Mike Litzau/USA

Mike Litzaue

USA

www.michaellitzau.com

drawing, printmaking

residency of June 2016

/

マイク・リツォー

アメリカ合衆国

素描・版画

2016年6月滞在

/

mike726-300x201 (2)

Mike Litzaue

Rituals often involve repetitive movements, gestures, or phrases.  Through ritual and repetition a connection is made between one world and another.  In my artwork I use repetition to connect to the Green Bay Packers.  The objects I create are meditations on these icons I create.  By spending countless hours on obsessive detail, an artwork is transformed into importance by the time and dedication spent to make it.  My artwork investigates the phenomenon of ritual to elevate a mundane action, be it religious, personal, or artistic, into something imbued with importance.

Craft is often something seen on the fringes of art.  Something that is a hobby or that a grandmother does in her spare time. I am interested in the intersection between craft and fine art, but also fine art and sports.  I am genuinely passionate about all those things, and often find myself in the middle of two worlds that seem like such opposites.  In my work, I try to melt these opposites into one and consider the often times grey area these works occupy.

 

Growing up in Wisconsin, the Packers were a cultural institution that I pay close attention to the happenings of.  Through my indoctrination as a Packers fan I instantly became part of a larger institution of other fans.  It’s comforting to know that I belong to something larger than myself. I find it fascinating that people who may have seemingly nothing in common or may have never bothered to communicate to one another can form bonds over such simple things. My artwork, in part, examines the desire of most people to be part of a larger community.

 

儀式は多くの場合、反復動作やジェスチャーまたはフレーズを含みます。儀式と繰り返しを通じて一つの世界と他の世界が接続されます。私の作品では、グリーンベイ・パッカーズ(アメリカ合衆国ウィスコンシン州グリーンベイに本拠を置くNFLチーム)に繋がるために繰り返しの技術を用いています。私が作成した作品はアイコンとして瞑想しています。極度に細かい仕事へ計りきれないほどの時間をかけることで、作品は品位と献身へと変換されます。私の作品に品位が注ぎ込むことで作品は宗教的で個人的または芸術的となり、儀式的要素を掘り下げることになります。

クラフトはしばしば芸術の淵に見られるものです。趣味やお年寄りが空き時間にするものでしょうか。私は工芸品と美術だけでなく、美術とスポーツとの交点に興味を持っています。私はすべてのそれらの事について真に情熱的だし、多くの場合は反対のように見える二つの世界の真ん中に自分自身を見つけます。私の作品ではこれらの反対のものを一つに溶かし合わせて、それらの作品が占める灰色の領域を検討しようとしています。
ウィスコンシン州で育ちの私にとって、パッカーズは一番気になる文化施設でした。パッカーズのファンとして洗脳された私は、即座にファンたちの大きな組織の一部となりました。それは私が自分自身よりも大きな何かに属していることで慰めになります。一見何もないかまたは互いに決して邪魔をしない人々は、このような単純なものの上に結合することができることがわかり、それは魅力的なことだと気付きます。私の作品は一方で、より大きなコミュニティの一部になりたいという多くの人々の欲望を吟味するものである。

 12190256_10106704818541815_1693333361_o

12180054_10106704818461975_1831845157_n

+

Mike_PackerLand

 +

ドイツ系アメリカ人の父と日本生まれの母を持つ。

ウィスコンシン州ミルウォキー出身でNFLグリーンベイ・パッカーズの大ファン、幼少時にパッカーズファンとしての洗礼を受けたという。そしてチームや選手と繋がるために、計りきれないほどの時間を費やし繰り返しの技術を用いてアート制作を行う。その行為は品位と献身へと変換されて、作品は宗教的で儀式的な要素を持つに至る。アートとスポーツの交点あるいは正反対に見える二つの世界の真ん中に自分自身を見出し、二つを溶かし合わせることで灰色の世界の領域を掘り下げている。あるいは敢えてキッチュで感傷的な素材や色を使うことで、対岸にある品位や献身といった精神世界への繋がりを皮肉的に試しているといえる。

2012年~ オクラホマ州立セントラル大学助教授(素描、版画)

+

オープニングの中でアーティスト・トーク開催

6月25日(土)16:00-18:00

無料 通訳あり

(予約必要なし、お気軽にどうぞ!)

マイク・リツォー Mike Litzau

ゲスト 三枝史博 Saegusa Fumihiro/絹彩画Kinusai-ga

三枝史博_FumihiroSaigusa

+

mike 三枝史博_

Veronique Sunatori/Canada

Veronique Sunatori

Canada

véronique.sunatori.com

 assemblage sculpture, installation

residency June 2016

/

ベロニク・砂取

カナダ

収集物彫刻、インスタレーション

2016年6月滞在

/

ProfilePicture - コピー

/

My work is inspired by the moment of awakening evoked by the experience of empathy or a sublime encounter.The set of routines and standards of everyday life in any society can prevent one from seeing past them.Such experiences have the ability to bring about an objective inquiry leading to the process of discovering, learning, and evolving.My art practice addresses this matter or attempts to induce this questioning by presenting artworks which can be interpreted as tools that, without taking an explicit position, offer an alternative perspective.While referring to the quotidian, these apparatuses have elements of mystery and phenomena.Often taking on aspects of interaction or intervention, I try to make my artworks accessible and authentic to bring about moments of self-awareness.

私の制作の動機は、共感の経験や崇高な出会いなどによって瞬間的に触発されます。どんな社会においても、日常生活の繰り返しと標準が組み合わさると見過ごしてしまうものがあります。このような経験は、発見や学習および進化のプロセスにつながる疑問をもたらす能力を持っています。私のアート実践では、このような問題や試みはわかりやすく明らかなやり方ではなく、それに代わる視点を持つ作品を見せることによって解答へと導きます。日常を参照しつつ、これらの装置には謎と現象の要素があります。相互作用または介入により、私は自己認識の瞬間をもたらすアクセス可能な本物を作っています。

 

20_Sunatori_Vronique_670

Kiss Kiss, Say Goodbye (2014)

19_Sunatori_Vronique_670

BetweenTheBeginingAndThe End_2014_15

+

13389081_10153424371017030_603883526_o

 

ケベック州生まれの母と日本生まれの父を持つモントリオール在住の作家。

絵画からインタラクティブ(相互交流的)な彫刻作品まで幅広いアートの実践を行う。

古びた道具や伝統的な日用品を用いて新たな装置を組み立てることで、鑑賞者に様々な価値を発見させ別の意味を認識させる。西洋と東洋のエッセンスが混じり合った作品はクールだがユーモアに満ちて、どこかなつかしさを感じさせるものである。

今回の展示は甲府市内で出会ったスペース「Jewels & Things」(ジュエリー・カフェバー・DJ)にて。山梨の地場産業であるジュエリーを扱うこの店のクラフツマンシップと芸術性に共感したという。週末夜には地元のDJたちが、作品から受けたインスピレーションをもとに音でコラボレーションを予定している。

+

The nature of my origins and personal identity are the main subject of this work. Born from a Québécois mother and Japanese-born father in Canada, I was raised with a conflicting sense of cultural belonging. The artworks presented in this exhibition come from my desire to associate with an existant cultural group and the exploration of my current state as a half Japanese, half french Canadian person. The opportunity to work as a resident at AIRY in Kofu, Yamanashi allowed me to learn more about my Japanese heritage and the historical and socio-cultural aspects of being a Japanese individual.

The sculptures and drawings I have produced during my stay are metaphors and self-portraits I give new meaning to the objects that shape our everyday surroundings by using symbols that are references to Japanese culture (Shoji screens, Uchiwa fan, traditional geisha portraits) incorporating themes of time, appearance and identity (hourglass, mirrors). These conceptual works highlight the similarities and differences of both cultures while painting a portrait of my life and that of others finding themselves in a similar situation.

 

今回の作品は、自分自身の原点と個人的アイデンティティーが中心課題です。ケベック生まれの母と日本生まれの父を持ちカナダで生まれて、わたしは相反する文化的所属の中で育ちました。ですからこれらの作品は、半分日本人で半分フランス系カナダ人の現在の自分自身が、現存する文化的集団に所属したいという欲求、そしてその探求を表現していると言えます。山梨県甲府市にあるAIRYで滞在制作中は日本人として、日本の伝統や歴史、社会文化的側面をたくさん学ぶことができました。

今回制作した彫刻とドローイングは自分の隠喩であり肖像でもあります。日本文化を参照してシンボル的に日々用いられるオブジェクトに、わたしは新たな意味を付け加えます。襖(ふすま)、団扇(うちわ)、典型的な芸者の肖像などです。そして時間、外観やアイデンティティーの象徴として砂時計や鏡などがあります。これら概念的な作品は、わたしの人生の肖像を描き表す時の両文化の類似と相違を強調しています。そしてこのことは、誰か他の人も似た状況を見出すことがあるはずです。

 

Charlotte Baker & Joshua Hughes-Games

 Charlotte Baker & Joshua Hughes-Games

UK

dance / choreography / graphic design / videography / print making / performance and installation

residency July 2016

/

シャーロット・ベーカー&ジョシュア・ヒュース・ゲームス

イギリス

ダンス・振り付け・グラフィックデザイン・ビデオ撮影・版画・パフォーマンスとインスタレーション

2016年7月滞在

 Charlotte Baker (2)

Charlotte Baker

/

Joshua Hughes-Games (2)

Joshua Hughes-Games

/

Charlotte and myself have been collaborating over the past year exploring the meeting point of contemporary dance, performance, mark making and expressive graphic design. During the crossover of our independent disciplines we have experimented in the realms of painting, film, dance, printmaking, language and sound. During our research we have repeatedly come back to the sensations surrounding arriving and departing and from this we have focused on the idea of ‘home’. Evaluating the situations, paraphernalia and landscapes that form people’s concept of their identity as well as the personal affects that shape our beings. From January 2016 we will be creating new work across a number of countries exploring the different versions of ‘home’ that we can find, looking for local collaboration and exploring our own notions of comfort and transience.

Charlotte is a dancer and choreographer who has toured with a number of highly renowned artists and companies including Ben Wright, Colin Poole, Frauke Requardt, Mystery Skin and Fleur Darkin Company. She has performed and taught dance internationally and is currently focusing on developing her own artistic endeavours and choreographies. Charlotte uses the articulation and physicality of the body as her inspiration and develops her work though intensive research and body-led movement.

My work is largely based around print and filmmaking with a focus on analogue techniques and labour intensive design practises including silk-screen printing, Risogrpah and experimental filmmaking. I have worked in-depth with a wide range of artists with the fields of dance, theatre and music to create videos, installation pieces and printed matter. I try to base my work at the meeting point of disciplines as I find this to be the place I work most creatively and intuitively.

The main aim of our project would be to instigate collaboration and conversation regarding the concept of ‘Home’. The research objective would be to explore local nuances relevant to our surrounding including audio, movement and ephemera to then interpret these through a variety of creative approaches.

/

シャーロットとジョシュアの二人は、この数年間に渡ってテンポラリーダンス・パフォーマンス・マークデザイン・グラフィックデザインが合流する地点を探索してきました。二人が個々に経験してきた絵画・映画・ダンス・版画・言語・音楽などの分野が交差しています。この研究の中で彼らが繰り返し感じることは到着と出発であり、そこから「home」に焦点を当ててきました。言ってみれば個性が我々人間を形成すると同じく、身近な品々と風景が人々の概念を形成します。2016年1月からは何ヶ国かを旅しながらそこで出会う異なる種類の「home」から新しい作品をつくります。世界各地の人々との協働と、快適さとはかなさの概念の探検を予定しています。

シャーロットはダンサー兼振付師で、多くの有名なアーティストやカンパニーとツアーを巡った経験があります。彼女自身がダンサーでありダンスを海外で教えることもあり、近年は自分自身の芸術的な努力と振り付けに焦点を当てています。自分の体の関節や肉体からインスピレーションを得て、集中的な研究と体主導の動きからダンスを作り上げます。

ジョシュアは主に版画と映画の分野で活動し、シルクスクリーン・リトグラフ・経験的な映画撮影など、アナログ的技術や集中的なデザインの実践に焦点を当てています。また彼は、ダンス・ビデオ制作のための劇場と音楽・インスタレーション・印刷物などで幅広く深く諸分野のアーティストたちと協働しています。このような複数の実践が出会う地点に、彼は創造的かつ直感的活動の基本を定めようとしています。

シャーロットとジョシュアのプロジェクトの主目標は、「home」という概念についての会話と扇動的協働です。研究目的は音響・動作を含む、人々の周辺に関連する地元のニュアンスを探求することにあり、様々な創造的アプローチを経て解釈されていきます。

 

*2016年の滞在制作と発表

ニュージーランド→オーストラリア→タイ→ベトナム→日本→アメリカ

Margherita Paoletti/Italy

Margherita Paoletti

Italy

www.daysi.it

print making (etching, linocut, monotype), Paint

residency July – August 2016

/

マルゲリータ・パオレッティ

イタリア

版画(エッチング、リノカット、モノタイプ)、絵画

2016年7~8月滞在

margherita paoletti-portrait-ok - コピー

My art speaks of language, words and their meaning.

Now more than ever language had the possibility of moving and exploring the world. The speed in which it’s moving leads us inevitably to shortening or creating new words. There are words that have existed for a moment, and didn’t had the possibility of being displayed in a column of a dictionary.

Thus words change, mutate in order to give a name to the ephemeral news of one day and this count for each language.My work consist in finding old words, those abandoned in the deep of memory and to do so I use the most effective of all languages: the one of images.

Once I’ve understood the meaning of a word, I translate it in image by using my personal interpretation, which originate from personal experiences, facts happening around me, news and history. An important role is played by words of books and tales that I transcribe in my illustrations.

The method I use to realize my work is engraving. It represents the old discovery that allowed a fastener spread of words and images. Using this old technique in these modern time is a provocation to the power of technology, is a return to craftsmanship. The choice of using this ancient method lies in its old fascination, and in its aesthetic beauty.

Even though it seems that nowadays life is dominate by an unlimited vortex of news and upgrades, my intent is to slow down and for once deepen the meaning of at least one single word.

 

私の作品は、言葉であり意味を持つ言語です。

それらは今では世界を移動して冒険する可能性を持ちます。その動く速度は、新しい単語を短くしたり創造することで必然的に私たちをリードしています。一瞬のためにのみ存在して辞書の列に表示される可能性がなかった言葉もあります。

このように言葉は変化します。日々の一時的なニュースや各言語のこのカウントに名前を与えるために突然変異が起こります。私の制作は、古い言葉や深い記憶の中で放棄されたものを見つけることで成り立ってち、すべての言語の中で最も効果的なイメージの一つを使います。

私は言葉の意味を理解した後に、個人的な解釈を用いてそれを画像に翻訳します。個人的な解釈とは私的な経験、私の周りに起こった事実、ニュースや履歴が元になっています。重要な部分が私のイラストに転写書籍や物語の言葉で再生されます。

私の制作を実現するために使用する方法は彫刻です。それは言葉とイメージの広がりを留めることを許された古い技術です。今というこの現代に古い技術を使用することで当時の技術力に挑発され、また職人の技への復帰という意味もあります。この古代の方法を使用する選択理由は、古さの魅力とその審美的な美しさにあります。

現代の生活がニュースやアップグレードの無制限の渦によって支配されているように見えるにも拘らず、私の意図は減速してただ一つの単語の意味を深めることにあるのです。

995504_10153640903749401_131352735916396628_n

Giulia Cairone/Sweden,Italy

Giulia Cairone

Sweden,Italy

www.giulia.cairone.se

sculpture, photography, installation, visual art

 residency July-September 2016

/

ジュリア・カイロネ

スェーデン、イタリア

彫刻、写真、インスタレーション、ヴィジュアルアート

2016年7~9月滞在

IMG_9896

My artistic work circulates around body experience, psychical boundaries and femininity. I am interested in private spaces, touch, emotions and senses. The driving force is the tension between disgust and beauty, fantasy and reality. I’m working with soft materials such as sugar, wax, perfume and cosmetics, finding ways of elaborating raw or refined materials into new compounds. The objects, installations are in between the finished and unfinished. They move between beauty and ugliness, clean and dirty and among categories. I want to push the material into different borders, not necessary the extremes.

 

私の芸術作品は身体の経験、精神的境界とフェミニズムの周辺を巡回します。プライベートスペース、感触、感情や感覚に興味を持っています。制作の原動力は嫌悪感と美しさ、空想と現実の間の緊張感であると言えます。生または洗練された材料を新しい化合物に変える方法を見つけること、例えば糖、ワックス、香水や化粧品などの柔らかい素材を用いて制作します。立体作品とインタレーションは完成と未完成の中間にあります。作品は、美しさと醜さの間または清潔さと不潔の間を移動します。私は極端で必要のない異なる境界線に素材を押し出すのです。

 

21_view

21_overwhelming_v2