聴いて読む、テキストと音と映像の作品です。この作品を通して、アンバーは身体や自己認識、私たちが共に生きる方法についての問いを切り開こうと試みます。女性で英国人、アイルランド人、母国ノルウェーではトリニダード人のアーティストである立場から、アブレットは場所、国籍、アイデンティティ、そして言語の広域で現代的な社会の問題について取り組もうとしています。彼女の仕事は、私たちのアイデンティティと言語がともに社会によって構築され、制御されていたら、私たちが誰であるかを明らかにし、理解するためのルートにならないでしょうか?

A sound, text and image work where the audience are invited to sit in front of the mirrors in the sento to read and listen to a text while looking at themselves. Through this work, Amber is trying to open up questions of the body, self-identifying and the way in which we be together. From her position as a female, British, Irish, Trinidadian artist at home in Norway, Ablett seeks to engage with wider contemporary social questions of place, nationality, identity and language. Her work investigates whether, if our identity and language are both constructed and controlled by the society around us, can speaking be a route to revealing and understanding who we are?

/

⑤中楯純|Jun Nakadate

sound performance《yukue》

 

/

⑥片瀬あや|Aya Katase

improvisation performance with the group ‘Water Drops’

/

⑦航舳 峻一|《水を手向ける》

Toshihito Watanabe|Offer the Water to the Altar

2017年、AIRYチームとして参加した”CAMPBASEL Revisited”(スイス・バーゼル)で撮影した映像作品。神道の装飾を模した祭壇へライン川の水を運び捧げる。川を行く人、湯に浸かる人、閉じてなお人の集う銭湯…場所は違えど、水を通して過ぎゆく日々への手向けとして。編集後はじめての展示です。

A video work shot in “CAMPBASEL Revisited”, Basel, 2017 (Participated as a member of AIRY). The recorded performance is ritualistic and dedicated to everyday life related to site-specific water (In the video, a performer scoops water from Rhine river and offers the water to an installation modeled after Shinto decoration). It’s being shown for the first time in public.

/

⑧坂本 泉|《オアシスを探して》

オアシスを探して |  Searching for Oasis

水辺を求めて移動を重ねるプロジェクト旅先で水辺を探して、持参した紙を水に浸しては乾燥させるをくり返す。何も描かれないし何も作られない。ただ、オアシスを求めて移動するという行為が記録されていく。アートへの問いかけとしての行為であり、それ自体が「作品」となる。一カ所に留まらずに常にかたちを変えて流動的に生きる水に対しての憧れがある。

This project is searching for waterfronts and transferring. Looking for waterfronts during traveling and repeating to soak papers into the water and dry. No drawing, No creating anything. This is simply records of traveling to seeking Oasis. It is an act as calling to art, and it is also an artwork itself. I long for water because it constantly changes shape and being fluidly without staying in one place.

感謝|Appreciation

会場:高砂湯 福岡二三子、由紀子、裕莉香
フライヤー:ヘイッキ・ロンッコ、BEEK/土屋 誠
音響:桜座/瀧野充
レーザーカッター:SMART DIYs、DEPOS Inc/宮川しおり、Studio Pellet/笹本貴之
映像出力:小嶋三樹
展示台製作:遠藤昭彦
カッティングシート:クラフトタオ/津野田秀一
のれん製作:小澤優美
のれん文字:山田蒼岳
出店:ブーランジェリーパンぺパン、駄菓子屋ともだち/金 亮子
ミヤケンカフェ/宮本賢一朗
通訳:三森なぎさ、渡辺俊仁
コーディネーター:神田裕子、渡辺俊仁
番台:田代蒼流
搬入搬出:沢海さん、ゆうじろうさん

助成:山梨メセナ

special thanks:Daniel Miller

staff all stars

報道 | Media

UTYテレビ「ウッテイタウン6丁目」

朝日新聞山梨版

日本経済新聞  電子版

山梨日日新聞 コラム

/

See you again 再會 またあいましょう!

 

Amber Ablett/Norway

Amber Ablett

Norway

 www.amberablett.com

Performance, text, conversation, research, sound, video

residency May 2018

/

アンバー・アブレット

ノルウェイ

パフォーマンス、テキスト、会話、リサーチ、音、ビデオ

2018年5月滞在

/

Amber Ablett works with conversation, research, performance and text, with a step away from the spectacle, rather concentrating on the long term ponderings that art can introduce. From her position as a female, British, Irish, Trinidadian artist at home in Norway, Ablett seeks to engage with wider contemporary social questions of place, nationality, identity and language. Her work investigates whether, if our identity and language are both constructed and controlled by the society around us, can speaking be a route to revealing and understanding who we are?

Ablett’s work takes the form of long term investigations into the way we communicate and relate to language, shared with audiences through sounds and video installations and performance events. There is a strong emphasis on the discussions that art works can provoke outside of the gallery space.

In Bergen, I run a small café within an art center, with an aim to continue the dialogue around the exhibitions shown in the main gallery space. Rather than in a lecture or in a seminar, we see the best place to talk about art to be with friends over food or drinks, and we bring this ideology to the way that we run the café.

I would like to hold a similar one-off event at AIRY, where we can use the dinner table and food as an informal and horizontal environment to talk. Basing an artist presentation over a meal rather than as a formal presentation, I would hope to leave room for talking and discussion so that I am also learning from those around me.

/

 作家は見ている光景とは少し距離をとりながら、対話やリサーチ、パフォーンス、テキストを用いて制作を行う。そして人々とアートを引き合わせるような長期的なアイディアにかなり集中している。女性として、またはイギリス、アイルランド、トリニダード系のアーティストとしてのノルウェーでの彼女の立場から、場所、国籍、アイデンティティ、言語という現代の社会問題と関わり合うことに努めている。彼女の作品の中で私たちのアイデンティティや言語が社会によって構成され、コントロールされているかどうか、話すことが私たちが一体何者であるのかを明らかにし理解する方法になりうるのかどうかということを研究している。

アブレットの作品はコミュニケーション方法や言語に関係する長期間の調査という形をとり、音や映像、インスタレーション、パフォーマンスなどを介して人々と共有する。そこにはアートワークがギャラリースペースの外へも影響を及ぼしうるような議論をもたらす非常に力強いものがある。

作家はノルウェーのベルゲンでアートセンター内にある小さなカフェを運営している。目的はギャラリースペースの展示についての会話をそこで続けてもらうことにある。教えたり、セミナーを開いたりすることというよりいう信念がある。甲府の滞在においても、食べ物を囲んで日常的で形式ばらない、だれもが横並びで平等に話せるような会を開きたいと思っている。一方的なフォーマルなプレゼンテーションではなく、議論や会話が生まれ、その中から学びを得られるようなものにしたい。translation: Mina Ino

/

AUDIO SCRIPT FOR PERSON A:

 

When I go to the sento I wrap my hair in a scarf.

When I shower,

go out in the rain,

the sauna.

I keep my head above water when I swim.

I never jump in.

I wash my hair once a week,

when I am alone, I dry it.

Pull out the curls.

私は銭湯に行くときスカーフで髪を包む

シャワーを浴びるときは

外で雨にあたり、サウナにゆく

 

私が泳ぐとき顔は水面からあげておく

飛び込んだりはしない

髪を洗うのは週に一度

一人になって、髪を乾かす

くせっ毛を引っ張りながら

 

(Take the piece of paper from the person next to you. Say thank you.

When you have finished reading it, give it back to them.

Pick up the middle piece of paper in front of you.

When you have finished reading it, give it to the person next to you).

(隣の人から一枚の紙をもらって下さい。ありがとうを言って下さい。

その紙を読み終えたら、その人にそれを返し、前にある真ん中の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

Someone’s mother scrubbed me with soap

and I remembered how I miss my Nanny Phil.

She called her stomach her pillow

and it was for other people to lie on.

誰かのお母さんが石鹸で私を洗ってくれた

すると私は、おばあちゃんがとても恋しくなった。

おばあちゃんは自分のお腹を枕と呼んでいた

そして本当にそこに誰かが横たわったりした。

 

 

 

(Pick up the third piece of paper infront of you.)

(目の前の三枚目の紙を取ってください)

 

If I play this part, I get to choose.

To be able to choose, to pretend I can.

To have a voice, even though I can’t get to the microphone.

I am disguised as myself.

これを演じるとしたら、選ばなければならない

選ぶことを可能にするために、できるというフリをしないとならない。

声を上げるために、例えマイクがなかったとしても。

私は自分の身体を覆っている

 

(When you have finished reading it, give it to the person next to you.)

(その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

Alone, but still on view

through my eyes they say,

that’s not how a body should look.

Here I think we own our own ourselves.

I’m not sure how to take mine back.

孤独、しかし自分の目には映るもの

そんなのは本来、体が見られる方法ではない。

人は皆、自分というものを所有していると考える。

どうやったら私自身を取り戻せるのかは、確信が持てないのだけれど

 

 

AUDIO FOR PERSON B:

 

(Pick up the first piece of paper in front of you.

When you have finished reading, give it to the person next to you).

(目の前の一枚目の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

When I go to the sento I wrap my hair in a scarf.

When I shower,

go out in the rain,

the sauna.

I keep my head above water when I swim.

I never jump in.

I wash my hair once a week,

when I am alone, I dry it.

Pull out the curls.

私は銭湯に行くときスカーフで髪を包む

シャワーを浴びるときは

外で雨にあたり、サウナにゆく

 

私が泳ぐとき顔は水面からあげておく

飛び込んだりはしない

髪を洗うのは週に一度

一人になって、髪を乾かす

くせっ毛を引っ張りながら

 

 

(Take the piece of paper from the person next to you.

Put in back in front of you.

Pick up the middle piece of paper in front of you.

When you have finished reading, give it to the person next to you).

(隣の人から紙を受け取ってください。それを前に置いてください。

目の前の真ん中の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

When I go to the sento, I remove my clothes but I keep my disguise.

I disguise myself as myself,

as who I think I am

as who I think I should be

as who I want to be

as who I think you want me to be.

I feel like I ought to feel guilty, and isn’t that the same thing.

You can see our similarities,

there is no difference to scare you into politeness.

私は銭湯に行くとき、服を脱ぐけれど身体は覆ったまま

自分らしさを覆っている

つまり私たるもの

つまりあるべき私

つまりなりたい私

そしてあなたの望む私

罪悪感を感じていないといけないような気持ちだけれど

それって同じことじゃない?

私たちは似た者同士よ

あなたを怖がらせるような礼儀と何も変わらない

 

 

Alone, but still on view

through my eyes they say,

that’s not how a body should look.

Here I think we own our own ourselves.

I’m not sure how to take mine back.

孤独、しかし自分の目には映るもの

そんなのは本来、体が見られる方法ではない。

人は皆、自分というものを所有していると考える。

どうやったら私自身を取り戻せるのかは、確信が持てないのだけれど。

 

(Take the piece of paper from the person next to you. Say thank you.)

(隣の人から紙を受け取ってください。ありがとう、と言ってください)

 

If I play this part, I get to choose.

To be able to choose, to pretend I can.

To have a voice, even though I can’t get to the microphone.

I am disguised as myself.

これを演じるとしたら、選ばなければならない

選ぶことを可能にするために、できるというフリをしないとならない。

声を上げるために、例えマイクがなかったとしても。

私は自分の身体を覆っている

Translation: Nagisa Mitsumori

クリーニング@高砂湯

C L E A N I N G @ Takasago-yu

日曜日の午後お時間ある方、銭湯に興味のある方ぜひご参加ください!

日時:4月22日(日)13:00-16:00
場所:甲府市朝日2-16-10
途中参加・途中退場可能
汚れてもよい服装で、掃除用具ある方はご持参ください
デッキブラシ、バケツ、雑巾、クレンザーなど
/
甲府駅から北へ徒歩10分
駐車場はありません、以下ご利用ください。
山梨病院併設「パークジャパン 山梨病院東側駐車場」徒歩3分https://yamanashi.jcho.go.jp/wp-content/uploads/2015/05/tyusyajyouyuuryouka.pdf
/

「Tip-Tip, Plop-Plop 湯気が天井から」@甲府市 高砂湯
5月26日(土)27日(土)
国内外アーティスト多数参加、詳細近日発表
趣旨
高砂湯は昨年9月に90年以上に及ぶ歴史に終止符をうって閉店した銭湯です。旧高砂湯と呼ぶのが相応しいのですが、長きに渡り人々に入浴と交流の場所を提供してきた福岡さん、その場を守ってきた皆さんに敬意を表してそのまま「高砂湯」と表現しています。
この空間がこれからも人々の憩いの場所でありますように
という願いを込めて<水>と<コミュニケーション>をテーマに銭湯という空間を多角的に再考する2日間を開催します。

*visual image: Heikki Ronkko/Finland

Had a studio visit of Saari residence Finland

Had a studio visit of Saari residence Finland the director Leena Kela on 11th April @OpenAIRY. The director Leena Kela.

Saari Residence: https://koneensaatio.fi/en/saari-residence/presentation/

 

*image from https://www.instagram.com/saariresidence/?hl=ja

フィンランドのエレベーター製造会社「Kone」が運営するファンデーション(9名)とレジデンススタッフ(6名)が常駐する。ヘルシンキから西へ約100km、Turkuトゥルクに近い。

「Saari」はフィンランド語で小島を意味し、今年で開設10年を迎える。

今回迎えたディレクターのリーナ・ケラはパフォーマンス・アーティスト

通常は二か月単位で滞在を世界各国から受け入れ(最大9作家)

夏季は多ジャンルのアーティスト・グループを合宿形態で受け入れ(最大25名)

モットーは「Saari Well」:井戸の周りに集まって世間話をしながら、アーティスト同志また近隣の人が親しくなって相互理解を深める。大陸または大国(ヨーロッパ各国とロシア)から離れて一定の距離を保っている地理上の特徴あり。いわゆる辺境という意味で日本のスタンスと共通点あり。

・大自然の中で非日常を味わう

・制作に集中できる環境で深く自分を探求できる

・緩い規定、プレッシャーかけない、縛りは少ない

/

6名のレジデンススタッフは

ディレクター

コーディネーター

ホステス(時に食事など用意)

ガーデナー/プラマー(施設メンテナンス)

コミュニティーアドバイザー

プロジェクトアドバイザー

/

世界のAIRとどのようにネットワーキングできるか?

互いの蓄積をどのように共有するか?

どのように未来の世界を形成するのか?

運営母体や規模に差はあるもののいくつかの点で共通理解を持てましたし、世界に同じ思いの人がいることに励まされます。

しかし、運営スタッフの充実ぶりはホントにうらやましい限り。。

AIRYエアリー書道教室

Thursday Calligraphy class stared now for any ages and residency artists.

AIRYエアリー書道教室

 

「学校帰りに少し寄り道をする感覚で、気楽に書道を習いたい」

そんな声にお応えして、この度”AIRY書道教室”を開講いたします。

”AIRY”は、舞鶴小学校の西側向かいにある芸術制作を行う場所です。

指導の内容は、子供向けに学校で習う手本を中心に書の基本を

緩く、楽しく教えます。もちろん、大人の方の参加も歓迎いたします。

・道具を持ち歩く必要なし

・筆や硯を洗う必要なし

気軽に通っていただけるよう
紙、墨などの消耗品と道具一式(筆、硯、文鎮、下敷き)
のレンタル料込みの回数券制にしております。

開催日時:毎週木曜日 16:00-18:00  *時間中出入りは自由

授講料: 1回 ¥1,000

・10枚綴りの回数券をご購入ください。
・回数券購入時に、保護者と本人の氏名、住所、連絡先を
ご登録ください。
※回数券の使用期限は購入日より4ヶ月
※書道会への登録はしませんので昇級はありません。
(登録希望の方はご相談ください)
※休講する際の個別のお知らせはありません。

ーーー

<場所>AIRY アーティスト・イン・レジデンス山梨

山梨県甲府市丸の内2-37-2  二階スタジオ

<講師>山田 蒼岳 1981年 山梨県甲府市生まれ 徽墨会師範
お問い合わせ:E-mail:sougaku22@gmail.com 電話:090-2201-3801