Margherita Paoletti/Italy

Margherita Paoletti

Italy

www.daysi.it

print making (etching, linocut, monotype), Paint

residency July – August 2016

/

マルゲリータ・パオレッティ

イタリア

版画(エッチング、リノカット、モノタイプ)、絵画

2016年7~8月滞在

margherita paoletti-portrait-ok - コピー

My art speaks of language, words and their meaning.

Now more than ever language had the possibility of moving and exploring the world. The speed in which it’s moving leads us inevitably to shortening or creating new words. There are words that have existed for a moment, and didn’t had the possibility of being displayed in a column of a dictionary.

Thus words change, mutate in order to give a name to the ephemeral news of one day and this count for each language.My work consist in finding old words, those abandoned in the deep of memory and to do so I use the most effective of all languages: the one of images.

Once I’ve understood the meaning of a word, I translate it in image by using my personal interpretation, which originate from personal experiences, facts happening around me, news and history. An important role is played by words of books and tales that I transcribe in my illustrations.

The method I use to realize my work is engraving. It represents the old discovery that allowed a fastener spread of words and images. Using this old technique in these modern time is a provocation to the power of technology, is a return to craftsmanship. The choice of using this ancient method lies in its old fascination, and in its aesthetic beauty.

Even though it seems that nowadays life is dominate by an unlimited vortex of news and upgrades, my intent is to slow down and for once deepen the meaning of at least one single word.

 

私の作品は、言葉であり意味を持つ言語です。

それらは今では世界を移動して冒険する可能性を持ちます。その動く速度は、新しい単語を短くしたり創造することで必然的に私たちをリードしています。一瞬のためにのみ存在して辞書の列に表示される可能性がなかった言葉もあります。

このように言葉は変化します。日々の一時的なニュースや各言語のこのカウントに名前を与えるために突然変異が起こります。私の制作は、古い言葉や深い記憶の中で放棄されたものを見つけることで成り立ち、すべての言語の中で最も効果的なイメージの一つを使います。

私は言葉の意味を理解した後に、個人的な解釈を用いてそれを画像に翻訳します。個人的な解釈とは私的な経験、私の周りに起こった事実、ニュースや履歴が元になっています。重要な部分が私のイラストに転写書籍や物語の言葉で再生されます。

私の制作を実現するために使用する方法は彫刻です。それは言葉とイメージの広がりを留めることを許された古い技術です。今というこの現代に古い技術を使用することで当時の技術力に挑発され、また職人の技への復帰という意味もあります。この古代の方法を使用する選択理由は、古さの魅力とその審美的な美しさにあります。

現代の生活がニュースやアップグレードの無制限の渦によって支配されているように見えるにも拘らず、私の意図は減速してただ一つの単語の意味を深めることにあるのです。

995504_10153640903749401_131352735916396628_n

—-

Margherita will present  7 T-shirts in this exhibition @ Fusetsu Cafe & Gallery

August 13-21

14034927_872025539598155_4581762877386928247_n

IMG_6769

——

Margherita serves as a lecturer of “Stamp Workshop”@ Itokara

August 21

http://itokara.com/

14074456_872032769597432_2041524489_o

IMG_7403[1]

@Itokara

IMG_7381[1]

@Itokara

IMG_7425[1]

@Itokara

—–

Margherita & Giulia Exhibition

14030798_10154016616889401_560896120_n

★margherita Pailetti/マルゲリータ・パオレッティ(マギー)

「日本へ視点」_イラスト、版画
このプロジェクトは日本文化を観察した小さな視点です。それは私の甲府での生活や周辺への旅の経験が含まれています。私は日本文化についての日々の考えや気持ちを集めて、それらを視覚的な言語に変換します。私のイラストの意味合いは風刺的な文脈で着地して、日本文化の日常の側面を表現します。作品はほとんど超現実的な方法でその視点を変更したと言えます。

Giulia Cairone/Sweden,Italy

Giulia Cairone

Sweden,Italy

www.giulia.cairone.se

sculpture, photography, installation, visual art

 residency July-August 2016

/

ジュリア・カイロネ

スェーデン、イタリア

彫刻、写真、インスタレーション、ヴィジュアルアート

2016年7~8月滞在

IMG_9896

My artistic work circulates around body experience, psychical boundaries and femininity. I am interested in private spaces, touch, emotions and senses. The driving force is the tension between disgust and beauty, fantasy and reality. I’m working with soft materials such as sugar, wax, perfume and cosmetics, finding ways of elaborating raw or refined materials into new compounds. The objects, installations are in between the finished and unfinished. They move between beauty and ugliness, clean and dirty and among categories. I want to push the material into different borders, not necessary the extremes.

 

私の作品は身体の経験、精神的境界とフェミニズムの周辺を巡回します。プライベートスペース、感触、感情や感覚に興味を持っています。制作の原動力は嫌悪感と美しさ、空想と現実の間の緊張感であると言えます。生または洗練された材料を新しい化合物に変える方法を見つけること、例えば糖、ワックス、香水や化粧品などの柔らかい素材を用いて制作します。立体作品とインタレーションは完成と未完成の中間にあります。作品は、美しさと醜さの間または清潔さと不潔の間を移動します。私は極端で必要のない異なる境界線に素材を押し出すのです。

 

21_view

21_overwhelming_v2

——

Giulia Cairone solo show @ Santafe Shoes

August 13 & 14

Giulia_invitation

 

【出張AIR】SANTAFE SHOES x AIRY
[Soft Sculptures for beds]

2016.08.13(sat)-14(sun)  15:00-20:00
Giulia Cairone / italia, sweden
www.giulia.cairone.se

/

“Soft sculptures for beds”

for humid nights and days

to collect salty sweat
to try the first kiss
for lonely phone days
to relax

for those times when I think of mars red
and I want to eat a peach in my bed
to sleep on and dream ocean dreams of
wet floating creatures and soft seaweed

/

蒸し暑い日々のために
しょっぱい汗をまとうために
はじめてのキスのために
さみしい電話の日々に
心穏やかでいるために

あかい火星を思うときに
ベッドの上で桃を食べたいと思うときに
眠りにつき大海の夢をみるために
濡れてただよういきものと、
やわらかな海藻の

/


展示会場は甲府市丸の内2-26-8「SANTAFE SHOES」にて行います。

AIRY会場ではありませんのでお間違えないようよろしくお願いします。

IMG_7109

                                                                                                                 @SANTAFE SHOES

13906770_1078742162206730_5617364893205069582_n

@SANTAFE SHOES

——

Giulia & Margherita Exhibition

14030798_10154016616889401_560896120_n

★Giulia Cairone/ジュリア・カイロネ_彫刻、インスタレーション、写真
2つのプロジェクトを発表します。
「Soft sculptures for beds」は山梨周辺の気候と布団に関するもので、 ベッド周りの柔らかいものに接続される布と塗料材料の使用を含みます。8月13,14日に甲府市内の靴店「サンタフェ」のウィンドで展示した制作が継続しています。
「The long distance project」は私の招待に応えた8名のアーティストのおかげで実現しました。私の具体的な指示に従い制作するようにお願いして、海外で遠距離に住む8名のアーティストがそれに応えました。以下がその招待状です。

”これは招待状はコラボレーションへのお願いです。あなたのアート作品に情熱的な称賛を送ります。私は今日本にいて甲府でこれを書いています。ここに私は作業スペースと階上に小さなアパートがあります。この滞在場所であなたのアート作品が展示されます。あなたの作品に敬意を表します。”

 

Winnie Truon/canada

Winnie Truon

canada

winnietruong.com

drawing

residency July – September 2016

/

ウィニー・トゥロン

カナダ

素描

2016年7~9月滞在

!cid_ii_155752d5aa1e5013 - コピー

In recent years I have developed a body of work that generates a dialogue between beauty, hair and the drawn line through large-scale colored pencil drawings on paper. Focusing on the subject of hair, I imagine new possibilities for it beyond ornament, accouterment and environment. While my work captures the tensions between hair, beauty and the grotesque, my work also expresses personal feelings of ambivalence towards femininity and the female body. At the core of my practice, I view drawings as an equal balance of visual and visceral experience; a final product on paper and an immersive physical activity that takes place in the artist’s studio during production.

 

近年わたしは大きな紙面に色鉛筆を用いて、頭髪と描かれた線との間の存在する美についての対話を生成する方法を開発しました。頭髪に焦点を当て、飾りや付属品または周囲の環境を超える新たな可能性を想像します。制作中は髪とその美しさとグロテスクな感じの緊張感に魅了されて、女性らしさと女性の身体への個人的な感情の交錯を表現しています。わたしの制作の中核となるのは、視覚的および内臓の経験を等しいバランスで表現することです。最終的には自分のスタジオで制作に没入する自分がいます。

 

Pearl_44x36print

Fulcrum

Darren Rigo/canada

Darren Rigo

canada

darrenrigo.com

photography, video, sculpture, installation

residency July – September 2016

/

ダレン・リゴー

カナダ

写真、ビデオ、彫刻、インスタレーション

2016年7~9月滞在

 

blending in 002

 

It is part of my nature to seek solitude once in a while. If I am stuck in the city for too long of a stretch, I feel compelled to go roam the woods near my childhood home. Every time I go for a walk in the forest I often happen upon a funny thing or two; this could be an unusual mushroom, tree that grew in a strange shape or an unusual marking left behind by some unknown creature. Nature always offers up surprises that draw me back and keep me interested in spending time away from it all.

時に孤独を追求するのは私の本質の一部です。私は長期間に渡って都市で立ち往生してしまうと、子供時代を過ごした家の近くの森を歩き回るよう強制されているように思います。頻繁に森の中へ散歩に行くたびに一つや二つ面白いものに遭遇します。珍しいキノコや奇妙な形に成長した木、または未知の生き物が残したマーキングに出会います。自然はいつも私に驚きを与え、引き戻されてすべての時間を費せるほどの興味を提供してくれるのです。

1-innermostpart

/

/

/

2016/8/17  a balloon man appeared suddenly on the balcony  AIRY

IMG_7272

moving to the school yard with kids

IMG_7306

slowly walking around with wind—

IMG_7328

———

!!!NEW PERFORMANCE!!!

“A cloud for Kofu”

「晴れときどきくもり」

【時間】2016年8月26日(金)12:00~16:00の間

【ルート】AIRY→舞鶴公園→AIRY

【参加方法】大きな風船(雲)を操りながらいっしょに歩きましょう!

*天候により時間が変更になる場合があります。

!cid_0CE7E88C-C4D4-4E74-AE70-C6FE4247C291

Kofu is a city boxed in by high mountains. The mountains trap the clouds leaving the residents of Kofu with no shade from the high afternoon sun; no relief from the tropical heat. In every direction, above the distant mountains, clouds are forming but they never make it closer than the horizon.

This weekend Canadian artists in residence Darren Rigo and Winnie Truong will present their piece “Partly Cloudy”. A small man made, helium filled cloud that will tour Kofu providing shade to its overheated pedestrians.

 

甲府は高い山々に箱詰めされた街

街では人々は山に雲を連れ去られ影を失い

午後の強い日差しが彼らに容赦なく照りつける 真夏の熱から解放されはしない

それぞれの方角から 山々を超える高さから

雲は形を作るけれど

地平線に近づくことは決してない

(訳 三森なぎさ)

——

灼熱の8月末、ダレン・リゴー(カナダ)とウィニー・トロン(カナダ)二人のレジデントは

「晴れときどきくもり」という作品を発表します。人の手で作られたヘリウム入りの風船(雲)で、過熱する歩行者に日影を提供しながら甲府の街を廻る予定です。どなたでも参加していただけます。風船(雲)のかげの下に入ったり、遠くから眺めたり・・あなたも参加してみませんか。

Elisabet Ericson/sweden

Elisabet Ericson

sweden

http://www.elisabetericson.com

http://www.vimeo.com/putapan

illustration, animation, picture book

residency 2016 September – October

/

エリザベート・エリクソン

スウェーデン

イラストレーション、アニメーション、絵本

2016年9-10月滞在

portätt mig juni 206_bw

/

People are in the center of my work. I study them and their expressions, and retell them in my own pictures and words. I think I’ve always been an observer, who watched and listened to people around me. And since I’ve also been a restless person with in a pen in my hand, it has become natural to draw down my observations.

Making stories is another thing that has been present for a long time for me, yet I still struggle with this. Producing single drawings, images and texts is most often more or less simple, but adding a narrative and a specific meaning is more difficult.

Maybe that resistance is one of the reasons to why I keep wanting to make stories. That, and the knowledge of a story’s secret powers. The fact that it keeps the viewers attention, and can lead its thinking on a trail that you’ve created. It’s like with a single image, but a story demands more time of the viewer, and is hacking it’s mind a little bit more, perhaps.

On AIRY I want to take walks, talk to people, look around and in other ways take in my new surroundings, and to make a lot of drawings. I also want to make small stories and to show them to people, and to hear about their interpretations, and to observe their reactions and thoughts. It’s all like a cycle.

 

人間がわたしの制作の中心にいます。わたしは彼らから、彼らの表現から学び、自分自身の絵とことばで語り直します。わたしはいつも観察者で周囲の人々のようすを見聞きしています。そしてペンを持った手を休みなく動かして観察を描写することは、自然なことになってきました。

おはなしを作ることは長いことわたしの中にあった別のものですが、まだこれで苦労しています。一枚のドローイング・画像・テキストを作ることは、ほとんどの場合あまり苦労しませんが、物語や特定の意味を加えることはより難しいです。

多分その抵抗は、わたしがおはなしを作ることを望み続ける理由の一つでしょう。つまり、おはなしも持つ秘密の力を知っているから。それは観る人の注目を保ち、わたしが作成した道にその考えを導くことができるという事実。これは一枚の画像についても同じですが、おはなしは鑑賞者により多くの時間を要求して、少しだけ心を奪うでしょう。

エアリー滞在中は街を歩いて人々と話し、新しい生活環境を見回して、ドローイングを制作します。また短いおはなしを作って見てもらい彼らの解釈を聞きたいです。その反応と感想を観察することはすべて循環しています。

/

ダウンロード

 

ダウンロード (1)