Silvia Trappa/Italy

Silvia Trappa

Italy

www.silviatrappa.com

sculpture, drawing

residency on October 2016

/

シルビア・トラッパ

イタリア

彫刻、素描

2016年10月滞在

Silvia

/

All my works are inspired by daily life. I look the things around me and I try to catch the essence of it in order to be able to tell the world in a simple and easy way.

I work on the concept of time using as main media sculpture and drawing.

In a fast world I’m interested in the ability of waiting, so my characters are often children, animals, old and strange people. In my works they appear to be crystallized and stopped in the time, their shapes and colours seem to be time-worn like they were living just in memories or in dreams.

I would like to create a language that everyone from everywhere can understand, something that will appear easy and light at the first sight but that is also deep and critical if you pay more attention to it.

I’m interested to expand my knowledge finding new inspirations, discover and learn about old and contemporary history of different countries, taking things that affect me and reusing it in a new and contemporary key.

In this way we’ll think about a topical fact through something that we already know because it is a part of our History.

In the last few years I focused my research on materials, looking for some kind of sustainable materials, as a result I started to work more with paper, which became the main material of my sculptures.

Some years ago I started to be more interested in social art. I started to work with children, old people and outsiders, at first as a volunteer. This approach made me stronger and now I begun to organize recycling workshops for children and people with different kind of disabilities.

私の作品は日常生活に触発されています。身の周りのものを見て、シンプルで簡単な方法で世界に伝えることができるようにするために、その本質をキャッチしようとします。

私は主に彫刻やドローイングを用いて時間の概念に取り組んでいます。

現代の高速の世界において、待っているの能力に興味があり、多くの場合、子供・動物・古いものと奇妙な人々が登場します。作品は彼らが結晶化し、時間内に停止しているように見えます。その形や色はちぎれた時間の中で、単に記憶や夢の中で生活していたようにも見えます。

私は、どこからでも、誰もが理解できる言語で作品を作りたいと思います。それは一見簡単で明るく見えますが、それにもっと注意を払う場合には深くて重要である何かです。

自分に影響を与えるものを取リ入れて、新しい現代的な解釈でそれを再利用し、新たなインスピレーションを見つけて知識を広げる発見をしたり、さまざまな国の古いものと現代の歴史について学ぶことに興味があります。

このように、我々はすでに知っている何かを介して局所事実について考えます。なぜなら私たちは歴史の一部であるからです。

このところ私は、彫刻の主材料となる持続可能な材料を探して集中的に研究をし、結果として主に紙を彫刻の素材として使うようになりました。

また何年か前、私は社会的なアートに興味を持ち始めました。まずボランティアとして子ども・高齢者や部外者と協力し始めました。このアプローチは自分自身をより成長させ、いろいろな障害の種類の子供や人々のためのリサイクルワークショップを開催し始めています。

 

meeting point 2015 installazione sculture di carta corda rossa

 

meeting point l

/

Memory cubes project – Silvia Trappa

I’m an Italian artist and all my works talks about how the contemporary society has change and influence our daily live, customs and traditions.

Digital technology have changed the way to preserve our memories.

My project focus on how is changed our way to remember, involving the local people it want to be a meeting point between different culture, age and style.

I would like to ask to people of Kofu to be a part of this project:

-show me an old picture of your family

-tell me the story behind that moment

I’ll use pictures and stories for remake these in  drawings on paper that after will be put on cubes of wood  (recovered from joinery scrap).

All pieces will be using to make an installation, it will be like a monument of memory and also a kind of collective memory, a way to tell the history of the town through the personal experience of each citizen.

 

私はイタリア人アーティストです。

現代の社会がどのように変化してきているか、日常生活や習慣、伝統への影響はあるのかを考察するのが私の制作のテーマです。

近年、デジタル技術の発達は、私たちが思い出を保存する方法に変化を与えました。

このプロジェクトでは、様々な世代の地域の人々と出会いながら彼らを巻き込みつつ、私たちが思い出を保存する方法に焦点を当てます。

参加者への質問

・あなたの(古い)家族写真を見せてください

・その時の思い出を教えてください

私は写真と思い出話から発想して紙にドローイング、それを木片の表面に貼っていきます。すべて揃ったらインスタレーションとして発表します。思い出の記念碑として、人々の個人的経験を通して街の歴史を語る作品となるでしょう。

silvia_image_01

silvia_image_02

 

 

/

14796072_1216543391701628_144726404_o

/

彼女の作品は日常生活に触発されていて、身の回りのものを見て、シンプルで簡単な方法で世界に伝えることができるようにするために、その本質をキャッチしようとする。
AIRY滞在中は主に三種類の制作を行った。
・ドローイング
・彫刻(ペーパーマッシェ)
・Memory Cubes(聞き取り型プロジェクト)
人々の思い出をインタビューしてその写真をもとに立体作品とアルバムを制作。現代の社会がどのように変化してきているか、日常生活や習慣、伝統への影響はあるのか考察している。
立体作品はインスタレーションとして発表される。

/

img_8108

interview with Miyako Nakamura

img_8124

interview with Fumika Wakayoshi

img_8297

interview with Masaki Watanabe

img_8339

interview with Kana Harada

img_8354

interview with Mina Ino

/

img_8563

img_8550

img_8573

Elisabet Ericson/sweden

Elisabet Ericson

sweden

http://www.elisabetericson.com

http://www.vimeo.com/putapan

illustration, animation, picture book

residency 2016 September – October

/

エリザベート・エリクソン

スウェーデン

イラストレーション、アニメーション、絵本

2016年9-10月滞在

portätt mig juni 206_bw

/

People are in the center of my work. I study them and their expressions, and retell them in my own pictures and words. I think I’ve always been an observer, who watched and listened to people around me. And since I’ve also been a restless person with in a pen in my hand, it has become natural to draw down my observations.

Making stories is another thing that has been present for a long time for me, yet I still struggle with this. Producing single drawings, images and texts is most often more or less simple, but adding a narrative and a specific meaning is more difficult.

Maybe that resistance is one of the reasons to why I keep wanting to make stories. That, and the knowledge of a story’s secret powers. The fact that it keeps the viewers attention, and can lead its thinking on a trail that you’ve created. It’s like with a single image, but a story demands more time of the viewer, and is hacking it’s mind a little bit more, perhaps.

On AIRY I want to take walks, talk to people, look around and in other ways take in my new surroundings, and to make a lot of drawings. I also want to make small stories and to show them to people, and to hear about their interpretations, and to observe their reactions and thoughts. It’s all like a cycle.

 

人間の存在がわたしの制作の中心にあります。わたしは彼らの表現から学び、自分自身の絵とことばで語り直します。わたしはいつも観察者で、周囲の人々のようすを見聞きしています。そしてペンを持った手を休みなく動かして観察を描写するようになりました。

おはなしを作ることは長いことわたしの中にあった別のものですが、まだこれで苦労しています。一枚のドローイング・イラスト・テキストを作ることは、ほとんどの場合あまり苦労しませんが、物語や特定の意味を加えることはより難しいです。

多分その抵抗は、わたしがおはなしを作ることを望み続ける理由の一つでしょう。つまり、おはなしの持つ秘密の力を知っているからです。それは観る人の注目を保ち、わたしの思い通りにその考えを導くことができるという事実。これは一枚のイラストについても同じですが、おはなしは鑑賞者により多くの時間を要求して人々の心を奪うでしょう。

エアリー滞在中は街を歩いて人々と話し、新しい生活環境を見回して、ドローイングを制作します。また短いおはなしを作って見てもらい彼らの解釈を聞きたいです。その反応と感想を観察することはすべて循環しています。

/

ダウンロード

 

ダウンロード (1)

/

シナモンロールで朝フィーカ!

Cinnamon roll & Fica Workshop

Saturday 1st October 2016

morning Fika&Talk with Elisabet Ericson / Sweden
http://www.elisabetericson.com/
スウェーデンのお茶文化フィーカって何?
やっとベイクものが楽しい季節になりましたし
土曜日の朝お出かけ前のひと時をごいっしょに。

①日本にも10時3時のお茶あるんですけどなどなど、気になることを聞いちゃいます!
②お茶受けシナモンロールもみんなで作っちゃいます!
③さらにエリーちゃんの最新作イラストやアニメも発表します!

【時間】2016年10月1日(土)10:00-11:30
【場所】AIRY
【アーティスト】エリーちゃんことエリザベート
【定員】6名くらい
【経費】1000円/お一人

/

img_8068

img_8086

img_8088

/

Taking A Walk

Elisabet Ericson solo show

@Fluunt KOFU  vegy restaurant

2016.10.14-29

14614469_907950346005674_1143741737_o

img_8290

img_8286

img_8236

/

Draw Creative Workshop @Uesugi Building

Saturday 22nd October 2016

img_8327

14657530_1431009810260755_1047229118529778183_n

14729265_1431018610259875_3065640943650145113_n

/

Bookmaking Workshop

Saturday 29th October 2016

img_8663

img_8676

img_8689

Darren Rigo/canada

Darren Rigo

canada

darrenrigo.com

photography, video, sculpture, installation

residency July – September 2016

/

ダレン・リゴー

カナダ

写真、ビデオ、彫刻、インスタレーション

2016年7~9月滞在

 

blending in 002

 

It is part of my nature to seek solitude once in a while. If I am stuck in the city for too long of a stretch, I feel compelled to go roam the woods near my childhood home. Every time I go for a walk in the forest I often happen upon a funny thing or two; this could be an unusual mushroom, tree that grew in a strange shape or an unusual marking left behind by some unknown creature. Nature always offers up surprises that draw me back and keep me interested in spending time away from it all.

時に孤独を追求するのは私の本質の一部です。私は長期間に渡って都市で立ち往生してしまうと、子供時代を過ごした家の近くの森を歩き回るよう強制されているように思います。頻繁に森の中へ散歩に行くたびに一つや二つ面白いものに遭遇します。珍しいキノコや奇妙な形に成長した木、または未知の生き物が残したマーキングに出会います。自然はいつも私に驚きを与え、引き戻されてすべての時間を費せるほどの興味を提供してくれるのです。

1-innermostpart

/

/

/

2016/8/17 [A balloon man]appeared suddenly on the balcony  AIRY

IMG_7272

moving to the school yard with kids

IMG_7306

slowly walking around with wind—

IMG_7328

/

!!!NEW PERFORMANCE!!!

“A cloud for Kofu”

「晴れときどきくもり」

【時間】2016年8月26日(金)12:00~16:00の間

【ルート】AIRY→舞鶴公園→AIRY

【参加方法】大きな風船(雲)を操りながらいっしょに歩きましょう!

*天候により時間が変更になる場合があります。

!cid_0CE7E88C-C4D4-4E74-AE70-C6FE4247C291

Kofu is a city boxed in by high mountains. The mountains trap the clouds leaving the residents of Kofu with no shade from the high afternoon sun; no relief from the tropical heat. In every direction, above the distant mountains, clouds are forming but they never make it closer than the horizon.

This weekend Canadian artists in residence Darren Rigo and Winnie Truong will present their piece “Partly Cloudy”. A small man made, helium filled cloud that will tour Kofu providing shade to its overheated pedestrians.

 

甲府は高い山々に箱詰めされた街

街では人々は山に雲を連れ去られ影を失い

午後の強い日差しが彼らに容赦なく照りつける 真夏の熱から解放されはしない

それぞれの方角から 山々を超える高さから

雲は形を作るけれど

地平線に近づくことは決してない

(訳 三森なぎさ)

——

灼熱の8月末、ダレン・リゴー(カナダ)とウィニー・トロン(カナダ)二人のレジデントは

「晴れときどきくもり」という作品を発表します。人の手で作られたヘリウム入りの風船(雲)で、過熱する歩行者に日影を提供しながら甲府の街を廻る予定です。どなたでも参加していただけます。風船(雲)のかげの下に入ったり、遠くから眺めたり・・あなたも参加してみませんか。

2016/8/26[A cloud for Kofu]@Maizuru-jyo Park

img_7528

/

2016/9/16 [drifters]@Maizuru-jyo Park

Winnie Truong/canada

Winnie Truong

canada

winnietruong.com

drawing

residency July – September 2016

/

ウィニー・トゥロン

カナダ

素描

2016年7~9月滞在

!cid_ii_155752d5aa1e5013 - コピー

In recent years I have developed a body of work that generates a dialogue between beauty, hair and the drawn line through large-scale colored pencil drawings on paper. Focusing on the subject of hair, I imagine new possibilities for it beyond ornament, accouterment and environment. While my work captures the tensions between hair, beauty and the grotesque, my work also expresses personal feelings of ambivalence towards femininity and the female body. At the core of my practice, I view drawings as an equal balance of visual and visceral experience; a final product on paper and an immersive physical activity that takes place in the artist’s studio during production.

 

近年わたしは大きな紙面に色鉛筆を用いて、頭髪と描かれた線との間の存在する美についての対話を生成する方法を開発しました。頭髪に焦点を当て、飾りや付属品または周囲の環境を超える新たな可能性を想像します。制作中は髪とその美しさとグロテスクな感じの緊張感に魅了されて、女性らしさと女性の身体への個人的な感情の交錯を表現しています。わたしの制作の中核となるのは、視覚的および内臓の経験を等しいバランスで表現することです。最終的には自分のスタジオで制作に没入する自分がいます。

 

Pearl_44x36print

Fulcrum

/

〈タイ&ベトナムごはん@ウィニーの庭〉
みお(料理) x ウィニー(アーティスト)7~9月滞在
Thai & Vietnam Food Party in Winnie’s Garden
山梨野菜とタイ&ベトナム料理

〈日時〉9月1日(木)19:00−21:00
〈会場〉AIRY 400-0031 甲府市丸の内2-37-2

MENU:
Welcome drink 山梨ワイン
*ソムタム (タイ風きゅうり、フルーツのサラダ)
*サイウア(ハーブの香るチェンマイソーセージ)
*ネーム(タイ風 生ソーセージ)
*ネームヌォン (ベトナムニャチャン名物生春巻き)
*バインセオ(ベトナム風お好み焼き)
*マッサマンカレー(タイ南部 ココナッツカレー)

会費予約制 お一人様1500円
ドリンク&差入れ大歓迎,  人数 約10名

〈紹介〉
みお:Mio Negishi / 日本 埼玉
料理 担当 南アルプス 広河原山荘 スタッフ
日本とタイを行ったりきたり、アジア料理とタイマッサージを勉強中

ウィニー:Winnie Truong / カナダ トロント
素描・アニメーション winnietruong.com
今回の料理コラボでは会場とテーブルセッティングを担当しミニチュアガーデンとカットアウトを披露

☆AIRY new event☆

Thai & Vietnam Food Party in Winnie’s Garden
〜vegetables FROM Yamanashi〜

Mio (food)×Winnie(artist)

<Day, Time>1st Sep(Thu)  Start 19:00〜Close 21:00

<Place>AIRY  Marunouchi 2-37-2, Kofu, Yamanashi 400-0031

MENU:
Welcome drink Yamanashi wine
*Somtam (Thai style spicy salad)
*Saiuwa(Chaing mai sausage)
*Nem(Thai style raw sausage)
*Nem Nuong(Nha Trang raw spring roll)
*Bánh xèo(Vietnam style pancake)
*Matsaman Curry (Southern Thai coconut curry

membership fee: 1500yen /per person,  limit 10 people

<introduction>

MIO: Mio Negishi/ Saitama Japan (ln charge of cooking)
Japan south Alps Hirogawara hut staff.
Stay in Thailand, learning about food and Thai traditional massage.

Winnie: Winnie Truong / Canada Toronto,   rough sketch and animation
winnietruong.com (In charge of table setting and coordinate.
miniature garden & cut out performance)

/

img_6922

IMG_7209

img_7699

img_7716

Margherita Paoletti/Italy

Margherita Paoletti

Italy

www.daysi.it

print making (etching, linocut, monotype), Paint

residency July – August 2016

/

マルゲリータ・パオレッティ

イタリア

版画(エッチング、リノカット、モノタイプ)、絵画

2016年7~8月滞在

margherita paoletti-portrait-ok - コピー

My art speaks of language, words and their meaning.

Now more than ever language had the possibility of moving and exploring the world. The speed in which it’s moving leads us inevitably to shortening or creating new words. There are words that have existed for a moment, and didn’t had the possibility of being displayed in a column of a dictionary.

Thus words change, mutate in order to give a name to the ephemeral news of one day and this count for each language.My work consist in finding old words, those abandoned in the deep of memory and to do so I use the most effective of all languages: the one of images.

Once I’ve understood the meaning of a word, I translate it in image by using my personal interpretation, which originate from personal experiences, facts happening around me, news and history. An important role is played by words of books and tales that I transcribe in my illustrations.

The method I use to realize my work is engraving. It represents the old discovery that allowed a fastener spread of words and images. Using this old technique in these modern time is a provocation to the power of technology, is a return to craftsmanship. The choice of using this ancient method lies in its old fascination, and in its aesthetic beauty.

Even though it seems that nowadays life is dominate by an unlimited vortex of news and upgrades, my intent is to slow down and for once deepen the meaning of at least one single word.

 

私の作品は、言葉であり意味を持つ言語です。

それらは今では世界を移動して冒険する可能性を持ちます。その動く速度は、新しい単語を短くしたり創造することで必然的に私たちをリードしています。一瞬のためにのみ存在して辞書の列に表示される可能性がなかった言葉もあります。

このように言葉は変化します。日々の一時的なニュースや各言語のこのカウントに名前を与えるために突然変異が起こります。私の制作は、古い言葉や深い記憶の中で放棄されたものを見つけることで成り立ち、すべての言語の中で最も効果的なイメージの一つを使います。

私は言葉の意味を理解した後に、個人的な解釈を用いてそれを画像に翻訳します。個人的な解釈とは私的な経験、私の周りに起こった事実、ニュースや履歴が元になっています。重要な部分が私のイラストに転写書籍や物語の言葉で再生されます。

私の制作を実現するために使用する方法は彫刻です。それは言葉とイメージの広がりを留めることを許された古い技術です。今というこの現代に古い技術を使用することで当時の技術力に挑発され、また職人の技への復帰という意味もあります。この古代の方法を使用する選択理由は、古さの魅力とその審美的な美しさにあります。

現代の生活がニュースやアップグレードの無制限の渦によって支配されているように見えるにも拘らず、私の意図は減速してただ一つの単語の意味を深めることにあるのです。

995504_10153640903749401_131352735916396628_n

—-

Margherita will present  7 T-shirts in this exhibition @ Fusetsu Cafe & Gallery

August 13-21

14034927_872025539598155_4581762877386928247_n

IMG_6769

——

Margherita serves as a lecturer of “Stamp Workshop”@ Itokara

August 21

http://itokara.com/

14074456_872032769597432_2041524489_o

IMG_7403[1]

@Itokara

IMG_7381[1]

@Itokara

IMG_7425[1]

@Itokara

—–

Margherita & Giulia Exhibition

14030798_10154016616889401_560896120_n

★margherita Pailetti/マルゲリータ・パオレッティ(マギー)

My Japan’s point of view

This project is a very small point of view of Japan culture, it includes the experiences that I’ve done travelling around and here in Kofu. Day by day I’ve been collecting thoughts and feelings about this culture in order to transform them in visual language. The meaning of my illustrations is grounded in a satirical context, I took everyday aspects of Japan culture and I’ve changed their point of view in an almost surrealistic way.

「日本へ視点」_イラスト、版画
このプロジェクトは日本文化を観察した小さな視点です。それは私の甲府での生活や周辺への旅の経験が含まれています。私は日本文化についての日々の考えや気持ちを集めて、それらを視覚的な言語に変換します。私のイラストの意味合いは風刺的な文脈で着地して、日本文化の日常の側面を表現します。作品はほとんど超現実的な方法でその視点を変更したと言えます。
IMG_7542
IMG_7545
IMG_7548
IMG_7547
IMG_7550
IMG_7623

Giulia Cairone/Sweden,Italy

Giulia Cairone

Sweden,Italy

www.giulia.cairone.se

sculpture, photography, installation, visual art

 residency July-August 2016

/

ジュリア・カイロネ

スェーデン、イタリア

彫刻、写真、インスタレーション、ヴィジュアルアート

2016年7~8月滞在

IMG_9896

My artistic work circulates around body experience, psychical boundaries and femininity. I am interested in private spaces, touch, emotions and senses. The driving force is the tension between disgust and beauty, fantasy and reality. I’m working with soft materials such as sugar, wax, perfume and cosmetics, finding ways of elaborating raw or refined materials into new compounds. The objects, installations are in between the finished and unfinished. They move between beauty and ugliness, clean and dirty and among categories. I want to push the material into different borders, not necessary the extremes.

 

私の作品は身体の経験、精神的境界とフェミニズムの周辺を巡回します。プライベートスペース、感触、感情や感覚に興味を持っています。制作の原動力は嫌悪感と美しさ、空想と現実の間の緊張感であると言えます。生または洗練された材料を新しい化合物に変える方法を見つけること、例えば糖、ワックス、香水や化粧品などの柔らかい素材を用いて制作します。立体作品とインタレーションは完成と未完成の中間にあります。作品は、美しさと醜さの間または清潔さと不潔の間を移動します。私は極端で必要のない異なる境界線に素材を押し出すのです。

 

21_view

21_overwhelming_v2

——

Giulia Cairone solo show @ Santafe Shoes

August 13 & 14

Giulia_invitation

 

【出張AIR】SANTAFE SHOES x AIRY
[Soft Sculptures for beds]

2016.08.13(sat)-14(sun)  15:00-20:00
Giulia Cairone / italia, sweden
www.giulia.cairone.se

/

“Soft sculptures for beds”

for humid nights and days

to collect salty sweat
to try the first kiss
for lonely phone days
to relax

for those times when I think of mars red
and I want to eat a peach in my bed
to sleep on and dream ocean dreams of
wet floating creatures and soft seaweed

/

蒸し暑い日々のために
しょっぱい汗をまとうために
はじめてのキスのために
さみしい電話の日々に
心穏やかでいるために

あかい火星を思うときに
ベッドの上で桃を食べたいと思うときに
眠りにつき大海の夢をみるために
濡れてただよういきものと、
やわらかな海藻の

/


展示会場は甲府市丸の内2-26-8「SANTAFE SHOES」にて行います。

AIRY会場ではありませんのでお間違えないようよろしくお願いします。

IMG_7109

                                                                                                                 @SANTAFE SHOES

13906770_1078742162206730_5617364893205069582_n

@SANTAFE SHOES

——

Giulia & Margherita Exhibition

14030798_10154016616889401_560896120_n

★Giulia Cairone/ジュリア・カイロネ_彫刻、インスタレーション、写真

During my staying at Airy I’ve been working on two projects inspired by overseas distances, the climate in the area of Yamanashi, the Japanese gift culture and futons. The first project Soft Sculptures for beds, involves the use of fabric and paint materials connected to beds and soft things in general. It’s an ongoing project that I previously showed in Santa Fe shoes. The long distance project was realized thanks to eight artists that responded my invitation. I asked the artists to make a thing for me according to specific instructions. Below you can see the invitation I sent to the artists.

This is an invitation and a wish to collaborate. A passionate admiration for your work. A reminiscence of the things you’ve done. I’m writing from Kofu in Japan. I have a small apartment here in Kofu, a working space and a rooftop that I sometimes climb. I will show your art piece here in the place where I stay. In response to your work, I will send you a gift.

Participating artist: Sara Elggren Sandra Leandersson Katarina Nord Sanna Laaban Ylva Frick Bergrún Anna Hallsteinsdóttir Malena Norlin Linnea Norén

2つのプロジェクトを発表します。
「Soft sculptures for beds」は山梨周辺の気候と布団に関するもので、 ベッド周りの柔らかいものに接続される布と塗料材料の使用を含みます。8月13,14日に甲府市内の靴店「サンタフェ」のウィンドで展示した制作が継続しています。
「The long distance project」は私の招待に応えた8名のアーティストのおかげで実現しました。私の具体的な指示に従い制作するようにお願いして、海外で遠距離に住む8名のアーティストがそれに応えました。以下がその招待状です。

”これは招待状はコラボレーションへのお願いです。あなたのアート作品に情熱的な称賛を送ります。私は今日本にいて甲府でこれを書いています。ここに私は作業スペースと階上に小さなアパートがあります。この滞在場所であなたのアート作品が展示されます。あなたの作品に敬意を表します。”

 

IMG_7636

IMG_7561

IMG_7577

IMG_7575

Charlotte Baker & Joshua Hughes-Games

 Charlotte Baker & Joshua Hughes-Games

UK

dance / choreography / graphic design / videography / print making / performance and installation

residency July 2016

/

シャーロット・ベーカー&ジョシュア・ヒュース・ゲームス

イギリス

ダンス・振り付け・グラフィックデザイン・ビデオ撮影・版画・パフォーマンスとインスタレーション

2016年7月滞在

 Charlotte Baker (2)Charlotte Baker
Joshua Hughes-Games (2)Joshua Hughes-Games

Charlotte and Joshua have been collaborating over the past year exploring the meeting point of contemporary dance, performance, mark making and expressive graphic design. During the crossover of our independent disciplines they have experimented in the realms of painting, film, dance, printmaking, language and sound. During their research they have repeatedly come back to the sensations surrounding arriving and departing and from this they have focused on the idea of ‘home’. Evaluating the situations, paraphernalia and landscapes that form people’s concept of their identity as well as the personal affects that shape their beings. From January 2016 they will be creating new work across a number of countries exploring the different versions of ‘home’ that they can find, looking for local collaboration and exploring their own notions of comfort and transience.

Charlotte is a dancer and choreographer who has toured with a number of highly renowned artists and companies including Ben Wright, Colin Poole, Frauke Requardt, Mystery Skin and Fleur Darkin Company. She has performed and taught dance internationally and is currently focusing on developing her own artistic endeavours and choreographies. Charlotte uses the articulation and physicality of the body as her inspiration and develops her work though intensive research and body-led movement.

Joshua is largely based around print and filmmaking with a focus on analogue techniques and labour intensive design practises including silk-screen printing, Lithogrpah and experimental filmmaking. He has worked in-depth with a wide range of artists with the fields of dance, theatre and music to create videos, installation pieces and printed matter. He tries to base his work at the meeting point of disciplines as he finds this to be the place he works most creatively and intuitively.

The main aim of their project would be to instigate collaboration and conversation regarding the concept of ‘Home’. The research objective would be to explore local nuances relevant to our surrounding including audio, movement and ephemera to then interpret these through a variety of creative approaches.

/

シャーロットとジョシュアの二人は、この数年間に渡ってテンポラリーダンス・パフォーマンス・マークデザイン・グラフィックデザインが合流する地点を探索してきました。二人が個々に経験してきた絵画・映画・ダンス・版画・言語・音楽などの分野が交差しています。この研究の中で彼らが繰り返し感じることは到着と出発であり、そこから「home」に焦点を当ててきました。言ってみれば個性が我々人間を形成すると同じく、身近な品々と風景が人々の概念を形成します。2016年1月からは何ヶ国かを旅しながらそこで出会う異なる種類の「home」から新しい作品をつくります。世界各地の人々との協働と、快適さとはかなさの概念の探検を予定しています。

シャーロットはダンサー兼振付師で、多くの有名なアーティストやカンパニーとツアーを巡った経験があります。彼女自身がダンサーでありダンスを海外で教えることもあり、近年は自分自身の芸術的な努力と振り付けに焦点を当てています。自分の体の関節や肉体からインスピレーションを得て、集中的な研究と体主導の動きからダンスを作り上げます。

ジョシュアは主に版画と映画の分野で活動し、シルクスクリーン・リトグラフ・経験的な映画撮影など、アナログ的技術や集中的なデザインの実践に焦点を当てています。また彼は、ダンス・ビデオ制作のための劇場と音楽・インスタレーション・印刷物などで幅広く深く諸分野のアーティストたちと協働しています。このような複数の実践が出会う地点に、彼は創造的かつ直感的活動の基本を定めようとしています。

シャーロットとジョシュアのプロジェクトの主目標は、「home」という概念についての会話と扇動的協働です。研究目的は音響・動作を含む、人々の周辺に関連する地元のニュアンスを探求することにあり、様々な創造的アプローチを経て解釈されていきます。

 

*2016年の滞在制作と発表

ニュージーランド→オーストラリア→タイ→ベトナム→日本→アメリカ

+

「つなぐたゆたうアート展」@山梨県立図書館

7月10日(日)10:30~11:30

dance & drawing workshop

身体表現ワークショップを開催が決定しました。

どなたでもご参加できます。当日会場にお申し込みください。

13412211_1740541866233513_4736741783547066782_o13418512_1742645069356526_4544753688046970083_o

/

DSC09643

DSC09535

DSC09613

DSC09550

DSC09602

DSC09626

IMG_6739

IMG_6624

13645332_10207231916453119_1988602978109919106_n

Veronique Sunatori/Canada

Veronique Sunatori

Canada

véronique.sunatori.com

 assemblage sculpture, installation

residency June 2016

/

ベロニク・砂取

カナダ

収集物彫刻、インスタレーション

2016年6月滞在

/

ProfilePicture - コピー

/

My work is inspired by the moment of awakening evoked by the experience of empathy or a sublime encounter.The set of routines and standards of everyday life in any society can prevent one from seeing past them.Such experiences have the ability to bring about an objective inquiry leading to the process of discovering, learning, and evolving.My art practice addresses this matter or attempts to induce this questioning by presenting artworks which can be interpreted as tools that, without taking an explicit position, offer an alternative perspective.While referring to the quotidian, these apparatuses have elements of mystery and phenomena.Often taking on aspects of interaction or intervention, I try to make my artworks accessible and authentic to bring about moments of self-awareness.

私の制作の動機は、共感の経験や崇高な出会いなどによって瞬間的に触発されます。どんな社会においても、日常生活の繰り返しと標準が組み合わさると見過ごしてしまうものがあります。このような経験は、発見や学習および進化のプロセスにつながる疑問をもたらす能力を持っています。私のアート実践では、このような問題や試みはわかりやすく明らかなやり方ではなく、それに代わる視点を持つ作品を見せることによって解答へと導きます。日常を参照しつつ、これらの装置には謎と現象の要素があります。相互作用または介入により、私は自己認識の瞬間をもたらすアクセス可能な本物を作っています。

 

20_Sunatori_Vronique_670

Kiss Kiss, Say Goodbye (2014)

19_Sunatori_Vronique_670

BetweenTheBeginingAndThe End_2014_15

+

13389081_10153424371017030_603883526_o

 

ケベック州生まれの母と日本生まれの父を持つモントリオール在住の作家。

絵画からインタラクティブ(相互交流的)な彫刻作品まで幅広いアートの実践を行う。

古びた道具や伝統的な日用品を用いて新たな装置を組み立てることで、鑑賞者に様々な価値を発見させ別の意味を認識させる。西洋と東洋のエッセンスが混じり合った作品はクールだがユーモアに満ちて、どこかなつかしさを感じさせるものである。

今回の展示は甲府市内で出会ったスペース「Jewels & Things」(ジュエリー・カフェバー・DJ)にて。山梨の地場産業であるジュエリーを扱うこの店のクラフツマンシップと芸術性に共感したという。週末夜には地元のDJたちが、作品から受けたインスピレーションをもとに音でコラボレーションを予定している。

+

The nature of my origins and personal identity are the main subject of this work. Born from a Québécois mother and Japanese-born father in Canada, I was raised with a conflicting sense of cultural belonging. The artworks presented in this exhibition come from my desire to associate with an existant cultural group and the exploration of my current state as a half Japanese, half french Canadian person. The opportunity to work as a resident at AIRY in Kofu, Yamanashi allowed me to learn more about my Japanese heritage and the historical and socio-cultural aspects of being a Japanese individual.

The sculptures and drawings I have produced during my stay are metaphors and self-portraits I give new meaning to the objects that shape our everyday surroundings by using symbols that are references to Japanese culture (Shoji screens, Uchiwa fan, traditional geisha portraits) incorporating themes of time, appearance and identity (hourglass, mirrors). These conceptual works highlight the similarities and differences of both cultures while painting a portrait of my life and that of others finding themselves in a similar situation.

 

今回の作品は、自分自身の原点と個人的アイデンティティーが中心課題です。ケベック生まれの母と日本生まれの父を持ちカナダで生まれて、わたしは相反する文化的所属の中で育ちました。ですからこれらの作品は、半分日本人で半分フランス系カナダ人の現在の自分自身が、現存する文化的集団に所属したいという欲求、そしてその探求を表現していると言えます。山梨県甲府市にあるAIRYで滞在制作中は日本人として、日本の伝統や歴史、社会文化的側面をたくさん学ぶことができました。

今回制作した彫刻とドローイングは自分の隠喩であり肖像でもあります。日本文化を参照してシンボル的に日々用いられるオブジェクトに、わたしは新たな意味を付け加えます。襖(ふすま)、団扇(うちわ)、典型的な芸者の肖像などです。そして時間、外観やアイデンティティーの象徴として砂時計や鏡などがあります。これら概念的な作品は、わたしの人生の肖像を描き表す時の両文化の類似と相違を強調しています。そしてこのことは、誰か他の人も似た状況を見出すことがあるはずです。

 

!cid_5FAAB1A6-3F6D-46ED-BFC7-B3CEAFE8D54B

I Have My Moment

uchiwa, plaster, wood, plastic, quarts, motor, photographs

 

 

!cid_56B3108F-ED11-45E5-90D4-F4C538BF611A

Take A Look

watercolor, felt, paper, mirrors

 

!cid_79540210-7A9B-45E2-9618-CD8CFA617436

Skillfully

wood, paper

 

!cid_696679EE-D223-4DF9-890B-B4581AE10ABD

Time Stood Still

wood, plastic, sand, stones

 

!cid_8DC9F174-6BC4-41D6-8D11-8FF775CF2B13

Portraits

etched acrylic sheet, wood, photographs

 

_

You, Me

mirrors, paint, mirror sheet, plastic sheet

 

Mike Litzau/USA

Mike Litzaue

USA

www.michaellitzau.com

drawing, printmaking

residency of June 2016

/

マイク・リツォー

アメリカ合衆国

素描・版画

2016年6月滞在

/

mike726-300x201 (2)

Mike Litzaue

Rituals often involve repetitive movements, gestures, or phrases.  Through ritual and repetition a connection is made between one world and another.  In my artwork I use repetition to connect to the Green Bay Packers.  The objects I create are meditations on these icons I create.  By spending countless hours on obsessive detail, an artwork is transformed into importance by the time and dedication spent to make it.  My artwork investigates the phenomenon of ritual to elevate a mundane action, be it religious, personal, or artistic, into something imbued with importance.

Craft is often something seen on the fringes of art.  Something that is a hobby or that a grandmother does in her spare time. I am interested in the intersection between craft and fine art, but also fine art and sports.  I am genuinely passionate about all those things, and often find myself in the middle of two worlds that seem like such opposites.  In my work, I try to melt these opposites into one and consider the often times grey area these works occupy.

 

Growing up in Wisconsin, the Packers were a cultural institution that I pay close attention to the happenings of.  Through my indoctrination as a Packers fan I instantly became part of a larger institution of other fans.  It’s comforting to know that I belong to something larger than myself. I find it fascinating that people who may have seemingly nothing in common or may have never bothered to communicate to one another can form bonds over such simple things. My artwork, in part, examines the desire of most people to be part of a larger community.

 

儀式は多くの場合、反復動作やジェスチャーまたはフレーズを含みます。儀式と繰り返しを通じて一つの世界と他の世界が接続されます。私の作品では、グリーンベイ・パッカーズ(アメリカ合衆国ウィスコンシン州グリーンベイに本拠を置くNFLチーム)に繋がるために繰り返しの技術を用いています。私が作成した作品はアイコンとして瞑想しています。極度に細かい仕事へ計りきれないほどの時間をかけることで、作品は品位と献身へと変換されます。私の作品に品位が注ぎ込むことで作品は宗教的で個人的または芸術的となり、儀式的要素を掘り下げることになります。

クラフトはしばしば芸術の淵に見られるものです。趣味やお年寄りが空き時間にするものでしょうか。私は工芸品と美術だけでなく、美術とスポーツとの交点に興味を持っています。私はすべてのそれらの事について真に情熱的だし、多くの場合は反対のように見える二つの世界の真ん中に自分自身を見つけます。私の作品ではこれらの反対のものを一つに溶かし合わせて、それらの作品が占める灰色の領域を検討しようとしています。
ウィスコンシン州で育ちの私にとって、パッカーズは一番気になる文化施設でした。パッカーズのファンとして洗脳された私は、即座にファンたちの大きな組織の一部となりました。それは私が自分自身よりも大きな何かに属していることで慰めになります。一見何もないかまたは互いに決して邪魔をしない人々は、このような単純なものの上に結合することができることがわかり、それは魅力的なことだと気付きます。私の作品は一方で、より大きなコミュニティの一部になりたいという多くの人々の欲望を吟味するものである。

 12190256_10106704818541815_1693333361_o

12180054_10106704818461975_1831845157_n

+

Mike_PackerLand

 +

ドイツ系アメリカ人の父と日本生まれの母を持つ。

ウィスコンシン州ミルウォキー出身でNFLグリーンベイ・パッカーズの大ファン、幼少時にパッカーズファンとしての洗礼を受けたという。そしてチームや選手と繋がるために、計りきれないほどの時間を費やし繰り返しの技術を用いてアート制作を行う。その行為は品位と献身へと変換されて、作品は宗教的で儀式的な要素を持つに至る。アートとスポーツの交点あるいは正反対に見える二つの世界の真ん中に自分自身を見出し、二つを溶かし合わせることで灰色の世界の領域を掘り下げている。あるいは敢えてキッチュで感傷的な素材や色を使うことで、対岸にある品位や献身といった精神世界への繋がりを皮肉的に試しているといえる。

2012年~ オクラホマ州立セントラル大学助教授(素描、版画)

+

オープニングの中でアーティスト・トーク開催

6月25日(土)16:00-18:00

無料 通訳あり

(予約必要なし、お気軽にどうぞ!)

マイク・リツォー Mike Litzau

x

ゲスト 三枝史博 Saegusa Fumihiro/絹彩画Kinusai-ga

三枝史博:https://www.den-suppo.jp/projects/68

三枝史博_FumihiroSaigusa

+

mike 三枝史博_

IMG_6243IMG_6236

/

IMG_6225

IMG_6215

IMG_5673

IMG_6227

IMG_6226

Chao Fu-Le/taiwan

 

Chao Fu-Le/taiwan

www.chaofule.com

video, performance, sculpture, printing

residency on March-May 2016

/

チャオ・フーレ

台湾

ビデオ、パフォーマンス、彫刻、版画

2016年3-5月滞在作家

/

Fu-Le Chao (2)

 

My practice features performance, video, installation (light sculpture), and printmaking (mainlyengraving on rubber sheet). The subjects I work on are often related to “globalization affecting
everyday lives”. I use my personal experience as well as social observations to reflect on how globalization can influence a person’s identity and culture. Everyday we are bombarded with
cultural imagery like media, Internet, advertising. This has made me reflect on how our environment shapes us as much as we shape it.
My most recent work, which I made while studying in Edinburgh, is a reproduction of the room where the panda bear lives in Edinburgh Zoo. I am interested in discussing the context of man-built environments being relocated, as in the case of the zoo imitating an animal’s natural habitat. All the objects in the room I made were built with cardboard and exhibited with a loop video so that the audience could physically experience being inside the panda’s room. Simultaneously, the video creates an illusion between humans and animals. Through my work, I analyze how identity is not just about finding where we came from; it’s the process of discovering our position in the world and how we adapt to it.
Japanese culture has had great influence in Taiwan since the period of Japanese occupation. Even nowadays, Taiwan is a fusion of Japanese and Chinese culture. I am particularly interested in the subject matter of finding the visible and invisible connections between the two countries, from lifestyle and language to the core cultural values. As I often work on hand-made paper sculpture and
video, I hope to get the opportunity to immerse myself in local culture with AIRY residency and to further expand my artistic knowledge and skills.

/

私の制作はパフォーマンス、映像、インスタレーション(光の彫刻)、および版画(主にラバーシート版画)が中心です。制作上のテーマは、多くの場合グローバリズムと日々の生活への影響に関連しています。
私の個人的な経験だけでなく社会的な観測を引用して、グローバル化がどのように人々のアイデンティティと文化に影響を与えるのかを考察します。

私たちはメディア、インターネット、広告のような文化的なイメージに忙殺される毎日を過ごしていますが、環境は私たちがそれを形作ると同じくらい私たちに影響を与えます。

直近ではエディンバラで学んでいた時に制作した、エジンバラ動物園で飼育されているパンダ部屋の再現があります。

私は人間が構築して再配置されたものの関連を議論することに興味があり、この場合は動物の自然の生息地を模倣した動物園にパンダが再配置されました。
私が作った部屋内のオブジェクト展示は段ボールでパンダ部屋を再現したものです。そしてパンダの様子を写したビデオを繰り返し流したので、観覧者はまるで実際にそこにいるような体験がができました。

同時に、ビデオは人間と動物の間に錯覚を与えます。

私は作品を通して、アイデンティティとは出自からのみではない方法を分析します。それは世界で自分の地位を発見するプロセスであり、どのように我々はそれに適応するのかー

日本文化は日本の占領の時代から台湾に大きな影響を与えてきました。今日では、台湾では日本と中国の文化が融合されています。私はそのことに特に興味を持っています。

両国間の可視と不可視の接続を見つけることに特に興味があります。

それは生活様式、コアな文化的価値や言語です。

私は手作りの紙の彫刻やビデオによる制作を通して、地域で居住しながら地元の文化に身を浸す機会を得ることを期待します。
さらに、私の芸術的な知識と技術向上を期待します。

 

28eebc_bd8d7bb2e2c64c2a8df55fe6edf24e7e

28eebc_bc32bd92d95a48419a4f4a8a60d52e46

28eebc_592c215e455c4cc59368a1cd90429e1a

/

Chao Fu-Le /Taiwan www.chaofule.com

 

The Reason Love Kofu – “ 1 to 1 Pop-up Drawing Workshop”

I have been painting Kofu city’s portrait since March, when I first began my artist residency at AIRY. Given my background as an artist born in Taiwan, I was drawn to Japan to reflect on my countries shared architectural history. I have focused on the link between the streets and shops in Taiwan and the nostomania shops and alleyways in Japan’s Showa Era, which still to this day are evident in Kofu’s streets. I am attracted to the pure and singular drive in Japanese buildings towards simplicity and how that echoes the countries culture.

I would like to invite people who live in Kofu city to join me and pick a place to draw alongside me, in Kofu. By engaging in this project, you will create an opportunity to share knowledge and expand my understanding of local culture and be able to represent what you regard as important and valuable in this city.

The place can be outdoor or indoor, daytime or nighttime, from landscape to street life. Ideally, the workshop should take no more than 1 hour, it can be flexible depending on the participant.

I will provide a 27x22 cm canvas board and pencil. If participants have any mediums they prefer to use, it is also welcome.

The drawings will be exhibited in Kofu City Hall on the last week of May. And a short personal introduction of the participants will be included.

Workshop Time : 20 April- 15 May (9:00 AM – 24:00 PM),  free fee

――――

チャオ・フーレ/台湾 2016年3~5月滞在作家

こうふのまちを好きな訳「1対1で描くワークショップ」

わたしは3月にAIRYでレジデンスを始めた時から甲府市内の風景を描いてきました。台湾生まれのアーティストなので、作品には日本と台湾の建築物に共通するものが反映されています。台湾のまち並みや店舗を、日本の昭和時代の懐かしい店や小路にリンクさせています。それらは今でも甲府のまちに明らかに存在し、わたしは日本の建築物の純粋さやシンプルさに魅了されています。

そこでわたしは甲府に住んでいる方々を表記のワークショップに招待したいと考えます。わたしと二人でいっしょにまちを歩き、好きな場所を探してそこをいっしょにドローイングするというもの。このプロジェクトによってあなたは、わたしが甲府への理解を広げる機会を作ってくれると同時に、大切で価値あるこのまちを表現することができます。

〇選ぶ場所は屋外または室内、昼または夜、風景または路上の生物でもかまいません。ワークショップは1時間以内で、参加者の都合に合わせることができます

〇27x22cmキャンバスボードと鉛筆を用意します。もし参加者自身で使いたい用具があればご持参ください。

〇作品は5月の最終週に開催されるわたしに個展で共に展示され、参加者の簡単な紹介が添えられます。

〇ワークショップ可能日時:4月20(水)~5月15(日)

〇中国語または英語 〇無料

DSC_3625前田 真子 Maeda Mako
猪久保 有紀 Yuki Inokubo

チャオさんが用意した画材、友達が選んだ場所、自分と3人の要素が混ざって、自分一人では描けない絵ができました。
そして、とっても大切な発見ができました。それは、私が制作するためには理由が必要だということです。
幼い時は自分のために絵を描いていたけど、今の自分は他者のために絵を描きたいと思っているということに気がつきました。
甲府のみんなが喜ぶ制作がしたくなりました。これは、チャオさんが気づかせてくれました。
チャオさんが私に改めて甲府が好きか、どこが好きか、なぜ好きか考える時間をくれたからです。

DSC_3607荒川 史子 Fumiko Arakawa

アーティストのチャオと一緒に制作の時間を過ごせることが嬉しかったです。
私自身は普段絵を描くことは無いので、新鮮な機会でした。お互い表現の仕方が違うけれど、核の部分は同じかなぁというそれぞれの作品ができたように思います。そして6年前に移住してきた時に感じた甲府の好きなところを再度思い出しました。
とても楽しかったです。ありがとうございました。

DSC_3601伊藤 美輝 Yoshiteru Ito
伊藤 花奈子Kanako Ito

他の人が企画するWSに参加することは滅多にないので、短時間だったが楽しい時間だった。(美輝)
イケメンのゴッホを描きたい。(花奈子)

DSC_3623松岡 美帆 Miho Matsuoka

現在は子育て中でなかなか絵を描く時間がとれないが、
久々に楽しく描くことができました。

 

DSC_3596杉山 智昭 Tomoaki Sugiyama

普段絵を全くかかないので、緊張しました。
作品のイメージとして、“達筆の躍動感”の印象があり、筆で字を走らせるような流れと、周りの木々がダンスするように風に揺れている景色を自分なりに描いてみました。

DSC_3621上條 暁隆 Akitaka Kamijo

春の新緑の色がとても好きで選びました。
同じ場所を一緒に描くことで違う視点が見られて楽しかったです。

 

DSC_3618土屋 由貴 Yuki Tsuchiya

チャオさんはとてもゆったりとした雰囲気を持っていて、ずっと前から知っている友達のように感じました。一緒にitokaraさんを訪ね、私の好きな空間をすぐに理解してくれたように思います。最初、私はitokaraさんの雰囲気を表現したいと思いましたが、その方法は何がいいのか決めかねていました。一方チャオさんはお店にあった織り物の本を見つけて、色紙でその雰囲気を表現し始めました。私は店内をスケッチしながら、カウンターの上にあった真っ赤な手提げ袋と天井から下がる電燈が印象に残りました。次の日のイベントを準備しながらおしゃべりしてくれるゆかさん、チャオさんとゆかさんも初対面なのに、どちらもちっとも肩に力が入ってなくて、三人でのおしゃべりも楽しかったです。そんな私の大好きなitokaraさんの様子を少しでも表現できればと思いました。そしてチャオさんの作品と共通する雰囲気になるように、色紙を使って貼り絵にしてみました。作品作りはとても楽しくて、いつまでも続けてしまいそうでした!チャオさんと歩く甲府は、いつもよりなんだか楽しかったです。またいっしょに出かけたいなと思いました。ありがとうございました。

DSC_3611沼崎 真白 Mashiro Numasaki
市岡 佑二 Yuji Ichioka
初めての経験でしたがアーティストと一緒に制作をすることで良い刺激 新たな視点を得たような気がします。(沼崎)
楽しい交流の場が出来て嬉しかった。(市岡)

DSC_3608高橋 辰雄 Tatsuo Takahashi

子供の頃からよく描いた眺め、世界各地を旅した後に描くのも感慨深い!

 

DSC_3603三森 なぎさ Nagisa Mitsumori

心が落ち着く時間でした。
穴切神社の絵馬は裏絵が「カラス」 これは新発見でした!

 

——–

Chao FuLe exhibition

藍/blue

May 23(mon)13:oo-18:00

         24(tue)   10:00-18:00

         25(wed)  10:00-18:00

         26(thu)   10:00-16:00

@甲府市役所一階市民活動室

チラシ_ペイント版

Acrylic replaced mineral

Canvas board replaced washi

Japanese replaced Chinese

English replaced Japanese

Mountain are still

The fishes are still

The roofs are still

The sky is blue

/

顔料をアクリル絵具に

和紙をキャンバスボードに

中国語を日本語に

日本語を英語に置き換えます

山はまだあります

魚はまだいます

屋根が残っています

空が青いです

/

IMG_4461

IMG_4460

IMG_4466

IMG_5411

_

+