10TH OF AIRY TRAILER

【10TH OF AIRY】

documentary movie has finished now

2015年3~5月に開催された10周年記念「同時多発AIR」街にアートが息づく
記録映画が完成しました。

県内4ヶ所で同時開催したAIRの若きマネージャー達に焦点を合わせて
関ってくださった方々のインタビューを中心に
街でアートを展開する意味を考えます。
そして、本編35分映画の上映会を計画中
AIRって何?って方やアートマネージメントに興味ある学生さん
アートプロジェクトを始めたい方々
映画持って出張しますよ~呼んでください!!!
コンタクトからメッセージを送ってください。

/

managers, translator

赤松智志  Satoshi Akamatsu

小林 純  Jun Kobayashi

野田 寛  Hiroshi Noda

吉田陽祐  Yosuke Yoshida

渡辺俊仁  Toshihito Watanabe

依田正樹  Masaki Yosa

本杉郁雲  Ikumo Motosugi

百目鬼あゆみ Ayumi Domeki

/

residency artists

Anna Gonzalez Noguchi

Dre Briton

Johna Hansen

Laura Pold

/

director
タンザワユウキ  Yuki Tanzawa

music
森ゆに  Yuni Mori

interviewer

坂本 泉 Izumi Sakamoto

Margherita Paoletti/Italy

Margherita Paoletti

Italy

www.daysi.it

print making (etching, linocut, monotype), Paint

residency July – August 2016

/

マルゲリータ・パオレッティ

イタリア

版画(エッチング、リノカット、モノタイプ)、絵画

2016年7~8月滞在

margherita paoletti-portrait-ok - コピー

My art speaks of language, words and their meaning.

Now more than ever language had the possibility of moving and exploring the world. The speed in which it’s moving leads us inevitably to shortening or creating new words. There are words that have existed for a moment, and didn’t had the possibility of being displayed in a column of a dictionary.

Thus words change, mutate in order to give a name to the ephemeral news of one day and this count for each language.My work consist in finding old words, those abandoned in the deep of memory and to do so I use the most effective of all languages: the one of images.

Once I’ve understood the meaning of a word, I translate it in image by using my personal interpretation, which originate from personal experiences, facts happening around me, news and history. An important role is played by words of books and tales that I transcribe in my illustrations.

The method I use to realize my work is engraving. It represents the old discovery that allowed a fastener spread of words and images. Using this old technique in these modern time is a provocation to the power of technology, is a return to craftsmanship. The choice of using this ancient method lies in its old fascination, and in its aesthetic beauty.

Even though it seems that nowadays life is dominate by an unlimited vortex of news and upgrades, my intent is to slow down and for once deepen the meaning of at least one single word.

 

私の作品は、言葉であり意味を持つ言語です。

それらは今では世界を移動して冒険する可能性を持ちます。その動く速度は、新しい単語を短くしたり創造することで必然的に私たちをリードしています。一瞬のためにのみ存在して辞書の列に表示される可能性がなかった言葉もあります。

このように言葉は変化します。日々の一時的なニュースや各言語のこのカウントに名前を与えるために突然変異が起こります。私の制作は、古い言葉や深い記憶の中で放棄されたものを見つけることで成り立ってち、すべての言語の中で最も効果的なイメージの一つを使います。

私は言葉の意味を理解した後に、個人的な解釈を用いてそれを画像に翻訳します。個人的な解釈とは私的な経験、私の周りに起こった事実、ニュースや履歴が元になっています。重要な部分が私のイラストに転写書籍や物語の言葉で再生されます。

私の制作を実現するために使用する方法は彫刻です。それは言葉とイメージの広がりを留めることを許された古い技術です。今というこの現代に古い技術を使用することで当時の技術力に挑発され、また職人の技への復帰という意味もあります。この古代の方法を使用する選択理由は、古さの魅力とその審美的な美しさにあります。

現代の生活がニュースやアップグレードの無制限の渦によって支配されているように見えるにも拘らず、私の意図は減速してただ一つの単語の意味を深めることにあるのです。

995504_10153640903749401_131352735916396628_n

Giulia Cairone/Sweden,Italy

Giulia Cairone

Sweden,Italy

www.giulia.cairone.se

sculpture, photography, installation, visual art

 residency July-September 2016

/

ジュリア・カイロネ

スェーデン、イタリア

彫刻、写真、インスタレーション、ヴィジュアルアート

2016年7~9月滞在

IMG_9896

My artistic work circulates around body experience, psychical boundaries and femininity. I am interested in private spaces, touch, emotions and senses. The driving force is the tension between disgust and beauty, fantasy and reality. I’m working with soft materials such as sugar, wax, perfume and cosmetics, finding ways of elaborating raw or refined materials into new compounds. The objects, installations are in between the finished and unfinished. They move between beauty and ugliness, clean and dirty and among categories. I want to push the material into different borders, not necessary the extremes.

 

私の芸術作品は身体の経験、精神的境界とフェミニズムの周辺を巡回します。プライベートスペース、感触、感情や感覚に興味を持っています。制作の原動力は嫌悪感と美しさ、空想と現実の間の緊張感であると言えます。生または洗練された材料を新しい化合物に変える方法を見つけること、例えば糖、ワックス、香水や化粧品などの柔らかい素材を用いて制作します。立体作品とインタレーションは完成と未完成の中間にあります。作品は、美しさと醜さの間または清潔さと不潔の間を移動します。私は極端で必要のない異なる境界線に素材を押し出すのです。

 

21_view

21_overwhelming_v2

Winnie Truon/canada

Winnie Truon

canada

winnietruong.com

drawing

residency July – September 2016

/

ウィニー・トゥロン

カナダ

素描

2016年7~9月滞在

!cid_ii_155752d5aa1e5013 - コピー

In recent years I have developed a body of work that generates a dialogue between beauty, hair and the drawn line through large-scale colored pencil drawings on paper. Focusing on the subject of hair, I imagine new possibilities for it beyond ornament, accouterment and environment. While my work captures the tensions between hair, beauty and the grotesque, my work also expresses personal feelings of ambivalence towards femininity and the female body. At the core of my practice, I view drawings as an equal balance of visual and visceral experience; a final product on paper and an immersive physical activity that takes place in the artist’s studio during production.

 

近年わたしは大きな紙面に色鉛筆を用いて、頭髪と描かれた線との間の存在する美についての対話を生成する方法を開発しました。頭髪に焦点を当て、飾りや付属品または周囲の環境を超える新たな可能性を想像します。制作中は髪とその美しさとグロテスクな感じの緊張感に魅了されて、女性らしさと女性の身体への個人的な感情の交錯を表現しています。わたしの制作の中核となるのは、視覚的および内臓の経験を等しいバランスで表現することです。最終的には自分のスタジオで制作に没入する自分がいます。

 

Pearl_44x36print

Fulcrum

Darren Rigo/canada

Darren Rigo

canada

darrenrigo.com

photography, video, sculpture, installation

residency July – September 2016

/

ダレン・リゴー

カナダ

写真、ビデオ、彫刻、インスタレーション

2016年7~9月滞在

 

blending in 002

 

It is part of my nature to seek solitude once in a while. If I am stuck in the city for too long of a stretch, I feel compelled to go roam the woods near my childhood home. Every time I go for a walk in the forest I often happen upon a funny thing or two; this could be an unusual mushroom, tree that grew in a strange shape or an unusual marking left behind by some unknown creature. Nature always offers up surprises that draw me back and keep me interested in spending time away from it all.

時に孤独を追求するのは私の本質の一部です。私は長期間に渡って都市で立ち往生してしまうと、子供時代を過ごした家の近くの森を歩き回るよう強制されているように思います。頻繁に森の中へ散歩に行くたびに一つや二つ面白いものに遭遇します。珍しいキノコや奇妙な形に成長した木、または未知の生き物が残したマーキングに出会います。自然はいつも私に驚きを与え、引き戻されてすべての時間を費せるほどの興味を提供してくれるのです。

 

1-innermostpart