from Local to the World

2016.10.22(土)

@甲府市中央4-8-2 上杉ビル2F空きテナント

13:00-14:30  アートワークショップ

15:00-16:00  ジャズライブ

(両方参加できる方募集)

小学生以上 参加費1500円

申し込み方法 n-w-1224@hotmail.com (宮田) 「WS申し込み」

/

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

/

10.21(金)22(土) 二日間のトータルイメージはコチラ!

ruike-_02

Winnie Truong/canada

Winnie Truong

canada

winnietruong.com

drawing

residency July – September 2016

/

ウィニー・トゥロン

カナダ

素描

2016年7~9月滞在

!cid_ii_155752d5aa1e5013 - コピー

In recent years I have developed a body of work that generates a dialogue between beauty, hair and the drawn line through large-scale colored pencil drawings on paper. Focusing on the subject of hair, I imagine new possibilities for it beyond ornament, accouterment and environment. While my work captures the tensions between hair, beauty and the grotesque, my work also expresses personal feelings of ambivalence towards femininity and the female body. At the core of my practice, I view drawings as an equal balance of visual and visceral experience; a final product on paper and an immersive physical activity that takes place in the artist’s studio during production.

 

近年わたしは大きな紙面に色鉛筆を用いて、頭髪と描かれた線との間の存在する美についての対話を生成する方法を開発しました。頭髪に焦点を当て、飾りや付属品または周囲の環境を超える新たな可能性を想像します。制作中は髪とその美しさとグロテスクな感じの緊張感に魅了されて、女性らしさと女性の身体への個人的な感情の交錯を表現しています。わたしの制作の中核となるのは、視覚的および内臓の経験を等しいバランスで表現することです。最終的には自分のスタジオで制作に没入する自分がいます。

 

Pearl_44x36print

Fulcrum

/

IMG_7209

〈タイ&ベトナムごはん@ウィニーの庭〉
みお(料理) x ウィニー(アーティスト)7~9月滞在
Thai & Vietnam Food Party in Winnie’s Garden
山梨野菜とタイ&ベトナム料理

〈日時〉9月1日(木)19:00−21:00
〈会場〉AIRY 400-0031 甲府市丸の内2-37-2

MENU:
Welcome drink 山梨ワイン
*ソムタム (タイ風きゅうり、フルーツのサラダ)
*サイウア(ハーブの香るチェンマイソーセージ)
*ネーム(タイ風 生ソーセージ)
*ネームヌォン (ベトナムニャチャン名物生春巻き)
*バインセオ(ベトナム風お好み焼き)
*マッサマンカレー(タイ南部 ココナッツカレー)

会費予約制 お一人様1500円
ドリンク&差入れ大歓迎,  人数 約10名

〈紹介〉
みお:Mio Negishi / 日本 埼玉
料理 担当 南アルプス 広河原山荘 スタッフ
日本とタイを行ったりきたり、アジア料理とタイマッサージを勉強中

ウィニー:Winnie Truong / カナダ トロント
素描・アニメーション winnietruong.com
今回の料理コラボでは会場とテーブルセッティングを担当しミニチュアガーデンとカットアウトを披露

☆AIRY new event☆

Thai & Vietnam Food Party in Winnie’s Garden
〜vegetables FROM Yamanashi〜

Mio (food)×Winnie(artist)

<Day, Time>1st Sep(Thu)  Start 19:00〜Close 21:00

<Place>AIRY  Marunouchi 2-37-2, Kofu, Yamanashi 400-0031

MENU:
Welcome drink Yamanashi wine
*Somtam (Thai style spicy salad)
*Saiuwa(Chaing mai sausage)
*Nem(Thai style raw sausage)
*Nem Nuong(Nha Trang raw spring roll)
*Bánh xèo(Vietnam style pancake)
*Matsaman Curry (Southern Thai coconut curry

membership fee: 1500yen /per person,  limit 10 people

<introduction>

MIO: Mio Negishi/ Saitama Japan (ln charge of cooking)
Japan south Alps Hirogawara hut staff.
Stay in Thailand, learning about food and Thai traditional massage.

Winnie: Winnie Truong / Canada Toronto,   rough sketch and animation
winnietruong.com (In charge of table setting and coordinate.
miniature garden & cut out performance)

Darren Rigo/canada

Darren Rigo

canada

darrenrigo.com

photography, video, sculpture, installation

residency July – September 2016

/

ダレン・リゴー

カナダ

写真、ビデオ、彫刻、インスタレーション

2016年7~9月滞在

 

blending in 002

 

It is part of my nature to seek solitude once in a while. If I am stuck in the city for too long of a stretch, I feel compelled to go roam the woods near my childhood home. Every time I go for a walk in the forest I often happen upon a funny thing or two; this could be an unusual mushroom, tree that grew in a strange shape or an unusual marking left behind by some unknown creature. Nature always offers up surprises that draw me back and keep me interested in spending time away from it all.

時に孤独を追求するのは私の本質の一部です。私は長期間に渡って都市で立ち往生してしまうと、子供時代を過ごした家の近くの森を歩き回るよう強制されているように思います。頻繁に森の中へ散歩に行くたびに一つや二つ面白いものに遭遇します。珍しいキノコや奇妙な形に成長した木、または未知の生き物が残したマーキングに出会います。自然はいつも私に驚きを与え、引き戻されてすべての時間を費せるほどの興味を提供してくれるのです。

1-innermostpart

/

/

/

2016/8/17  a balloon man appeared suddenly on the balcony  AIRY

IMG_7272

moving to the school yard with kids

IMG_7306

slowly walking around with wind—

IMG_7328

———

!!!NEW PERFORMANCE!!!

“A cloud for Kofu”

「晴れときどきくもり」

【時間】2016年8月26日(金)12:00~16:00の間

【ルート】AIRY→舞鶴公園→AIRY

【参加方法】大きな風船(雲)を操りながらいっしょに歩きましょう!

*天候により時間が変更になる場合があります。

!cid_0CE7E88C-C4D4-4E74-AE70-C6FE4247C291

Kofu is a city boxed in by high mountains. The mountains trap the clouds leaving the residents of Kofu with no shade from the high afternoon sun; no relief from the tropical heat. In every direction, above the distant mountains, clouds are forming but they never make it closer than the horizon.

This weekend Canadian artists in residence Darren Rigo and Winnie Truong will present their piece “Partly Cloudy”. A small man made, helium filled cloud that will tour Kofu providing shade to its overheated pedestrians.

 

甲府は高い山々に箱詰めされた街

街では人々は山に雲を連れ去られ影を失い

午後の強い日差しが彼らに容赦なく照りつける 真夏の熱から解放されはしない

それぞれの方角から 山々を超える高さから

雲は形を作るけれど

地平線に近づくことは決してない

(訳 三森なぎさ)

——

灼熱の8月末、ダレン・リゴー(カナダ)とウィニー・トロン(カナダ)二人のレジデントは

「晴れときどきくもり」という作品を発表します。人の手で作られたヘリウム入りの風船(雲)で、過熱する歩行者に日影を提供しながら甲府の街を廻る予定です。どなたでも参加していただけます。風船(雲)のかげの下に入ったり、遠くから眺めたり・・あなたも参加してみませんか。

Elisabet Ericson/sweden

Elisabet Ericson

sweden

http://www.elisabetericson.com

http://www.vimeo.com/putapan

illustration, animation, picture book

residency 2016 September – October

/

エリザベート・エリクソン

スウェーデン

イラストレーション、アニメーション、絵本

2016年9-10月滞在

portätt mig juni 206_bw

/

People are in the center of my work. I study them and their expressions, and retell them in my own pictures and words. I think I’ve always been an observer, who watched and listened to people around me. And since I’ve also been a restless person with in a pen in my hand, it has become natural to draw down my observations.

Making stories is another thing that has been present for a long time for me, yet I still struggle with this. Producing single drawings, images and texts is most often more or less simple, but adding a narrative and a specific meaning is more difficult.

Maybe that resistance is one of the reasons to why I keep wanting to make stories. That, and the knowledge of a story’s secret powers. The fact that it keeps the viewers attention, and can lead its thinking on a trail that you’ve created. It’s like with a single image, but a story demands more time of the viewer, and is hacking it’s mind a little bit more, perhaps.

On AIRY I want to take walks, talk to people, look around and in other ways take in my new surroundings, and to make a lot of drawings. I also want to make small stories and to show them to people, and to hear about their interpretations, and to observe their reactions and thoughts. It’s all like a cycle.

 

人間がわたしの制作の中心にいます。わたしは彼らから、彼らの表現から学び、自分自身の絵とことばで語り直します。わたしはいつも観察者で周囲の人々のようすを見聞きしています。そしてペンを持った手を休みなく動かして観察を描写することは、自然なことになってきました。

おはなしを作ることは長いことわたしの中にあった別のものですが、まだこれで苦労しています。一枚のドローイング・画像・テキストを作ることは、ほとんどの場合あまり苦労しませんが、物語や特定の意味を加えることはより難しいです。

多分その抵抗は、わたしがおはなしを作ることを望み続ける理由の一つでしょう。つまり、おはなしも持つ秘密の力を知っているから。それは観る人の注目を保ち、わたしが作成した道にその考えを導くことができるという事実。これは一枚の画像についても同じですが、おはなしは鑑賞者により多くの時間を要求して、少しだけ心を奪うでしょう。

エアリー滞在中は街を歩いて人々と話し、新しい生活環境を見回して、ドローイングを制作します。また短いおはなしを作って見てもらい彼らの解釈を聞きたいです。その反応と感想を観察することはすべて循環しています。

/

ダウンロード

 

ダウンロード (1)

Silvia Trappa/Italy

Silvia Trappa

Italy

www.silviatrappa.com

sculpture, drawing

residency on October 2016

/

シルビア・トラッパ

イタリア

彫刻、素描

2016年10月滞在

Silvia

/

All my works are inspired by daily life. I look the things around me and I try to catch the essence of it in order to be able to tell the world in a simple and easy way.

I work on the concept of time using as main media sculpture and drawing.

In a fast world I’m interested in the ability of waiting, so my characters are often children, animals, old and strange people. In my works they appear to be crystallized and stopped in the time, their shapes and colours seem to be time-worn like they were living just in memories or in dreams.

I would like to create a language that everyone from everywhere can understand, something that will appear easy and light at the first sight but that is also deep and critical if you pay more attention to it.

I’m interested to expand my knowledge finding new inspirations, discover and learn about old and contemporary history of different countries, taking things that affect me and reusing it in a new and contemporary key.

In this way we’ll think about a topical fact through something that we already know because it is a part of our History.

In the last few years I focused my research on materials, looking for some kind of sustainable materials, as a result I started to work more with paper, which became the main material of my sculptures.

Some years ago I started to be more interested in social art. I started to work with children, old people and outsiders, at first as a volunteer. This approach made me stronger and now I begun to organize recycling workshops for children and people with different kind of disabilities.

私の作品は日常生活に触発されています。身の周りのものを見て、シンプルで簡単な方法で世界に伝えることができるようにするために、その本質をキャッチしようとします。

私は主に彫刻やドローイングを用いて時間の概念に取り組んでいます。

現代の高速の世界において、待っているの能力に興味があり、多くの場合、子供・動物・古いものと奇妙な人々が登場します。作品は彼らが結晶化し、時間内に停止しているように見えます。その形や色はちぎれた時間の中で、単に記憶や夢の中で生活していたようにも見えます。

私は、どこからでも、誰もが理解できる言語で作品を作りたいと思います。それは一見簡単で明るく見えますが、それにもっと注意を払う場合には深くて重要である何かです。

自分に影響を与えるものを取リ入れて、新しい現代的な解釈でそれを再利用し、新たなインスピレーションを見つけて知識を広げる発見をしたり、さまざまな国の古いものと現代の歴史について学ぶことに興味があります。

このように、我々はすでに知っている何かを介して局所事実について考えます。なぜなら私たちは歴史の一部であるからです。

このところ私は、彫刻の主材料となる持続可能な材料を探して集中的に研究をし、結果として主に紙を彫刻の素材として使うようになりました。

また何年か前、私は社会的なアートに興味を持ち始めました。まずボランティアとして子ども・高齢者や部外者と協力し始めました。このアプローチは自分自身をより成長させ、いろいろな障害の種類の子供や人々のためのリサイクルワークショップを開催し始めています。

 

meeting point 2015 installazione sculture di carta corda rossa

 

meeting point l

 

 

Maija Tammi /Finland

Maija Tammi

Finland

www.maijatammi.com

photography, installation, sculpture, research

residency October – December 2016

/

マイヤ・タミ

フィンランド

写真、インスタレーション、彫刻、リサーチ

2016年10~12月滞在

Maija Tammi. Kuva: Miikka Pirinen

/

My art (mainly photographs and sculptures) converse on topics around disgust and fascination, science and aesthetic. Another very important theme for me is representation and its possibilities. I am currently working on my practice-based doctoral thesis (meaning that my artworks are part of the academic research) at Aalto University School of Arts, Design and Architecture in Helsinki, Finland.

私のアートは主に写真と彫刻ですが、「嫌悪感と魅力」「科学と美的なもの」といった逆のトピックを扱います。

私にとってもう1つの非常に重要なテーマは、表現とその可能性です。私は現在フィンランドのヘルシンキ芸術デザイン大学で、学術研究の一部として博士論文に取り組んでいます。

hippo1