Amber Ablett/Norway

Amber Ablett

Norway

 www.amberablett.com

Performance, text, conversation, research, sound, video

residency May 2018

/

アンバー・アブレット

ノルウェイ

パフォーマンス、テキスト、会話、リサーチ、音、ビデオ

2018年5月滞在

/

Amber Ablett works with conversation, research, performance and text, with a step away from the spectacle, rather concentrating on the long term ponderings that art can introduce. From her position as a female, British, Irish, Trinidadian artist at home in Norway, Ablett seeks to engage with wider contemporary social questions of place, nationality, identity and language. Her work investigates whether, if our identity and language are both constructed and controlled by the society around us, can speaking be a route to revealing and understanding who we are?

Ablett’s work takes the form of long term investigations into the way we communicate and relate to language, shared with audiences through sounds and video installations and performance events. There is a strong emphasis on the discussions that art works can provoke outside of the gallery space.

In Bergen, I run a small café within an art center, with an aim to continue the dialogue around the exhibitions shown in the main gallery space. Rather than in a lecture or in a seminar, we see the best place to talk about art to be with friends over food or drinks, and we bring this ideology to the way that we run the café.

I would like to hold a similar one-off event at AIRY, where we can use the dinner table and food as an informal and horizontal environment to talk. Basing an artist presentation over a meal rather than as a formal presentation, I would hope to leave room for talking and discussion so that I am also learning from those around me.

/

 作家は見ている光景とは少し距離をとりながら、対話やリサーチ、パフォーンス、テキストを用いて制作を行う。そして人々とアートを引き合わせるような長期的なアイディアにかなり集中している。女性として、またはイギリス、アイルランド、トリニダード系のアーティストとしてのノルウェーでの彼女の立場から、場所、国籍、アイデンティティ、言語という現代の社会問題と関わり合うことに努めている。彼女の作品の中で私たちのアイデンティティや言語が社会によって構成され、コントロールされているかどうか、話すことが私たちが一体何者であるのかを明らかにし理解する方法になりうるのかどうかということを研究している。

アブレットの作品はコミュニケーション方法や言語に関係する長期間の調査という形をとり、音や映像、インスタレーション、パフォーマンスなどを介して人々と共有する。そこにはアートワークがギャラリースペースの外へも影響を及ぼしうるような議論をもたらす非常に力強いものがある。

作家はノルウェーのベルゲンでアートセンター内にある小さなカフェを運営している。目的はギャラリースペースの展示についての会話をそこで続けてもらうことにある。教えたり、セミナーを開いたりすることというよりいう信念がある。甲府の滞在においても、食べ物を囲んで日常的で形式ばらない、だれもが横並びで平等に話せるような会を開きたいと思っている。一方的なフォーマルなプレゼンテーションではなく、議論や会話が生まれ、その中から学びを得られるようなものにしたい。translation: Mina Ino

/

AUDIO SCRIPT FOR PERSON A:

 

When I go to the sento I wrap my hair in a scarf.

When I shower,

go out in the rain,

the sauna.

I keep my head above water when I swim.

I never jump in.

I wash my hair once a week,

when I am alone, I dry it.

Pull out the curls.

私は銭湯に行くときスカーフで髪を包む

シャワーを浴びるときは

外で雨にあたり、サウナにゆく

 

私が泳ぐとき顔は水面からあげておく

飛び込んだりはしない

髪を洗うのは週に一度

一人になって、髪を乾かす

くせっ毛を引っ張りながら

 

(Take the piece of paper from the person next to you. Say thank you.

When you have finished reading it, give it back to them.

Pick up the middle piece of paper in front of you.

When you have finished reading it, give it to the person next to you).

(隣の人から一枚の紙をもらって下さい。ありがとうを言って下さい。

その紙を読み終えたら、その人にそれを返し、前にある真ん中の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

Someone’s mother scrubbed me with soap

and I remembered how I miss my Nanny Phil.

She called her stomach her pillow

and it was for other people to lie on.

誰かのお母さんが石鹸で私を洗ってくれた

すると私は、おばあちゃんがとても恋しくなった。

おばあちゃんは自分のお腹を枕と呼んでいた

そして本当にそこに誰かが横たわったりした。

 

 

 

(Pick up the third piece of paper infront of you.)

(目の前の三枚目の紙を取ってください)

 

If I play this part, I get to choose.

To be able to choose, to pretend I can.

To have a voice, even though I can’t get to the microphone.

I am disguised as myself.

これを演じるとしたら、選ばなければならない

選ぶことを可能にするために、できるというフリをしないとならない。

声を上げるために、例えマイクがなかったとしても。

私は自分の身体を覆っている

 

(When you have finished reading it, give it to the person next to you.)

(その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

Alone, but still on view

through my eyes they say,

that’s not how a body should look.

Here I think we own our own ourselves.

I’m not sure how to take mine back.

孤独、しかし自分の目には映るもの

そんなのは本来、体が見られる方法ではない。

人は皆、自分というものを所有していると考える。

どうやったら私自身を取り戻せるのかは、確信が持てないのだけれど

 

 

AUDIO FOR PERSON B:

 

(Pick up the first piece of paper in front of you.

When you have finished reading, give it to the person next to you).

(目の前の一枚目の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

When I go to the sento I wrap my hair in a scarf.

When I shower,

go out in the rain,

the sauna.

I keep my head above water when I swim.

I never jump in.

I wash my hair once a week,

when I am alone, I dry it.

Pull out the curls.

私は銭湯に行くときスカーフで髪を包む

シャワーを浴びるときは

外で雨にあたり、サウナにゆく

 

私が泳ぐとき顔は水面からあげておく

飛び込んだりはしない

髪を洗うのは週に一度

一人になって、髪を乾かす

くせっ毛を引っ張りながら

 

 

(Take the piece of paper from the person next to you.

Put in back in front of you.

Pick up the middle piece of paper in front of you.

When you have finished reading, give it to the person next to you).

(隣の人から紙を受け取ってください。それを前に置いてください。

目の前の真ん中の紙を取って下さい。その紙を読み終えたら、隣の人にそれを渡して下さい。)

 

When I go to the sento, I remove my clothes but I keep my disguise.

I disguise myself as myself,

as who I think I am

as who I think I should be

as who I want to be

as who I think you want me to be.

I feel like I ought to feel guilty, and isn’t that the same thing.

You can see our similarities,

there is no difference to scare you into politeness.

私は銭湯に行くとき、服を脱ぐけれど身体は覆ったまま

自分らしさを覆っている

つまり私たるもの

つまりあるべき私

つまりなりたい私

そしてあなたの望む私

罪悪感を感じていないといけないような気持ちだけれど

それって同じことじゃない?

私たちは似た者同士よ

あなたを怖がらせるような礼儀と何も変わらない

 

 

Alone, but still on view

through my eyes they say,

that’s not how a body should look.

Here I think we own our own ourselves.

I’m not sure how to take mine back.

孤独、しかし自分の目には映るもの

そんなのは本来、体が見られる方法ではない。

人は皆、自分というものを所有していると考える。

どうやったら私自身を取り戻せるのかは、確信が持てないのだけれど。

 

(Take the piece of paper from the person next to you. Say thank you.)

(隣の人から紙を受け取ってください。ありがとう、と言ってください)

 

If I play this part, I get to choose.

To be able to choose, to pretend I can.

To have a voice, even though I can’t get to the microphone.

I am disguised as myself.

これを演じるとしたら、選ばなければならない

選ぶことを可能にするために、できるというフリをしないとならない。

声を上げるために、例えマイクがなかったとしても。

私は自分の身体を覆っている

Translation: Nagisa Mitsumori

Latisha Horstink/Netherlands

Latisha Horstink

Netherlands

 latishahorst.ink

installation, visual art

residency April-June 2018

/

ラティシャ・ホルスティンク

オランダ

インスタレーション・ビジュアルアート

2018年4-6月滞在

/

Born and raised in Riyadh, Saudi Arabia, my dad is Dutch, my mother Indonesian. Currently studying Interactive Media Design at the Royal Academy of Arts in The Hague, Netherlands. I’m in Japan, as an artist and intern to explore self and surroundings.

I often use my multi-cultural influences in my work. Considering myself to be a juxtaposition of nonconforming conservative, I muse over identity, heritage and religion. In recent works, I play with notions of perspective, challenging norms with the goal to see without stigma, and help to broaden viewers frame of reference.

サウジアラビア、リアドに生まれ育つ。父はオランダ人、母はインドネシア人。

現在は、オランダ・ハーグにある国立美術学校(Royal Academy of Arts)にて、双方向メディアデザインを学ぶ。作家は、アーティストそしてインターンとして、自分自身と取り巻く周りの環境を探求するために日本に滞在している。

作家の作品の中には、自身の多文化なバックグラウンドの影響が垣間見える。自分自身を比較的流動的な保守主義と位置づけ、そのどちらともつかないマルチな並列性を自認している。アイデンティティー・文化的価値・宗教の狭間で溶け込み、揺れ動いている。最近の作品には、様々な概念に関する見解に言及し、偏見なしにそれらの概念また社会規範に挑むことを目指している。その結果として、彼女の作品に触れる人々の視点・視野を広げることを願っている。

/

 

A Reminder of My Innocence

My first hours alone in Japan I chose to distract myself by looking for a book to read, to dive into a story that wasn’t my own. After a pace up and down the aisles I realize there are no English books. Of course, what did I expect? I’m in Japan. I leave the shop feeling even more alienated. But that’s my privilege, I expect there to be something for me to understand, which isn’t always given. Which is how I feel in love with Japan. It reminded me of my Innocence.

Reminded me that not I don’t understand everything, that sometimes things are out of my control, that things don’t always conform to my comfort.

So, I tribute my painting to those who have taught me, given me experiences and changed my point of view during my stay in Japan.

 

イノセンスへの気づき~無垢な自分~

日本に到着し、一人で過ごした最初の時間。自分自身を外から見るべく、何か読む本、自分自身でないストーリーの中に身を投じようと試みました。本屋の中をあちらこちら探してみたものの、結局英語で書かれた本がないことに気が付きました。それはそうでした。日本にいるのだから。私は何を期待していたのでしょうか。余計に疎外感を感じてお店を後にしました。ですが、これが私の特権、そこには私がこれから理解しうるもの、いつも与えられるわけではない何かがあると期待しました。日本に恋をしたような、そんな気持ち。私は、自分自身のイノセンスに気が付いたのでした。

その感覚は、私自身が物事をすべて理解しているわけではなく、時には自分の力の及ばないところに物事があること、自分の落ち着く空間にすべての物事は存在しているわけではない、という気づきでした。

この作品は私が日本にいる間そのことを教え、経験を与え、そして自分の価値観を変えるきっかけとなった皆様にささげたいと思います。translation: Hanako Kishimoto

/

A Reminder of My Innocence /イノセンス

Stories  Memories  Experiences, Don’t come from answers

Seek..Forget what you knew

 

 

Mari Mäkiö/Finland

Mari Mäkiö

Finland

http://www.marimakio.com/

installation, video, sound, photograph, text

residency April -May 2018

/

マリ・マキオ

フィンランド

インスタレーション・ビデオ・サウンド・写真・文章

2018年4-5月滞在

I work with video, sound, photography, text and matter. My works are usually spatial installations. An important part of my work is creating the content of the work together with people from different positions and backgrounds. I’m interested in the relationship between sense of sight and other senses as well as translations between visual world and language.

I have a project that I would like produce during the residency that would include interaction with the local community and people from different age groups. I will present the project idea here shortly.

During the residency I will do research and produce a new work that is connected to Japanese language and its onomatopoeic qualities. I’m interested in onomatopoeia and the differences in it within different languages even when the underlying sound which the onomatopoeia is imitating is roughly the same in each place. I’m interested to discover if onomatopoeia can tell something about a certain culture through the use of sound.

I have started to do research about the onomatopoeic qualities in Finnish language and especially onomatopoeia connected to sounds of nature. I find there are some cultural similarities between Japan and Finland and I think both of the cultures have a strong connection to water. That is why I want to concentrate on collecting onomatopoeic words connected to water both in Japanese and Finnish languages. I’m looking for the similarities and differences between them and what kind of connections and feelings the words can carry depending on your knowledge of the language.

During the residency I will collect Japanese onomatopoeic sounds connected to the sounds of water. I will record different persons from different ages performing the sounds. I will then combine them with the Finnish onomatopoeic sounds I have recorded before the residency. The final outcome of the work will be a spatial installation, where the different sound sources will create a spatial flow of onomatopoeic sounds of water mixing the two languages together.

/

 私の仕事の重要な部分は、さまざまな位置や背景の人々と共に制作を進めること。

視覚と他の感覚との関係、そして視覚世界と言語との間の解釈に興味がある。

私は滞在中期間に地域社会や異なる年齢層の人々との交流を元に、取り組みたいプロジェクトがある。滞在中は、日本語とオノマトペ(擬音語・擬態語)の本質を探求して新しい作品を作る。

発する音はそれぞれの場所でおおよそ同じにもかかわらず、様々な言語でのオノマトペの相違に興味がある。また、オノマトペが音の使用を通じて特定の文化について何かを伝えることができるのかどうか興味がある。

まず私はフィンランド語の擬音語の本質についての研究を始めた。特に自然の音につながるオノマトペが重要だ。いくつか分かったのは、日本とフィンランドの文化的な類似点があり、両国の文化には水との強いつながりがあるということ。それで日本語とフィンランド語の両方で水につながるオノマトペの言葉収集に集中したいと考える。私たちが知識に基づいて言語で伝えることのできるつながりや感情には、どのような類似点や相違点があるのだろうか。

私は異なる年齢の人々から、日本語のオノマトペの音を収録する。それらを私が持っているフィンランドのオノマトペ音と組み合わせる。この制作の最終結果はインスタレーションの形を取り、2つの言語を一つに混合する水のオノマトペ音から成る異なる音源が空間的な流れを作り出す予定である。

/

「ティップ・ティップ、プロップ・プロッップ~遊ぼう!オノマトペ」

                                -In Search of Finnish/Japanese ONOMATOPOEIA-

日程:4月22日(日)10:00-11:00
会場:高砂湯 山梨県甲府市朝日2-16-10
定員:10名くらい(どなたでも参加可能)締切4月20日(金)
会費:400円(入湯料の金額)
予約:お名前と連絡先を添えて*DMで受付いたします

フィンランドの人々が発する水の音を模倣したフィンランドのオノマトペの音を聴きます。その音を聴きながら感じられる感情やイメージを考えて紙にペイントします。
ワークショップの終わりに、音によって引き起こされるイメージを話し合います。フィンランド語と日本語と文化の違いと類似点について考察します。
ワークショップは、アーティストのマリ・マキオの芸術的研究の一部。ワークショップの結果は、5月26,27日の高砂湯でのビジュアル・音・身体表現を融合させた展覧会「Tip-Tip,Plop-Plop~湯気が天井から」で発表されるサウンドインスタレーションの発想源になります。

このワークショップは、あらゆる年齢の人々に開放されています。
*オノマトペ擬音語は、それが描写する音を模倣、類似または示唆する単語

artist:Mari Mäkiö
schedule:10:00-11:00 sun 4/22
venue:Takasagoyu (former public bath)2-16-10 Asahi, Kofu city
class size:10 people, deadline 4/20
fee:¥400 former onsen rate
application:Accepting name and contact address via DM

In the workshop Tip-Tip, Plop-Plop – In Search of Finnish Onomatopoeia we will listen to Finnish onomatopoeic* sounds imitating the sounds of water performed by Finnish people. While listening we will think about the feelings and images they evoke and try to draw and paint them on paper. At the end of the workshop we will go through the results discussing the images evoked by the sounds and think about the differences and similarities between Finnish and Japanese language and culture. The workshop is part of the artistic research of artist Mari Mäkiö and the results of the workshop will act as an inspiration for her sound installation that will be presented at an exhibition at Takasago-Yu Onsen at the end of May. The workshop is open to people of all ages.
*Onomatopoeic is a word that imitates, resembles or suggests the sound that it describes.

Heikki Rönkkö/Finland

Heikki Rönkkö

Finland

http://www.heikkironkko.com/

comics, visual arts

residency April-May 2018

/

ヘイッケ・ロンッコ

フィンランド

コミック、視覚芸術

2018年4-5月滞在

/

 

I am a comic book artist rooted in the Finnish contemporary comics scene, which is characterized by artist-led creative freedom, DIY mentality and aversion to easy categorization.
My works are narratively and structurally experimental silent explorations of the human condition. They deal with wide societal and philosophical themes through apparently stereotypical and simplified characters and exaggerated conflict-based dramaturgy, somewhere between silliness and profundity.

This “existential slapstick” utilizes as well as questions various orthodox forms and conventions of the (western) comics art form, all the while aiming for visual language and narrative content unbound by tradition or prejudice.

私はフィンランドの現代漫画シーンに根ざした漫画家です。そのアートシーンはアーティスト自身が主導する創造的な自由があり、人任せにせず自身でやるという考え方を持ち、安易な分類への嫌悪感を帯びることが特徴です。。

私の作品は、人間の状態を探検するごとく、物語のようで構造的・実験的静けさを持っています。それらは、明らかにステレオタイプで単純化されたキャラクターと、紛争に基づく劇的な作風を通して社会的で哲学的テーマを扱います。そこには愚かさと奥深さの間にあります。

この「実在のスラップスティック」も同様に、さまざまな(西洋の)正統的な形や漫画芸術の形態をとり、すべての視覚言語と物語を目指して伝統や偏見によって縛られない内容を目標としています。

/

 

Heikki Rönkkö |《Bathers》

Bathers is a weave of overlapping and interconnecting visual narratives about people frequenting the Takasago-yu during the decades it was open to public. The work meditates on the function of the onsen as both a space for public interaction and for private relaxation.

へイッキ・ロンッコ|《入浴者たち》
この作品は、高砂湯が開業していた何十年もの間、そこに頻繁に通っていた人々についての、相互的な視覚の物語を重複的に織り交ぜたものです。作品はパブリックな交流と私的なリラクゼーションの空間という温泉の機能について思索します。

展覧会フライヤーのメインビジュアルを手がけたへイッキ・ロンッコは、フィンランド在住のアーティスト。主に国内で現代漫画を制作し、漫画雑誌のデザイン/編集も行っています。ロンッコの作品はステレオタイプで単純化されたキャラクターが劇的な作風で描かれ、社会風刺や哲学をテーマにしています。その世界観は、安易な分類への抵抗や、伝統や偏見によって縛られない自由を目指すものです。

 

 

Alice Blanch/ Australia

Alice Blanch

Australia

www.aliceblanch.com

Analogue Photography, Installation, Poetry, Video

residency April 2018

/

アリス・ブランチ

オーストラリア

写真、インスタレーション、詩、ビデオ

2018年4月滞在

 

My motivation for this residency is to devote time and creative energy into exploring the natural landscape surrounding Yamanashi, researching the history and human relationship with the land and translating this into creative outcomes.

During this residency I will create artwork based around human connection with the landscape. I will take walks regularly by myself and with other residency artists and community members to have experiences within the landscape near to the residency location. These walks will be the foundation for my creative process. I will take photographs, videos and sketch, then return to the studio to reflect, contemplate and further develop and build on these artworks.

I am interested in the meeting point between humans and the landscape and how the relationship has changed over time. I will research into the cultural and spiritual relationship Japanese people have with this particular location, both past  and present, and use this research to deepen my perspective and enrich my artwork.

I will work with my main medium of photography, capturing images on photographic film, as well as experimenting with translating my experiences through poetry, video and installation work.

作家は今回の滞在において山梨の周りにある自然景観への探検、その歴史や人間と土地の関係のリサーチにエネルギーを充て、それを創造的に翻訳するだろう。

作家は人間と風景のつながりを元に制作を行う。制作プロセスの基盤となるのは甲府周辺の風景を体験する逍遥である。写真、音声、スケッチで記録を取り、向き合い、さらに深く作品に落とし込んでゆく。

彼女の関心は人間と景観が出会うポイントや時間の経過に伴うそれらの関係性の変化にある。過去と現在の両方における日本人と特定の地域や場所との間にある文化的でスピリチュアルな関係についての研究は作家の視点を深め、作品を豊かにする。

イメージを写真のフィルムに焼き付けるだけでなく、詩や映像、インスタレーションなどを通して自らの体験の実験的翻訳によって制作を行う。Translation: Mina Ino

/

会場:アメリカヤ #301 mountain bookcase”Zimmer”

〒407-0023 山梨県韮崎市中央町10−17

 

日程:4月27日(金)13:00-20:00

28日(土)10:00-18:00| 15:00- chat with Alice

29日(日)13:00-20:00


mountain bookcase 店主 石垣純子

mountainbookcase【4月のテーマ/山と自然】
mountain bookcaseの半月営業の実店舗“Zimmer” アメリカヤ3F
今月は4/20から営業します。4月のテーマの中心は山と自然。
アートから民俗学まで多角的に選書しようと思います。

また月末4/27-29には、甲府で1ヶ月滞在制作しているオーストラリアのアーティスト、アリス・ブランチさんの展示も同時開催します。
彼女の写真を見て一目惚れし、オーストラリアでの展示の写真を見てさらに引き込まれました。

山と自然をモチーフにしたアリスさんは、写真家としての活動がメインですが、今回の日本滞在では水彩画とドローイングで表現します。
28日の15:00からは、アリスさんと英語で気軽にアートやオーストラリアのことをおしゃべりする時間も。

(予約不要、飲食持込OK、出入り自由です。)
少量ですが、展示期間中はアーティストブックの販売もあるので、いろいろお楽しみに。

/

photo: Fumiko Arakawa @Hinata yama

photo: Ishigaki Junko 石垣純子@mountainbookcase アメリカヤ韮崎市

Cheong Hoi I/Macau

CHEONG Hoi I

Macau

www.melcheong.com

Mokuhanga, Painting, Papermaking, Handcrafts

residency March 2018

/

チェオング・ホイ・イ

マカオ

木版画、絵画、紙すき、手工芸

2018年3月滞在

People are special individuals, but capitalism created a nihilistic worldview that only money exists. By participating in this social game, people gradually lose their humane instinct as in pursuing the true happiness in life – making a society that goes in a repeated loop without any breakthrough. Thus, it is important to understand oneself.

One can achieve the results from learning and comparing with each other, with people in the history who laid down ideas and visions through art and culture. Through art revelation – the process of appreciation, expression and dissection, Cheong found her way to understand herself and exchanging her ideas and visions with people who shares the same moment she does.

These ideas set up as a base for us to make a better and sophisticated self. Cheong’s pursuit in questioning the moment allows her to continue in exploring the relationship between herself and her art.

人間とはそれぞれが特別な個人ですが、現代では資本主義により金の存在が大きく左右する虚無的な世界観が形成されました。 このソーシャルゲームに参加することで、人々は人生の真の幸福を追求する人道的な本能を徐々に失ってしまい、有効な突破口を見出すことなく社会生活は繰り返されます。 そこで自分自身を理解することが重要になってきます。

歴史と芸術と文化を通してアイデアやビジョンを掲げた人々と学び、比較して結果を達成することができます。 感謝、表現、解剖のプロセスであるアートの啓示を通して、作家は自分自身を理解し、同じ瞬間を共有している人たちとアイデアやビジョンを交換する方法を見つけました。

これらのアイデアは、私たちがより良く洗練された自己を作るための基盤として構築されました。 このように疑問を抱く作家の追求は、作家と芸術との関係を探求し続けることを可能にします。

/

「春の風/Scenes on Earth」

March 24,25th  11:00-18:00 @AIRY

March 23,24,27,28,29th  11:30-18:00 @Naomi Camp

Naomi Camp:

https://www.facebook.com/naomicamp/

ランチからディナーの間(14:00-18:00)コーヒー・紅茶・デザート・軽食の提供あり

/

I still remember the days when I look at Mt. Fuji in the morning, I can feel the soft breeze in the air, I look upon the field in front of me, the sky is as clear as a crystal. There was also a day when I was very excited waiting for the sunset together, the late Keiko Kadota, Director of Mi-LAB told me that the lights from the climbers will form a necklace on Mt. Fuji. All these details, all these feelings, combine and become a late summer story of Mt. Fuji.

Then, this time, another story is waiting for me. This March, I encounter Mt Fuji in a white dress. A stage of white, I am waiting to open a new page of story, a story about mokuhanga, about the nature, about the people there and about me.

明け方、柔らかい空気に包まれ、目の前の草原や宝石のように透きとおった空を見上げながら富士山を見ていた日々を、今でもはっきり覚えています。夕日が沈むのをずっと待っていた日もありました、Mi-LABのディレクターKeiko Kadotaさんが、富士山登山者の光が集まると、富士山にネックレスがかかると教えてくれたからです。このように様々な記憶や感情が、夏の終わりに作り上げた富士山のストーリへと繋がっていきました。

そして今回は、また違うストーリーが私を待っていてくれました。3月、白いドレスをまとった富士山を見ることができたのです。富士山が白いこの季節、新しい物語の1ページを開こうと待っていました。木版画、自然、そこに生きる人々、そして私自身についての物語です。Translation: Nagisa MItsumori

/

venue:AIRY

venue:Naomi Camp

Sandra Leandersson/Sweden

Sandra Leandersson

Sweden

sandraleandersson.tumblr.com

Textile, photo, text, video

residency March 2018

/

サンドラ・リーンダーソン

スウェーデン

テキスタイル、著述、写真、ビデオ

2018年3月滞在

/

 

Central for the artistic practice is the existential wonder, sometimes trough
collecting material from nature, photo, collage, text but every so often trough
embroidery with beads and thread. I proceed from a color or a piece of fabric that is appealing at the moment and sketch forms that I want to embroider. Often it is abstract forms that I extract from my fantasy, it can be a feeling that wants to come out and get a place in the world. By using my imagination I feel the freedom to continue to materialize, explore and go beyond what I know. Other times I use forms that are very clear in what they symbolize. Incommon for both approaches is the will to find a language to describe the subtleties, unsteadiness, joys and meanings -impossible to categories – that are the core in our being. Playfulness is an important component and the color scheme has romantic references. The embroidery can be flat but also applied on a 3-dimensional form. In size they varies from 10×10 cm –
1×1 m. To embroider is a structure for me to act within that also have endless
possibilities and in this overwhelming world I’m experiencing that to embroider gives sense to slowness.
During my stay at AIRY I want to sketch on embroideries that are more rich in content, use layers and different textures and use the circle form as a background.

芸術活動の中心は時に自然の中からの素材収集や写真、コラージュ、文章、多くの場合は刺繍を使って生活の中に存在している不思議を見つめることにある。作家のイメージはその時々に現れる生地のある色や断片、刺繍したい形のスケッチから成る。それは彼女のファンタジーから取り出した抽象的な形であることが多く、外へ出てきてこの世界に居場所を求めている感情であることがある。実現し続ける自由を感じる想像力を用いて未知の領域へと探求する。あるいははっきりと象徴化された形を用いることもある。二つのアプローチには共通して分類不可能な私たち自身の核心部にある不安定さ、楽しさや意味などを言葉で説明できる言語を見つけるという目的がある。遊び心は重要な要素であり、色彩の配合は空想的な参考にもなる。

刺繍は平面だけでなく立体の場合もあり、サイズも10x10cmから1x1mまでと様々だ。彼女にとって刺繍をすることは際限のない可能性の中やこの巨大な世界の中でゆったりとした感覚を味あわせてくれるものである。AIRY滞在中は内容に富み、レイヤーや様々な種類の素材を組み合わせたり、背景には円形を使いたいと思っている。Translation : Mina Ino

/

「春の風/Scenes on Earth」

March 24,25th  11:00-18:00 @AIRY

March 23,24,27,28,29th  11:30-18:00 @Naomi Camp

Naomi Camp:

https://www.facebook.com/naomicamp/

ランチからディナーの間(14:00-18:00)コーヒー・紅茶・デザート・軽食の提供あり

/

Central in my practice is the existential wondering, I am collecting emotions and experiences and make embroideries with threads and beads out of what I feel. I see the embroidering process, the action in itself as the art. To embroider is a structure for me to relate to in everyday life, it gives the slowness that I need a meaning. I am interested in shapes and symbols and use this in my work together with a lot of color.

During my stay at AIRY I have been working on a project I call “Dear life”, it’s a tribute to life and I base every work within the project on the circle shape.

 

私の制作の中心にあるものは、実存する疑問や不思議です。糸やビーズを使い、自分の感じたものや経験したものを集め、刺繍に表しています。刺繍のプロセス、その動きを私はアートと捉えています。縫うこととは、日常の生活と自分とを繋げるもので、意味を持つ、ゆったりとした時を与えてくれるものです。様々な形やシンボルに興味がありますが、たくさんの色を織り交ぜて作品の中に取り込みたいと思っています。

AIRY滞在中は、“Dear life” (親愛なる生命、命、一生..)と名付けたプロジェクトに取り組んできました。生きとしいけるものへの称賛、讃歌として、丸い円の中に全ての作品を描きました。translation: Nagisa Mitsumori

/

venue:AIRY

venue:Naomi Camp

 

Julia White/Australia

Julia White

Australia

www.juliawhite.org

painting, drawing, sculpture, installation

residency March 2018

/

ジュリア・ホワイト

オーストラリア

絵画、素描、彫刻、インスタレーション

2018年3月滞在

/

I have made four short journeys to Japan in 2007, 2011, 2014 and 2015 and each time I have been exceptionally inspired and made work based on my experience.  I resolved I would try to learn the language and return for a longer period to make work.  I am interested in Chinese and Japanese historical painting and drawing and the presence of qi in ones’ work.  I am interested in the relationship between nature and people, the way we disperse ourselves in space and place, the way place and people inform one another.  I am hopeful I can come to Japan to make work rather than travel as a tourist.

作家は2007年から2015年までの間に4度の短期の旅行で日本を訪れた。その度に非常に刺激を受け、その経験をもとに制作を行ったことから、日本語を学びより長い期間滞在して制作活動を行うことを決心した。作家は中国や日本の歴史画とその中の「気」の存在に関心を抱いている。自然と人との関係、空間や環境の中に自分自身を散り散りに溶け込ませる方法、環境と人々が互いにコンタクトを取り合う方法について知りたい。Translation : Mina Ino

/

「春の風/Scenes on Earth」

March 24,25th  11:00-18:00 @AIRY

March 23,24,27,28,29th  11:30-18:00 @Naomi Camp

Naomi Camp:

https://www.facebook.com/naomicamp/

ランチからディナーの間(14:00-18:00)コーヒー・紅茶・デザート・軽食の提供あり

/

Life arising – scenes on earth

In these works on paper I am celebrating the marvel and mystery of action.

In particular I celebrate work – simple ordinary overlooked work as well as wonderfully skilled work.  I celebrate the overlooked work of women and the work of labourers and artists. In my work generally I am interested in the dynamic and sensory qualities of place and our complex relationship to places. In recent work I have made paintings from observational drawings and photographs of major pilgrimage sites in Japan, where I experience a sense of magic and other worldliness, of a powerful culture interacting with nature for a long time.

生の息吹 ー この地球に映るもの

作家の作品に込められた思い、それは人の動きや活動に映し出される驚きや神秘的なものに光を当てること。特に人の携わる“作業”に価値を見出している。一見見落としてしまいがちな、単純で日常的な作業から、非常に熟練した作業まで。女性が携わる忘れられがちな何気ない作業と、働く者やアーティストの作業、それらを共に祝福している。彼女の作品には、特定の場所に映る動的で知覚的な感覚、そしてそれら様々な場所における人との関係性に込められた思いが反映されている。近年の作品は、日本の名立たる信仰の土地を題材に、模写や写真をもとに制作されている。それらの作品には、作家が享受した、いにしえから自然と共存してきた日本の力強い文化、そしてそこから受けた神秘的で現実離れした不思議な感覚が描写されているのである。Translation: Hanako Kishimoto

/

venue:AIRY

venue: Naomi Camp

Ritali Chione /Hong Kong

Ritali Chione

Hong Kong

lives and works in Barcelona

https://www.facebook.com/ritalichione/

Paintings, illustrations, multimedia

residency February-March 2018

/

リタリー・チオーネ

香港

絵画、イラスト、マルチメディア

2018年2-3月滞在

/

As a realistic portrait painter my primary concern would be the aesthetic of my artwork. Besides the aesthetic, I always contemplate what should be the relationship between artist, object (the sitter in case of portraits painter) and the art viewers.  Art should be an interaction, a dialogue, an exchange of ideas. Traditionally portraits were often commissioned by the rich and powerful while the painter would need to please their clients. Or the painters would pay the sitter to pose for them and serve as a silence object. I would like my sitters to tell their stories and the resulted artwork would be a collaboration.

My proposed project for the residency would be “Everybody has a story”

We are like stories. We are constantly telling and hearing stories. My artwork would be a series of portraits of local residents or illustrations inspired by the residents’ stories. The participants should be non professionals (not writers, filmmakers nor bloggers).  The aim is to give people who would not normally involve in creative process a chance to tell their stories to the world. The stories can be personal histories or entirely fictional. The artist will act as the editor and the producer. At the exhibition an except of the story will be presented alongside each painting. The full audio stories will be available online.

作家にとってリアルな肖像画家としての主な関心は作品の美学にある。それ以外では、常に自分と対象物(肖像画家の場合はモデル)とアートを観る人との間の関係はどうあるべきかについて深く考えている。作家にとって芸術は相互に働く対話やアイディアの交換である。

伝統的にポートレイトはしばし裕福であったり権力を持つ人々に依頼されて描かれていた。画家は顧客たちを喜ばせる必要があった。さもなければ画家は椅子にかけたモデルがポーズをするのにお金を払い、彼らは静物を務めていたものだ。

作家はモデルになる人たちの彼らの物語を聞いて作品とコラボレーションする。人は絶えず何かしらの物語を話したり聞いたりしているし、私たち自身も物語のようなものなのだ。作家はこのレジデンシープログラムにおいて”誰もにでも物語がある” というプロジェクトを提案している。地域の人々のポートレイトや彼らの物語からインスピレーションを受けたイラストのシリーズを制作する。対象はライターや映像作家、ブロガーのような専門的な人ではない方がいい。普段の生活で創作活動とは無関係であろう人々に彼らの持つ物語を世界中に伝える機会を与えることがねらいだ。その人の歴史でも完璧な作り話でもよい。作家は編集者やプロデューサーのような役割をし、物語の一部を抜粋してそれぞれの絵と合わせて展示をする。また話してもらった物語の音声記録の全てをオンライン上で視聴可能にするつもりだ。

Translation:  Mina Ino

/

「春の風/Scenes on Earth」

March 24-25th  11:00-18:00 @AIRY

Art should bring people together. My artwork would include a scenery & a series of portraits of people I have met in Kofu. For people from Kofu they would find places & things they see everyday completely ordinary. For me everything is new and exciting. I met some incredibly awesome people – I would like to paint them all if I am not seriously running out of time. So in this exhibition you will see a few of them. At this time when everyone has a smart phone and taking loads of photos everyday you might ask what is the point of making realistic paintings. Come see for yourself and I hope I won’t disappoint you.

アートは人と人を結びつけるものである。作家の作品は、甲府でめぐり逢った風景や出会った人々の肖像画によって構成されている。甲府の人々にとっては、街の風景や毎日目に触れるものは単なる日常に過ぎない。だが作家にとっては、すべてが新鮮で心を躍らせるような出会いであった。滞在中、忘れられない素敵な出会いがあり、時間が許せばそれらすべてを描きたかったと作家は願う。本展示では、そんな出会いのうちの一部を覗くことができる。今日、スマートフォンが1人に1つある時代、毎日絶えず写真を撮り続けている中、現実世界をそのまま写実することに何の意味があるのかと疑問に感じるかもしれない。そんな疑問に、作家の作品は答えようとしている。Translation: Hanako Kishimoto

/

 

Danika van Kaathoven/Netherlands

Danika van Kaathoven

Netherlands

www.danikavankaathoven.com

product design, image making

residency February 2018

/

ダニカ・ヴァン・カートヴェン

オランダ

プロダクト・デザイン、イメージ・メイキング

2018年2月滞在

/

I graduated from the Product Design department of ArtEZ University of the Arts in Arnhem, the Netherlands. I have a fascination for storytelling, poetry and the interplay between words and objects. In my work I dive into the world of everyday objects and observe and play with their ‘’rules’’ and interpretations. For me, it is all about exploring the amazing potential of the ordinary objects we surround ourselves by and finding new shapes and silhouettes that are hidden in our daily lives.

In June 2017, I graduated with THE WALLS WERE COVERED WITH CUT-OUTS, a project where I studied the idea of positive and negative space through the paper cut-out. Cutting paper with a pair of scissors became my starting point to experiment with shape in a direct and intuitive way. I explored the intentionally cut form and the residual form (‘’rest form’’) that simultaneously appeared. Rest form does not mean waste. I consider both parts of the cut-out, its positive and negative shape – the form and the rest form – as equally valuable. There is an interaction between the two where they influence each other. I was fascinated by the poetic simplicity of the cut-out and the amazing beauty and potential I saw in the forms that appeared while cutting in old newspapers, magazines and advertisements. The cut-out became my platform to play with the perception of the ordinary.
With the poetic simplicity of the cut-out and this idea of form and rest form in mind, I started my dynamic design process: by combining the cutting technique with other simple methods, such as folding and pasting, I constantly transformed the shapes, creating an evolutionary chain of new forms while keeping an eye on both form and rest form. It resulted in a broad collection consisting of scarves, chair covers and paper collages, which show my love for playing with shapes and silhouettes.

During this Artist in Residence, I will continue to develop my graduation project and work on a new series of form and rest form. I want to dive into the Japanese daily life and zoom in on the objects that play a part in it. I plan on analyzing these everyday objects and their silhouettes using the idea of form and rest form. Through its objects, I want to learn more about Japanese culture and explore the shapes and silhouettes that are hidden in Japan’s daily life.

作家はオランダのアーネムにあるArtEZ芸術大学プロダクトデザイン学科を卒業し、物語を話すことや詩、言葉と物体の間の相互作用について強い興味を持っている。日常的にある物体の世界へ飛び込み、観察して彼らの「ルール」や解釈に従って戯れる。作家にとってそれは私たちが自らを囲っているありふれた物体の素晴らしい可能性を探り、日常に隠されている新しい形や輪郭を探すことためである。

大学卒業時の紙の切り抜きによるポジティブ・ネガティブスペースのアイディアを研究した「THE WALLS WERE COVERED WITH CUT-OUTS ー 切り抜きで覆われた壁」というプロジェクトは直接的で直観的な方法という形を試みる原点となった。意図的に切り抜かれた形と同時に現れるそれ以外に残った紙の形を探求した。その切り残しは単なるゴミというわけではなく、そのポジティブかつネガティブな形ー意図的に切り抜かれた形と切り残しの形ーの両方が同じように価値のあるものだと考えている。互いに影響を及ぼしあうその2つの間にはある相互作用がある。古い新聞紙や雑誌、広告を切り抜いていた時に現れた様々な形の中にみたその詩的な単純さと素晴らしい美しさと可能性に魅了され、作家にとって切り抜きは日常の知覚と戯れる土台となった。

切り抜きの詩的な単純さと切り抜かれた形と切り残しについてのアイディアからダイナミックな設計プロセスが始まった。紙を切るという技術を折る、貼るなどといったシンプルな方法と組み合わせ、意図的に切り抜いている形と切り残しになる形の両方に着目しながら徐々に現れる新しい形の連鎖を作り出して常に形状を変化させた。スカーフや椅子のカバー、紙のコラージュからなる彼女の作品は形やシルエットと戯れることへの彼女の愛を示している。

AIRYに滞在する間、このプロジェクトを続け、切り抜きと切り残しの新しいシリーズに取り組む。作家は日本の日常生活に飛び込み、そこに溶け込んでいる物をクローズアップしてその形やシルエットを分析して、新しいシリーズに反映させる。それらを通して日本文化を知り、日常生活に隠された形やシルエットを探求したい。Translation:  Mina Ino

/

(re)semblance

A playful analysis of daily life in Kofu, Japan

/

タイトル:(re)semblance/ありふれた甲府でのひらめき

会期:2018年2月24(土)25(日)11:00-18:00

*オープニング24(土)16:00-18:00

アーティスト・トーク(通訳:岸本華子)

ライブ演奏(投げ銭)予約不要

ジャンベ(天風)口笛(cosmo)ギター(サブロク)

会場:AIRY  400-0031 山梨県甲府市丸の内2-37-2  2F

opening 24th 16:00-18:00,

artist talk, live music: Djembe+whistle+guitar

 

(re)semblance is a series of photographs and collages, inspired by and taken from daily life in Kofu, Japan. It is a playful analysis of everyday settings that are very real and familiar, yet always combined with a slight twist of reality.

I treasure the poetic side of daily scenes and always look for different ways to interpret the things people see on a regular basis and the steps people might have taken a thousand times before, but perhaps not thinking more of it than being mere trivial encounters.

Throughout the simple method of collage-making, I give shape to my impressions of life in Kofu city and show the original silhouettes that are hidden in these Japanese daily scenes.

 

(re)semblanceは、作家が甲府での日常生活からインスピレーションを受けて撮影された一連の写真とコラージュのシリーズです。とてもリアルで親しみやすい日常のようすが遊び心で分析されていますが、現実のわずかな歪みと常に組み合わせられています。彼女は日々の生活で詩的なシーンを慈しみ、いつも人々が日常的に見ていることや以前に何千回も経験したことを解釈するためのさまざまな方法を探求します。シンプルなコラージュ作りを通して、作家の甲府での人生観を形作り、日本の日常シーンに隠れているオリジナルのシルエットを浮かび上がらせていると言えます。

/

杉山智明氏(左)よりコメント

「Ms.Danika van Kaathoven’s wonderful exhibition at AIRY in Kofu, Yamanashi, Japan this weekend !

甲府滞在2日目は、ギャラリーのAIRYへ遊びに。

今週末、オランダ出身の女性作家 ダニカさんの個展が開かれています。

AIRYの楽しいところは、海外の作家さんのほうからフランクに声を掛けてくれて、おしゃべりしながら展示作品について気軽に意見交換が出来る点ですね。美術の専門的知識が無くても、作品から感じたことを素直に伝えれば、作家さんはとても喜んでくれます。

今日は、楽器を用いてのライブ演奏コーナーもあり、会場が盛り上がりました。高校時代の恩師・石川先生もお越しになり、先生もカホンという打楽器でリズムを奏でていました!

お昼前後から夜まで、ダニカさんや坂本さんたちとゆっくり深くお話出来て、精神が活性化した一日となりました。色んな世代の方々が不思議な磁力で集まってきて、海外アーティストとのトークや演奏ライブに聴衆たちが即興的に参加し絡み合っていく、そこがAIRY空間の真骨頂だと思っています。海外のアーティストさんとお話すると、自分が今まで知り得なかった視点を教えられることが多く、甲府でそうした体験が出来るのは有り難いと思います。」