Anna Stahn/Denmark

Anna Stahn

Denmark

http://annastahn.dk/

Text, Sculpture, film

residency 2018 November

/

アナ・スターン

デンマーク

文筆、彫刻、映像

2018年11月滞在

I live and work in Copenhagen. I am a visual artist, writer and filmmaker, often combining all three medias in film, drawing or installation projects.
Aesthetically and content-wise, I am interested in sociality and finding ways of working in social plat-forms, but keeping a strong sense of own-style and handwriting. Beside my own praxis I participate in a lot of collaborations and run a weekly writing group at the art academy in Copenhagen. Here, we develop student-based teaching, respond to each other’s work and create new work collectively. I also run a small publishing house Longetti with a Danisg writer Julia Bertelsen, we publish short stories, essays and non-fiction.
Another continuous element in my works ate the use of garnish, hobby materials, make costumes, wearable sculptures, social performance experiments,
and write poetry in a consumerist pop language to investigate the feminine, the comic and the cute.
I feel related to artist as Isa Genzken, Meret Oppenheim and writer Hiromi Ito and young poets writing in the genre ‘Gurlesque’ (girly and grotesque) in this interest.
My work have been published in several magazines in Denmark and in one New York based magazine, I have published two small books.
In the past years I have been making a collaborative film project with colleagues
in Tokyo, the collaboration gained both aesthetic experience, language
experience and helped me find new potential for works, expanded my skills and
thoughts and I wish to return and learn more, collaborate with more Japanese
artist who work differently from me but whom I share visions and interest with.

私はコペンハーゲンを拠点に活動するビジュアルアーティスト、映像作家、文筆家です。それらの活動を組み合わせて映像や描画、インスタレーション作品を制作します。
社会性に関心があり、SNSなどソーシャルプラットホームの中で働く方法を探しています。しかし、自分のスタイルの強い感覚や手書きを継続してもいます。さらに、多くのコラボレーションに参加したり、コペンハーゲンにて毎週のライティンググループを運営したりしています。このグループでは互いの作品について意見しあったり、共同で制作を行うと言った生徒が中心となる学び方を開発しています。また、小さな出版社『 Longetti / ロンゲッティ』も他のライターと共同運営し、短編集やノンフィクションのエッセイなどを出版しています。私の作品の中の要素は他に、装飾や好きな素材を使うこと、衣装や着用可能な彫刻の制作、社会的性能の実験、詩を通して女性らしさを理解すること、漫画、可愛いものなどがあります。
日本の詩人伊藤比呂美などに共感を得ることがあるが、若い世代のグロテスクと可愛さが混ざっているジャンルにも興味があります。
数年の間、東京で合作映画制作に携わりました。それは仕事につながる出会いや技術や視野を広げる美しい経験でした。自分とは全く異なる日本人のアーティストと共同制作を行ったり、意見や関心について話してみたいです。Translation:Mina Ino
/
/

Anna Stahn, the writer of ‘Daily Miracle’ and Yukako Atsuchi, the Japanese translator will read the text ’Bathhouses’ together out loud at the exhibition in the closed Takasagoyu Kikunoyu Onsen bathhouse in Kofu as a performance for the opening in English and Japanese.

‘Daily Miracle’ is a small book containing four short stories and various illustrations of painted prints and will be published in Japan this autumn Friday afternoon. Its about sorority, fallen-fruits, jealousy and companionship and translated by gifted translator and reader Yukako Atsuchi into Japanese.

「デイリーミラクル」著者のアナ・スターンと翻訳者の厚地由佳子は、高砂湯で開催される展覧会において、「バスハウス」を英語/日本語の二か国語で読み上げるパフォーマンスを行います。

これは4つの短編小説とさまざまな挿絵入りの小冊子です。甲府での展覧会のパフォーマンスのための新作です。それは、女子高生、堕落したフルーツ、嫉妬と仲間のことを表しています。英語と日本語二か国語で朗読されます。翻訳家で読者でもある厚地由佳子が日本語に翻訳しました。

 

[Daily Miracle] It consists of four short stories by bilingual
Anna Stahn
Translated to Japanese by Yukako Atsuchi
Participatory reading performance English & Japanese /参加型朗読パフォーマンス日英
.
Day 1 : [Bathhouse] with Yukako Atsuchi  厚地由佳子
.
Day 2 [Gardener] with Araya Michika 新谷みち香

Yuyen Lin-Woywod/Taiwan, Germany

林于嫣

Yuyen Lin-Woywod

born in Taiwan, works in Germany

http://cargocollective.com/yuyenlin

video, installation

AIRY residency November 3-15th 2018

Move Arts Japan [MAJ] artist

/

ユウイェン・リンウォイウッド

台湾生まれ、ドイツ在住

ビデオ、インスタレーション

2018年11月3-15日 エアリー滞在

Move Arts Japan [MAJ] 招へい作家

/

Residence plan
I grew up in Taiwan and later moved to Germany. When I go to a new place, I always search for cultural similarities and differences between Taiwan. I am currently researching language. My grandmother spoke Japanese and Taiwanese, but I only speak Mandarin, English, and German. I want to create a story and a tutorial for which body language can be used in the places I stay. Every region has a special body language. I want to find out which kind of body language is unanimous for everyone.

レジデンス プラン
私は台湾で育ち、その後ドイツに移住しました。私は、新しい場所に行った際に常に(その場所と)台湾の文化的な類似点と相違点を探します。現在私は、言語を中心に研究を行っています。私の祖母は日本語と台湾語を話しましたが、私はマンダリン(中国の標準語)、英語、ドイツ語しか話せません。私は滞在する各場所でボディー・ランゲージを使用できるストーリーと説明書を作成したいと考えています。各地域には特別なボディー・ランゲージがあります。私はどのような種類のボディー・ランゲージが誰にとっても有効であるのかということを知りたいと考えています。

Artist profile
1) “We can’t come from nothing.” Taiwan & Europe Exchange Exhibition, HaoHaus, Taipei, Taiwan, 2018
2) “Membrane” Project by documenta 14, Athens & Cassel, 2017
3) “”MASS” solo exhibition, Kulturbahnhof Stellwerk, Cassel, Germany, 2017

Base of activity: Berlin, Germany; Taipei, Taiwan
Media Used: Moving image, installation

My videos are using experimental mix digital pictures with a mixture of found footage, as well as performance, in order to rethink the relationship between Internet media and social communities. My work focuses on transforming daily life activities into theatrical staging. In my practice, I use unofficial memories to facilitate the re-enchantment of national and family history, while recreating the realities that surpass reality at the same time.

アーティスト プロフィール
1)2018年、台湾、台北、ハオハウス、台湾・欧州交流展:『We can’t come from nothing.(私たちは無から何も生まない)』
2)2017年、アテネ&カッセル、ドクメンタ14:「Membrane(膜)」プロジェクト
3)2017年、ドイツ、カッセル、Kulturbahnhof Stellwerk:個展 “MASS(質量)”
主な活動地域:ドイツ、ベルリン/台湾、台北
使用メディウム:動画、インスタレーション
私の動画作品は、実験的に(様々な画像を)ミックスしたデジタル写真を使用しています。また、私はインターネットメディアと社会的コミュニティの関係を再考してきました。作品では、日常生活の様子を演劇的な演出に変えることに焦点を当てています。私の芸術的実践では、国家と家族の歴史の再発見を促すために個人的な記憶を使用し、現実を超えるリアリティを再現したいと考えます。

/

プログラムタイトル:Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム

助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
主催:(社)コマンドN
協力:アーツ千代田 3331、AIR 3331、ゼロダテアートプロジェクト、Artist in Residence Yamanashi[AIRY]、Art Space 寄す処、AYUMI GALLERY/CAVE AIR、Asialink Arts (University of Melbourne)、BigCi、 PAIR (Artist in Residence Pier-2)
プロジェクト名:Move Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム2018
ウェブサイトリンク:https://movearts.jp/

/

【AIR 3331が連携するMove Arts Japan アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2018とは?】
ポータルサイトの運営を軸に「移動型 AIR プログラム」を提案するMove Arts Japan:以下MAJは、初の試みである海外との交換プログラムを実施。MAJがこれまでに培ってきたネットワークを活かし、国内6団体、海外3団体と連携してプログラムを運営します。アーティスト主導型の旅で、能動的に見つけた視点をリサーチ結果として、アーツ千代田 3331にてアーティストトークと成果物の展示を行います。

/

Lost in translation- Workshop for gesture

 失われた翻訳 – ジェスチャーのためのワークショップ

日時:11月14日(水)13:30-14:30

会場:AIRY二階スタジオ

無料、予約不要、通訳あり

「ジェスチャーとは何か?ジェスチャーは、アイデアを表現したり意味を伝えたりするための、身体の一部、特には手や頭の動きを意味する。ラテン語では、動詞のジェスチャー(L.gerere)とは、身体の管理や、自分自身と身体を運ぶ方法を指す。現代イタリア語では、『管理する』という意味を表す。
普遍的なもののように見えるかもしれないが、ジェスチャーには特定の社会的、制度的、および一時的歴史の中に常に埋め込まれている、単純で意図しないものから複雑化された模倣的なものまで、さまざまにコード化された行動やコミュニケーションが含まれる。」

本日の私たちのワークショップでは、さまざまな文化や状況におけるミメーシス(模倣)や、コントロール(行動)について話します。

ワークショップ概要(所要時間:45分)
– ジェスチャーと身振りを明確化する(約10分)
– ジェスチャーの例を挙げ、参加者はジェスチャーの文化について考察を行う
– 諸外国、または日本の異なる地方の文化・ジェスチャーを比較
自分だけのオリジナルのジェスチャーを作成(約20分)
– 成果として短いビデオクリップと写真を撮影

/

“What is a gesture? By definition, a gesture is a movement of a part of the body, in particular the hand or head, which is intended to express an idea or convey meaning. In Latin the verb gestuare refers to the management of the body or how to carry oneself and the body. In modern Italian gestire means “to manage.”

Gestures include a wide spectrum of codified behaviors and communication—from the simple and unintentional to the complex and mimetic—which might seem universal but are always embedded within specific social, institutional, and temporal histories.”

For today our workshop we will talk about Mimesis, Control (behavior) in different Culture and situations.

Rundown for the Workshop (duration 45min)

-How we definite the gesture and the sign language.(around 10 min)

-The gesture example and to invite the participator to think about the gesture in their culture.

– to compare the gesture in different culture and province in Japan or other countries.

Make an own gesture.(around 20 min)

-Take short video clip and picture as result.

/

/

[Fat Girl]2016  video  1min.17sec.

The girl was crying in sadness as she kept squeezing out her body fat in the scene. Everyone is worried about the body shape these years, especially females. At first people tried to avoid obesity because it causes illness and could be fatal. From 1960s the concept of thinness disseminated from media, and the idea of beauty of thinness is deeply ingrained in the society, and it is like a collective ideology so widespread to the extent of compulsiveness because no one wants to be different from the others. Thinness becomes a fashion that represents the anxiety and nervousness.

彼女はバスルームで体脂肪を絞り、悲しみで泣いていました。 今日では誰もが体型を心配する風潮があり、特に女性はその傾向があります。 まず人々は肥満が病気を引き起こし、致命的になる可能性があるためそれを避けようとしました。 1960年代からメディアから発信された痩身信仰、痩せていることが美しいという考えは、今でも社会に深く根ざしています。そして人々は他者とは異なることを望んではいないので、痩身信仰は強制力を持って社会に広がり、集団的イデオロギーとなったのです。 痩身は不安と緊張を表すファッションです。

Tsai Kuen-lin/Taiwan

Tsai Kuen-lin

Taiwan

tsaikuenlin.com

Painting, Mixed Media, Sound sculpture, Printmaking, Photography, Video, Public art

residency October 2018

/

ツァイ クエン・リン

台湾

絵画、ミクストメディア、サウンドスカルプチュア、版画、写真、ビデオ、パブリックアート

2018年10月滞在

 

Born in Tainan in 1979, Tsai Kuen-Lin graduated from the MFA Program in New Media Art at the Department of New Media Art of the Taipei National University of the Arts, BFA Program at the Department of Fine Arts of the National Taiwan University of the Arts, and Fu-Hsin Trade and Arts School respectively.

Currently, the artist works in Taipei. In recent years, he has been using sound and plastic pipes as the basic elements for his creative expression. He aims to use hearing in order to affect the inertial thoughts people usually have towards space and place. By means of dislocation the audience is allowed to rediscover the space.  The material itself is the artist’s communication tool, he collects sounds, images and stories to transform them into art forms, try to present for people—in digital age, we always ask everything to be quick and easy but eventually only consumption left, because human nature is greedy. Therefore he believes it is important to use the senses to experience the real things, even sometimes it is very slowly; and he think the arts is a good medium of experience, through participation in art, people can get new experiences, and try to change their life with the new experience.

Solo exhibitions include: “The Invisible Sound” at Liang Gallery in Taipei in 2016, “Treesure House” at Waterloo Arts in Cleveland in 2015, “As We Hear/Say” organized by the Taishin Bank Foundation for Arts and Culture in 2015, “Transformation of Experience” at 789 Chicken Farm in Taoyuan in 2013, and “Sound Home” at Kuandu Museum of Fine Arts in 2011.

1979年台湾生まれのツァイ・クエン−リンは、復興商工職業学校、国立台湾美術大学 のファインアーツ学部でそれぞれ美術を学んだのち、修士課程ではニューメディアアーツを 専攻し卒業。

現在作家は台北を拠点に活動し、この数年はサウンドとプラスチックパイプを用いて制作、表現をしてきました。彼は、場所や空間に対して人々が持っている慣性的な思考に影響を与えるために聴力を使うことを目指しています。混乱によって聴衆は空間を再発見することができるのです。

材料そのものが作家のコミュニケーションツールである。彼はサウンド、イメージや物語を集め、アートへと形を変え、提示を試みます。このデジタル時代、常に私たちは スピードや容易であることをすべてに求めますが、結局消費することだけが残ります。なぜならば欲深さが人間の本質であるからです。それゆえに、彼はたとえそれが時間を要することがあっても、実際に物事を体験するという感覚を使うことが大切だと信じています。またアートは体験をするいい媒体だとも考えています。アートへ参加することを通して、新しい体験を得られますし、それが生活や人生を変えることもあるのです。Translation: Mina Ino

/

「台湾屋台飯」アートと胃袋

日時:10月17日(水)12:00-13:30

会場:甲府市丸の内2-37-2 AIRY2階スタジオ

講師:ツァイ クエンリンTsai Kuen-Lin /台湾

参加費:800円(当日受付で支払い)

要予約:定員10名 16(火)までにDMまたはメールで申し込む(お名前と連絡先)

食材用意の都合上、必ず予約の上でご参加ください。

通訳:三森なぎさ

概要:作家は以前台湾で料理人の経験があり、甲府での滞在中に地域の人々に台湾料理をふるまい、いっしょに食事する会を開きたいと考えています。あたたかい食事をとりながら、彼の作品に登場するパイプや音について話したり、参加者からは体験談や地域の話を伺いたいです。そこで作家のことを知ってもらい、制作のヒントを得たいです。また、地域のイベントに参加して日常生活を体験することができれば、面白い物語を得ることができるでしょう。食を通してアートと私たちのことを考えることに興味がある方におススメします!

We can cook with local people, and get a warm lunch, discourse about the sounds, hearing experience, and the local stories, they can know me by this lunch, I also can get some material maybe.

Also, I like to join the public events, if I can go to the local people life, I think I can get more different and interesting stories.

 

 

Julie-Ann Simpson /Scotland

Julie-Ann Simpson

UK/Scotland

http://www.julie-annsimpson.com/

painting, drawing, printmaking

residency October-November 2018

/

ジュリー・アン シンプソン

イギリス

絵画、ドローイング、版画

2018年10月―11月滞在

 

Painting is an act of preservation.  Through painting we allow ourselves time to understand and visualise our ideas and emotions and to engage in critical reflection.  Time spent sitting in the studio, looking at the work, is a crucial period of active stillness.

There is something inherently compelling in the slow motion of painting; its static dynamism which records a passage of time; the hesitation before starting a line, a chaotic flurry of paint, considered, rhythmic marks.

In many ways these processes which make up the act of painting have become significant themes within my work as well.  Initially using observations and memories as starting points, my practice is often an attempt to make visible that which is unseen or intangible.

In some ways, I employ a synesthetic approach, exploring the language of painting to describe a sensory experience.  My work addresses the idea of liminality and everyday juxtapositions; the porous boundaries between interior and exterior spaces, man and nature, dreams and reality.  The paintings sit in that transitional place, often beginning as representations, but eventually seem to slip into ambiguous afterimages.

絵画とは保存するという行為です。絵を描くことを通して、私たちは自分の考えや感情を理解し、視覚化し、批判的な反省をする時間を得ます。スタジオに座って作品を見ている時間は、活発だけど静かな重要な期間です。

絵筆のゆっくりとした動きは本質的に魅力的で、その静的ダイナミズムは時間の経過を記録します。線描を始める前の躊躇、ペイントの混沌とし​​た混ざり具合、考慮、リズミカルなマークなど。

絵画の行為を構成するこれらの経過は、私の仕事の中でも重要なテーマになっています。最初は観察と記憶が出発点ですが、私の実践はしばしば見えないものや無形のものを目に見えるようにする試みです。

また私は感覚体験を描くために、絵画の言語を模索するという共感的な方法を採用しています。私の研究は、倫理観と日常的な並置という考え方に取り組むことです。内外の空間、人と自然、夢と現実の間の多孔質の境界。絵画は過渡的な場所に留まることが多く、表象として始まりますが、最終的にあいまいな残像に陥るのです。

/

Workshop [Playing with Shapes] drawing & collage 

まず初歩的に静物オブジェをアレンジしてみる。

ワークショップではドローイングとコラージュ技法を探ってイメージをつくる。

様々な絵の具、感触、スタイルを試して、生きいきとした遊び心を発揮することが目標です。

Using an arrangement of still life objects as a starting point, the workshop will explore techniques of drawing and collage to create an image.

This workshop will allow participants to try different mediums, textures and styles to make a lively, playful drawing.

日時:10月10日(水)13:30~15:00

会場:甲府市丸の内2-37-2 AIRY二階スタジオ

対象:子どもから大人、定員10名(お子さんは大人といっしょにご参加ください)

申し込み:DMまたはメールでお申し込みください(お名前、連絡先)

持ち物:特になし

参加費:800円(1ドリンク付き)

/

/

There is something about these two groups of islands – the UK and Japan – where I find a connection and maybe it is in the landscape.  Japan feels foreign but familiar at the same time.

The paintings themselves are usually semi-abstract and relate to the experience of the senses.  In some ways, I am trying to replicate the feeling of a specific situation or memory.  Memories are funny things; you might remember one random specific detail, a smell, or a sound; color is often enhanced.  These are things I think about when I make a paintings.

イギリスと日本の2つの島国に共通するものを感じるとしたら、それは景観にあるかもしれません。 日本は私にとって外国ですが親しみを感じます。

私の作品は基本的に半抽象的であり、感覚の体験に基づいています。 いくつかの点で、私は特定の状況や記憶の感覚を再現しようとしています。 記憶とは面白いものです。 ランダムな特定の詳細、匂い、または音を覚えているかもしれませんし、 色はしばしば強調されます。 このようなことを私は絵を描くときに考えているのです。

 

Matthew Forsythe/Canada

Matthew Forsythe

Canada

www.comingupforair.net

painting, picture books, comic books

residency September-October 2018

/

マシュー・フォルシス

カナダ

絵画、絵本、コミック

2018年9-10月滞在

 

Media:

I make paintings and picture books and comic books. I paint with gouache and watercolor and pencil and colored ink. My books have been published around the world and some of them have won awards.

Animation background:

I was also lead designer on the animated TV show, Adventure Time.

Themes:

A major theme in my work is human connection/disconnection with the natural world and our collective unconscious.

Goal of this residency:

During this residency, I would like to paint in bigger formats; incorporating oil paints and acrylics. While in Japan, I would like to do more research on Japanese picture books and local painting traditions and find ways to further incorporate those elements into my work.

私は絵画、絵本、コミックを制作しています。 ガッシュ、水彩絵の具、鉛筆、カラーインクで描きます。私の本は世界中で出版され、そのうちいくつかの作品で受賞も経験しました。

またアニメーションのバックグラウウドも持っており、「アドベンチャー・タイム」というアニメのテレビ番組でリードデザイナーを務めていました。私の作品における主なテーマは、人間と自然界や普遍的無意識との間のつながりと切断です。

今回の滞在では、オイルペイントやアクリルなどの画材を取り入れた大きな作品を制作したいと考えています。また、日本の絵本や絵画の伝統などのリサーチを行い、それらの要素を自分の作品に取り入れる方法を見出したいと思っています。

Translation : Mina Ino

/

My intent for the first month of the residency is to make a series of illustrations that do not conform to the usual expectations from clients and customers and that are instead influenced by the experience of AIR-Y and living in Kofu.

This includes representational paintings (such as the Yamaha building) and more expressionist landscapes (such as Postcard #2)

In the next month, I want to pursue these approaches and develop more narrative work (like a short comic) and bigger expressionist paintings.

レジデンス滞在、初めの一ヶ月は、クライアントやお客さんからの要望に合わせて絵を描くのではなく、代わりにエアリーでの経験、甲府での生活から影響を受けたイラストシリーズを制作してきました。

例えば、近所にあるヤマハのビルを描いた具象派の作品、そしてポストカード#2などの印象派風の景画です。

来月は、これらのアプローチをより深め、短編漫画のような作品づくりに展開していきたいと思います。また大きいサイズの風景画にも挑戦していきたいと考えています。Translation : Nagisa Mitsumori

/

/

Artist Talk & Kids Drawing Workshop

日時:2018年9月22日(土)13:00-16:00

開場:甲府市朝日2-16-10 高砂湯 「Whirlpool/うずしお」展

参加費:大人400円(小学生以下無料)

予約・持ち物:必要なし、直接会場へお越しください

通訳:三森なぎさ

Artist Talk 13:00-14:00

Marni Zain Odin マルニ・ザイノディン/マレーシア(メールアート)

Sarah Gonzales サラ・ゴンザレス/カナダ(イラストレーター)

Matthew Forsythe マシュー・フォルシス/カナダ (イラストレーター)

Kids Drawing Workshop 14:00-16:00

講師:Sarah & Matt   サラ・ゴンザレス+マシュー・フォルシス

絵本やイラストブックが世界で人気のイラストレーター

今回はユニットとしてドローイング・ワークショップとアートゲームを計画

内容:カッティングシートでフクワライ、ユニークなキャラクター、何に見える?など

*途中参加・退場可能

 

Workshop will consist of Art Games

-Fukuwarai, with cut vinyl stickers and markers on large paper

-Exquisite Corpse, a collective of assembled drawings that form a unique character

-Blob Party, create and imagine anything from blobs of paint

 

/

作家:マット フォーシス/ カナダ (9-10月滞在)

モントリオール在住のイラストレーター、アニメーション作家

ニューヨーク・タイムス、ウォール・ストリート・ジャーナルなど10社を超える会社と契約している人気作家。彼はこれまでに9冊の絵本を世界各国で出版している。また、カートゥーン・ネットワークTV(米)放映の人気アニメーションシリーズ「アドベンチャー・タイム」で主任デザイナーを務めた。

今回は、甲府で新作絵本を完成させた原画訳10点を発表。それに合わせて作家本人が朗読する。加えて、山梨の各地でスケッチしたイラストも並ぶ。

会場は甲府市柳小路飲食店街「ペチッタペチット」甲府市中央4-3-25

 

Sarah Gonzales/Canada

Sarah Gonzales

Canada

www.sgonzales.net

Illustration, concept art, painting, graphic design

residency September 2018

/

サラ・ゴンザレス

カナダ

イラストレーション、コンセプトアート、絵画、グラフィックデザイン

2018年9月滞在

/

I have a Visual Communication Design background with a focus in Illustration and currently work as a Concept Artist in the Video Game industry at Square Enix Montreal.

I work both traditionally and digitally and often fuse the 2 mediums. My traditional mediums include coloured pencils, water colour, gouache and acrylics.

Loneliness and happiness are common intertwining themes within my work that are layered visually and metaphorically.

During this residency, I hope to explore the natural environments of Yamanashi and incorporate these into my work. I would also like to expand my visual storytelling practice through experimental mini comics and illustrations.

私はイラストを中心としたビジュアルコミュニケーションデザインをバックグラウンドとして持っています。現在は、テレビゲーム産業のコンセプトアーティストとしてスクエア・エニックス・モントリオールで働いています。

私は伝統的・デジタル的に制作を行い、その2つの素材を融合させることもよくあります。私にとっての伝統的な素材は色鉛筆や水彩、ガッシュ、アクリルなどを含んでいます。

視覚的そして比喩的に重なり合う私の作品の中には、孤独と幸福という絡み合うテーマがよく登場します。

今回の滞在では、山梨の自然を探検し、それらを作品に取り込みたいと考えています。実験的な小さなコミックやイラストを通して、視覚的な物語の制作もしたいと考えています。Translation : Mina Ino

/

Water God

My work fuses contemporary subjects and universal themes with aesthetic techniques inspired by Renaissance portraiture, Japanese woodblock prints and elements of graphic design.

This series is a mix of patterns and characters that are inspired by the textures of water in all it’s different forms and details. Walking through Takasagoyu, I was inspired by the faded colours of the tiles and the simplicity of the space. I’ve placed the paintings underneath the taps to draw back to the origins of inspiration, as if water were flowing out to create these paintings.

By experimenting with different styles and compositions with acrylics, gouache, water colour and coloured pencil, each piece explores water as a complex character emerging from the taps.

水の神さま

私の作品は、現代アートと、ルネッサンス肖像画法に影響を受けた普遍的テーマ、芸術美学の技法、日本の木版画、そしてグラフィックデザインとが混ざり合ったものです。

今回のシリーズは、水の感触により生み出される模様、その特徴との融合であり、形も、細かいところも他に同じものはありません。初めて高砂湯を訪れた時、色褪せたタイルと、空間のシンプルさに感銘を受けました。そこで私は作品を蛇口の下に置き、まるで水がこの絵を描くために流れ出したようにしてみようと考えました。

アクリル、グワッシュ、水彩絵具、色鉛筆を組み合わせる試みを実験的にしてみました、すると、それぞれのメディウムが、蛇口から流れ出す水を特徴的に捉え、表していることに気がついたのです。Translation :Nagisa Mitsumori

 

 

 

/

Artist Talk & Kids Drawing Workshop

日時:2018年9月22日(土)13:00-16:00

開場:甲府市朝日2-16-10 高砂湯 「Whirlpool/うずしお」展

参加費:大人400円(小学生以下無料)

予約・持ち物:必要なし、直接会場へお越しください

通訳:三森なぎさ

Artist Talk 13:00-14:00

Marni Zain Odin マルニ・ザイノディン/マレーシア(メールアート)

Sarah Gonzales サラ・ゴンザレス/カナダ(イラストレーター)

Matthew Forsythe マシュー・フォルシス/カナダ (イラストレーター)

Kids Drawing Workshop 14:00-16:00

講師:Sarah & Matt   サラ・ゴンザレス+マシュー・フォルシス

絵本やイラストブックが世界で人気のイラストレーター

今回はユニットとしてドローイング・ワークショップとアートゲームを計画

内容:カッティングシートでフクワライ、ユニークなキャラクター、何に見える?など

*途中参加・退場可能

Workshop will consist of Art Games

-Fukuwarai, with cut vinyl stickers and markers on large paper

-Exquisite Corpse, a collective of assembled drawings that form a unique character

-Blob Party, create and imagine anything from blobs of paint

 

Marni Zainodin/Malaysia

Marni Zainodin

Malaysia

Flickr: marni in januari

Fb: Marni Zainodin.Poskad

Blogspot: Marni Zainodin. Postcard & Sketch

Postcard illustrator , travel sketcher , mail art

residency September 2018

/

マルニ・ザイノディン

マレーシア

絵葉書、スケッチ、メールアート、工芸

2018年9月滞在

/

It’s a postcard size art. I would sketch, illustrate, draw, paint, stamp, collages, stencil, paper cut and sketch. Mostly sketch. My artwork are inspire by nature and surrounding. Cultural, food, heritage, building, ice cream, tofu , anything interesting.

It’s fascinating about postcard. It tells story, giving experince, learning , giving information, suggestion etc. All in 4 by 6 inch papers , and stamps, and post office.

Which is Japan are among best that I’ve known about postcard/ mail cultural – and the postal system. I want to learn and experimental more about this in land of Japan. Sharing both Malaysian cultural as well.

私はポストカードサイズのアートを作ります。ほとんどがスケッチですが、イラスト、描画、絵画、スタンプ、コラージュ、ステンシル、切り抜きなども組み合わせることがあります。自然や周囲の環境から発想を得ています。文化、食べ物、伝統、建築、アイスクリーム、豆腐、すべてが面白いです。

ポストカードは魅力的です。それは物語を伝え、経験、学び、情報や提案を与えます。その全てが4×6インチの紙、スタンプ、郵便局に収まってしまうのです。

私が知る限りでは、日本にはポストカード/手紙文化と最高水準の郵便システムがあります。私はそれについて学び、実験したいと考えています。マレーシアの文化も共有します。Translation : Mina Ino

/

「旅するスケッチ・ワークショップ」
=================
〇日時:9月12日(水)13:30-15:00
〇集合場所:甲府駅北口待合広場クリスタルアース
*スケッチ場所は駅周辺で検討中、現地解散
〇持ち物:鉛筆、色鉛筆、ペン、水彩用具など
〇対象:10名(お子さんは保護者とご一緒に)通訳あり
〇予約制:DM・メールから申し込み、お名前と連絡先
〇参加費:1000円(ハガキ、切手、スケッチ用ボード含む)
〇講師:Marni Zainodin / Malaysia 9月滞在作家
マルニ・ザイノディン/マレーシア

=================

WSとその後の流れ
①当日仕上げたハガキに切手を貼って作家宛@エアリーに投函
②作家が回収して保管
③9/22(土)23(日)「Whirlpool / うずしお」@高砂湯にて作家作品と共に展示
④23(日)18:00作品ご返却
「Whirlpool / うずしお」@高砂湯 http://air-y.net/archives/category/blog/archives/10022

Thank you for joining ” Travelling Sketch Workshop in Kofu ” by Marni

/

Dear Airy and Kofu City:

The postcard art, It tells story, convey message to mail it to family member, friends or to yourself – the warmest regard one could get. It is also ‘a moving gallery’.

As postcard are my medium- for certain visiting a post office and mail a postcard are a must to my everyday activity – although I never wish to overspend buying a  stamp- which I did. And yet – I still keep buying stamps.   I walk, travel and as a Muslim I am intrigue by one of the city project – A Map for You – A Muslim friendly guide for finding good Halal or vegetarian food.  It prove to be great help and interesting outlook about the café life here in Yamanashi.

Kofu, the easy pace city I came to known of- has giving me a moment that I never forget. The opportunity to be in workshop and hear story from people of Kofu was a wonderful experience. Some of these postcard on exhibit are from peoples that live in the city. They are too kind, language always came to difficulity to me, but kindness are often language of it’s own.

A visit to Takasagoyu, the bath House are amazing chance to get to know one of many Japan cultures. Several of these postcard are illustration. The used of indigo blue are inspire by favorite colour from Japanese tradition. And red are inspire from colour of red grapes that known as the best fresh produce of Yamanashi. I would spent remain of my days here in Kofu eating grapes.

 

親愛なるAIRY そして甲府の街:

私はポストカードが大好きなのですが、それは物語を伝えるし、家族、友達、自分自身へ宛てたメッセージをも送ることのできる、暖かい気持ちを届けるものだと思います。そして同時にそれは「動くギャラリー」ともなります。

ポストカードは私のアートの媒体であるので、街の郵便局へ行き、ポストカードを送ることはアートの活動として欠かせないものです。切手の買いすぎに気をつけようとして(いつもしてしまうこと)いるのですが、それでも切手をつい買ってしまいます。

また、私は一人のムスリム(イスラム教徒)として、街のあるプロジェクトに心を動かされました。”A Map for You”、ムスリムの人々に協力的なハラルフードやベジタリアンの料理の情報が載るガイドマップです。大きな助けとなっただけではなく、山梨のカフェ文化に大変、興味を持ちました。

穏やかな空気を持つ街、甲府。私に決して忘れることのできない時間をプレゼントしてくれました。(先日、甲府駅周辺での)ワークショップ参加者の、それぞれのストーリーを聞けたことも素晴らしい経験になりました。今回の展示の中でも、山梨、甲府に住んでいる方々が描いたポストカードがあります。皆さんとても親切でした。言語は常に自分にとって難しいものですが、優しさというのはそれ自体が言語となります。

高砂湯を訪れてみて、ここは日本文化の一部を知るには最高の場所だと気づきました。ポストカードの作品のうち何枚かはイラストレーションです。インディゴブルー(藍色)は私の最も好きな日本の伝統色。赤は山梨特産で、今が旬の葡萄から発想を得ました。残りの甲府での日々、大好きな葡萄を食べながら過ごしたいと思います。Translation : Nagisa Mitsumori

/

 

 

 

Whirlpool/うずしお@高砂湯

Whirlpool/うずしお

元銭湯を舞台に、世界から集まる様々な才能と地域の人々が大海の渦のように混ざり合う様を意味する。

会場:高砂湯 甲府市朝日2-16-19

会期:2018年9月18日 オープニングパフォーマンス

2018年9月22日、23日 作品展示&ワークショップ

/

/

オープニング・パフォーマンス

日時:2018年9月18日(火) 18:00会場 18:30開演 20:30終演

入場料:1500円+1ドリンクオーダー@ミヤケンカフェ

ミラーボールデイィスコ照明 by 谷口ぴかぴか商店

 

①作品展示/アーティストトーク

Jordan Mitchell-Fretcherジョーダン・ミッチェル・フレッチャー/オーストラリア

ジョーダン ミッチェル-フレッチャーの制作は、工芸品・ハンドメイド・インスタレーションなどが彫刻の原則に沿って行われます。 割れた陶器や拾ったオブジェなどが、彫刻制作の現在進行形プロセスとしてリサイクルされることがよくあります。

8月に甲府入りした彼女の高砂湯プロジェクトは、期間・重要性・不測の事態を調査するサイトセンシティブな制作として出発しました。 元銭湯という場の持つ文脈の潜在的な可能性に取り組むことで、周囲の空間を形作ることが目標。物体の創作の特定の条件は対象自体と切り離せないものです。

 

②即興ダンス 片瀬あや/北杜市

甲府で「話す代わりに踊る」ワークショップ主催

ワークショップでは、自分の身体と向き合いながら心地よい範囲で動くことから始め、周りの人や場所との関係のなかで「自分の身体から生まれてくる踊り」を探る。今回のイベントについて一言:身体の中にいくつ音を見つけることができるでしょう?またはいくつの渦を?空間と音との間をつないでいきます。*オーディエンス参加型予定

③「サガイン」 山内桂Katsura Yamauchi(サックス)+山崎昭典Akinori Yamasaki (ギター)

フリーサックス奏者で、水の精が山から海へ漂い歌い戯れる映像作品「水の精叙事詩3部作」などフィルムメーカーとしても活動する山内と、即興演奏や舞台音楽にも精通するギター奏者山崎のユニット。音の内側を大切に、時間や空間のパルスを往き来して遊ぶ。今年5月山崎加入の際いきなり台湾デュオツアー挙行、各地で評価される。基本編成はサックス、ギター、ベースの大分/京都 変則編成バンド。

*「谷口ぴかぴか商店」通称「谷ぴか」
モロッコ、トルコに出向いて直接買い付けたランプを、街で灯し続ける山梨在住照明ユニット 谷口恵一&堀内優子

当日はミラーボール照明で元銭湯のディスコ化を図る。

 

作品展示&ワークショップ

日時:2018年9月22日(土)23(日)11:00-18:00

入場料:大人(中学生以上)400円 小学生以下無料

 

参加作家:

Jordan Mitchell-Fretcherジョーダン・ミッチェル・フレッチャー(オーストラリア)彫刻・陶器

Marni Zainodin マルニ・ザイノディン(マレーシア)旅とスケッチ

Matthew Forsythe マシュー・フォルシス(カナダ)イラスト・絵画

Sarah Gonzales サラ・ゴンザレス(カナダ)イラスト・絵画

各日ワークショップ開催 *詳細は後日発表

 

カフェ出店

22(土)ミヤケンカフェ

23(日)LE KOPPI

 

クロージング:23(日)16:00―

ミラーボールディスコ照明by谷口ぴかぴかぴか商店

 

主催:Artist In Residence Yamanashi[AIRY]

協力:歩帆舎、谷口ぴかぴか商店、ミヤケンカフェ、LE KOPPI、高砂湯

/

Whirlpool:

With the former public bath Takasagoyu as a stage, it means that various talent gathered from the world and the people of the region mix like a whirlpool in the ocean.

 

Venue: 2-16-10 Asahi, Kofu city, Yamanashi

 

Opening Performance

Date: September 18 (tue) 18:00 open, 18:30 start, 20:30 finish

Fee: ¥1500 + 1 drink order

Mirror ball Disco lighting by Taniguchi PikaPika Shoten

 

🌀 Jordan Mitchell-Fletcher’s practice plays with conventions associated with craft, the handmade, installation and basic sculptural principles. Concerned with the tangent of making and the residues it accumulates, her work is often recycled as a way of considering sculpture as an ongoing process.

Her project for Takasagoyu has developed as a site-sensitive exhibition that explores duration, materiality and contingency. Engaging with the latent potential of site and context, it is her aim for this work to give shape to the space around it, as the specific conditions of an object’s creation are inseparable from the object itself.

 

🌀 Improvisation dance Aya Katase / Hokuto city

Dance : Aya Katase organizes the improvisation workshop in Kofu city. The goal of the workshop is to investigate the movement through the body with the questions like :What does your body talks? What movement is comfortable for you or what does being comfortable mean to you? How does the environment and relationship change your movement? For this event, she attempts to bridge the art installation and the music using her body and movement. How many sounds, or whirlpools can you find in you body ?

* Audience participation style

 

🌀”Sagaine” Katsura Yamauchi (saxophone) + Akinori Yamasaki (guitar)

Yamanouchi who is a free saxophone player who works as a film maker, such as a film work “Water’s epic poetry three copies”, where water spirits float from the mountain to the sea and sings. The guitarist Yamazaki who is familiar with improvisation performances and stage music unit. Cherish the inside of the sound, play with the pulse of time and space coming and going. Taiwan Duo tour celebrating suddenly when joining Yamazaki this May, it will be evaluated in various places. The basic organization is Saxophone, Guitar, Base- irregular organization band.

 

Exhibition & workshops

Date: September 22 sat- 23 sun 11:00-18:00

Fee: \400 /under elementary school age free

Mirror ball Disco lighting by Taniguchi PikaPika Shoten

 

Artists:

Jordan Mitchell-Fretcher / Australia_ Sculpture, Ceramic, Installation

Marni Zainodin / Malaysia_ Travel & Sketch

Matthew Forsythew / Canada_ Painting, Illustration

Sarah Gonzales / Canada_ Painting, Illustration

Workshops by artists will be held on 2 days, information coming soon!

 

Cafes:

22 sat Miyaken Café

23 sun LE KOPPI

 

Closing:

23 sun 16:00- Mirror ball Disco lighting by Taniguchi PikaPika Shoten

 

Organization : Artist In Residence Yamanashi [AIRY]

Cooperation : Ho-Ho-Sha, Taniguchi PikaPika Shoten, Miyaken Café, LE KOPPI, Takasagoyu

/

 

musicians, dancer, artists and staff on Whirlpool/うずしお

/

 

Jordan Mitchel-Fletcher/Australia

Soap Scum セッケントカス

/

 

Marni Zainodin/Malaysia

Dear AIRY and Kofu City  親愛なるAIRY そして甲府の街

/

Sarah Gonzales/Canada

Water God 水の神さま

/

Matt Forsythe/Canada

Exploring

/

Artist Talk & Kids Drawing Workshop

日時:2018年9月22日(土)13:00-16:00

開場:甲府市朝日2-16-10 高砂湯 「Whirlpool/うずしお」展

参加費:大人400円(小学生以下無料)

予約・持ち物:必要なし、直接会場へお越しください

通訳:三森なぎさ

Artist Talk 13:00-14:00

Marni Zain Odin マルニ・ザイノディン/マレーシア(メールアート)

Sarah Gonzales サラ・ゴンザレス/カナダ(イラストレーター)

Matthew Forsythe マシュー・フォルシス/カナダ (イラストレーター)

Kids Drawing Workshop 14:00-16:00

講師:Sarah & Matt   サラ・ゴンザレス+マシュー・フォルシス

絵本やイラストブックが世界で人気のイラストレーター

今回はユニットとしてドローイング・ワークショップとアートゲームを計画

内容:カッティングシートでフクワライ、ユニークなキャラクター、何に見える?など

*途中参加・退場可能

Workshop will consist of Art Games

-Fukuwarai, with cut vinyl stickers and markers on large paper

-Exquisite Corpse, a collective of assembled drawings that form a unique character

-Blob Party, create and imagine anything from blobs of paint

 

illustration by Matt

/

The Days of Whirlpool/うずしお

photos by Harumi Horikiri & Nagako Wako

 

Jordan Mitchell-Fletcher /Australia

Jordan Mitchell-Fletcher

Australia

ttps://jordanmitchell-fletcher.squarespace.com/

sculpture, installation, ceramics, drawing

residency August – September 2018

/

ジョーダン・ミッチェル・フレッチャー

オーストラリア

彫刻、インスタレーション、陶芸、ドローイング

2018年8-9月滞在

/

My practice plays with the conventions associated with craft, the handmade, installation and basic sculptural principles. Concerned with the tangent of making and the residues it accumulates, my work is often recycled as a way of considering sculpture as an ongoing process. Interested in the capacity of materials to affect spontaneity and action, my practice calls to question various binaries we use to understand not only matter, but the digestion of the everyday.

Upon visiting Japan in 2016, I developed an interest in ceramics, ever-present as one of the oldest Japanese crafts. I am particularly interested in Arita, where it is rumored ceramic remnants don’t go to waste, rather are displayed around houses and gardens, and pressed walls as decorative features. Identifying with this tradition, I plan to visit Arita and other prefectures in Japan, take classes in ceramics, learn and engage in temporal modalities of place. Combining the concepts of mentoring and travel I will explore the latent potential of site and context.

I would like to approach AIRY at the end of my travels, responding to learning and guidance through the medium of ceramics and the temporariness of installation. Delving into an environment of reflection, study and play, I will explore what it means to learn from exchanging skills and seeking assistance from a varied community. My project will focus on handling, methods of production, interaction with environments, and the alchemical transformations that a material undergoes, which hold congealed moments in a broader social trajectory.

私の作品には工芸、ハンドメイド、インスタレーション、あるいは基本的な彫刻の原則との関わりがある。制作と溜まっていく残った材料やゴミと間にある接点について関心があり、私はよく彫刻を進行中のプロセスをより考えるための方法としてリサイクルする。自発性や行動に作用するような材料の潜在的可能性にも興味を持っている。

2016年に日本を訪れ、日本の最も古い工芸品として存在し続ける陶磁器への興味が高まった。特に惹きつけられたのが、陶器の端材や残り物が捨てることなく民家や庭に飾られたり、デザイン的特色として塀に埋め込まれていたりするという噂のある有田だった。この伝統に共感し、有田や日本のその他の地域への訪問や陶芸のクラスの受講、それぞれの場所での制作の計画を立てた。学びと旅という二つのコンセプトを組み合わせて、その土地や環境の持つ潜在的可能性を探求したいと考えている。

この旅の終着点であるAIRYでは、陶器と一時的なインスタレーションという媒体を介して相互学習についてアプローチを進める。影響・研究・働きの環境について掘り下げることによって、持っている技術を教えあうことや多様なコミュニティーによるサポートから学ぶことの意味について探る。変わり続ける社会の中のある一瞬をそこに留めうる対応、制作方法、環境との相互作用、素材の変化に焦点を当てたプロジェクトになるだろう。

Translation: Mina Ino

/

 

Soap Scum in Whirlpool

Takasagoyu 2018

「セッケントカス」高砂湯2018

Playing with the conventions associated with craft, the handmade, installation and basic sculptural principles Jordan Mitchell-Fletcher’s practice approaches sculpture as an ongoing process.

Directly inspired by the historical site of Takasagoyu, Soap Scum focuses on methods of production and the alchemical transformation that a material undergoes.

Through the exploration of material contingency and the temporariness of installation this project points to particularities within the site of the sento. This work attempts to frame the space while at the same time is framed by the space.

Caught up in a system of breaking and re-making, Soap Scum considers the life-cycle of the artwork within the impermanent context of travel. This project explores the expressive potential of soap as an art material and the significance of sustainable material responsibility within a local environment.

ジョーダン・ミッチェル・フレッチャーは工芸、ハンドメイド、インスタレーション、あるいは基本的な彫刻の原則と戯れて、進行中のプロセスとしての彫刻へとアプローチをする。

直接的に高砂湯という歴史的な場所に触発され、今回のプロジェクト「Soap Scum/セッケントカス」は制作方法や素材の錬金術的な変化に焦点を当てている。素材の偶発と作品設置の一時性を通して、特に銭湯という場所の中を指し示している。この作品は空間を形取ると同時に、空間によって形取られている。

破壊と再製のシステムに閉じ込められているこのアートワークの全てが限りある作家の旅の中にだけ存在している。このプロジェクトでは、石鹸がアート素材として潜在的に持っている表現の豊かさ、作家のローカルの環境の中でその素材に対する持続的な責任の重要性を探る。Translation: Mina Ino

/

 

 

 

Scent of Water セント・オブ・ウオーター@高砂湯

◭タイトル
「Scent of Water セント・オブ・ウォーター」

◭開催趣旨<元銭湯でアートにつかる>
銭湯の二大要素である<水>と<コミュニケーション>を切り口に、アートを通して場所を拓く試み。
海外のアーティストと県内を拠点とするアーティストが絵画・ビデオ・オブジェ・インスタレーション・音楽などのメディアを用いて、多角的に銭湯という空間を再考するコラボレーション展です。
5月の「Tip-Tip,Plop-Plop 湯気が天井から」展に続いて同会場で二回目を開催します。
今回の「Scent of Water セント・オブ・ウォーター」では、参加者が五感を使って空間と作品を感じることができます。今はもうない水の記憶が過去と現在を結び、ここにないものを呼び起こします。そして今回は猛暑の季節に開催を受けて、足湯ならぬ足水を浴槽にご用意、参加者同士または作家たちと足を水につけながら気軽におしゃべりできます。高砂湯ぬりえコーナーもお楽しみください。
言葉や文化の異なる人々が同じ場所で展示することで生まれるダイナミックなエネルギー、そしてその中で語り合うという行為が、見知らぬ人同士の間にある鋭く尖った空気や境界線を音もなく静かに和らげるでしょう。銭湯は誰にでも開かれた特別な場所なのです。

◭開催日時 2018年7月28日(土)29日(日)11:00-18:00

◭会場 高砂湯 山梨県甲府市朝日2-16-10

◭料金 大人(中学生以上)400円 小人(小学生以下)無料

◭アーティスト
ダニエル・パーション(スウェーデン)絵画 *flyer design
ウルリカ・ネツラー(スウェーデン)オブジェ
ジヨング・キム(韓国)ビデオ
カルビン・パング(シンガポール)インスタレーション

◭投げ銭ライブ 16:00-17:00
28(土)中楯 純(山梨)ミュージシャン(ベース)
29(土)大塚 直(山梨)ミュージシャン(ウクレレ)

/

-updating now-

Daniel Persson/Sweden  *flyer design

Rustle in the rushes

A dark cave and a rustle in the rushes. Someone flees the scene of a crime, or they just went out to get an ice cream in another dimension.

I like to think of my drawings as crime scenes with clues for the observer to figure out what happened, and what’s about to happen next. Only there might not be a perpetrator, and no single way to solve the puzzle.

喧騒の音

暗い洞窟、そして喧騒の音。人は犯罪の場面から逃げようとしているのか、それとも、ただ、次元の違う世界へ、アイスクリームでも買いに出たのか。

見ている人が自分のドローウィングから、次に何が起きるのか、その次には何が起こるのか想像してしまうような、犯罪の場面と重ねることが好きだ。

加害者だけが知っているわけでもなく、その謎を解ける方法も一つではないように。

/

Ulrika Netzler/Sweden

The intense emotional lives of blooming flowers

“Death is the mother of beauty. Only the perishable can be beautiful, which is why we are unmoved by artificial flowers.”

– Wallace Stevens

Upon seeing an orchid fanned out like a tiny piece of firework or a bluebell so fragile and sorrowful in its´ stance, I can´t help but consider them deeply sentient beings.How perfectly they mirror the emotional passages of human life. Some with graceful humility, others with vibrant charm or crass sexuality.But then as soon as I stop to appreciate this, the next realization dawns upon me. Their time of bloom will soon be over.

These works are a celebration of the flora that is now in full bloom in Kofu.

生を謳歌する花々へ〜限られた満開の期間〜

「死は美の母である。消えゆくものだけが美しい。だから我々は人工的な造花に感動しない」 ―ワレス スティーブンズ

まるで小さな花火が消えてしまうように、ユリやブルーベル(青い花)が脆く、哀しげに散ってゆくのを見た時に、花々は、感覚を持つ生き物なのではないかと思わずにはいられなかった。完璧なまでに、花々は、人間の気持ちや言葉を写す鏡であると思う。あるものは優美な人間性を兼ね備え、またあるものはゾクゾクするほどの可愛いらしさや、セクシーな魅力を持つ。しかし、いったん愛でる気持ちを無くしてしまうと、次なる発見はない。花々が開花している時間は一瞬で終わってしまうから。

今回の作品は、今、この時期に甲府で咲き乱れる花たちへの祝いの作品である。

/

Ji Yong Kim/South Corea

Ashiyu Monogatari (Healing Bath: Sketches)

Bathhouse encourages a strange intimacy.  Young and old, varying body sizes, muscular or thin, bald or hairy, rich or poor distinctions all disappear.  One discovers remarkably same biological traits, then a shared comfort in commonality.  Thus, bathhouse easily fosters conversations.  A statement on weather can turn into a discussion about work, personal background, politics, philosophy, etc.

Washing guests’ feet recreates such condition of physical intimacy found in a bathhouse.  Beyond that, it is highly open-ended gesture that can signify humility, humbleness, a symbolic cleansing act, or a religious ritual.  Each guest was then encouraged to recall and share personal experience related to bath and bathhouses, and a collected story is presented as a whole.  The installation in a retired bathhouse recalls its past history, absence of bathers, ephemeral human experiences and interactions.  It may be that bathhouses as a forum for communication are being replaced by virtual spaces and sites.  But the physical intimacy and its ability to initiate a human connection remain in various forms in different places, as in barber shop, massage parlor, and in dancing.  Hopefully through listening to these collected stories, a quality so common and central yet profoundly human shared in all of us may be discovered.

足湯物語

銭湯は妙な親密さを生み出す。若者から年寄り、大きさもそれぞれ違う体、筋肉質に瘦せ型、髪の薄い人や髪の多い人、金持ちやお金がない人の違いさえも、すべて消してしまう。ある人は、驚くべき生物学的な特性、共同体における共有する心地よさについて言及している。ゆえに銭湯では会話が生まれやすい。天気についてのない気ないやりとりから、仕事、プライベート、政治、哲学にまで発展してゆく。

ゲストの足を洗ということは、銭湯で見られるそのような親密さを再現する。それ以上に、それは人間らしく、謙遜な態度で、浄化のシンボル、また宗教的な儀式などを広く表現する行為である。それぞれゲストには、銭湯やお風呂にまつわる経験を回想し、話してもらう。そして集められた物語は一つのものとして発表される。営業を終了した銭湯でのインスタレーションは、銭湯の歴史、入浴する人はもういないこと、そして束の間の、人々の経験や関わりを静かに語っている。

/

Calvin Pang/Singapore

93 units of handmade paper flowers

“The whiteness, tension, and purity of paper can bring out the delicate nature of people.” – Kenya Hara

The feet being the part of the body connected to our physical environment, the information received through the sole of the feet becomes the source of the idea for this artwork. The first impression is of the dryness on the floor that is supposed to be wet. The material choice of the artwork being of tissue paper is a response to the above. If the sento is in service, the floor will be wet and the paper pieces will not be able to exist. The dryness of the floor and the momentary scent of soap becomes the idea for Pang’s artwork.

A workshop 「咲かせよう❀水花」was organized on the 2018, July 18 at Takasago-yu for the local community to collaborate in the making of the artwork.

93 years later hopes to serve as a way to remember both what used to be there and also to celebrate the possibility of what could happen, when the space comes alive again.

93輪の花

紙の白さ、緊張感、純度は人々の繊細な思いを引き出すことができる

―原 研哉

足は私たちの身体の環境につながる身体の一部であり、足の裏を通して受け取った情報はこの作品のアイデアの源になります。 最初の印象は、濡れているはずのタイルの乾燥です。 ティッシュペーパーのアートワークの材料の選択は、上記に対する答えです。 銭湯が営業中であれば、床は濡れており紙片は存在しません。 床の乾燥と瞬間的な石鹸の香りがこの作品のアイデアです。

7月18日には、ここでワークショップ「咲かせよう❀水花」を開催し、地域の人々の協力でアートワークのコラボレーションを図りました。

高砂湯の開業から93年過ぎた今、そこにあったものを覚えていること、また何かが起きる可能性を祝福する方法として役立つことができればと考えます。

/

Jun Nakadate  中楯 純/Japan a.k.a. LFB

 

創業93年の銭湯、 この特殊な音響環境で音はどのように流れどこに流れ着くのか。その過程をみなさんと共有したい。高砂湯夏の陣を楽しみに来てください!

/

Nao Otsuka  大塚 直/Japan

大音量でテクノミュージックを制作をするために理想的な環境を探し、2011年に山梨 県増富の廃屋になった中学校に移住。廃校を利用した現代アートと音楽のイベント 「ますとみ山アート」を主催し運営する。

2017年6月27 日にアンビエント音楽のレーベル 「Shimmering Moods Records(オランダ)」より デビューアルバム『Penguin Kids』をリリース。 現在、同レーベルからリリース予定の2ndアルバムを制作中。
https://soundcloud.com/otsukanao

/

Miyaken Cafe

カフェ出店は前回に続いてミヤケンカフェこと宮本賢一朗。暑い中のイベントでは冷たい飲み物がマスト、両日ともわたしたちの乾いた喉を潤してくれるはずです。タイトルに因んだいい香りの新メニューもお楽しみに!

/

The way to Takasago-yu

8 min walk from Kofu Station, enjoy lovely ASAHI STREET.
*高砂湯に駐車場はありません
公共交通か近くの駐車場をご利用ください
ラブリーな朝日通り商店街歩きをおススメします!

/

 

 

 

 

今展のドレスコードは「ハワイアン」

作家たちとオーナー福岡二三子、由紀子さん

みなさま、ありがとうございました。

/

Feedback:

前田祐子/Yuko Maeda

29日に参加予定です。
廃業した銭湯♨️の会場で行うアートイベント。外国人芸術家4人が銭湯に因んだ作品を展示します。そのほか、湯船に水を溜めて涼めたり、演奏会があるようです。
会場で塗り絵ができるとのことですが、複数人で行く場合、フライヤー持参してない人でも塗り絵できる紙が用意されているんでしょうか?

いま滞在している4人と、この前居酒屋で飲んできましたが、この方たちの印象は、「ザ・穏やか!」って感じでした。優しくて、ナイーブなところを受け入れるような人たち。
どんな作品を作ってる人なのか、どんな経歴をお持ちなのか、まったく知らないですけど、今度の展示会の楽しみにとっておきます‼️

帰りは朝日通りのジェラート屋さんに寄って行こうかな♪

石川 博/Hiroshi Ishikawa
甲府市朝日の廃業した銭湯、高砂湯で、AIRYの「セント オブ ウォーター」。
「scent」と「銭湯」を掛けたタイトルだ。
今日と明日(日曜)の二日間、スウェーデンや韓国、シンガポールの作家による「水」に関する展示。
浴槽に20センチほど水を張り、そこにつかって、映像を見る。映像は、足を洗ってもらいながら、風呂に関する思い出を語っているもの。5分ずつ6人が語るという。二人ほど見たが、まあ語る内容が問題なのではなく、こういう試みを評価したい。
ティッシュペーパーで作った花をカランのある島の周囲に並べたのもいい。
本人のメッセージでは、原研哉を引用していたが、原の白への着目を体現したような、古びたタイルと白いティッシュの対比は美しい。
また、洗い場の鏡を半透明のビニールで覆い、そこに色紙を使って切り絵風に表現している連作も悪くない。もう少しテーマ性が感じられればなおよいのだが。銭湯という空間はインスタレーションを喚起する場なんだ、と感じた。直島の「I LOVE 湯~」よかったし。

「日曜日の読売山梨版に、この催しが取り上げられ、小生のコメントも。まあ、短くまとめられちゃいましたが、一番言いたかったのは「銭湯という場は、参加型の現代美術作品にも、インスタレーションの作品にもふさわしい場」ということでした。」

福田 奈里子/Nariko Fukuda

「アート」って正直よくわからないし、「アーティスト」たちが集まってるところに全然アーティスティックじゃない(と自分では思っている(笑))私が行っちゃっていいの〜?なんてつい最近まで思っていたのだけれども、なんか私が好きだなぁと思う人たちは芸術的な人が多いなぁという気もしていて、その人たちから受け取るこの感じって何だろう・・・と常々思っておりました。

甲府にあるアーティスト・レジデンスAIRYのイベントに行って(今回2回目)、その会場となった「高砂湯」という銭湯の場の力とか、そこに集まっている人たちが醸し出す雰囲気とか、そこで飲んだコーヒーの美味しさとか、そこで交わしたことばとか、いろんなものが私のアタマの上にかたーく覆いかぶさっていたフタをカパッと開けてくれたような気がします。なんか、自由だ!ってのを身体中で感じた。

自由に生きる、自由に表現する、好きなもんは好き、って言えるって、なんてすてきなんだろーーー!!!

作品を生み出すことはもちろん、昨年閉業した街の小さな銭湯のストーリーに静かに胸打たれることも、夕暮れの風にあたりながら隣り合わせた人とコーヒー片手に語り合うことも、お団子食べることも、さっぱりした気持ちで一歩を踏み出すその歩き方も、なんか全部アートなんじゃないのーーー!ってことを思いました。

いろいろ、解き放たれます。

自分の感じ方で感じればそれでよかったい。

自分の中の窓が一つ開いた感じ。

窓、開けてみたい人は、甲府市朝日町の高砂湯に行ってみて!

Scent of Water 今日もやってます。

中村安里/Anri Nakamura

甲府の元銭湯、高砂湯にて

大塚 直さんの投げ銭ライブ🕊️

AIRY滞在作家による展覧会『Scent of water』のイベントのひとつ。

浴場の中で増幅し反響しあう音が、全く関係の無い昔の記憶を呼び覚ましたりしたのが個人的に面白い体験でした

作家が「銭湯や風呂などにまつわる個人のエピソード」を
「相手の足を洗いながら」インタビューする映像作品はとても印象に残った。

弟子の足を自ら洗うイエス・キリストの話を思い出したし、
足を浸す水が呼び起こすだろう記憶、洗い洗われる関係性がもたらす親密さが、語られる物語を忘れ得ぬものにしているような気がした。

中楯 純/Jun Nakadate

高砂湯「scent of water 展」でのサウンドパフォーマンスは無事終了。今回仕込みが甘く(やり忘れたネタも多々、、)粗めの演奏になり反省。しかしこの場でのライヴも2回目ということで、場の特性を掴めてきたり脱力できたりと収穫も。ご静聴多謝。
4名の参加作家ともリラックスしたコミュニュケーションができ良いチームだったのではないかと。季節と彼らの人柄が滲み出てた心地よくそして奥行きのある展示だった。nao君のライヴもこれぞアンビエントで気持ちよく微睡めたのです。

/

Media: